革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◆腐蝕の柏原城が抱える深刻な「病」
◆組織の病/柏原市職員の分限・懲戒処分
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/NPO絡み職員に賠償請求
◆住民監査・訴訟へ/サンヒル柏原破産事件
◆住民監査請求/サンヒル柏原・あかねの宿
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◆黒塗り隠ぺいタカリ体質に対する審査請求
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆疑惑の土地取得/国分中学グランド隣地
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆賃貸しのサンヒル柏原事業に市は関わるな
◆郵便入札に疑惑!!/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会/会派は自分党議員ばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆前市議ら
・ 山本真見議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆謹賀新年/H25~H29年
◆行政文書開示請求は市民の唯一の武器
◇『改革/新・革新の会』規約
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
カテゴリ:◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ( 34 )
公金バラマキという村の古い政治は何も変わらず!!!/とんでもない維新政治である!!!
このとんでもない公金バラマキも例の
柏原市行政協力委員(区長)と
時の市長の関係
から始まっている!!!

O 下の開示請求に対して市長(冨宅正浩)が開示した計7ヶ所の
土地借り上げ先「一覧表」「

遊休地(田)や家屋を取り壊した跡地を問わず7ヶ所全てが
宅地並みの固定資産税+都市計画税の
3倍から3.5倍の
土地借り上げ料となっている

借上げの期間は15年から20年間である
総額1千2、3百万円

こんなおいしい話なら誰もが市に土地を借り上げてもらいたいだろう
土地の面積や借り上げ料はほぼ解明しているので
いずれ全てを公開する予定である
b0253941_19394188.jpg
O行政文書開示請求書を提出
H29.11.10日
b0253941_10482160.jpg
根抵当権付きの土地を固定資産税+都市計画税の3倍で借り上げた市長
しかも地目は田であるにもかかわらず宅地並みの扱いで
借り上げ料を市民の血税から支出
しているのである




by rebirth-jp | 2017-11-21 19:54 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
市長はあくまでも黒塗りで開示を拒否!!/これが維新を騙る新市長(冨宅正浩)の情報公開に対する姿勢である!!!

本件不開示(一部不開示処分は取消し)の裁決書については

別途に全文を公開予定である

それにしても議員たちは

この税金(市民の血税)無駄遣いを本当にこのまま放置して行くつもりなのだろうか!?


ほか新たな別事件として

市長(冨宅正浩)が職員のとんでもない不祥事を隠ぺいしているという

情報があるが現在その事実を調査中である!!!



市長は開示を拒否したが、本件案件の「土地使用貸借契約書」では、土地の「賃借料」は、既に、実質、公開も同然の内容となっている。それでも隠さなければならないよほどの事情があると思われるが、その理由も既に把握済みである。


市が公園敷地等として借り上げている土地は、地目が「田」の土地が5ヶ所、地目が「宅地」が箇所の計7ヶ所である。契約の期間は15年間から20年間である(1ヶ所のみが11年と数か月)である。


そして本案件の対象となっている「賃借料」は、当該年度に当該土地に賦課される固定資産税+都市計画税の3倍での借り上げが5ヶ所、3.5倍での借り上げが2箇所である。土地借り上げ料の金額は7ヶ所で一千数百万円である(約1,300万円)。これを15年間から20年間借り上げているからその総額は億単位(2億以上)の金額となる。


さらに驚くが、この内、2箇所は根抵当権が設置されているのである。土地の持ち主たちは、本来、固定資産税や都市計画税が徴収されるはずが、その3倍から3.5倍の収入を公金(市民の血税)から得ていることになる。家屋を取り壊した跡地を借り上げている場所もある。よくもまあこのとんでもない案件を議員たちは放置しているものである。ほんまにアホかである。


中には議員に口利きを頼んで、当時の岡本市長に所有する土地の借り上げをしてもらった者もいるという。信じられない話だが、この村ではあり得る話である。


しかも地目は「田」でありながら「宅地」並みの固定資産税に換算しての3倍から3.5倍というから、遊休地の所有者にとってはこれほどうまい話はないだろう。中には年間500万円に近い収入を得ている土地の所有者もいる。


契約書には「賃借料」の金額こそ書かれていないが、その理由は年度の固定資産税額等の評価額の数値が変動するからである。これに毎年の借り上げ料の決算額も借り上げ先の土地の面積等も公開されているから、おのずと賃借料の金額は出て来る。


既に7ヶ所それぞれの、だいたいの土地借り上げ料は把握しているが、その詳細を求めた今回の開示請求に対する新市長(冨宅正浩)の実質不開示決定は、市長の市民に対する情報公開の意識と姿勢が明らかになったということである。これが維新を騙る新市長(冨宅正浩)の市政運営の正体である。


一部の者にだけ餌(公金)や利権をばらまきながら、おそらくこれから保険料などの公的費用の値上げが始まるはずである。市政に無関心の市民は市の財政の実体をほとんど知らないが、既に市の財政は破たん状態である。あの老朽化した本庁舎の立替え基金さえも、既に喰い潰して一銭も財源が無いのである。


この新市長(冨宅正浩)は、ほかにも職員のとんでもない不祥事を隠ぺいしているという関係者の話が、あちこちで飛び交っている。やはり元市職員の副市長と市長では、まともな姿勢運営は無理ということなのだろう。コイツラができることは元市職員労働組合執行委員長の影響力を利用して、我が身保身の人事政策だけである。


岡本政権、中野政権も酷かったが、冨宅市政は元市職員労働組合執行委員長の副市長とタッグを組んで、ますます隠ぺい政治に突き進んでいる感しかない。まさに腐蝕の柏原城というわけだが、コイツラこそが民衆(市民)の敵であることに、いずれ市民の側も気付くはずである。


話しを元に戻すがこの案件に関しては、いずれ7ヶ所全ての土地借り上げ料の金額、その金額の適否、うち2箇所が根抵当権付きという実態等々、徹底的に検証し、本件が住民監査請求や住民訴訟の対処案件となればその準備を進めていくつもりである。


この案件は決してこのまま放置してはいけない問題である。これを体たらく議会(議員たち)に求めても、かれらにその能力が無いことはこれまでの案件・事件で嫌というほど思い知らされている。独自で最後までケリを付けるつもりである。


『頼るは苦の源なり』という諺があるが、このまちの市政の正体を知るにつけ、その意味を教えられている気がする。



by rebirth-jp | 2017-11-18 19:11 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
隠せば隠すほど都合が悪いということである!!!/借り上げ料を黒塗りで隠す維新市長(大阪維新の会・冨宅正浩柏原市長)
この問題も議員たちの仕事であるが
相変わらず知らん顔である
まさに自分党保身の
税金泥棒たち
である!!!



根抵当権付きの土地を固定資産税+都市計画税の3倍で借り上げた市長
しかも地目は田であるにもかかわらず宅地並みの扱いで
借り上げ料を市民の血税から支出
しているのである
借上げの期間は15年間から20年間
ほんまにアホかである

O行政文書開示請求書を提出
H29.11.10日
b0253941_10482160.jpg


by rebirth-jp | 2017-11-13 11:00 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
このムラでは市民の無関心をよそに市民の血税が喰い潰さされているが・・・
・・・これらはすべてムラしがらみが生んだ時の市長たちの
バラマキと腐敗政治が原因である!!!
このムラしがらみの
バラマキ政治は今も変わらず続き
柏原市独特のムラ政治が今も市民の血税を喰い潰し続けている!!!


地目は田の土地を宅地並みの固定資産税+都市計画税の3.5倍で
岡本市長が当時の行政協力委員(区長)から
平成17年12月から20年間
の長期期限で借上げ

こんなおいしい話はどこにもないだろう!?
ほかにも6ヶ所があるが内2箇所は根抵当権が設定されている


O 一番最初(平成17年12月)に始まった遊休地の土地借り上げ先
との土地賃貸借契約書の内容
(地目は田である)

b0253941_16274775.jpg

b0253941_16273565.jpg



by rebirth-jp | 2017-09-25 16:41 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
副市長(松井久尚)と新市長(冨宅正弘浩)はなぜこのおかしな土地借り上げ問題を放置しているのか!?  

そして誰もがおかしいとおもいながら議会(議員たち)は何故この問題を

見て見ぬふりをしているのか!?


この問題は本来

副市長(松井)久尚や新市長(冨宅正浩)そして議会(議員たち)の仕事である

ムラしがらみの中でぬるま湯の茹でガエル状態にある市政には

何も期待できないのでこの案件もまた

市民が斬り込むしかない

ようである



O 柏原市情報公開審査会からの開催案内

(意見陳述のため出席)

b0253941_18130702.jpg


by rebirth-jp | 2017-09-23 18:13 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
大阪維新の会:新市長(冨宅正浩)の黒塗り行政/この隠ぺい体質の裏に何があるのか???
柏原市では相変わらず維新とは名ばかりの
腐ったムラ政治が
続いている
市民・有権者は「維新」「を騙る市長や候補者たちの
口先やパフォーマンスに騙されては
いけない


あの嘘吐きデタラメの岡本政権・それを禅譲した中野政権
そして維新とは名ばかりの
新市長(冨宅正浩)
3代続く腐ったムラ政治は何も変わらずである

この黒塗りの裏に何が隠されているのか
現在この黒塗りに対し審査請求の準備中であるが
ほかにあまりにも多くの不透明かつ疑惑の案件・事件が転がっており若干その準備が遅れている

余談であるが
このバカげた黒塗りに審査請求を起こすことにより
情報公開審査会の5人の委員に対し1人当たり日当が2万円支給される
日当といってもおそらくは
数時間程度である
1回で5人の委員に支払われる総額は10万円である
審査会が2回行われれば2倍の20万円の公金(市民の血税)支出である

こんなバカげた案件で
市民の血税が喰われて行くわけだが
本件を放置して置けば何千万・何億もの市民の血税がこの先何十年にも亘って喰い潰されていくのである
これも本来は議会(議員たち)の仕事であるが
かれらは決して動こうとしない

下記の事例に近い案件で
公金支出の金額の部分を黒塗りにした市長の例は
他の自治体でも発生しているが100%に近い割合でその黒塗り部分は
後に開示する羽目になっている
当たり前のことである

今回これを黒塗りにしている柏原市長の市政運営を見る限り
おそらく他の案件でもこういう隠ぺい政治に突っ走っているのであろう

「広報かしわら」を自身の機関紙と勘違いしている新市長が
上っ面だけのパフォーマンス記事・写真の
掲載を繰り返しているが
市民の血税で作成される広報誌は市民のために「まち」のために役立つ情報を掲載すべきである

また新市長のどうでもいいような「コラム記事」など一切必要はない
コラム記事の意味も分かっていないのかもしれない

どこかのOO市長が
広報誌の表紙一面を自身の後援会会長の写真で飾るなど
広報誌の私物化そのものである

まさに腐った市政 腐蝕の柏原城である

b0253941_20240059.jpg
b0253941_20234311.jpg


腐蝕の柏原城に関する情報提供は

下記へお願いします。

メール

rebirth-jp@outlook.jp






by rebirth-jp | 2017-08-09 21:01 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
隠ぺい・黒塗り行政!!!/冨宅市政の黒塗り行政に審査請求を準備中・・・
何が都合悪いのか知らないがこの案件の情報隠し(黒塗り)が
大阪維新の会・新市長(冨宅正浩)の
市政運営の正体ということ
なのだろう…


市政運営が不透明で怪し過ぎて手が回らないのが現状である
案件は公金(市民の血税)支出による土地借り上げ料を
冨宅市長が黒塗りで不開示
この案件も本来は
議員たちの仕事
である

b0253941_08054487.jpg
行政で言うところの「スクラップ・アンド・ビルド」とは
予算や組織・施設等の新設を行う場合
それに伴う無駄と肥大化を
防ぐために
既存の予算や組織の縮小さらには老朽化した非効率な行政機構(施設)を
廃棄・廃止するなどして真に市民のための新しい
行政機構を構築しその集中化・効率化
実現することを云う

柏原市政はこの半世紀こういう当たり前のことを忘れ
市民の血税を喰い潰し続けている
その結果が
現在の腐りに腐った腐蝕の柏原城である
財政は既に破たん状態
である


O 下記掲載は広報かしわらに掲載された公共施設の
マネジメントと行財政健全化

だからどうする・・・

結局6月議会でも何も施策を具体化していないではないか!
下の文面を見てもただ言葉が散らかっているだけで
何も具体策が見えて来ない!

何が「柏原最前線」か!?
まさか広報誌の紙面を作って自己満足しているだけではあるまいな!?
b0253941_08052902.jpg

O 今回は下の「緑地・公園等施設(10ヶ所)のうち7ヶ所を
検証の対象としている
いずれ全個所の検証を進める予定である
b0253941_08051870.jpg

O 新市長は何が都合悪いのか当然公開すべき情報を市民に隠したいらしい
b0253941_07184190.jpg

O この不開示は柏原市情報公開条例にも違反している
よほど何かを隠したいのだろう
b0253941_07182936.jpg
O 公金(市民の血税)で公施設の用地を借り上げるのに
その公金支出の金額を隠したいらしい
これを隠し通せると思っている
のが不思議である
これが
新市長(冨宅正浩)
の市政運営の正体である
b0253941_07162728.jpg
O 計7ヶ所の借り上げのうち2か所には根抵当権が設定されている
そこに固定資産税+都市計画税の3.5倍の
借り上げ料を公金から支出
しているのである
年間3、4百万円の収入になっている場所もある
これは 本来 固定資産税として市の収入の財源となるものであるが
逆にその3倍以上の利益を与えているのである
このまちの市政運営は狂っている…
これでは市の財政が破たん
するのも当然である
b0253941_07161481.jpg
ほか5ヶ所の土地借り上げ料も上記2つと同様全て黒塗りである
7ヶ所の土地借り上げ料の総額は
毎年約一千三百万円
である







by rebirth-jp | 2017-07-14 00:11 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
ほんとうですか!?/休耕地(地目は田)を市長が固定資産税+都市計画税の3倍から3.5倍で借り上げてくれるって
・・・驚きますがそれはほんとうです。しかも根抵当権が付いていても市長が借り上げくれるようです。

遊休地や民家を壊した後の跡地等々、そのままほって置けば固定資産税の請求が来ますから、逆に市長に借り上げてもらえば、苦労して支払わなければならない固定資産税の3倍以上の収入になります。

しかも契約の期間は15年から20年という長期で借り上げてくれます。

こんな特権を一部の者しか知らないのは、まじめに苦労して固定資産税を支払っている市民にとっては、実に大損でふざけた話です。

土地が広ければ収入は三百万円にも四百万円にもなります。こんないい話はどこにも転がっていません。

悪政の根源「行政協力委員(区長会)制度」の村しがらみから生まれた3代市長(岡本泰明、中野隆司、冨宅正浩)が続けるこの土地借り上げ制度は、13年前から始まっています。いまも継続中です。

この悪政の根源「行政協力委員(区長会)制度」は、住民の監査請求により「行政協力委員制度」のみが廃止され、その呼称が外れますが、実体はそのままさらに市民に見えないところで悪質化していきます。

この団体に対しては、団体が不当に利得した四百数十万円を市長が返還請求しているのに、その返還に応じていません。そもそも市長自身が、この団体に本気で返還を求める気はないようです。理由は、実質、市長の後援会化団体に対する公金(市民の血税)のバラマキです。

返還を求めるどころか、その一方で1425万円の報酬を支給しているのです。全額、個人口座振り込みです。

これが半世紀もの昔から延々と続いている悪政の根源、山西システムとも云われる柏原市の悪のモンスター制度です。

いわば半世紀も昔から続く「古い政治」の筆頭ですが、「古い政治を壊す。」と選挙公約した新市長(冨宅正浩)は、壊すどころかさらに悪質化させ、この悪のモンスター制度を維持していくことを、現在開会中の定例会で表明しています。

これが大阪維新の会を騙る新市長の市政運営の正体というわけです。4代前の市長山西敏一から、岡本泰明、中野隆司、冨宅正浩と続く村政治は、半世紀もの昔から何一つ変っていません。

柏原市とは、そんな「まち」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土地借り上げ料の総額は
年間一千三百万円を超えている

下記一覧表は平成24年度現在の資料であるが
平成29年度現在もそのままこのとんでもない市民の血税垂れ流しが続いている

この7ヶ所の中には根抵当権が設定された土地もある
最初の土地借り上げ先の土地は
例の悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長)」の所有地である

この借り上げ制度を始めたのは
あの嘘吐き・デタラメの前々市長岡本泰明である
当時
空き地を固定資産税の
3.5倍で市が借りてくれるんやったら
うちの土地も借りてくれるよう口利きを頼まれた議員もいるという

3代続けて市長は
本来市の財源収入として入ってくるはずの固定資産税や都市計画税を
しかもその3.5倍という金額を市民の血税から
特定の土地所有者に
垂れ流しているのである

そこまでしてわざわざ緑地公園などと理屈を付けて
これから先何億・何十億もの市民の血税を
垂れ流す必要があるのか

ほんとうにこの「まち」の市政運営のバカさにはあきれるばかりである
同時に議会(議員たち)はいったい何をしているのか
と言いたい

まさに狂った市政運営が続く
腐蝕の柏原城である

b0253941_13083022.jpg




by rebirth-jp | 2017-06-29 13:54 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
市政の透明化は真っ赤な嘘!!!/新市長(冨宅正浩)の平成29年度市政運営方針



腐蝕の柏原城

悪政の根源/市長のための悪政の根源「柏原市区長会制度」

は何もかわらず

市民の血税を喰い潰す不透明や疑惑の黒塗り行政は

元自治労柏原市労働組合執行委員長の副市長

元八尾市職員の市長

任期付き採用の弁護士(現時点正体不明)

3体制により市政はますます市民から遠くなり腐敗政治もそのまま続いて行くだろう



下記は、新市長(冨宅正浩)の平成29年度市政運営方針演説の一部である。


その中で、徹底した情報公開と市政の透明化や市民との情報共有を謳っているが、それは真っ赤な嘘であることが判明した!!!


掲載の支出命令書は、新市長が開示した市内に7ヶ所ある緑地広場の土地借り上げ料に関する書面である。これは契約書に基づき、市民の血税をその借り上げ料に充てがっているものであるが、公的施設に関する公金支出にもかかわらず、借り上げの契約金額が全て黒塗りである。


その総額は、7ヶ所で1300万円を超えている。場所は休耕地や宅地跡などであるが、その借り上げ料は、地目が「田」であっても、固定資産税と都市計画税の合計に3倍から3.5倍を乗じた金額で借り受けるなど、極めて不可解な条件となっている。


なかには根抵当権が設置された土地が2か所も存在していることが判明している。この案件も最初の取っ掛かりは、例の悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長)」の土地借り上げがスタートである。借り上げの期間は、15年から20年間という長期借り上げである。


この土地借り上げ料については、当然、市民に公開すされるべき情報である。ほかにもたくさんの不透明案件や疑惑の案件があることからなかなか手が回らないでいるが、この案件に関しては、いずれ徹底した追及と検証を続けて行く予定である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成29年度 市政運営方針


政策目標5「健全な行財政と市民主体のまち」


(2) 市政運営、行財政運営


③ 市政情報の発信につきましては、「広報かしわら」と「柏原市ウェブサイト」を核として徹底した情報公開で市政を透明化し、市民との情報共有を図ります。また、日本一住みたいまち柏原を目指して、まちの魅力や地域資源を市の内外に発信する「広報かしわら特集号」や移住者向けサイト「はじめよう柏原暮らし」の充実を図ります。


都合のいいパフォーマンスばかりを流すことが情報公開と

思っているのであればとんだ勘違いである

増刊号などの無駄な支出は

市の財政を

喰い潰すだけである


b0253941_23373249.jpg

b0253941_23370735.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結局、あの嘘吐き・デタラメ市長から3代続く市政の実体は、情報隠ぺいによる腐敗政治の体質のまま、何も変わっていないということである。





by rebirth-jp | 2017-06-26 00:11 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
また黒塗りの開示!!!/大阪維新の会・柏原市政は隠ぺい体質そのもの/議会も監査委員も機能不全!!!

この隠ぺい政治で市民の血税が喰い潰されていることを市民・有権者のほとんどが知らない。


柏原市民・有権者は、維新の名を騙り、維新とは真逆の半世紀も昔のむら型政治で市政を私物化している集団に騙されてはいけない。柏原市長や維新議員が語る市政改革は、ほぼ100%、ウソである。かれらはこの4年間、何一つ、市政の改革に取り組むことは無く、むしろ維新とは真逆の既得権益集団にしっぽを振っていただけである。



この公金バラマキは

当時の行政協力委員(区長)

所有する土地の借り上げがスタートである

案の定である

b0253941_17162858.jpg
b0253941_17161729.jpg

案件~小規模緑地広場土地借り上げ料

地目田や宅地跡の土地を宅地並みの固定資産税額+都市計画税額の合計額3倍から3.5倍で借り上げ/合計7ヶ所の借り上げ料の総額は、毎年、一千三百万円以上である。


この案件の首謀者は、当時の市長公室を拠点に悪政・悪事の限りを尽くしたあの嘘吐き・デタラメ市長と、その禅譲で生まれた大阪維新の会・中野隆司政権である。


柏原市政の正体は、「維新」とは名ばかりのとんでもないしがらみにまみれた、半世紀も昔のムラ型政治である。この半世紀の市政運営を検証しても、何一つ、改革の痕跡は無い。


改革どころか、自治労柏原市職員労働組合と慣れ合い・一体の現市長は、組合主導の人事政策に執着している感しかない。おそらく組合と市長にしっぽを振らないまともな職員たちは、人事配置で不遇な扱いを受けていると思われる。時々、職員OBからそういう情報をいただくことがある。


組合主導の人事政策が影響しているのだろうが、職員たちには兼々役職のバラマキで給与嵩上げのやりたい放題である。そして例の悪政の根源「行政協力委員(区長会)制度」を中心に、市長の周辺に寄生する既得権益の団体・集団には、報酬・補助金交付という形で、公金(市民の血税)のバラマキ放題である。


職員の数も、正規職員や嘱託職員・アルバイト職員などの非常勤職員を含めれば、1500人をも超えるマンモス所帯である。恐ろしいほどの数である。市長は職員の数や人件費を削減したと言いたいのだろうが、何のことはない、人件費の予算は増えているのである。


そんな中での、まさに公金バラマキの一つが、冒頭案件の、誰が考えてもおかしな土地賃貸借契約書に基づく「支出命令書」の黒塗りに隠された借り上げ料の支出である。完璧に特定人物に対する金銭の附与である。


地目田や宅地跡の土地を宅地並みの固定資産税額+都市計画税額の合計額3倍から3.5倍で借り上げ/合計7ヶ所の借り上げ料の総額は、毎年、一千三百万円以上である。


これが15年間、20年間と、毎年、市民の血税から支出されるのである。そのうち2箇所は根抵当権が設定された土地である。この土地借り上げ料に関する「支出命令書」を、ほぼ全面黒塗りで不開示して来たわけだが、この隠ぺい体質そのものが、この4年間の大阪維新の会・中野隆司市政の正体である。そしてタカリ体質の実態を現している。


そしてまた、この隠ぺい体質・腐敗体質の市政を、市民の血税に集る既得権益集団がそのまま維持しようとしているのである。




by rebirth-jp | 2017-01-08 23:00 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
明日、10月13日は、市..
by rebirth-jp at 23:04
議会への就職活動が終わっ..
by いしん at 21:35
この二人だけでなく、今の..
by rebirth-jp at 09:36
議会の新しい会派を見て驚..
by 民主党員 at 15:36
 結局一人の人に掻き回さ..
by 維新 at 19:51
軽い市長ですね……… ..
by 市民 at 06:10
半世紀もの間、この「まち..
by rebirth-jp at 23:24
 行政協力委員はなくなっ..
by 知りたい at 19:41
現時点、柏原市議選挙の候..
by rebirth-jp at 01:23
現在、現職を含め19人の..
by rebirth-jp at 10:08
この人、また出るって聞き..
by 噂ですが at 21:01
おっしゃるとおり、サンヒ..
by rebirth-jp at 23:26
新市長はサンヒル柏原を使..
by 市民 at 17:26
安心してコメント書いてく..
by rebirth-jp at 13:44
(その3) それともう..
by rebirth-jp at 12:30
(その2) ほんとにバ..
by rebirth-jp at 10:24
(その1) そうですね..
by rebirth-jp at 10:23
解説ありがとうございます..
by 市民 at 03:04
(その2) 今回の定例..
by rebirth-jp at 11:47
(その1) 柏原市の「..
by rebirth-jp at 11:46
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル