革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
未分類
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◆謹賀新年/H25~H29年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
カテゴリ:未分類( 23 )
議員の皆様!! もうぼちぼち『市議会議員政治倫理条例』でも制定しては!!??//大阪維新の会・柏原市政
議員2親等規制は合憲
最高裁が初判断

下記の新聞記事は柏原市議会にも関係のある判決である。柏原市の場合、行政も議会もおかしいが、この判決は、村しがらみにまみれる地方議会に一つの倫理観の目安を示してくれたとも言える。柏原市議会もこういう判決を参考にし、もういい加減、目を覚ますべきである。
b0253941_743248.jpg

b0253941_7522415.jpg

b0253941_7552414.jpg

議会が柏原市の腐蝕市政とデタラメ行政を支える追認機関になってしまった要因の一つとして、大半の議員たちが政治家としての倫理観をまったく持ちあわせていないことでないだろうか。

中には柏原市役所の議会部に、任期付きで採用されたと勘違いしているような議員も何人か存在しているから困ったものである。

そういう連中は選挙の時だけ例の悪しき制度の筆頭格「行政協力委員制度」におもね、市民・有権者を嘘八百の公約でごまかし、運よく議会に就職できたら、あとは市長の御用議員として4年間、時々、事前に擦り合わせをした質疑・答弁の紙を読んで猿芝居をしていればいいわけであるから、こんな楽な職場は無いだろう。

「いや、私は一生懸命、議員として「まち」を駆け回っている。」という議員も、所詮、市側の御用議員として、そして、あるいは単に自己保身のために駆け回っているだけで、政治家としての仕事をしている人物はほとんどいないはずである。でなければあんな体たらくな議会が毎回毎回続くはずがない。中には議会閉会中は休暇とでも思っている議員もいるのかも知れない。

まあおそらく冒頭の「市議会議員政治倫理条例」の制定を今の議員たちに期待しても無理であろうが、まずは議員とは何ぞや!? ここらあたりから勉強する意味で、今回は、過去の新聞記事を掲載したものである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
柏原市議会・議会事務局のフェィスブックは、大阪府議会のフェィスブックを100%猿まね!!!

柏原市議会、いったいどこまで醜態を晒そうというのか!!?? ほんとうに主体性の無い、体たらく議員ばかりである!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-07-24 07:27 | Comments(0)
またデタラメ行政が発覚!!//竜田古道の里山公園内日本庭園づくりは廃掃法に違反していた!!??
このブログは、腐蝕の柏原市政とデタラメ行政、そして悪党一派の悪事の実態、それらを支える『行政協力委員制度』と『地域担当職員制度』の正体を暴き、一人でも多くの市民・有権者に、柏原市の腐敗政治を伝えるものである。公開の内容は、全て事実に基づく調査・検証の結果である。 

大阪維新の会・中野市政には、前政権から続く数々の疑惑が残されたままとなっている。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第15条の19第1項違反/土地の形質の変更の届出義務違反の疑い!?

さらに不透明な公金の支出も判明!!!

O 最終処分場跡地形質変更に係る施工ガイドラインを無視して造成された日本庭園?と池/下の地中はごみ埋め立て地の最終処分場跡地である。

この池の奥に見えている四阿(あずまや)/四角の屋根の付いた小さな建物単価が4,331,600円として積算されているがが、出来上がっている物件を見る限り、この小屋が400万円を超えるとは誰も思わないだろう。
b0253941_0104156.jpg

最初から最後まで何もかもが不透明かつ疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題で、また新たなデタラメ行政が発覚

平成21年8月から翌22年3月の間に竜田古道の里山公園内に造成された日本庭園・池づくりが、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に違反している疑いが明らかとなった。

この場所には平成21年5月ごろ、10トンダンプ58台分の真砂土が搬入されたことになっているが、その作業を目撃した者は誰もおらず、また現場作業や造成中の証拠となる写真も一切無く、果たして10ダンプ58台分の搬入が事実であったかどうかも不明となっている。

10トンダンプ58台分の土搬入で金額は85万円。この大量の土をいったいどこからどうやって搬入したのか、またごみ最終処分場跡地の日本庭園造成をどこの業者が設計したのか、また最終処分場跡地形質変更に係る施工ガイドラインを何故無視したのか、この点は議会でも百条委員会でも明らかにはされていない。

この不透明な公金の支出(市民の血税)については、現在、検証の途中である。あまりのデタラメな公金の支出に、その解明作業に手が回らないのが現状であるが、いずれ全てを解明し公開をする予定である。

こういう検証作業では、ほんとうは議員の皆様の協力があればもっと早く解明ができるはずだが、残念ながら誰一人として柏原市政の不透明行政と疑惑まみれの案件に、真剣に目を向ける議員はいない。

あの百条委員会では何人かの議員が頑張っていたはずだが、改選後に生まれた御用議員ばかりの議会はいまやすっかり機能不全の状態に陥り、市民のためには全く機能をしなくなってしまったようである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大方人の心は
   野の草の風に隋ふが如し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-07-13 00:13 | Comments(0)
合計11人の逮捕者!!//これくらいやらんと腐った市政や議会は目も覚めないし立ち直らない!!!
平川市長選選挙違反:市政、続く混乱 新たに3市議逮捕 現金数十万受け取った疑い /青森県

毎日新聞 2014年05月22日 地方版から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 平川市長選(1月26日)を巡る公職選挙法違反事件で、県警捜査2課と弘前署、黒石署は21日、市長選を巡って現金を受け取ったとして、新たに3人の現職市議を同法違反(被買収)容疑で逮捕した。この事件の逮捕者は計11人となり、うち市議は9人(1人は辞職、1人は処分保留で釈放)。定数20の同市議会の半数近くが逮捕される異常事態で、市政の混乱の長期化は必至だ。【松山彦蔵、石灘早紀】

 21日に逮捕されたのは、それぞれ現金数十万円を受け取ったとされた小野長道(64)、小田桐信勝(73)、今俊一(58)の3容疑者と、3人に現金を渡したとして同法違反(現金買収など)容疑で逮捕された同市町居山元、社会福祉法人理事長、水木貞被告(66)の計4人。県警は認否を明らかにしていない。水木容疑者の逮捕は4回目。

 容疑は、昨年8月上旬ごろ同市内で、前市長の大川喜代治容疑者=同法違反容疑で逮捕=への投票や票の取りまとめなどを求め、水木容疑者が3市議に現金を渡したとしている。県警によると、3市議はその後、現金を返却したという。県警は現金授受が個別に行われたかなどを公表していない。

 小田桐容疑者は、大川容疑者を支持した市議会第2会派「拓政会」(6人)の会長で、小野容疑者も同会に所属。市長選を巡り、市議会最大会派の「平新会」から長尾忠行現市長派の市議が脱退するなどしており、大川陣営が多数派工作をもくろんで現金を渡した構図が強まった。

 ◇歴代3議長逮捕
 21日の小田桐信勝容疑者の逮捕によって、2006年1月に合併した同市の初代から3代までの市議会議長経験者が全員逮捕される事態となった。初代(06〜07年)は大川喜代治容疑者、2代目(07〜09年)は小笠原勝則市議(処分保留で釈放)で、小田桐容疑者は3代目(09〜11年)だった。

 4代目(11年〜)の田中友彦現議長は毎日新聞の取材に「歴代議長は他の重要な公職にも就いた方々。市民の議会不信を招き、大変申し訳なく思う」と陳謝した。【松山彦蔵】

 ◇逮捕市議9人に 本会議ギリギリ 定足数割る委員会も
 現在、身柄を拘束されているのは21日に逮捕された3市議だけだが、残りの逮捕された市議の市議会出席は事実上困難だ。田中議長は21日午後、議長室で記者団の取材に応じ、「事件拡大で常任委員会を開けなくなり、議会運営に支障が出てきた」と苦渋の表情を浮かべた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はたして 我が 「まち」 柏原は !!??





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々のおこないに かげひなたをつくってはいけない 日陰にそだつ草木は弱い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-05-22 19:37 | Comments(0)
いま議会は市長のイエスマン!!/許してはならぬ密室市政!!//30年前のある候補者の強い訴えはいまも
…柏原市政には何一つ届かず、ますますこの「まち」の政治は濁り、悪化をしているようである!!! まさに今、柏原市政は“密室政治”へと突き進んでいる!!


30年前のある候補者の訴え

半世紀も昔から何も変わっていない柏原の村政治を物語る、昭和56年当時の、ある候補者の想いが書かれた地元新聞(週刊)が当方宛てに送られて来た。

この記事の中身にすべてが賛同というわけではないが、かつて地元にもこういう新聞があったらしい。


なおこの後援会だよりについては、今回のブログはあえて何も論評はしない。

b0253941_0205798.jpg

b0253941_032159.jpg

O 以下は、上記の紙面から記事の部分を抜き出し整理したもの
b0253941_0344658.jpg

b0253941_0364186.jpg

b0253941_0391749.jpg

b0253941_0421749.jpg

b0253941_044491.jpg

b0253941_0472669.jpg


ところで柏原市の大阪維新の会:中野市政は、行政協力委員制度などの悪しきしがらみにまみれた村政治の「まち」で、いったい何を目指して市政を運営しようというのだろうか?? 視えてくるのはコテ先の見え透いたパフォーマンスばかりで、とても市民のための市政運営をしているとは思えないが・・・

いったいいつ、「維新」の本領を発揮してくれるのだろうか? まあ、一切、期待はできないだろう!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真の友は ぶつかることを恐れない人  たもつ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-05-14 00:13 | Comments(0)
なんやさっぱりわかりまへんな、この「まち」が!? //知ってますか? 柏原市の花・・・
柏原市の木と花~昭和48年11月3日制定
木は「柏(このてがわ)」・花は「つつじ(さつきを含む)」らしい。

花編
O 柏原市の花~「つつじ(さつきを含む)」

むかし安宿(やすかべ) つつじとして玉手山一体は有名であったという。種類が多く、さつき、ひらどなどもこのなかに含まれる。
b0253941_0592849.jpg

b0253941_144392.jpg


先ブログに掲載した柏原市の市章といい、柏原市の木といい、なんやさっぱりわかりまへん、この「まち」が。

腐蝕の市政とデタラメ行政の「まち」、腐敗政治の「まち」、兼々役職で給与嵩上げ公務員天国の「まち」、御用議員ばかりで機能をしない「議会」、噓吐き市長と嘘答弁の「議会」、市政運営で大失策をしても誰も責任を取らない「まち」、絶対に不正を追及しない「議会」、議会より行政協力委員制度が上の「まち」、みんなで赤信号を渡る市政と議会、

まるで隣国北OOか中Oかと思ってしまうような行政協力委員制度に支配される「まち」、自然の山や川を宝と言いながゴミの埋立地・最終処分場にしてしまう「まち」、平気で財政を喰い潰す村政治の「まち」、財政破綻で隣接市との合併を望む「まち」、何があっても市政に無関心の「まち」・・・

ほんで何でこんな「まち」に大阪維新の会から市長が・・・、ほんでなんで大阪維新の会の新市長はこの腐蝕市政とデタラメ行政の「まち」を何一つ改革できないの?? 大阪維新の会の市長ってこんなもんか? これが大阪維新の会の正体か?? なんやさっぱりわかりまへん、この「まち」が???


追記~平成26年3月議会
大阪維新の会・柏原市・中野隆司市長の嘘答弁が判明!?
現在、事実調査・検証中・・・・・

by rebirth-jp | 2014-04-17 01:08 | Comments(0)
なんやさっぱりわかりまへん・・・、この「まち」が!? //知ってますか? 柏原市の木を
柏原市の木と花~昭和48年11月3日制定
木は「柏(このてがしわ)」、花は「つつじ(さつきを含む)」ということである。

まずは木編から
O 木「柏(このてがしわ)」//参照~ウィキペディアほか

このてがしわ を古来より柏(かしわ)と読み慣わしているらしい。
常緑針葉の 喬木で、樹形は円すい型、小枝はへん平で直立し、ひのきに似た葉は、手のひらを立てたような形なので、この名があると言われているという。

O コノテガシワ
b0253941_23363192.jpg

O コノテガシワの球果
b0253941_23402171.jpg

コノテガシワ(側柏、学名:Platycladus orientalis)は、ヒノキ科の植物の1種。コノテガシワ属唯一の現生種である。

朝鮮、中華人民共和国北部に分布する常緑針葉高木。枝は密に出てほぼ直立し、枝葉の表裏の区別が無い(同じヒノキ科でもヒノキ属などでは明確な表裏の区別が認められる)。雌雄異花で、花期は3〜4月頃、雌花は淡紫緑色、雄花は黄褐色である。

球果は角のある独特の形で淡灰青色になる。枝が直立する様子が、子供が手を上げる様子に似ていることからコノテガシワの名がある。日本ではこんもりと丸みを帯びた樹幹の小低木となる園芸品種のセンジュ(千手)が広く普及しており、公園木、庭木としてよく栽培されている。

日本で柏の木といえばブナ科コナラ属の落葉広葉樹ということになっているが、同じ漢字圏の中国で柏の木といえばヒノキやコノテガシワなどの常緑針葉樹をさす。事実、漢和辞典で「柏」という文字を引くと、両方の木について説明が出ている。

中国山東省には天下の名山として知られている泰山(旧称、岱山)がある、天子が即位すると、この泰山南麓にある岱廟(たいびょう)で封禅の儀(天地を祭り、国家の永続を願う儀)が行なわれてきたという。この岱廟内には紀元前110年に漢の武帝が植えた柏の老木があり、樹齢2000年以上の柏の傍らには「漢柏」と刻んだ石碑が建てられているという。

ところが、この木は日本でいう柏と違い、ヒノキ科のビャクシン(柏槙)やコノテガシワ(扁柏、槙柏)にあたる。

O 日本でいう柏の木
b0253941_235518100.jpg

O 柏の葉
b0253941_23595037.jpg

では、なぜ植物学的には全く共通性のない、日本の柏の木が「カシワ」と呼称されるようになったのか。これについては植物学者・前川文夫氏による「弥生式土器のふかし形態に付随する民族植物学的考察」と題する優れた研究がある。それによると、古来ビャクシンは三つ重ねの土器で炊事をするときに、中間の土器に空気抜け兼蒸気抜けとして使用されていた。炊事すなわちカシグ+葉のついた枝だからカシワということになる。

南方でバナナやコロカシアの葉でイモや穀物を包み込んで料理する蒸し焼き料理に使用されていたように、広葉樹の柏も料理に利用されていた。カシワはカシギ(炊)葉の略である。つまり両者には「炊ぐ(かしぐ)」という共通項があるというのである。柏餅を食べる機会があれば、名前の由来に思いを巡らしてみてはいかが。・・・とは言ってもこの柏の葉は、柏原市には何の関係もないが。

ではなぜ、柏原市の木が「柏(このてがわ)」になったのか??
さっぱりわかりまへん、柏原市の木の由来が
さっぱりわかりまへん、ベンツのエンブレムまがいの市章の由来が
さっぱりわかりまへん、腐蝕市政とデタラメ行政の「まち」、そして疑惑まみれの柏原市の「まち」が・・・・・


市政始まって以来の大疑獄事件/竜田古道の里山公園問題・百条委員会会議録//平成25年6月13日(14回目開催分) の全71頁を別ページで掲載・編成中
by rebirth-jp | 2014-04-11 00:05 | Comments(0)
柏原市・市章のマークはベンツのエンブレムではありません!!//議員団は市章の由来を忘れているのでは!?
O 柏原市の市章とその由来/柏原市統計書から引用
b0253941_1722213.jpg

O 議場正面の日の丸は体たらく議員たちの姿を眺めながら何を想っているのだろうか。
b0253941_19182044.jpg

柏原市の現状は、残念ながら市章の由来と大きく掛け離れて、果てしない発展どころか、果てしない腐蝕市政とデタラメ行政による腐敗政治の中で、市政も議会も現状維持という牢獄に籠ったまま、自身の保身ばかりに走る腐蝕・柏原城の堀の中で、一体となって、市民の税金を喰い潰しているのが実態ではないだろうか!?

それもこれもいずれ八尾市との合併が囁かれる中で、今の腐蝕市政とデタラメ行政の運営ぶりを見る限り、その合併の前にそこにある市民の税金(財産)を喰い潰してしまえという感しか視えてこない。(私見)

何もかもが市民の無関心を最大の味方に、無計画、杜撰、村しがらみの個人・団体・業者との利権、市長お手盛りの何とか委員会・何とか協議会の発足、例の悪しき制度の筆頭格「行政協力委員制度」との歪な関係、市職員労働組合と一体となった兼々役職の乱発(姑息な給与の嵩上げ)、報酬・補助金の乱発等々・・・、どこにもその発展の可能性は見当たらない。

先の議会では最古参の中野広也議員がこの隣接市との合併について、私見としてその話を切り出していたから、おそらく彼らの頭の中では、はっきりとした形で八尾市との合併案が市政の向こうに見えているのだろう。市長派議員や御用議員たちが議会でこういう発言をするときは、相当深いところまでそういう話が進んでいることが良くも悪くも政治の世界の常である。

要するに彼らは、自身の選挙のことだけは考えているが、柏原市の「まち」のことや、柏原市民のことなど全く頭に無いのであろう。まあいずれ、柏原市という「まち」の名前が消滅してしまうことだけは間違いがなさそうである。(私見)

ちなみに、メルセデス・ベンツのエンブレムは、合併前のダイムラー社が使用していたスリーポインテッド・スターとベンツ社の円形月桂冠とを併せてデザインされたもので、そのマークの三本の光芒は、陸・海・空を指し、それぞれの世界(分野)でのモビリティーの発展・繁栄を意味するという、ゴットリープ・ダイムラーの思想が込められたものらしい。
by rebirth-jp | 2014-04-06 17:25 | Comments(0)
大阪維新の会:中野隆司市長の選挙公約は嘘吐き市長の禅譲政治を
・・・まっしぐらに進めるだけのことであったようてある!!!

下の記事は、中野新市長の誕生からほぼ3ヶ月後に書いた過去記事を読み返し、その原文に若干の修正をしながら、再度、書き起こしたものであるが、その内容はほとんど変える必要がなかったのが面白い。つまりあの嘘吐き市長ら悪党一派が進めた腐敗政治は、いまも何一つ変わっていないということである。いや、いまも岡本院政が続く腐蝕の市政とデタラメ行政は、議会をも巻き込み、ますます酷い状況に陥っているようである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪維新の会・中野隆司新市長の誕生から、あっという間に1年間という期間が過ぎ去ってしまったが、果たして中野市政は、今、何を目指して、どこを向いて動き出しているのだろうか。

1年前の市長選挙で中野新市長は、新時代の柏原市に向けた「グレートリセット」として、8本の柱(ビジョン)
1 効率的で質の高い行財政運営の確立
2 市民の声を反映する行政運営の確立
3 教育環境「大阪ナンバー1」
4 子育て環境「大阪ナンバー1」
5 安全・安心「大阪ナンバー1」
6 協働推進「大阪ナンバー1」
7 にぎわい「大阪ナンバー1」
8 公務員制度改革の推進
                                     を挙げておられたが、

その主な公約は、
◇ 幼少中一貫教育の推進
◇ スローライフ希望者を市外から呼び込み、地域農業への参加を募る。
◇ 地域担当者制度を導入し、フェィスブックなどを活用して市民の声をくみ上げる。
◇ 市長報酬を30%カット、退職金も50%カット

ということである。

また初登庁の訓示では、「職員も心新たに し、これまでのしがらみなれ合い といったものは打ち破っていただきたい。」と話し、外部人材の登用や、税収に連動した給与体系を 検討する とし、経営課題を抱える市民病院の閉院や民営化の必要性も見極めたい と述べたという。                

ここでの検討する とか、見極めたい という表現には、何も期待をしてはいけないことを市民は知っている。また、これまでのしがらみやなれ合いを市長自身がしっかりと認識をされているのだから、それをた断ち切り、打ち破るのは、市長、あなたの最優先、最大の仕事であり、多くの職員もそう願っているはずである。

当方としては、新市長が大阪維新の会から誕生したということもあり、これまで岡本前市長が残した不透明と疑惑にまみれた腐蝕の市政が、果たしてどのような形で解決・解消されていくのか、わずかな期待を持ちながら、前政権から続く様々な問題案件について、各部署が所管する行政文書の開示請求を中野市長に請求しているところである。

その中には、不透明や疑惑の段階を通り越してはっきりと事件性のあるものもあるが、当方の開示請求に対する職員たちの対応は、相も変わらず「何一つ心新たになっていない、これまでのしがらみやなれ合いから出てくる思考停止の対応ばかり」で、とてもとても中野市長が言うところのグレートリセットなどには遠く及ばない市の対応ばかりが目立っている感がある。(私見)

上記の8本の柱や公約から見えるのは、地域農業への参加を募るとか、市民との協働推進とか、地域担当者制度を導入しフェィスブックなどを活用して市民の声をくみ上げるとか、結局は、これまで長年に亘って市政を歪めてきたあの行政協力委員制度(区長会)とのしがらみから脱皮できない市政が続くのであろうということだけである。

市民との協働推進、市民の声を聞く・・・、これらはすべてが市長や行政側の都合で、市民公募とは名ばかりの「公募の形」をアリバイづくりとした人材を集め、報酬や補助金を与えながら、いわゆる既得権益集団や人物らとの協働推進ということなのだろう。                            

先般、市長が委嘱する行政協力委員を兼ねる区長4名が議員の定数削減を議会に提言したというが、市から報酬を受け、ほかにも相当多額の補助金を受けている行政協力委員(総勢114名の区長)たちが、いったい何の思惑があってそういう要望を議会に出したのか、・・・例のチラシ新聞からだいたいの想像はつくが、それにしても柏原市は、いったいいつまでこのような村政治を続けようというのだろうか。


おそらくこのことを区長会に問いただしても、「いや、これは区長会として議会に要望したことで、行政協力委員の立場で議会に要望したのではない。」なとどと、とぼけた論理で答えるのであろうが、そんな理屈が、この柏原市ではこの何十年、半世紀にも亘ってまかり通っているのである。              
市長や行政側の都合でその仕組みの一つとして市政に組み込まれてしまった現在の行政協力委員(区長会)制度が続く限り、この柏原市政は何年経ってもまさにしがらみだらけの村政治から脱皮をすることはできない。中野市長は、一刻も早く、この悪しき行政協力委員制度を改め、あるいは廃止をし、一方の市民の側は、この区長会を本来の自治会・町会に取り戻すべきであろう。
                               
当方は、これまで市政全般に対する開示請求や検証を進めてきたが、これからは個々の案件ごとに深く的を絞って、更に突っ込んだ検証を続けたいと思っている。おそらくこれからは、岡本市政が残した腐蝕の膿がドロドロと表に出てくるはずである。これらの情報公開開示請求の状況や検証の結果については、引き続きこのプログに公開をしていく予定である。

と同時に、これまで長年の間に根付いてしまった柏原市政の腐蝕の構造は、そう簡単に崩れることがないことも予想が付くが、それでも、我々市民の一人ひとりが、少しでも市政に関心の目を向け、市政の運営を監視していくことが腐蝕市政から脱皮する一番の近道であろうし、そのためにはほんとうに市民のために仕事をしてくれる議員を選挙で選んでいかなければならない。

昨年9月には柏原市議会議員の選挙が行われたが、予想どおり「大阪維新の会」の看板に擦り寄り、当選だけが目的の議員たちが当選してしまったが、例の市長の御用新聞 とも言われるチラシ新聞とも一体となって、この市長御用の新人議員たちが、現在の腐蝕市政を進める体制を固めてしまえば、前政権以上に市民にとっては不幸な結果となるであろう。現に元から居た議員たちも市長御用の立場に鞍替えをしている感があり、もはや議会は行政のチェック機関という役割を全く果たせなくなっている。

岡本前市長が残した不透明と疑惑の案件に何も手を打たず(中野市長の対応策が何も市民に見えないからそう表現をさせてもらうが)、百条案件もまだ何も解決がないまま、誰も責任を取らず、それどころかこの疑惑の案件に蓋をかぶせようと、今度は議会も一体となって、疑惑隠しの新たな施設を竜田古道の里山公園に建設をしようというのだが、現市政は、この先、いったい何を目指して、どこを向いて進もうとしているのだろうか。((この疑惑隠しのために長年市民に親しまれた青少年教育キャンプ場まで犠牲(廃止)にしてしまった中野市政に、市民のための、また「まち」のための行政運営を期待することは無理なようである。))

この1年間の中野市政の運営で、まさに維新とは名ばかりの大阪維新の会:柏原市長の正体が視えてしまった。…のかも知れない!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嘘吐き市長の禅譲で生まれた中野市政は、ますます腐敗政治の道へと邁進しているようである。!!!  なお、大阪維新の会:中野隆司市長の平成26年度市政運営方針演説の内容については、後日、全文を掲載の予定である。

by rebirth-jp | 2014-03-19 12:07 | Comments(0)
母親たちのつぶやき //ホッとする・・・、時事・コラム編
いつもいつも腐蝕柏原城(柏原市政)の疑惑やデタラメ行政ばかりを書いていると、こちらの頭の中まで腐ってきそうな気がするので、時折りジャンルを決めない本などを読みながら、できるだけ心(気持ち)がほっとするような、あるいは力が湧いてくるような記事で頭の中をリフレッシュさせているが、せっかくなので、これはと思うような心に響いた記事などは、自身が時々読み返す意味でも、時々、このプログに公開してみたい。要はこのプログの息抜きです。

今回は初回なのでまくらを書いたが、以降は、まくら無しで、時折り、この種の記事を投稿してみたい。

初回の題材は、『私の息子は困りもの』

1 きいてください みなみなさま
  わたしの息子は困りもの
  ママ、お茶いれて、おやつにしてよ
  夕ご飯トンカツたのみます
  夜食にラーメンつくってよ

  ここはファミレスじゃありません
  あなたはお客じゃありません
  わたしを何だと思ってるの?
  すると息子はいいました
  家政婦さんてしょ、家政婦さん

2 きいてください みなみなさま
  病気で入院したときでした
  元気になって帰ってきたら
  さっそく息子はいいました
  ママ、ママ、ご飯の支度をしてよ

  いやよ、わたしはきのうまで
  病気で入院してたのよ
  すると息子はいいました
  あんたがいないとき、ぼくがしたよ
  わたしはママよ あんたじゃないわ

3 きいてください みなみなさま
  わたしの息子は困りもの
  みたいものです 親の顔
  すると息子はいいました
  あんた、鏡を、みてくれば!

  そうです、わたしが悪いのよ
  自業自得というけれど
  みんなわたしが悪いのよ
  息子よ、早く独立して!
  あこがれのひとのぐらしが
  した~~い


(うた:茨木大光/作詞:廣岡守穂/作曲:茨木大光)

さてさてわたしたちの「まち」の困りものは、あの腐蝕の柏原城を根城にしながら、またまたいったい何を企んでいるのだろうか・・・・・。 わたしたち市民は、決して「まち」の悪党どもを養うために、貴重な血税を納めているつもりはないのだが!!!
by rebirth-jp | 2014-02-04 15:58 | Comments(0)
出勤簿も無いってホンマかいな!! //仕事をさぼってテレビに見入る職員たち
このとんでもない現状を、大阪維新の会・中野市長はご存じか!?

O これが柏原市役所の職員たちの勤務日報である。(各課の長がこの日報を、午前9時15分までに人事課に提出するというもので、出勤簿は無いという。)
b0253941_13271268.jpg

O 仕事をさぼってテレビに見入る職員たち
b0253941_1403765.jpg

ここの職員たちは、いったいいつの時代の感覚で仕事をしているのだろうか。柏原市役所には出勤簿がないらしいということを噂には聞いていたが、先ブログの「仕事をさぼってテレビに見入っている職員たち」の姿を採り上げたことから、念のために柏原市職員の服務規定を見てみたところ、驚くことに本当にこの市役所には出勤簿が存在していないのである。

ちなみにお隣の藤井寺市役所や羽曳野市役所では、出勤簿やタイムレコーダー、あるいは出退勤管理システムに出勤の入力をするなどの方法で、当たり前のこととして職員の出退勤の管理が成されている。

それに比べて我が「まち」柏原市役所の職員たちの出退勤の管理状況は、上記掲載の「勤務日報」のとおり、まるでどこかの工事現場の班長が、作業員の出欠の状況をまとめて事務所に報告するような形で仕事が始まるらしい。

また、下記に掲載の「柏原市職員服務規定」の条項を見ても、その内容はなんともお粗末なもので、単に職員たちの身分上の手続きを書いてあるだけである。

市長に市役所改革・公務員改革の意識が無いのか、職員組合との馴れ合いか、あるいは職員組合の力が強いのか・・・、それとも議会側の行政に対するチェック能力や監視機能がしっかりしていないのか、剥げば剥ぐほどこの市役所の組織構造のおかしさには開いた口が塞がらないでいるが、これでは仕事をさぼってテレビ観賞の職員や、たばこスパスパ組の職員たちが役所にはびこるのも仕方のないことかも知れない。ここはまさに役所天国か!?

下記掲載の規定は「柏原市職員服務規定」であるが、これもその中身はそのほとんどの条項が半世紀以上も昔のままであり、まさにガラクタの骨とう品みたいな規定である。大阪維新・中野市長には、早急な規定の改正をお願いしたい。

O 柏原市職員服務規程  昭和34年3月26日  規程第1号

(服務の基本)
第1条 職員は、職務の公共性を認識し、市民全体の奉仕者として、公共の利益のために民主的かつ能率的な職務の遂行に専念しなければならない。

(職員証及び職員記章)
第2条 職員は、常に職員証(様式第1号)を携帯し、柏原市職員記章規程(昭和33年柏原市規程第2号)の定めるところにより記章を着用しなければならない。

(出勤及び退庁)
第3条 職員が出勤したとき、又は退庁するときの動態の把握は、各課等の長が行い、勤務日報(様式第2号)により人事主管課長に報告しなければならない。

(住所変更等の届出)
第4条 職員は、次の各号のいずれかに該当する場合が生じたときは、当該各号に定める届書又は願書を所属長を経て市長に提出しなければならない。
(1) 住所を定め、又は転居したとき。住(転)居届(様式第3号)
(2) 改姓又は改名したとき。改姓(名)届(様式第4号)
(3) 転籍したとき。転籍届(様式第5号)
(4) 本務のほかに他の業務を受託しようとするとき。受託許可願(様式第6号)

(勤務時間外等の登退庁)
第5条 勤務時間外又は柏原市の休日を定める条例(平成元年柏原市条例第22号)に規定する休日に登庁したときは、その理由を当直員に通知しなければならない。退庁のときは、当直員に通知するとともに当直員と立会いのうえ、事務室の戸締まりをしなければならない。
2 勤務時間を経過して勤務をした職員が退庁するときは、前項後段の定めるところによる。

(採用者の諸届の提出)
第6条 職員に採用された者は、速やかに所定の書類を所属長を経て市長に提出しなければならない。

(退職)
第7条 職員が退職しようとするときは、退職願(様式第7号)を市長に提出しなければならない。

(事務の引継ぎ)
第8条 退職、休職、転任等の場合は、速やかにその担任事務に関する次第を記載した引継ぎ書を作成し、後任者又は所属長の指定した者に引継ぎをしなければならない。

(旅行)
第9条 公務のため職員が旅行しようとするときは、旅行命令簿(様式第8号)に記入し、事前に決裁を受けなければならない。ただし、急を要する場合は、この限りでない。
2 職員は、旅行中次の各号のいずれかに該当する場合が生じたときは、直ちに上司の指揮を受けなければならない。
(1) 用務の都合によって旅行先又は日程を変更する必要が生じたとき。
(2) 病気その他の事故によって執務することができないとき。
(3) 天災地変等のため旅行を継続することができないとき。

(復命)
第10条 旅行した職員は、上司に随行した場合を除くほか、その用務が終わったときは速やかに帰庁し、復命書(様式第9号)を提出しなければならない。ただし、軽易な事項については、口頭で復命することができる。

(非常災害時の服務)
第11条 職員は、天災地変その他非常災害の発生したとき、又は発生のおそれがあるときにおいては、別に定めるところにより登庁し、上司の指揮に従って服務しなければならない。

(火災発見のときの処置)
第12条 職員は、庁舎等の出火又は庁舎等付近の火災を発見したときは、直ちに本庁にあっては総務部総務課長、出先機関にあっては当該出先機関の長(以下「施設管理者」という。)、当直員及び消防署等に急報する等臨機の処置を執るとともに施設管理者の指示に従うものとする。

(非常持ち出し)
第13条 課長は、あらかじめその課の書類及び器物中非常持ち出しを要するものを定め、その所在を明確にしておかなければならない。

(非常時の警備)
第14条 非常事態の発生したとき、又は発生のおそれがあるときにおける警備等については、別に定めるところによる。

by rebirth-jp | 2014-01-28 13:30 | Comments(1)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
(その2) 今回の定例..
by rebirth-jp at 11:47
(その1) 柏原市の「..
by rebirth-jp at 11:46
今日、はじめてネット中継..
by 議会 at 19:25
半世紀も昔の村しがらみに..
by rebirth-jp at 08:00
次の市議選ですが、維新か..
by 市民 at 00:11
市政運営の方針、弁護士の..
by 柏原市民 at 20:17
トップ(副市長と市長)が..
by rebirth-jp at 09:39
これって、論功行賞枠の副..
by これは・・・ at 17:31
ご理解とありがたいお言葉..
by rebirth-jp at 23:33
こんにちは。 6月定例..
by 市民 at 17:28
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
母子健康手帳の交付(妊娠..
by 実家が柏原市 at 09:36
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル