革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◆腐蝕の柏原城が抱える深刻な「病」
◆組織の病/柏原市職員の分限・懲戒処分
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/NPO絡み職員に賠償請求
◆住民監査・訴訟へ/サンヒル柏原破産事件
◆住民監査請求/サンヒル柏原・あかねの宿
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◆黒塗り隠ぺいタカリ体質に対する審査請求
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆疑惑の土地取得/国分中学グランド隣地
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆賃貸しのサンヒル柏原事業に市は関わるな
◆郵便入札に疑惑!!/保育所児童給食業務
◇疑惑/抵当権付土地を3倍の公金で借上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会/会派は自分党議員ばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆前市議ら
・ 山本真見議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆謹賀新年/H25~H29年
◆行政文書開示請求は市民の唯一の武器
◇『改革/新・革新の会』規約
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
2015年 12月 29日 ( 1 )
相変わらずの「異議なし」「異議なし」の連発!!!/市政は崩壊と財政破たんへの道をまっしぐらに突き進んでいる!!!

『いったい何なんだ、この議会は!? ただの茶番か!? こんなんで、報酬一千万円ももらっているんかいな!? これじゃー、ほんまの税金泥棒やな!!!』・・・・・

実際に議会を傍聴した多くの市民が思っているはずである。これは議事録を読んでも同じである。市長が悪策・愚策に走ろうが、はたまた悪事に走ろうが、何でもかんでも「異議なし、異議なし」の連発で市長提案の議案が通過してしまうのである。

O 大阪維新の会・中野隆司市長と体たらく議会が

籠る腐蝕の柏原城

b0253941_1928135.jpg

O 議会の存在意義が問われている柏原市議団

定数17人(女性議員6名)

何でもかんでも賛成をする

単なる承認機関

であれば10人程度の議員で十分である

この議会には反対討論のできる(反対討論をする)議員は共産党議員しかいないようである。ほかの議員はまるで行政側の職員が作ったような賛成討論の紙を、市長派議員たちが交代で読んでいるだけである。その中身はいつも市民目線を忘れた筋の通らないトンチンカンな内容である。

賛成討論の紙を読んでいる議員自身もその内容がおかしいと思っているはずだが、自己保身の市長派議員たちは、無理矢理にでも賛成の採決・可決に持っていかなければならないらしく、いつも本筋からずれた支離滅裂の紙を読んでいるというわけである。

これも市民の無関心と沈黙がその要因となっているわけだが、議会を傍聴しても時間の無駄、二度と議場なんかに足を運びたくないと市民に思わせているという状況は、ある意味、議員たちの狙い通りということなのだろう。当方も今では傍聴に出かける回数が激減してしまったので、ある意味この勝負には負けてしまっていることになる。

せめて定例会の最終日(採決日)くらい傍聴しなければ議会の様子が分からないので、できる限りその日は傍聴したいと思っているが、毎回、「異議なし、異議なし」の連発や、まるで茶番のような賛成討論などを聞いていると、やはりもう二度と傍聴などしたくないなと、いつも市長や議員たちに打ちのめされている。また傍聴席では、時代逆行あるは現状維持という檻の中にこもって閉塞感を漂わしている議場の空気しか感じることがない。市民の無関心と沈黙が招く結果は、やはり悲惨としか言いようがない。

(その13-12)

平成27年第1回定例会 3月議会

O 下記は、平成27327日 第1回定例会 最終日の本会議(採決)に追加議案として市長が議会に出してきた5件の議案である。/赤字・棒線は当方。緑字は私見。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成27年3月 定例会(第1回)-0327日-06

議会最終日(採決日)の追加議案

O 日程第29 議案第30号 執行機関の附属機関に関する条例の一部改正について
O
 日程第30 議案第31号 柏原市国民健康保険条例の一部改正について
O
 日程第31 議案第32号 病院事業管理者の給料、手当及び旅費に関する条例の一部改正について
O
 日程第32 議案第33号 平成26年度柏原市一般会計補正予算(第11号)
O
 日程第33 議案第34号 平成27年度柏原市一般会計補正予算(第1号)

今回から、上記5つの議案、30号、31号、32号、33号、34を、定例会最終日の本会議(採決日)に出されたことに対する、議員の側からの反論・抗議の意味と思われる質疑と、市長の側の答弁内容を掲載する。

平成27年3月定例会(第1回)-0327日-06

P.309 ○ 奥山渉議長

○奥山渉議長 ご異議なしと認めます。
 よって本5件は委員会付託を省略することに決しました。

(委員会付託を省略と言っても、市長の姑息な手法で定例会の最終日に議案を出されているのだから、議員たちが議会の延長でもしない限り、端から委員会の開催などないではないか。)

 次に、議案第30号 執行機関の附属機関に関する条例の一部改正についての討論に入ります。

 討論の通告が出ておりますので、順次発言を許可いたします。
 まず、原案反対者の橋本満夫議員の発言を許可いたします。
     〔11番 橋本満夫議員 登壇〕

P.309 ◆ 11番(橋本満夫議員)

11番(橋本満夫議員) 議案第30号 執行機関の附属機関に関する条例の一部改正についてに対し反対の立場から、日本共産党柏原市会議員団を代表し、討論を行います。


 今回の条例改正は、サンヒル柏原の運営を行う事業者の選考の審査のため、新たに柏原市サンヒル柏原運営事業者選考委員会を追加するなどの内容です。

(市長は第三セク・サンヒル柏原の経営破たんを前に、その原因の検証や責任の所在を明らかにしないでいる。しかも議員たちには審議の時間も与えず、定例会の最終日に、サンヒル柏原の運営を行う新しい事業者選考のためのサンヒル柏原運営事業者選考委員会を設置しようという議案を出して来たのである。

市長はその前にやるべきことがあるはずである。議会に「事」の経緯を詳しく説明しなければならない。もちろん市民にもサンヒル柏原の経営破たんの状況を説明しかければならない。これは法律上の義務でもある。そんなことをすっ飛ばしての新しい事業者選考の話である。おそらく第三セクの経営破たんを市民に隠したいということから、こういう議案の出し方をしてきたと思われる。

これをまたあの疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件の疑惑隠しに新しい施設(自然体験学習施設)を建設して疑惑にフタを被せたように(この事件では3つの裁判が行われているが)、同じ手法を使おうというわけである。)


 この条例案に賛成することは、現在サンヒル柏原を運営している一般財団法人柏原市健康推進財団がことしの9月30日をもって運営の契約解除をすることを認めることになります。本来の柏原市との賃貸借契約期間は平成31年9月30日です。

 また、同時に、貸付金5,000万円と賃借料延納金約1,700万円の合計6,700万円が回収できなくなります。このことは重要な問題であり、見過ごすわけにはなりません。

(おそらくこの貸付金や賃貸料の債権も実行しないまま、また有耶無耶のうちにごまかそうとしているのである。本来この問題は、議員たちは党派・会派を問わず、侃々諤々の議論をし、その責任の所在や問題点の追及をしなければならないはずである。)

 そもそも平成26年3月20日に財団理事長が中野市長に対し賃借料の支払い猶予に対する要望書を提出されました。ここには、賃借料の支払い猶予をしていただくことにより、平成26年度以降の収支計画は別紙のとおりとなり、6年後の平成31年度には借入金5,000万円を返却できるものであり、猶予いただいた賃借料も平成32年度に清算できるものと考えておりますとあります。

(この財団理事長が作成した平成26年度以降の収支計画、まったくの粉飾であったとすれば、これは大問題である。)

そして、11日後の同年3月31日付で、柏原市長として財団理事長に対し賃借料の支払い猶予に対する要望書について承諾されています。

(この要望書を承諾した中野市長の責任も大きく問わなければならない。)


 このような経過がある中で、今、柏原市としてすべきことは、財団との契約を9月30日で解除するのではなく、引き続き柏原市健康推進財団の平成32年までの収支改善計画を実行させ、実現していただくことです。そのためにも、柏原市としてできるだけの支援・協力を行い、約束の6年後の平成31年度には貸付金5,000万円を返却してもらい、猶予している賃借料の清算もしてもらうことです。

(理屈上、この議員の言うことは100%正しいことになる。)

 そして、同時に、引き続き柏原市にとってかけがえのない宿泊施設として、またブールなどの利用で健康増進施設として、さらには市内の各企業や各種団体の会議や総会、会食の場としても、そして、お祝いの席や法事等の利用など、多くの市民の方々に必要な施設となるように、柏原市が責任を持って維持存続させることが求められています。

(この部分については理解ができない。あの嘘吐き・デタラメ市長が何の思惑でこの施設を買ってしまったのかは、あとの財団理事長に岡本泰明自身が就いたことでその意味が分かってしまったが、これからどんどん老朽化していく建物、付属のプールやテニスコートの補修などを考えれば、この施設を購入したこと自体が間違いだったということである。

こんな税金喰い潰しの施設は、さっさと民に売ってしまえばいいのである。経営能力、事業能力のある民の事業者に運営を任せ、そこが事業を成功させてくれれば、どっかのバカ市長が言う宴会の場所など、何の問題もないはずである。)

 以上の理由から、現在サンヒル柏原を運営している一般財団法人柏原市健康推進財団がことしの9月30日をもって運営の契約解除を認めることにつながる議案第30号 執行機関の附属機関に関する条例の一部改正については、反対です。


 議員の皆様のご賛同をお願い申し上げまして、討論といたします。ご清聴ありがとうございました。

P.310 ○ 奥山渉議長

○奥山渉議長 次に、原案賛成者の田中秀昭議員の発言を許可いたします。
     〔7番 田中秀昭議員 登壇〕

P.310 ◆ 7番(田中秀昭議員)

◆7番(田中秀昭議員) 7番議員、田中秀昭でございます。
 私は、議案第30号 執行機関の附属機関に関する条例の一部改正について、原案賛成の立場から討論を行います。

(この議員はいつも市長が提出する原案に賛成する側の役割を担っているようである。この議員の賛成討論は、いずれその総集編を掲載する予定である。理念や資質が丸わかりである。)


 サンヒル柏原は、平成21年4月15日に市が健康福祉施設整理機構から一般競争入札により購入したものでございますが、その購入に際しましては、市営プールのない本市にとりましての市民の健康増進施設として、また市内企業や市民の皆様の会議や会食の場として活用することについて、多くの市民の皆様がその存続を望まれ、購入したものであり、当時議会も全会一致で同意しております。

(まるで市の理事者側が答弁するような内容である。)

 そして、今日までその運営は一般財団法人柏原市健康推進財団が行ってまいりました。その経営状況が思わしくないということで、このたび市と財団との土地建物の賃貸借契約について平成27年9月30日をもって解除するということでございますが、今後におきましても、サンヒル柏原をその購入目的のとおり市民の健康増進施設として活用していくためには、さまざまなノウハウを持った民間活力を導入するべきであると考えますので、柏原市サンヒル柏原運営事業者選考委員会の設置について賛成するものでございます。

(OOな議員である。バカな市長が我がが理事長になりたいがために購入したサンヒル柏原は初年度からずっと赤字続きで、しかも事業当初の貸付金や家賃すら返済できずにいるではないか。こんな税金喰い潰しのお荷物はさっさと民間に売り払ってしまえばいいのである。

民間に有効活用してもらえれば、コイツラが言う宴会の会場はいつでも借りられるし、何の問題もない。)


 なお、今回の条例改正は、あくまでも新たな事業者を選定するための委員会設置の改正であります。

(財団の経営責任の所在も明らかにしないまま、また議会が一緒になって市民の血税を喰い潰して行こうと思っているのだろうが、もうここまでくれば「OOに付ける薬は無い。」としか言いようがない。何を議論の最優先としなければならないかが分かっていないようである。)

 したがいまして、財団への責任の所在については、今回の改正とは別問題として考えるべきであります。

 ただし、議会としも財団については重要な問題であることは全議員の共通認識であると思います。議会としても財団の今後についてしっかりと注視する必要があると考えております。

(「したがいまして、」と「ただし、」とわざわざ言葉を挟んでいるのは、本当であれば何を先に議論しなければならないかが分かっているということである。それができないということは、コイツラ、みずから議員としての仕事を放棄しているということである。

今後、議会(議員たち)が、本当に財団の今後、つまり責任をどういう形で取っていくのか、しっかりと注視させていただく。)

 以上によりまして、議案第30号 執行機関の附属機関に関する条例の一部改正について、賛成するものであります。


 議員各位におかれましては、よろしくご賢察賜り、ご賛同いただきますようお願いいたしまして、賛成討論といたします。ご清聴ありがとうございました。

(この賛成討論に、議員たちは本当に賛同してしまうわけだが、市民の無関心と沈黙が招く結果は、恐ろしいほどに悲惨である。)

P.310 ○ 奥山渉議長

○奥山渉議長 以上で、通告による討論は終わりました。
 これにて討論を終結いたします。
 直ちに採決いたします。


 お諮りします。議案第30号 執行機関の附属機関に関する条例の一部改正については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

P.311 ○ 奥山渉議長

○奥山渉議長 起立多数と認めます。よって議案第30号は原案どおり可決されました。
 次に、議案第31号から議案第34号までの4件について一括して討論に入ります。討論ありませんか。--別にないようです。よってこれにて討論を終結いたします。


 直ちに採決いたします。
 お諮りします。議案第31号 柏原市国民健康保険条例の一部改正については、原案どおり可決することにご異議ありませんか。
     〔「異議なし」の声起こる〕

P.311 ○ 奥山渉議長

○奥山渉議長 ご異議なしと認めます。よって議案第31号は原案どおり可決されました。


 続いてお諮りします。議案第32号 病院事業管理者の給料、手当及び旅費に関する条例の一部改正については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

P.311 ○ 奥山渉議長

○奥山渉議長 起立多数と認めます。よって議案第32号は原案どおり可決されました。


 続いてお諮りします。議案第33号 平成26年度柏原市一般会計補正予算(第11号)は、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

P.311 ○ 奥山渉議長
 ○奥山渉議長 起立多数と認めます。よって議案第33号は原案どおり可決されました。


 続いてお諮りします。議案第34号 平成27年度柏原市一般会計補正予算(第1号)は、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

P.311 ○ 奥山渉議長

○奥山渉議長 起立多数と認めます。よって議案第34号は原案どおり可決されました。
-----------------------------------

P.311 ○ 奥山渉議長

○奥山渉議長 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。
 本定例会に付議されました案件の審議は全て終了いたしました。
-----------------------------------

(こんなやり方で終わって、議員たちはほんとうに仕事をしたと思っているのだろうか。議会の体たらくは底無しである。)

P.311 ○ 奥山渉議長
 ○奥山渉議長 平成27年第1回定例会閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 去る2月23日に開会いたしました本定例会も、皆様のご協力のもと、33日間の会期を終え、本日無事閉会の運びとなりました。この間、議員各位には、平成27年度当初予算案を初め多くの重要案件につきまして熱心かつ慎重にご審議を賜り、心からお礼申し上げます。

(どこに、「熱心かつ慎重にご審議を賜った」痕跡があるというのか。)


 4月からいよいよ新年度を迎えますが、理事者におかれましては、予算の執行に当たり、今定例会で議員から出されました意見、要望につきまして、十分尊重していただきますようお願い申し上げます。

(何が「尊重していただきますようお願い申し上げます。」なのか理解に苦しむ。何でもかんでも賛成してしまっているではないか。しかも定例会の最終日に重要議案を5つも出され、まったく無抵抗のまま、受け入れているではないか。ここに議会の存在の意味など端からないではないか。まったくしらじらしいご挨拶である。)


 今年度も残すところあとわずかとなりましたが、長年にわたり市政の発展のためにご尽力いただいた多くの職員の方々が、この3月末をもって退職されます。本当に長い間お疲れさまでした。


 退職される皆様には、新しい人生の門出に当たり、これまで培われてきた知識、経験を大いに生かし、柏原市の職員であったことを誇りに、さらなるご活躍を期待しております。

(現場職員たちを非難するつもりはないが、多くの職員たちは近年のOO市長たちの市政運営を恥じているはずである。気の毒にさえ思うが、来年はさらにデタラメ市政の核に的を絞り、検証を続けていくつもりである。)


 最後になりましたが、季節の変わり目、どうか皆様方には、お体にくれぐれもご自愛いただきまして、柏原市の発展のためにご尽力賜りますことをお願い申し上げ、閉会のご挨拶といたします。どうもありがとうございました。


 それでは、市長から挨拶を受けます。
     〔中野隆司 市長 登壇〕

P.312 ◎ 中野隆司市長

◎中野隆司市長 平成27年3月第1回定例会の閉会に当たりまして、議長のお許しをいただき、お礼を兼ね一言ご挨拶を申し上げます。


 去る2月23日に開会されまして以来、私の市政運営方針そして新年度の各会計予算を初め数多くの議案を提案申し上げましたところ、議員の皆様方には、本日まで大変長い期間、本会議、各委員会におきまして慎重にご審議、ご決定を賜りさらに本日提案申し上げました追加議案に対しましても、人事案件を含めまして、それぞれご決定賜りましたこと、改めて厚く御礼を申し上げる次第でございます。

(この市長が言うところの「さらに本日提案申し上げました追加議案」をどうやって慎重に審議することができるのか、考えればすぐに分かるはずだが、こんなところに市長と議長の茶番が見えてくる。)


 あと5日で平成27年度が始まるわけでございますが、各会計予算を初め各議案の執行に当たりまして、今議会におきまして皆様方から賜りましたご意見、ご要望を十分参考にしながら、心新たに気を引き締めて、職員一同一丸となって市政運営を進めてまいる所存でございます。今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いを申し上げる次第でございます。

(どうせご指導、ご鞭撻の意味も分かっていないはずである。市政は例の悪制度の根源となっている「行政協力委員制度」と一体となって、延々と腐敗政治が続いているだけである。)


 いよいよ陽春の候となり、議員の皆様方におかれましては、ご多忙のこととは存じますが、くれぐれもご自愛の上、市政発展のために、さらなるお力添えを賜りますようお願いを申し上げて、甚だ簡単ではございますが、お礼も兼ねてのご挨拶といたします。どうもありがとうございました。

(市政発展のためには議員たちも認識している悪政の根源、「行政協力委員制度」を、一時も早く廃止をすることである。それだけで市政改革の一歩が始まるはずである。「事」は簡単である。中野市長の決断次第である。)

P.312 ○ 奥山渉議長

○奥山渉議長 これにて平成27年第1回柏原市議会定例会を閉会いたします。

P.312 △ 閉会

△閉会 午後2時40
-----------------------------------
  地方自治法第123条第2項によりここに署名する。
 柏原市議会議長  奥山 渉
 柏原市議会議員  山下亜緯子
 柏原市議会議員  中野広也

地方自治法第123条第2

  会議録が書面をもつて作成されているときは、議長及び議会において定めた二人以上の議員がこれに署名しなければならない。


(こうして閉会した議会は、議員17名を代表した市長派バリバリの3議員の署名で、議会議事録が永久に保管されることになる。市民・有権者の側はこの議会議事録こそ、貴重な1票を投じる際の一番の材料になることを知っておいた方がよい。

中には1年間、ほとんど質疑をしないで議席に座っているだけの議員もいるが、そんな議員は市民や「まち」のためには決して役に立たない税金泥棒だと思っておいた方がよい。また選挙の時だけのウソ公約や、自分の名前の連呼しかできない連中の資質や議員としての能力も、この議会議事録を読めば丸わかりであるから、有権者の側は大いに参考にすべきである。

議員の誰一人として協力をしてくれない、現在、裁判中の疑惑まみれの「竜田古道の里山公園事件」ほか、現在、検証の対象としている案件に片が付くまでは、このブログは続くはずである。が、掘れば掘るほど汚水が湧き出すように、次から次に出てくる疑惑の案件・事件には、正直、辟易しているところでもある。)

市長選挙まであと1年と2ヵ月、柏原市議選挙まであと1年と9ヵ月、あっという間に選挙は来てしまうが、今後このブログではこの議会議事録を中心に、腐敗政治が続く腐蝕の柏原城を検証し、その闇を暴いていく予定である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by rebirth-jp | 2015-12-29 00:11 | O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会 | Comments(2)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル