革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆大阪維新・冨宅正浩/組合腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆平成28年第1回柏原市議会定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇謹賀新年/蛇の生殺し/H25年
◆謹賀新年/午年 H26年
◇謹賀新年/羊年 H27年
◆謹賀新年/酉年 H29年
◆謹賀新年/申年 H28年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
カテゴリ:◇『改革/新・革新の会』規約( 4 )
柏原・市民オンブズマン/『柏原・革新の会』からのお願い
O 監査機能も働かず議会のチェック機能もまったく働かない消滅可能性都市の柏原市役所
b0253941_15132015.jpg

当会の活動は、あの嘘吐き市長の禅譲政治を続ける現市政、大阪維新の会・中野市政に対する「竜田古道の里山公園問題」に関連した監査請求を機に、今まさに不透明と疑惑の宝庫状態にある柏原市の腐蝕市政とデタラメ行政に対し、腐敗構造の解明やそこに喰いつぶされた市民の血税を悪党一派から取り戻すための活として、今後も引き続き住民訴訟への移行や、新たな監査請求を準備する段階にあります。

当会は、現在、本活動にご理解をいただける協力者・賛同者の方々の支えにより活動を進めております。併せて、共に活動まではできないものの、柏原市政に半世紀も続く腐敗政治を少しでも改善し、責任あるもの者には責任を取らせ、今も続く無駄な行政や、悪党一派により喰い潰された市民の血税を少しでも取り戻すことに共感していただける方々からの資金カンパのご提供や、ご協力をお願いしております。

腐蝕の柏原城に存在する数々の不透明と疑惑の案件に対する監査請求や、その後、住民訴訟を起こすには、その準備のための関連資料の情報開示請求や、後の訴訟のための準備、弁護士費用等が必要となります。

これについては対象の案件があまりにも膨大過ぎるため、その費用の捻出に苦労をしている現状にあります。費用の大半は膨大な枚数となる開示請求の際の紙代(1枚10円)や、それに付随する事務経費に充てておりますが、今後はこれに弁護士依頼のための費用が重なってきます。

最近、テレビや新聞等でも話題になっていますが、地方の自治体や議会の質があまりにも酷すぎます。当市の現状もまさにそのとおりであり、いまだに悪党一派が政権の要職に就き市民の血税を喰い潰している現状をなんとか止めさせなければなりません。

そこでより効果を上げるためには、やはり疑惑案件に対する監査請求や住民訴訟への移行、あるいは刑事事件としての告発等も視野に入れて行動をしなければ、真の効果は無いと考えます。一人でも多くの市民の皆様のご参加と、ご協力をお願いいたします。併せて情報提供等のご協力もいただければ幸いです。

資金カンパ等の振込先は、当ブログの右欄に記載してありますので、よろしくご協力の程お願いをいたします。



by rebirth-jp | 2014-07-23 15:23 | O『革新・オンブズマン』規約 | Comments(0)
柏原・市民オンブズマン//『新・革新の会』事務局からのお願い
今回は、会員・協賛者の募集と,会活動のための資金のカンパ等のご協力のお願いです。

岡本前市長による2期8年、この間、まれにみる独裁市長のやりたい放題の市政運営により、柏原の「まち」の行政はまさに腐蝕とデタラメの病に陥り、その悪政を支える体制は、大阪維新とは名ばかりの現中野市政にほぼすべての仕組みが禅譲され、今も我々市民に実害を与え続けております。  

この悪政の首謀者たちが進める市政運営の手口は極めて悪質です。地元広告店が発行するチラシ新聞や市の広報紙を使っての市民洗脳や、議会、職員たちへのあからさまな圧力、そして市民協働を謳った行政協力委員制度の仕組みを巧みに利用しての行政都合による区長会の支配、あるいは給与嵩上げのための兼々役職の乱発により職員たちの行政マンとしての思考能力を奪うなど、まさに改革をしたくない「まち」の体制固めに邁進している状態にあります。

奈良との県境に位置する柏原の「まち」は3分の2が山間部であり、地域は大和川やJR・私鉄の軌道などで分断され、さらにはベッドタウン化が進む影響もあり「まち」全体の連帯感は薄く、それに併せて市民・有権者の多くの働き世代は柏原の「まち」から離れたところに職場を持つことから自ずと市政に対する関心が低いという現状にあります。

その地域全体の連帯感の弱さと市政に対する市民・有権者の無関心を、これ幸いとうまく悪用する悪政の首謀者たちが、議会を無視し、市民・有権者を小手先の市民協働という言葉で操りながら、今の腐蝕市政とデタラメ行政を何十年にも亘って続けているのが、現柏原市政の現状であります。まさに腐蝕の柏原城でやりたい放題の市政運営が延々と続いているのです。

先の6月議会で解散となった竜田古道の里山公園調査特別委員会(百条委員会)が調査した案件などはまさにその代表的な事例です。結局、この案件は、まだ何も解決をされていないのに、中野市政と議会は、委員会による調査を終了させることにより、すべての疑惑に蓋を被せ、この大失策のすべてのツケを市民に負わせて終わりにしようとしています。

当然、この件はまだ何も終わってはいません。当ブログではこれまで様々な案件の疑惑を公開していますが、それらはほんの一部であり、まだまだ数多くの不透明と疑惑の案件が隠されております。いずれそれらの全てを公開する時が来ると思いますが、その前段階として、今後も、市政の裏に隠された情報・資料等の収集と検証の作業を続けながら、いよいよそれらの資料を基に、後の法的措置へ移行する段階に来ております。

後の法的措置と言えば、監査請求、住民訴訟、あるいは事件としての告発等の手段になるわけですが、これには更なる証拠資料の収集作業、開示請求の際の写しの請求、弁護士への相談や案件依頼等々、嫌でも費用が掛かることになるわけですが、その費用の捻出に苦労しながら会の活動を進めているのが当オンブズマンの現状でもあります。

この柏原の「まち」のまるで底なしの腐蝕市政に立ち向かうには、市民・有権者の皆様のご協力が無ければこの「まち」を変えることはできません。残念ながら大阪維新とは名ばかりの現市長では無理です。市政をチェックするべき我々の代表者である議員たちの議会にも期待ができないことが、先の6月議会で明らかになりました。

また大阪維新の看板に縋り、岡本前政権から続く腐蝕市政とデタラメ行政を禅譲で引き継いだ現中野市政に擦り寄る現職議員や新人候補者たちの、ただ議員になりたいがための動向ばかりを見る限り、この「まち」の政治がほんとうに市民のための政治に変わることはないでしょう。

残念ながら今の柏原の「まち」の政治の仕組みのままでは、この「まち」は、この半世紀も続いてきたまるで生きた化石のように村政治から、未来永劫、脱皮をすることはできないところまできています。おそらくその実態を市長も議員たちも分かっているはずですが、やはり選挙が目の前に迫ると、自身の当選だけが目的となり、それがこの半世紀近くもの間、何の成長もない村政治となって続いているのでしょう。

彼らにとっては、今のまま、市民・有権者の市政に対する無関心が続き、もちろん選挙では投票率が低ければ低いほど、腐蝕市政とデタラメ行政の首謀者たちとそこに擦り寄る一部の利権者たちや、行政協力委員制度(兼ねる区長会)で悪政を支える村政治の主役たちと一体となって、市政の私物化を延々と維持することができることになり、非常に都合が良いわけです。

当方が2年ほど前に現在のオンブズマン活動を始めた当初、当時は行政協力委員を兼ねる区長会の実態がここまで行政都合で利用されているとは思うはずもなく、柏原市政の腐蝕の実態を知っていただくためにまとめた書面(区長会へのお知らせ)を、月に一回程度の割り合いで送付をしていたことがありますが、その後間もなく、岡本前市長に極めて近い匿名を名乗るS氏から抗議の電話を受けたことがありました。

抗議の内容は、「あんた暇かなんか知らんけど、いったい何をやってまんのや。なんか言いたいことがあるんやったら区長を集めてみんなの前で公演でもしたらどないでんの。何がしたいんでっか。」などの内容でしたが、後は何を言っているのか何を言いたいのかさっぱり意味の分からない単なるイチャモンであったことを覚えております。

それでもその書面を「区長会に送ることを止めろ」とか、「オンブズマンの活動を止めろ」とかの文言は無かったことから、この方も熱心に書面を呼んでいただいているのだなと解釈し、この区長会へのお知らせは1年ほど続けましたが、この行政協力委員制度(区長会)の実態を知るにつけ、これは柏原市の市民全体にこの制度の実態を知ってもらわなければ意味が無いなと思い、現在のブログ開設による公開記事となったわけであります。

もちろんそれまでこの柏原市政の腐蝕の実態を知らなかったという何人かの区長さんから当方の活動に激励の言葉をいただいたこともあります。この行政協力委員制度の問題点については、いずれその検証の結果を公開させていただきます。また1年間続けた区長会への「お知らせ」という書面の内容は、本来市民・有権者の皆様に知っていただくべき内容ばかりでありますのでこれもいずれ書き起こしをして、本ブログに公開をしたいと思っております。

市政始まって以来の大疑獄事件の匂いさえする竜田古道の里山公園問題では、結局、行政の側では誰一人責任を取る者はおりません。またその責任の追及もできなかった議会の姿を見れば、たとえ市民に損害が及ぶ問題が今後出て来たとしても、ただ市民にツケを負わせて終わりにしてしまうという愚策と無能ぶりを繰り返していくだけでしょう。もうこの柏原の「まち」の市政と行民、そして議会には、その自浄作用は働かないことが分かりました。

この柏原の「まち」に、ほんとうに市民のために仕事をしてくれる改革派のまともな市長が出てくれば別ですが、今の状態では9月の市議選でたとえ誰が議員に当選しても、この「まち」の腐蝕市政とデタラメ行政を支える仕組みで成り立っている村政治の構造を変えることはできないでしょう。

あとは市民・有権者の側が市政と行政に関心の目を向け、外から変えていくしかありません。情報の開示請求、監査請求、そして住民監査請求、あるいは事件としての告発等々の法的手段です。それぐらいの荒治療をしなければ、今、現在もあの腐蝕の柏原城で行政のトップに堂々と座っている悪事の首謀者たちを柏原市政から追放をすることはできません。またそれに擦り寄る行政幹部たちや、利権者たちの悪だくみを暴き、その責任を追及することもできません。

当『会』は現在、その準備をしております。またこの会の趣旨に賛同し活動に参加をしていただける方をお待ちしております。なお上記の法的手段を採るには、今後、資料収集の際の紙代(一回の開示請求で数百枚の開示資料を求める場合もあり、それには行政が出す1枚の紙が10円掛かりますので、すぐに何万円の単位になります。)や、弁護士に依頼をするための費用が必要になってくるわけですが、数々の不透明と疑惑の案件が露わになった今、その費用捻出の面での苦労をしながら検証等の作業を続けている状態にあります。

これについては、当会の『会規則』に定めております会員や協賛者の募集とともに、活動のための資金カンパのご協力をお願いすることを会の方針として決定したところであります。まもなく当方のブログに会員募集と資金カンパの振込口座を設定する予定でおりますが、会費は一ヶ月250円程度の年会費3000円ほどとさせていただく予定です。

会員にはなりたくないが何らかの形で協力をしたいという方たちの協賛者としての資金カンパも大いに歓迎です。また会員になっていただいた方には、ブログでは公開できない記事も含めて会報としてお送りをさせていただく予定でおります。

先般、当会の『会規約』をブログに公開し、その設立の趣旨の説明をさせていただいておりますが、豊かな自然の「まち」柏原をふる里としておられる方など、その居住区を問わず、当会の活動にご理解とご支援などのご協力を賜ればありがたく、また将来、柏原のまちづくりに取り組んでくれる若者や子・孫たちに、決して現在の腐蝕市政やデタラメ行政を引き継がないためにも、一人でも多くの市民・有権者の皆様のご協力とご支援をいただければ幸いに思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
市政オンブズマン『柏原・革新の会』を、柏原・市民オンブズマン に名称変更しました。/H26.7.21



by rebirth-jp | 2013-08-08 12:39 | ◇『改革/新・革新の会』規約 | Comments(1)
『改革/新・革新の会』会規約//新・革新の会事務局
         【 会 規 約 】

第1条 名称
  本会の名称は、『改革/新・革新の会』と称する。

第2条 活動の目的
  本会は、地方自治体の市政運営や行政事務に係わる不透明や疑惑の案件等、違法不当な行為を市民の立場から監視し、調査及び是正・改善等の勧告をすることを目的とするオンブズマン活動である。

第3条 活動
1 法(地方自治法、関連法規)に基づく情報公開の請求や、住民監査請求、更には住民訴訟等により、市政・行政事務にかかわる問題点や、不透明あるいは疑惑の案件について、その実態を調査・検証することにより是正や改善等の勧告を行い、市政や行政事務の適正運営を図る。
2 前号については、その結果を、積極的に市民に公表する。
3  他、市民の要望や告発、情報提供等を受け、案件の事実調査・検証の作業を行なう。
4 調査・検証等の活動により、行政事務にかかわる案件に違法・不当な事実があれば、民事手続きほか、刑事告発等の法的措置を行う。

第4条 会員
1 本会は、前条の目的に賛同する
 (1) 賛助団体
    前条の目的に賛同する団体。
 (2) 賛助会員
    前条の目的に賛同する個人。
  によって構成する。
2 会員は、本会の目的を逸脱して、反社会的な活動にこの活動を利用してはならない。

第5条 会費・協力金
1 会費(協力・負担金)は、団体会員一口年一万円、個人会員年3千円(月割り250円)とする。
2 ほか、この会の活動に賛同する団体や市民(個人)からの協力金や資金カンパ等の援助については、その趣旨を精査の上、提供を受けることができる。

第6条 会計
  年度の会計報告(協力金や資金のカンパ含む)は、総会及び連絡会での報告とともに、会員個々にも会の活動報告と併せて、その収支の状況を報告する。

第7条 本会の所在地及び事務局
1 本会を、大阪府柏原市玉手町24-4  /『改革/新・革新の会』事務所 に置く。
2 『革新/柏原・革新の会』事務所に、本会の事務局を置く。

第8条 役員(代表・幹事等)//設立後2年間~代表 中山雅貴
  任期は2年間とし、任期満了前の総会において改選する。
1 代表   
2 副代表  
3 書記   
4 会計   
5 監査   
6 代表幹事
7 幹事

第9条 総会・連絡会
  この会の活動の方針や報告・連絡会等については、その都度、役員を招集し、協議により、調査対象案件の決定や、報告・連絡会の開催を行う。

第10条 附則
1 本会の設立年月日は、平成24年4月11日とする。
2 「会規約」は、平成24年4月11日を制定日とし、同日から施行する。
3 「会規約」の改正・補正については、役員総会を開催し、改正・補正の決定を行う。
4 H26.7.21/会の名称を、市政オンブズマン『柏原・革新の会』から『柏原・市民オンブズマン』に変更する。『柏原・革新の会』は別称とする。
5 H27.9.1/会の名称を、『柏原・市民オンブズマン』から『革新・オンブズマン』に変更する。
6 H27.11.1/会の名称を『革新/柏原・革新の会』とする。「柏原・市民オンブズマン」、「革新オンブズマン」は別称とする。
7 H28.7.11/会の名称を『改革/新・革新の会』とする。「柏原・市民オンブズマン」、「新・革新オンブズマン」は別称とする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新・革新オンブズマン

ご質問・抗議・情報提供等/活動参加のお問い合わせなどの連絡先

市政や政治、議会に関心のある方、

お気軽にご連絡ください


柏原・市民オンブズマン事務所

中山

電話 090-3654-5695

FAX 072-975-1681

メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by rebirth-jp | 2013-08-01 00:28 | O『改革/新・革新の会』規約 | Comments(3)
腐蝕の柏原市政を暴く/ブログ開設のお知らせ
H26.7.21/会の名称を柏原・市民オンブズマンに変更しました。

私怨、私利私欲、利権絡みの独裁政治により、今、岡本市長は、まさに「腐蝕の構造」そのものの市政を進めています。このままいけば、柏原市の財政は、間違いなく取り返しのつかない状況に堕ちていくことになるでしょう。

私どもの会(市政にもの言う市民グループ『柏原・革新の会』)は、その実態の解明と検証のために、まず行政文書の開示請求を進めています。現在、20件以上の開示請求書を市に提出しておりますが、案件によっては、さっそく市の抵抗も始まっております。                   

今後も、柏原市長の岡本市政に対し、開示請求、異議申し立て、監査請求、ほか順次、腐蝕の実態解明のための作業を進めていく予定です。

市民の皆様からの情報提供もお待ちしております。また活動の趣旨にご賛同をされる方のご協力がいただければ幸いに思います。

まずはブログ開設のお知らせまで。
by rebirth-jp | 2012-07-06 07:43 | O『革新・オンブズマン』規約 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
first time u..
by MoisesTal at 21:44
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
母子健康手帳の交付(妊娠..
by 実家が柏原市 at 09:36
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
典型的な田舎の腐敗政治が..
by rebirth-jp at 23:46
この「まち」のトロイカ体..
by rebirth-jp at 15:01
サンヒルは市民の財産..
by ダメな人 at 19:53
コイツラ、真面目に経営す..
by rebirth-jp at 11:42
 レストランひとつ経営出..
by サンヒルによく行った at 20:46
わかりやすくご説明頂きあ..
by 一柏原市民 at 00:15
第三セクター・サンヒル柏..
by rebirth-jp at 17:54
この条例からは、これまで..
by rebirth-jp at 21:51
 テニスコートとプールを..
by 何か変。 at 19:26
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル