革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◆腐蝕の柏原城が抱える深刻な「病」
◆組織の病/柏原市職員の分限・懲戒処分
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/NPO絡み職員に賠償請求
◆住民監査・訴訟へ/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◆黒塗り隠ぺいタカリ体質に対する審査請求
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆疑惑の土地取得/国分中学グランド隣地
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑!!/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆謹賀新年/H25~H29年
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆行政文書開示請求は市民の唯一の武器
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
2015年 03月 05日 ( 1 )
一番の腕の見せ所は決算特別委員会である!!!/遠慮と優しさの質問はやる意味無し!!!
この「まち」の議員たちは、いったい何を遠慮しながら質問をしているのだろか!!??

特に「公明党」、「市政クラブ」、そこに新しく加わった「新風かしわら」の質問は、本会議や他の委員会を含め、いつも同じパターンである、いや同じ感がする。質問の初っ端を読めば、あとの要望を含めた〆の言葉はすぐに読めてしまう。

こんなことをやっていては、市政は腐るばかりである。喜んでいるのは市長や担当部署の理事者側だけである。議員は年中が決算の特別委員会であるというくらいの気持ちで日々の活動に取り組んでおれば、こんな体たらくな決算特別委員会にはならないはずである。

決算書の中の最終的な数値は、当然、合わせてあるから、その整合性をチェックしても問題点を見抜くことはできない。その数値の元をたどり、事業の中身を細かく検証しながら、その数値の矛盾点や問題点をチェックしなければ見抜くことはできない。各年度の決算書はいつも手元に置き、事あるごとに目を通すべきである。と、思う。

O 腐蝕の柏原城!!!//城主は、あの嘘吐き市長の禅譲により腐蝕市政とデタラメ行政を100%引き継いだ、これもまた嘘答弁を平気でやる大阪維新の会:中野隆司市長である。

大きな地図で見る

(その19)
平成25年11月柏原市決算特別委員会-11月12日-01号 会議録(全188ページ)から視えるもの/会議録の内容は、原則、全文を掲載していく予定である。

【款項目節】かん‐こう‐もく‐せつ  の意味
旧会計法での予算の分類項目。款は最大の分類で、項は款の細分類、目は項の細分類、節はさらに目の細分類。現行の財政法では、部・款・項・目・節と細分類される。

O 原文書き起こし/当方の検証と私見の部分は緑太文字で表す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成25年11月柏原市決算特別委員会-11月12日-01号
P.73 ○ 中野広也委員長
○中野広也委員長 他にございませんか。(なし)
 194ページ、目2農業総務費。(なし)
 196ページ、目3農業振興費。

P.73 ◆ 小谷直哉委員
◆小谷直哉委員 199ページ、4番の有害鳥獣駆除対策事業についてでありますけれども、この事業は恐らく、今、農家の方が苦労してつくられた作物をイノブタとかタヌキとかに荒らされるという問題だと思うんです。それを駆除していただく方が、全国のハンターという方がおられて、全国的にも高齢化しているというふうにお聞きしております。
 柏原市の場合は、このような駆除に従事している方は現在何人ぐらいおられて、平均年齢は何歳ぐらいなんでしょうか。

P.73 ◎ 酒井次長
◎酒井次長 有害鳥獣の駆除につきましては、猟友会の柏原支部に委託しておりまして、現在従事していただいている方は9名いらっしゃいます。また平均年齢ですが、お聞きしましたところ、大体70歳前後というふうに聞いております。

P.73 ◆ 小谷直哉委員
◆小谷直哉委員 今9名ということで、60歳以上の方が資料によりますと2名、65歳以上の方が1名、70歳以上の方が6名ということで、本当に70歳以上の方が大半を占めるということで、また平均年齢が70歳以上ということでありまして、高齢化が進んでいるということであります。

 この事業については、当然鉄砲を使いますので、猟銃の免許を持たないとできないものかと思います。このまま推移しますと本当に猟友会のメンバーすら減ってくるというふうに思われますので、大変難しい問題でもありますけれども、猟友会の方としっかり対策を協議されますよう要望しておきます。

(この議員も決算特別委員会の意味がまったく分かっていないようである。公明党議員がよくやる質問のパターンであるが、この項目はいずれ監査請求の対象として考えているので、ここではあえて詳しく書かないで置く。この議員は有害鳥獣駆除班員の年齢層を事前に調べて分かっているのだから、そこから先の決算上の問題点を精査・質問・追及するのが決算特別委員会の本来の趣旨のはずである。こんな質問ならしない方がましである。

当選後3カ月の新人議員であるが、3ヵ月もあれば決算特別委員会がどういうものかは勉強できたはずである。この項目の精査・審査の対象は有害鳥獣駆除対策事業の中身や捕獲奨励金の数値である。)



P.73 ◆ 乾一委員
◆乾一委員 今の関連なんですけれども、この猟友会、実は23年度来もめていると言ったらおかしいですけれども、ちょっと一旦とまったことがあります。
 そういう、一旦委託料などの会計が不透明やったということやったので、その辺は改良して把握していただいているのかどうか。

(こういうことを質問するのが決算特別委員会の場である。とは言えこの問題は、時の市長岡本泰明氏が、権限の及ばない猟友会の決算に関し、何らかの思惑を持って会計上の不備を指摘し、この猟友会に対する有害鳥獣駆除業務の委託を打ち切ったものであり、その対処のあり方については、今も疑問が残されたままとなっている。

この問題についても、いずれ調査・検証の対象とするつもりであるが、他にあまりにも不透明な事案や疑惑の案件が多過ぎ、今のところ手が回らない状態である。)


P.74 ◎ 酒井次長
◎酒井次長 猟友会組織につきましては、今、大阪府の猟友会のもとで各市町村ごとにその支部というのが置かれておりまして、今現在、猟友会本部のほうで連結決算ということで、全ての猟友会の決算につきましては大阪府の本部のほうにいきましてそこで監査を受けるという、そういう扱いで適正な内容かどうかというのをチェックされるような、そういった仕組みになっております。

P.74 ◆ 乾一委員
◆乾一委員 もう1点なんですけれども、これ、イノシシを仮に撃たれて、その肉とか処理はどうされているのか。余りこんなん言いたくないけれども、別に知らんかったら知らんでよろしいです。

P.74 ◎ 酒井次長
◎酒井次長 駆除したイノシシにつきましては、現在、全て環境事業組合のほうで廃棄処分しております。

P.74 ◆ 乾一委員
◆乾一委員 そう答えてはるから、それで了承しておきます。

(ここで質問を打ち切れば、この「まち」に悪さやデタラメがのさばるのである。おそらく警告の意味で、優しく質問をしているものと思われるが、この「まち」の市政や行政マンたちには、思いやりや優しさ、警告の意味は通じない。嵩にかかって、さらに性質が悪くなるだけである。)

P.74 ◆ 橋本満夫委員
◆橋本満夫委員 197ページの農業振興事業です。柏原市の第4次総合計画にも書かれていますのでここの項で聞きますが、平成24年度、市民の皆さんが使う、私の父親も今利用しているファミリー農園、各市域に広がっていますが、何区画あったでしょうか。

P.74 ◎ 酒井次長
◎酒井次長 25年3月末でございますが、市内20カ所で、区画数としまして807区画ございました。

P.74 ◆ 橋本満夫委員
◆橋本満夫委員 24年度807区画。ちなみに23年度と比べて上限はどうなっているでしょうか。

P.74 ◎ 酒井次長
◎酒井次長 ほとんどは変わりございません。
 ただし、市民ファミリー農園以外に例えば市民ふれあい農園とかそういった他の名称で運営しております農園がございまして、その農園からしますと約20区画ほど減っております。

P.74 ◆ 橋本満夫委員
◆橋本満夫委員 柏原市総合計画ですわ。遊休地の活用。遊休地を活用して、市民ファミリー農園などレクリエーションの場を提供します。説明事項に、市民ファミリー農園とは、都市に暮らす住民が趣味や高齢者の生きがいづくり、子どもたちの体験学習の場を目的として自家用野菜や花の栽培等を行う小面積の遊休農地等を活用した農園のことという中で、さっき私、言いましたでしょう、農業委員会のところでね。

今、3.8ヘクタールの遊休地が存在する中で、今お聞きしたら23年度より24年度は区画が減ってしまった。今、どんどんお仕事を定年退職されたお父さんもお母さんも出ている。私の父親を見たらよくわかるんですわ。一生懸命ですねん。凝り性ですわ。朝の早くから一生懸命。やっぱり野菜というのは、手をかけたら手をかけるほどいいものができるらしいです。同じ区画の人らで競争している。いっぱいできたら上げ合う。

これがまさしく、先ほども言った高齢者に何かをやってもらう、目的意識を持たせる、そこへ孫も行くんですわ、じいちゃんと言って。中には芋を育てる人がおる、孫に掘らせたいねんと言ってね。

 そういう中で、先ほど明らかにした3.8ヘクタール、みんなファミリー農園は一定、規定があるから全部はできないけれども、やっぱり市として、お金はほとんどかからんことですわ。という中で、意識的に遊休地を、それは持ち主の方とお話はしないといけないけれども、持ち主の方にとっても損する話じゃない。利用料が入ってくるんだから、ちょっと意識的にファミリー農園の区画をふやすことで、抽せんを毎年1回されているけれども、落ちている方もたくさんいらっしゃるという中で、こういう区画をたくさん広げることによってまた高齢者の方のやりがい、生きがい、コミュニティー、ぎょうさんできてん、キュウリどうぞ、野菜どうぞ、今一生懸命白菜、冬野菜をやっています。

それは、よくお金が厳しいですと言われるけれども、お金をかけずにどう高齢者の人に生き生きとということも考えていく中では、産業振興のほうでも遊休地があることは明らかになったので、あとは本当にやる気があるかどうか、そこの地主さんとお話しされて、どんどんふやしていただきたいなと思います。

(意見としては共感するが、ここは決算特別委員会の場であるから、やはりそういう視点でこの問題を捉えていただきたいものである。共産党が一番その力があるはずである。)

P.75 ◆ 冨宅正浩委員
◆冨宅正浩委員 199ページの地域担い手育成総合支援協議会補助金についてなんですけれども、これは、ぶどう担い手塾とかああいうのも含めてという理解をしてよろしいんでしょうか。

P.75 ◎ 酒井次長
◎酒井次長 ぶどう担い手塾の事業でございます。

P.75 ◆ 冨宅正浩委員
◆冨宅正浩委員 そこでお伺いしたいんですけれども、その担い手塾、実際何人ぐらい参加しておられて、そのうちの柏原市民というのは何人なのかというのをお聞かせください。

P.75 ◎ 酒井次長
◎酒井次長 24年度につきましては、前期と後期と2回に分けて開講しておりますが、25名の方が参加をいただいております。そのうち市内、市外の方の割合ですが、ちょっと今、手元のほうに資料は持ってきておりませんが、例えば遠方からであれば堺市内からという形で、遠くの方からもぶどう担い手塾のほうにはご参加をいただいております。

P.76 ◆ 冨宅正浩委員
◆冨宅正浩委員 先日のお話で、大部分が柏原の人で、一部そういう堺の方もおられるというようなお話だったかと思います。

 この分野というのは、非常に柏原は、橋本委員先ほどおっしゃったように、ブドウというのは一つの大きな名産になると僕自身は思っております。できれば、こういった塾を卒業した方が柏原市に移り住んでいただいて人口もふえていくと。そしてブドウももっとブランド化をしていけるような、そういった部分では非常に重要な施策かと思いますので、広報活動、マスコミ等も含めて、ぜひともほかの市からも来ていただけるような、そういった塾にしていただけるよう要望させていただきます。

(この議員も決算特別委員会の意味がまったく分かっていないようである。やはり3ヶ月目の新人議員である。質問するならこの項目での補助金交付の数値や効果や、担い手塾の効果がどこに現れているのか、そういう点を質問し、そこに出てくる問題点を指摘し、改善を求めるのがこの委員会の趣旨であると思うが・・・

ブドウを名産にするとか、ブランド化するとか、はたまた塾を卒業した人に柏原市に移り住んでいただくとか・・・、この議員が地元に住んでいるというなら、そんな言葉を謳い文句にしても、事はそう単純なことではないことが分かるはずである。

この産業を復活させるためには、維新(新風しわら)が得意とするパフォーマンスでは決していい方向には行かないことを知るべきである。

決算特別委員会については過去何年かを遡って閲覧したことがあるが、毎年毎年同じような内容となっており、はっきり言って、マンネリ化である。新人議員たちはすっかり形骸化してしまった委員会を倣うべきではない。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回ここから
P.76 ○ 中野広也委員長
○中野広也委員長 他にございませんか。(なし)
 200ページ、目4農業土木費。(なし)
 項2林業費 目1林業振興費。(なし)
 202ページ、款6商工費 項1商工費 目1商工総務費。

P.76 ◆ 山本修広委員
◆山本修広委員 205ページの消費者保護対策事業の中で消耗品費とあると思うんですけれども、ちょっと消耗品の支出にしては突出しているかなと思うんですが、これの内容についてお聞かせいただけますか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コラム/柏原・革新の会(市政オンブズマン)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2015-03-05 23:25 | ◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
明日、10月13日は、市..
by rebirth-jp at 23:04
議会への就職活動が終わっ..
by いしん at 21:35
この二人だけでなく、今の..
by rebirth-jp at 09:36
議会の新しい会派を見て驚..
by 民主党員 at 15:36
 結局一人の人に掻き回さ..
by 維新 at 19:51
軽い市長ですね……… ..
by 市民 at 06:10
半世紀もの間、この「まち..
by rebirth-jp at 23:24
 行政協力委員はなくなっ..
by 知りたい at 19:41
現時点、柏原市議選挙の候..
by rebirth-jp at 01:23
現在、現職を含め19人の..
by rebirth-jp at 10:08
この人、また出るって聞き..
by 噂ですが at 21:01
おっしゃるとおり、サンヒ..
by rebirth-jp at 23:26
新市長はサンヒル柏原を使..
by 市民 at 17:26
安心してコメント書いてく..
by rebirth-jp at 13:44
(その3) それともう..
by rebirth-jp at 12:30
(その2) ほんとにバ..
by rebirth-jp at 10:24
(その1) そうですね..
by rebirth-jp at 10:23
解説ありがとうございます..
by 市民 at 03:04
(その2) 今回の定例..
by rebirth-jp at 11:47
(その1) 柏原市の「..
by rebirth-jp at 11:46
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル