革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
未分類
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◆謹賀新年/H25~H29年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
カテゴリ:◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは( 5 )
補助金交付の実態/管轄~教育委員会編/市民はこの実態を知るべき!!(その3)
(その3)
前回につづき今回は市の教育委員会が管轄する補助金交付の実態についてその概要を書き出してみる。今回もこの補助金の中身についての議論は控えるが、個々の案件についての精査・検証の結果については、また別の項に採り上げてみたい。

いずれにしても我々市民や市内の企業・事業者等が納める税金を、市は、いったいどのような団体に補助金として交付しているのか、その実態を市民の皆様に知っていただくためにここに公開をするものである。ここに公開するものがすべてとは言い切れないと思うが、一応、市が提供してくれた開示資料に基づくものであり、おおむねの補助金交付の概要は掴めると思う。参考としていただければ幸いである。

以下、具体的に書き出してみる。(順不同である)

 柏原市婦人団体連絡協議会 H21~23 計59万7700円  柏原市PTA協議会 H21~23 計47万2500円  柏原市連合青年団協議会 H21~24 計49万2000円  柏原市こども会育成連絡協議会 H21~24 計387万円  柏原市青少年リーダー指導者会 H21~24 計124万円  柏原市青少年健全育成協議会 H21~24 計1千213万4930円  柏原市青少年指導員協議会 H21~24 計150万6747円  柏原市民文化会館市民劇場委員会 H21~24 計1千100万円  重要文化財公開管理助成金 H21~24 計150万円 10 柏原市文化連盟 H21~24 計440万円                       

11 柏原市体育協会 H21~24 計320万円 12 柏原市スポーツ少年団指導者協議会 H21~24 計34万円 13 柏原市教育研究会 H21~24 計351万2千円 14 柏原市中学校体育連盟 H21~24 計268万円 15 中学校対外競技近畿大会出場助成金(堅下北中学校) H21年 計12万2460円 16 中学校対外競技近畿大会出場助成金(堅上中学校) H22年 計14万920円 17 特色ある学校園補助金(小学校10校、中学校6校、幼稚園6園/H21は7園) H21~23 計2千387万4692円 18 小中学校/山川・日名・戸張・中川・柏木・高橋グループ・教諭個人研究 H21~23 計45万9605 円 19 柏原市小・中学校生活指導研究協議会 H21~24 計32万9275円  20 柏原市校園長会 H21~24 計711万6233円                                 

21 柏原市進路指導研究協議会 H21~24 計38万1361円 22 柏原市支援教育研究会H21~24 計122万9952円 23 柏原市人権教育研究会 H21~24 計263万8287円

以上が市の開示資料により判明した概要である。                  

今回は、教育委員会が管轄するところのどのような団体に市が交付金を出しているのかを書き出してみたが、先の「その1」、「その2」、そして今回(その3)の記事を並べて見ると現岡本市政の体質が見えてくる。現時点での個々の内容に対する意見や交付の適否の判断については市民の皆様それぞれの判断にお任せをしたい。当方としては、市民の皆様が少しでも柏原市の交付金の実態というものに関心を持っていただき、現市政の運営に目を向けていただければと思っている。

なお、交付先の個々の団体や交付金額についての問題点などは、精査の後、いずれその検証結果をここに公開させていただく予定である。

今の日本の政治には国政にも地方にも「性善説」は成り立たない。国民(市民)は日本人独特の性格からくる「お任せ主義」体質から脱皮し、市民一人ひとりが市政の主役であることを忘れずに、自身が選んだ議員たちと協力をしながら役人や公務員たちの仕事をしっかりと監視していかなければならない。

今の体たらくの柏原市政を育ててしまったのは我々市民であるが、それを健全な市政に立て直すのも我々市民である。一刻も早く、腐蝕の柏原城(人も建物も)を立て直さないと、政治も街も改革の時代に取り残され、いずれ市民が、そして子供たちがそのツケを負わされることになる。

現在、根拠不明のまま、まるでバラマキのごとく報酬が支払われている名目「嘱託」や名目「非常勤」扱いの職員らに対する報酬支払の実態を検証中である。当然ここには、現在、百条委員会が調査中の竜田古道の里山公園問題も関連をしてくる。・・・どっぷりと「腐蝕の病」に呑み込まれてしまった柏原市政の不透明と疑惑はまだまだ続く!!
by rebirth-jp | 2012-10-08 21:50 | O補助金交付の実態/バラマキ市政 | Comments(0)
補助金交付の実態/市は柏原市補助金交付規則に基づくと言うが!?/市民はこの実態を知るべき(その2)
(その2)
昨日(4月5日)の朝刊で、橋下徹大阪市長と人形浄瑠璃文楽の技芸員(演者)による公開討論会に関する記事が大きく出ていた。案件は文楽側への補助金の透明化や補助のカット(縮小)、そして文楽側への運営改善の条件提示(突き付け)である。橋下市長の「特別扱いはしない」という意思が分かりやすく伝わってくる。

さて、たまたまというか、当方も、現在、柏原市の補助金交付の実態を検証すべく関連する行政文書の開示請求を行い、その結果を資料に基づき精査・検証中である。橋下市長の言葉一つひとつが非常に参考になっている。

まずは開示資料に基づいて平成21年度から現在(平成24年度現在)までの間、市はどのような団体に補助金を交付しているのか、その金額を含めて現状を書き出してみたい。あくまでも市から開示された資料(対象団体の数、交付金の金額)に基づくものであることを附記しておく。(名目上非常勤扱いの職員らに対する報酬等の案件については別途精査中であり、いずれ公開をさせていただく)

以下順不同に書き出してみる。なお別機関(柏原市教育委員会)が管轄をする学校・教育関連の団体に対する補助金交付については、やはり相当な数になってしまうので別に項を置く。

 柏原市区長会 H21~24 計1千668万3360円(ほか区長会の個々の区長には行政協力員報酬として、約120名に対し、年間合計約1千425万円の報酬が支払われている。)/  柏原市まちづくりに頑張る自治会・団体(述べ21団体に対し) H22~24 計500万円/  柏原市民郷土まつり振興会 H21~24 計2千344万円/  柏原市労働組合 H21~24 計104万8千円/  柏原市商工会 H21~24 計5千150万円/  柏原市シルバー人材センター H21~24 計1億1千195万4756円/  河内柏原雇用開発協会柏原支部 H21~24 計80万円/  柏原市社会福祉協議会 計2千857万7198円/  柏原地区保護司会   H21~24 計249万4千円/ 10 柏原市人権協会 H21~23 計524万4783円/   


11 柏原地区更生保護女性会 H21~24 計89万円 / 12 柏原市遺族会 H21~23 計105万8千円/ 13 柏原市原爆被害者の会 H21~24 計54万6千円/ 14 柏原市八尾税務署管内納税貯蓄組合連合会 H21~24 計5万2千円/ 15 柏原市老人クラブ連合会 H21~22 計76万8320円/ 16 大阪中河内農業協同組合 H21~24 計202万4790円/ 17 柏原市農業祭実行委員会 H21~24 計63万341円/ 18 柏原市果樹振興会 H21~24 計92万円/ 19 柏原市地域担い手育成総合支援協議会 H22~24 計124万円 / 20 柏原市観光ぶどうセンター H21~23 計120万円/  


21 柏原市献血推進協議会 H21~24 計60万8千円/ 22 柏原市消費生活研究会H21~24 計32万円/ 23 柏原市エイフボランタリークラブ H21~23 計25万8千円/ 24 柏原市交通安全協会 H21~24 計320万円/ 25 柏原防犯協会 H21~24 計1千610万円/ 26 防犯灯維持管理補助交付金 H21~23 計3千60万5500円/ 27 商店会街路灯維持管理費補助 H21~24 計83万2千円/ 28 青地井手口土地改良区 H21~24 計54万円/ 29 リサイクル促進事業助成金17団体 H21~24 計1千216万1745円/ 30 柏原市交通安全協会 H21~24 計300万円/ 31  民間保育所運営費補助金(計6施設) H21~23 計4億2千335万1719円


以上が市の開示資料から判明した内容である。この概要を見て市民の皆様はどう思われただろうか。・・・これらはすべてが市民の血税からなるものである。決して独裁市長が自分のサイフから出している補助金ではない。補助金を受ける側の団体はそのへんをしっかりと自覚してもらわなければならない。 一方、市民側は、これら補助金の交付が適正になされているか、その透明性をしっかりと監視していく必要がある。               

今回は、市が市民の血税をどのような団体に補助金として交付しているのか、その対象団体や交付金額の概要を皆様に知っていただくために上記内容をここに公開をしたものであり、個々の項目・案件に対する論評はここではしないが、これらの精査・検証の結果については、後日、改めて皆様に報告をさせていただく予定である。(なお関係者からの訂正指摘があれば、精査ののち訂正をさせていただきます。連絡をお待ちしております。)


柏原市政の不透明と疑惑はまだまだ続く!!
by rebirth-jp | 2012-10-05 12:56 | O補助金交付の実態/バラマキ市政 | Comments(0)
補助金交付の実態/これでは財源がいくらあっても足りないはずだ!/市民はこの実態を知るべき!!(その1)
(その1)

現在、柏原市の補助金交付の現状や非常勤扱いの職員報酬等についてその実態を検証中である。きっかけは、今年の「広報かしわら」8月号に掲載された『まちづくりに頑張る自治会・団体に対する補助金』に関する記事である。

この広報紙で、市は、「まちづくりに頑張る自治会・団体に対する補助金の補助団体が決まりました。この補助金は、地域で活動する団体などが、創意工夫を凝らし、地域の活性化と市民の協働によるまちづくりを行う活動に対して市が応援するものです。」と謳い、平成24年度補助金を受ける事業・団体として11の団体に補助金を出す決定をしている。

いったいこの補助金は何を根拠に交付されているのか、いったい何時からこの補助金交付制度が始まったのか、ほかには一体どのような団体がこの補助金の交付を受けているのか・・・、おそらくこれも細かく検証すれば、良くも悪くも現在の岡本市政の真の姿が浮かび上がってくるのであろう。

現時点、資料の数が多過ぎてその解明・検証に時間が掛かっているが、いずれこの検証の結果については市民の皆様にお知らせをさせていただく予定である。ちなみにこの補助金交付に関する行政文書の開示請求に対し、市は、最初、たった3件(3枚)の補助金交付申請書の写ししか開示してくれなかった。しかもうち2件はすでに廃止済みの団体に関するものであった。(担当は総務部総務課、これが柏原市政の体質なのか、まったく市民をバカにした対応である。)

先の「広報かしわら」8月号には、まちづくりに頑張る自治会・団体として、11の自治会・団体にしっかりと補助金交付の決定がなされ、これについては過去2年間を遡ってみても同様の補助金が交付されていたことから、市は、最初の開示請求の段階ではあきらかにこれらの情報を隠ぺいしようとしたのである。

当然、当方はそこに大きな疑問を抱き、1回目の請求に続き、更に請求の内容を細かく記載して2回目の補助金交付に関する行政文書の開示請求を行ったところ、今度は、合計473枚の資料が開示されたのである。内容は1枚の資料に複数の件数が記載されているものもあり相当の数となり、交付の金額も相当の額となっている。
それらの資料の中からは、こんなところにも補助金が出ているのか、あるいは何でこんな団体に補助金が交付されているのか・・・、ちょっと首をかしげたくなるような団体もあるが、それらについては可能な限りここに公開をさせていただき、できるだけ多くの市民その実態を知ってもらいたいと思っている。

この補助金交付や名目非常勤扱いの報酬支払いで、我々市民の血税が果たしてどれだけの大きな金額となって消えているのか、それを知れば、おそらく多くの市民の方は驚きをとおり越してあきれ果ててしまわれるだろう。まさに『開いた口がふさがらない』である。

当然、必要なものには補助金を出し報酬も出す必要があるが、果たしてそれらの補助金交付の決定などの作業が適正に行われているのかについては、これらの資料から見えるところでは大いに疑問が残るのである。9月議会は今日で閉会されたが、議員の皆様には、これらの補助金交付や報酬の実態にも細かく視点を当て、市民の代表者として、市政に対するチェック機能を果たしていただきたいものである。

現在、様々な方面から柏原市政を検証中であるが、公共事業の委託や補助金の交付、あるいは職員(嘱託、非常勤職員、非常勤扱いの職員等含む)報酬の実態、ほか多くの不透明な部分や疑惑の残る部分が出てきている。その数はいったいどこから手を付けていけばよいかという状況に近いものがある。

柏原市政の不透明と疑惑はまだまだ続くが、順に、調査・解明の結果をここに公開していく。
by rebirth-jp | 2012-10-04 08:46 | O補助金交付の実態/バラマキ市政 | Comments(0)
設置根拠が不明の附属機関に市長の権限で報酬をばらまく/岡本市政のばらまき作戦!?
(岡本市政のばらまき作戦/その2)

今回は、先の6月議会で議員の一人から質問が出た諮問機関等の附属機関について、現在、設置根拠が不明のまま岡本市長の権限で報酬が与えられている予算の歳出先について、その実態を公開させていただく。

まず法律(地方自治法)に定められた附属機関の設置根拠であるが、その根拠となる条文は、


地方自治法第138条の4第3項

普通地方公共団体は、法律又は条例の定めるところにより、執行機関の附属機関として自治紛争処理委員、審査会、審議会、調査会その他の調停、審査、諮問又は調査のための機関を置くことができる。ただし、政令で定める執行機関(公安委員会)については、この限りでない。


と、しっかりと明文に謳われており、これについては、岡本泰明市長得意のばらまき作戦とも言えるたとえば「別に市長が定める機関に報酬を与える」などの例外規定は、一切、条文には謳われていない。

ところが、当市(柏原市)では、現時点判明の段階で、設置根拠が不明のいわば自称附属機関ともいうべきか、15科目の機関(?)に、我々市民の血税が、岡本市長の権限(!?)により、報酬としてばらまかれているのである。いわば違法な予算の支出である。

少々耳に痛い市民の方(現在、これらの設置根拠不明の機関で報酬を受けておられる市民の方々)もおられるかも知れないが、これは現在報酬を受けておられる方々にその責任は一切無く、すべて岡本市政の誤りからくるものであるので、あえてここに、その現段階15もの歳出先の名称と報酬の実態を公開させていただくものである。

1、契約検査課の「総合評価落札方式評価委員会委員報酬(2人)」: 報酬額は4万円  2、契約検査課の「入札等監視委員会委員報酬(3人) 」 :  報酬額は6万円  3、社会福祉課の「自立支援協議会委員報酬(12人)」 : 報酬額は18万円  4、健康福祉課の「地域保健医療協議会委員報酬(8人)」: 報酬額は6万円」     5、健康福祉課の「予防接種健康被害調査委員会委員報酬(5人)」: 報酬額は3万8千円  6、教育総務課の「教育委員会表彰審査委員報償費(?人)」: 報酬額は2万3千円  7、教育総務課の「教育委員会点検評価に係る報償費(?人)」: 報酬額は3万円  8、学務課の「柏原市結核対策委員報償費(?人)」: 報酬額は3万円 9、指導課の「就学支援委員報償費(?人)」:酬額額は15万円   10、指導課の「奨学生選考委員報償費(?人)」: 報酬額は3万円   11、指導課の「幼・小・中一貫教育推進委員会委員報酬(5人)」: 報酬額は18万8千円  12、企画調整課の「指定管理者選定委員報酬(2人)」: 報酬額は6万円  13、企画調整課の「行政評価委員報酬(10人)」:報酬額は60万円   14、文化財課の「鳥坂寺跡整備検討委員会委員報酬(5人)」: 報酬額は11万3千円   15、文化財課の「歴史資料館等運営協議会委員報酬(6人)」: 報酬額は4万5千円

これらの設置根拠不明の報酬支出金については、当方が度々訪ねる行政文書開示請求先の窓口の職員も、先の議会での議員の指摘を受け、「設置根拠不明の附属機関は誤りです」「今年の12月までに整理をする方向で進んでいる」旨の説明もあり、現在何らかの対策をしているようであるが、こういう案件については、監査請求や住民訴訟の対象ともなるものであり、市民の立場からは、行政側に、即、改善策を図られることを願う。

なお、行政文書の開示請求に対する職員さんの対応については、2、3の部所を除き、非常に丁寧に対応をされ、かつ情報の開示にも努力をされている感があるので、昨今、柏原市政で発生する諸々の問題は、やはり行政のトップにある人物の「市政の舵取り」にその原因があるのだろう。

岡本市政の不透明と疑惑はまだまだ続く。
by rebirth-jp | 2012-08-23 17:12 | O補助金交付の実態/バラマキ市政 | Comments(0)
市民の血税をまるで自身の財布替わりに湯水のごとく報酬としてばらまく、これが岡本市政の実態か!?
(岡本市政のばらまき作戦/その1)

柏原市にはこのタイトルを見て、耳の痛い市民の方が数多く存在しているはずである。 
       
今回の開示請求の一つから判明したことは、明確な根拠規定もないまま、ただただ岡本市長の権限により、恐ろしいほどの数の多さで実態は名ばかりの非常勤扱いや嘱託扱いの職員が存在し、あるいは設置根拠が不明のまま、名目上は附属機関(諮問機関等)として設けられた機関で報酬を受けている何とかかんとか委員等が、開示請求先の職員でさえ把握ができないほど数多く存在しているのである。

おそらく、大した仕事もしないまま非常勤あるいは嘱託の名で相当額の報酬を貰い、いささか気が引けておられる市民の方もおられるはずである。もちろん必要な附属機関や各委員、そして非常勤や嘱託の職員など、その設置・存在が必要な部所もあるだろうが、担当の職員が把握できないほど数が多いというのではやはり大きな問題である。

これは前市政からの問題なのか、あるいは現柏原市長:岡本市政の問題なのかその中身を現在検証中である。現時点、開示請求で得た500枚以上(全体の枚数ではなく本件1件の開示請求に対する回答資料が500枚以上)にも及ぶ関連の資料から察すると、これは明らかに市民を餌(金)で釣る岡本市政のバラマキ戦術としか映らないのである。おそらく来年の市長選に向け、この戦術はますます数が増えていくはずである。

このことは先の6月議会でも、市長の諮問機関等の設置基準について議員の方から政策推進に関する一般質問として議題に挙がっており、さらなる実態の調査を今後の議会に期待する。

当方は現在検証中の資料が整理でき次第、現岡本市政が、どのような団体や機関、委員らに報酬を出しているのか、可能なかぎり詳細に公開をさせていただく予定でいる。その報酬の総計金額が、現在の市の財政逼迫の一因となっていることは間違いのない事実である。
by rebirth-jp | 2012-07-28 14:35 | O補助金交付の実態/バラマキ市政 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
(その2) 今回の定例..
by rebirth-jp at 11:47
(その1) 柏原市の「..
by rebirth-jp at 11:46
今日、はじめてネット中継..
by 議会 at 19:25
半世紀も昔の村しがらみに..
by rebirth-jp at 08:00
次の市議選ですが、維新か..
by 市民 at 00:11
市政運営の方針、弁護士の..
by 柏原市民 at 20:17
トップ(副市長と市長)が..
by rebirth-jp at 09:39
これって、論功行賞枠の副..
by これは・・・ at 17:31
ご理解とありがたいお言葉..
by rebirth-jp at 23:33
こんにちは。 6月定例..
by 市民 at 17:28
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
母子健康手帳の交付(妊娠..
by 実家が柏原市 at 09:36
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル