革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆広報腐蝕の柏原城⇔広報かしわら
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆疑惑の社宅跡地購入/国分中学グランド
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◆謹賀新年/H25~H29年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
カテゴリ:◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度( 46 )
しがらみにまみれて腐り切った柏原市政はこの悪法(規則)を廃止しない限りまともに市政に戻ることはない!!!

この一連の問題についても議員たちの一丁目一番地の仕事である

まったく議員としての仕事をしてくれない

体たらく議会は市民・有権者にとって

果たしてその存在の意味は

有るのか!?



この半世紀

時の市長たちの選挙基盤の道具として

この「まち」の政治を腐らせている悪法「柏原市行政協力委員規則」

耳に聞こえの良い条項を並べているが

その実体は

市長の選挙基盤そして100人を超える区長に餌(カネ)をばらまくための根拠を定めているだけである

この制度は「山西システム」とも云われるが

まさに悪政の根源「闇のモンスターシステム」である

市政に無関心の市民・有権者は

その実体を何も知らない

この「悪法」は一時も早く廃止をすべきである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○柏原市行政協力委員規則

昭和53年3月30日

規則第11号


(行政協力委員の設置)

第1条 市行政の浸透を円滑にし、緊密な自治振興を図るため、行政協力委員を設置する。

(委嘱)

第2条 行政協力委員は、市内各地区の住民が参加する自治組織(以下「自治区」という。)において選任された代表者(区長)に対し、市長が委嘱する。

2 行政協力委員を設置する自治区の名称及び区域は、別に定める。

3 行政協力委員を設置する自治区割は、地区の地理的、社会的条件を尊重しつつ、住居表示による丁、町又は大字を基準に200世帯以上を単位とし、道路、河川、水路、鉄軌道等の明確な境界により区画することを原則とする。

(職務)

第3条 行政協力委員は、自治区における市政とかかわる各種の問題を処理するために、主として次の業務を行う。

(1) 市が行う広報活動に関すること。

(2) 区内の住みよい環境づくりに関すること。

(3) その他市行政への協力に関すること。

(身分及び任期)

第4条 行政協力委員は、非常勤とする。

2 行政協力委員の任期は2年とし、再任を妨げない。

3 行政協力委員が任期中途で辞任しようとするときは、速やかに後任者を市長に届け出るものとし、後任者が就任するまでその業務を行うものとする。

4 中途就任者の任期は、前任者の残任期間とする。

(報酬)

第5条 市長は、毎年度予算の範囲内で、行政協力委員に報酬を支給する。

2/2

(行政協力委員会議)

第6条 市長は、年1回以上行政協力委員会議を招集する。

(庁内の連絡等)

第7条 市行政に関し、第3条により行政協力委員に協力を求めるときは、各部課(かい)長は、あらかじめ行政協力委員の主管課長に連絡及び協議するものとする。

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか、行政協力委員に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、昭和53年4月1日から施行する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


O下に掲載は6月議会に上程された
「議案第51号」である

行政協力委員に対する報酬を廃止するというが市民の非難をかわすために

今度は報酬ではなく報償費という誤魔化しの手法で

およそ一千五百万円の市民の血税を

区長会メンバーらに

支給しようと云うのである


ほんとに

愚かな行政トップである

そこまでして区長会にしがみ付きたいか!?

そこまでしてこの餌(報酬)にしがみ付きたいか!?

何が「古い政治を壊す。」「新しい政治を創る。」かである

ますます腐ったムラ政治に邁進ではないか


これが

大阪維新の会

腐蝕の柏原城にこもる

新市長(冨宅正浩)の市政運営の正体である


b0253941_20424756.jpg



by rebirth-jp | 2017-07-21 07:11 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
悪法(規則)の実態を暴く!!!/悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」に関する開示請求


この団体(柏原市行政協力委員/区長会)は不当に利得した
区長会活動補助金の四百数十万円に関し
監査委員の勧告を受けた市長が
返還請求をしたにも
かかわらず
いまだに返還をせず
その後の督促にも応じていない


O 平成29年度の柏原市行政協力委員名簿
の開示を請求
(H29.5.23提出)

b0253941_22430917.jpg

O 平成29年度の柏原市行政協力委員報酬
の開示を請求
(H29.5.23提出)

b0253941_22425802.jpg

O 平成29年度現在の「地縁による団体」
に関する文書の開示を請求
(H29.5.23提出)

b0253941_22424393.jpg

まちづくりの根幹に係わるこの悪法(規則)・悪制度が、なぜ半世紀も続いているのか…


その理由は、簡単である。市長や市長派議員たちが、自身の選挙基盤として手放したくないからである。


市長も、副市長も、そして職員たちも、そのことはちゃんと分かっているはずである。


当然、我々市民・有権者の代表者である議員たちも、そのことは全員が分かっているはずである。


この悪法(規則)・悪制度が、この半世紀の柏原市の発展を阻害していることも、上記の者たちは、全員が分かっているはずである。


それが分かっていない、あるいは理解が出来ていないのなら、そういう連中は、この何十年もの間、市民の血税に集ってきた、ただの税金泥棒でしかない。


ほんとうの「まちづくり」、あるいは真に住民や自治会・町会が主体の「まちづくり」をしたいのなら、一時も早く、この悪法(規則)や悪制度は廃止すべきである。


この悪法(規則)が無くなったところで、自治会・町会が無くなることはない。一時も早く、しがらみにまみれたムラ政治から、脱皮をすべきである。


それにしても、よくもまあこのとんでもない悪法(規則)に、市長や議員たちはしがみ付いてきたものである。おそらく市民・有権者の側の、あまりにも度を越した無関心が、その背景にあるのだろう。


この悪法(規則)の裏に隠された市政の闇や膿は、徹底的に検証を続けて暴かなければならない。それをしなければ、この「まち」の真のまちづくりは進まない。




by rebirth-jp | 2017-05-23 22:49 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
それにしてもよくもまあこれだけ性質の悪い悪制度の仕組みが出来上がったものである!!!


それを許しているのが、今回の市長選挙に立候補をした現職議員たちを含めた柏原市議会(現在定数17)に席を置いた、歴代からの議員たちである。



その悪制度の仕組みの根拠となっているのが、昭和53330日制定、41日施行の「柏原市行政協力委員規則」である。規則制定者は当時の市長、山西敏一市長である。


山西市長は832年という長期政権の中でこのとんでもない規則を制定してしまったわけだが、それがそのまま、一言一句、一文の改正も無いまま、あの嘘吐き・デタラメの岡本政権、そして無能・無策を晒し続けた中野隆司政権へと引き継がれているのである。


よぼどこの悪法(規則)が、市政を私物化する悪党一派にとって都合が良いのだろう。しかしこの悪法は、その中身をよく検証すれば問題だらけの内容てある。間違いなくこの「まち」は、この悪法によって政治が腐ってしまっていると断定していい。


おそらく、今、役所で働く全職員が、この悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」の下で採用されているはずである。かれらは端から腐った制度の中で採用されたというわけである。



(その2)

なぜ悪政の根源と言われるのか!!!/この「まち」に半世紀も根を張る「柏原市行政協力委員(区長会)制度」


市長選挙と市議補欠選挙が始まったが、悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」を廃止しない限り、この「まち」の腐敗政治は延々と続くことになる!!!


この「まち」に、おそらく半世紀以上も昔のしがらみにまみれた「むら型政治」が延々と続いていることは、市政に無関心・無党派層の市民を除けば、誰もが周知の事実である。


よくもまあこれだけ性質の悪い仕組みを作り上げたものである。その筆頭にあるのが、まさに悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」である。


この「まち」の腐敗政治にケリをつけるには、今年、秋、9月の市議会選挙で、どれだけの数の真の改革者(改革派議員)が生まれるかに懸かっていると云えよう。それには悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)」に頼らず、タカリ集団や寄生虫集団に一線を置くことのできる人材が、一人でも多く生まれる必要がある。


それには現在、柏原市に存在している似非維新の市長や議員たちではダメである。かれらは維新とは名ばかりの、大阪維新の会本丸とはまるでド反対の連中である。悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)」やほかの利権集団となって一体となって、市民の血税を喰い潰している連中である。


今回の市長選挙で誕生する市長は、たとえどの候補者が当選したとしてもその背景を見る限り、かつての橋下知事・市長や、現在、東京大改革に向けて突っ走っている小池都知事みたいな力は露ほどもないだろうから、やはり9月の市議選挙は極めて重要な選挙となるはずである。


そういう状況の中、腐り切った腐蝕の柏原城に対して、名前を出して共に戦える仲間を求めてこれまでの活動を進めているが、半世紀も続くムラしがらみの中で、この「まち」のムラ政治がおかしいと分かっていても、いざ戦うとなると、みな村八分を恐れて、名前を出すのを怖がっている市民が多いようである。


その一番の原因となっているのが、悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」である。総勢114人の行政協力委員の委嘱を受けた区長たちである。平均年齢は70歳、いわば団塊のど真ん中世代である。この団体の圧力が怖いというのである。やはり悪制度は、このまちの病理の一つである。


70代後半、80代の行政協力委員(区長)が何十年も区長に就いている地区も多く存在している。良くも悪くも団塊世代のど真ん中が、腐蝕の柏原城の手足となっているというわけである。市長や行政側は、報酬や補助金の支給、そして表彰制度などで、この行政協力委員(区長)たちを、腐敗政治を進めるための道具として操っている案件・事例が、毎年、繰り返されているのである。


ほかにもう一つ大きな要因となっているのが、市民の無関心と沈黙である。多くの無関心層の存在である。見方によれば、この無関心と沈黙が、この「まち」の腐敗政治の一番の要因となっているのかもしれない。


その結果が、ほぼ両足を財政破たんという棺桶に突っ込んでしまった現在の柏原市の財政状況である。


この「まち」は、市民の血税を喰い潰す悪政の根源となっている『柏原市行政協力委員(区長会)制度』を廃止しない限り、腐った政治が延々と続くだろう!!!


そしてこの腐蝕の柏原城を倒すのは、これまで無関心と沈黙の市民、無党派層の有権者が立ち上がるしかないような気がする。そのきっかけが出来るまでは、このブログも当分続くはずである。





by rebirth-jp | 2017-02-06 01:11 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
こういうのを世の中では詐欺と云う!!??


(その1)

なぜ悪政の根源と言われるのか!!!/この「まち」に半世紀も根を張る「柏原市行政協力委員(区長会)制度」


事業計画書も無いまま補助金を請求!!!

実績報告書もウソばかりである!!!


結果は住民の監査請求を受け、監査委員が過去10年間を遡って、請求の対象額およそ一千万円の半額に近い4百数十万円の不当利得分の返還を区長会に求めるように市長に勧告。


市長は監査委員の勧告を受け、行政協力委員(区長会)に不当利得分の4百数十万円の返還を請求。


その後この行政協力委員(区長会)は、総額1425万円の報酬を受けながら、返還するための財源が無いとの理由を付けて、不当利得分の一部、二十数万円しか返金していないのである。


その後の市長の督促にも応じないでいる。



O 下記の実績報告書は

行政協力委員(区長会会長)市長に提出した区長会活動補助金の

実績報告書の一例である

内容は全て虚偽(うそ)である

b0253941_11503098.jpg

O 下記一覧表は先のブログでも公開しているが

過去13年間を遡る行政協力委員(区長若しくは区長会)

対する報酬と補助金の実体である

b0253941_23441779.jpg

この「まち」ではこういう驚くべき公金(市民の血税)バラマキが

およそ半世紀も続いているのである。



市民・有権者のほとんどはこの実態を知らないでいる。時折、市長委嘱の総勢114人の行政協力委員(区長)のうち一部が交代するが、新参の区長は行政協力委員の委嘱を受けて初めてこの実態を知る者もいるという。一方では、何十年もこの行政協力委員(区長)の委嘱を受け続けている区長も居る。


さらに驚くべきことは、この組織団体の実体が、市長や市長派議員たちの後援会化団体ということである。反市長派の議員が出てくれば、市長やこの団体が一体となって圧力を掛け、あるいは次の選挙に向けて落選運動を徹底的にやるという噂もある。


歴代市長の中には、この114人の行政協力委員(区長会)が居るから議会は要らない(不要)とまで公言していた市長もいるという。そんな話は冗談だろうと思っていたが、この数年の検証で、その話は決して冗談でもないようである。


前回(平成25年9月)の市議選挙で、その半年前に生まれてしまった維新とは名ばかりの大阪維新の会・中野隆司市長の下に、維新系の3人の議員(このうちの二人の議員は先般大阪維新の会に入党)が生まれている。これにも行政協力委員(区長たち)の後押しがあったと言われている。


残念ながらというか、予想していた通り、この3議員の本会議や委員会での言質を見る限り、いずれも保身と現状維持、あるいは時代逆行の資質しか持ち合わせていない、維新とは名ばかりの議員たちばかりであることが、議事録や委員会会議録にしっかりと残されている。


この役所では、次から次に出てくる不透明行政や疑惑の案件に関して行政文書の開示請求をすると、度々上記のような怪しい書面が出てくる。中には明らかに、開示請求を受けた後にあわてて作ったような文書が出てくることもある。そして開示文書の多くに、悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」が登場するのである。


上記掲載の虚偽の実績報告書は、ほんの1例である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市長選挙まで

あと85日

柏原市議選挙まであと10ヶ月


市長の委嘱を受けて

報酬を貰っている行政協力委員非常勤職員の身分を持つ区長が

候補者(市長や議員)を伴って戸別訪問などをすれば

公職選挙法違反である

柏原市ではこういう村選挙が今も続いていると聞く

もしそういう場面に出くわせば

候補者名と候補者を伴って訪問をした行政協力委員(区長)

の名前を控えて

警察へ通報すればよい!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柏原市の財政は

既に破たんという棺桶に両足を突っ込んだ状態にある

そういう非常事態の中

次の市長選挙で

悪政の根源

「柏原市行政協力委員(区長)制度」の廃止あるいは全面改正と

二人副市長のカット(削減)

市職員労働組合との馴れ合い行政からの脱皮

公約あるいは市政運営に盛り込まない

候補者は

次の市長ポストに座る資格は無い!!!

またこのまちに

二人の副市長要らない

無能・無策のトロイカ体制は

貴重な税金(市民の血税)の無駄遣いである





by rebirth-jp | 2016-11-21 00:11 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
すべて時の市長と議会(議員たち)の責任である!!!
こんなことが半世紀も続いて来たのである
市政が腐るのも当然である
b0253941_23441779.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市行政協力委員(区長)は
市長の委嘱により報酬を支給される公務員である

公職選挙法

(公務員等の地位利用による選挙運動の禁止)
136条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、その地位を利用して選挙運動をすることができない。
1
.国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人、特定地方独立行政法人若しくは日本郵政公社の役員若しくは職員
2
.国民生活金融公庫、住宅金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、公営企業金融公庫又は沖縄振興開発金融公庫の役員又は職員(以下「公庫の役職員」という。)

 前項各号に掲げる者が公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)を推薦し、支持し、若しくはこれに反対する目的をもつてする次の各号に掲げる行為又は公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)である同項各号に掲げる者が公職の候補者として推薦され、若しくは支持される目的をもつてする次の各号に掲げる行為は、同項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。
1
.その地位を利用して、公職の候補者の推薦に関与し、若しくは関与することを援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
2
.その地位を利用して、投票の周旋勧誘、演説会の開催その他の選挙運動の企画に関与し、その企画の実施について指示し、若しくは指導し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
3
.その地位を利用して、第199条の5(後援団体に関する寄附行為の禁止)第1項に規定する後援団体を結成し、その結成の準備に関与し、同項に規定する後援団体の構成員となることを勧誘し、若しくはこれらの行為を援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
4
.その地位を利用して、新聞その他の刊行物を発行し、文書図画を掲示し、若しくは頒布し、若しくはこれらの行為を援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
5
.公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)を推薦し、支持し、若しくはこれに反対することを申しいで、又は約束した者に対し、その代価として、その職務の執行に当たり、当該申しいで、又は約束した者に係る利益を供与し、又は供与することを約束すること。



by rebirth-jp | 2016-11-20 00:11 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
柏原市行政協力委員(区長)規則を廃止しない限りこの「まち」に未来は無い!!!

市民・有権者の無関心と善人市民の沈黙を幸いに

この悪制度を利用し

ここまで市政を腐らせ市民の血税を喰い潰してしまった責任は

全て時の市長と議会(議員たち)にある

そしてやはりそれを選んだ

市民・有権者の無関心と沈黙にある

いずれすべてのツケが市民の側に回ってくることになる



(その1)

なぜ悪政の根源と言われるのか!!!/この「まち」に半世紀も根を張る「柏原市行政協力委員(区長会)制度」は、現在の市職員たちの誰よりも古くから市に事務所を置く悪制度の筆頭である!!!


O 柏原市行政協力委員に交付される委嘱状

現在この委嘱状は

114名の区長に交付され

その身分は非常勤職員として報酬が支給されている

(身分は公務員である)

下は柏原市が開示をした委嘱状の写しの1例


b0253941_18093585.jpg

昭和53年に制定されたこの悪法、そしてこの悪制度に、柏原市議たちは、過去を含めてほぼ全員が無抵抗である!!??


この悪法、悪制度を廃止しない限り、市政改革の第一歩は始まらない。議員たちは、皆、そのことが分かっているはずである。分かっていながら無抵抗である。


その理由は何か。


それは今のぬるま湯の茹でガエル状態が一番楽だからである!!! そして我が身の保身しか頭に無いからである!!!


既に市の財政は、破綻という棺桶に両足を突っ込んでいる。


今のトロイカ体制や議会では、もうどうにもならないところまで来てしまっている!!!


その全てのツケが柏原市民に負わされていくのである。もう既に負わされているが、市長や議会(議員たち)は、何も正しい情報を市民・有権者の側に伝えないでいる。




by rebirth-jp | 2016-11-19 23:00 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
ここにもやっぱり「柏原市行政協力委員(区長)」が参加していたことが判明!!!

第三セク財団が残した約七千八百万円の負債は

その全額が市民に負わされる


この事件も張本人はあの嘘吐きデタラメ市長である!!!/第三セクター・サンヒル柏原の経営破綻



O 当時の理事会議事録を全文公開

初代理事長(岡本泰明氏)/二代目理事長(笠井和憲氏)

当然ほかの理事・監事たちの責任も大きい

b0253941_00070944.jpg
この日の理事会欠席者 松永次郎
b0253941_00065773.jpg
このメンバーの内、2名の柏原市行政協力委員(区長)が
役員・理事として
事業に参加している

目の前に経営破たんが見えていたサンヒル柏原の初代理事長(当時の岡本泰明柏原市長)は、いずれその責任が問われることを見据え、市長退任(3期目断念)に併せてさっさと理事長職から逃げている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市長選挙まで

あと94

柏原市議選挙まであと11ヶ月足らず


市長の委嘱を受けて

報酬を貰っている行政協力委員非常勤職員の身分を持つ区長が

候補者(市長や議員)を伴って戸別訪問などをすれば

公職選挙法違反である

柏原市ではこういう村選挙が今も続いていると聞く

もしそういう場面に出くわせば

警察へ通報すればよい!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



柏原市長選挙

20161013 (選挙管理委員会事務局)


1 柏原市長選挙の投票日

(1)選挙の投票日

 平成29212日(日)

(2)選挙の告示日

 平成2925日(日)


2 立候補予定者説明会

(1)日時

 平成29111日(水) 午後2時開始

(2)場所

 柏原市民文化会館(リビエールホール) 地下1階 レセプションホール

 (柏原市安堂町160号)





by rebirth-jp | 2016-11-12 00:11 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
しがらみと私欲にまみれたムラ政治をいったいいつまで続けようというのか!? 

そもそもが間違いである!!!/市が自治会・町会に介入しその支配下に置いたことがこの「まち」の腐敗政治の始まりである!!!



O この半世紀で市民の血税を喰い潰し

とうとう庁舎建て替えの建設基金まで喰い潰してしまった

腐蝕の柏原城

b0253941_23532554.jpg

この「まち」の一番のガン、悪政の根源…、「柏原市行政協力委員(制度)」に目を向けない議員たちは、ただ市民の血税を喰い潰すだけの羊の集団と断言していいだろう。


今のままの体たらく議会なら、全議員が、この悪制度に縋りながら悪策や愚策そして時には悪事の政策で「まち」の財政を喰い潰しているトロイカ体制と一つ穴のムジナと断言していいだろう。



(その8)

悪政の根源!!! 柏原市行政協力委員規則の徹底検証


そもそも自治会・町会は、法的には行政組織(国や地方自治体)とはまったく別の任意団体である。


「まち」に昔からある自治組織の多くは、1962年に施行された「住居表示に関する法律」に基づく地名や住居表示の名称が、そのまま町名などの組織名として採用されている場合がほとんどである。


この住居表示の制度は、町や村をわかりやすくし、当時、国有の事業でもあった郵便物などの配達をしやすくすることを目的とした制度である。


これを時の市長たちが自身の選挙基盤に利用するために、この自治会・町会制度を捕り込む流れが全国に広がったものと思われる。そこに村思考の政治的なしがらみが根を張り、政治家と利権者たちによる腐敗政治が蔓延ってしまったというわけである。


柏原市では、832年という長期政権を築いた前々市長の山西政権時に、現在の悪政の根源となっている「柏原市行政協力委員制度(現在は114人の区長で組織)」が制定され、報酬や補助金というエサでこの団体を利用しながら、自身の長期政権を構築したことが分かっている。


山西政権の次の岡本市長も、現在の大阪維新の会・中野隆司市長も、この使い勝手のよい便利な団体に縋り、報酬や補助金というエサを与えながら保身と現状維持のむら政治を続けているのである。


こうして延々とおよそ半世紀もの間、時代に逆行した保身政治と利権政治で、市民の血税を喰い潰し続け、いよいよ財政破綻という棺桶に両足を突っ込んでしまったというわけである。


今回、テーマに採り上げるのは、これまで114人の区長を「行政協力委員兼区長」と称して、いわば兼務職の区長として記事にして来たが、下に掲載した「柏原市行政協力委員規則」をよくよく検証すると、同一人物が二つの役職を兼務しているのではなく、行政協力委員の身分を与えた区長を市が地域に設置したということが分かる。


市が設置した行政協力委員そのものが区長ということである。市長の委嘱を受けた114人全員が、報酬を貰う特別職非常勤職員の身分を持つ区長というわけである。この規則制定により、114人全員が公務員の身分を持つことになったわけである。


聞くところによれば、選挙の時は市長の委嘱を受けて報酬を貰う行政協力委員としてではなく、地域の顔役でもある「区長」という立場で、長年、候補者を伴った選挙運動を、堂々とやって来たらしい。区長と候補者が連れ立って戸別訪問をし、投票を依頼するという行為が多くの地域で行われていたということである。この「まち」では今もどこかで行われているのかもしれない。


やはりこの制度は問題だらけである。補助金を不当利得しながら、市長の返還請求を受けても返還に応じない。その一方でこの団体は、年間1425万円の報酬を市民の血税から受け取っているのである。よくもこんな性質の悪い制度が半世紀もつづいたものである。


おそらく時の市長が、我が身の保身や選挙基盤の道具としてこういう性質の悪い団体を育ててしまったのであろう。、なんとも気持ちの悪い組織・団体である。この団体は、ひょっとして市長からカネを貰っていると勘違いしているのかもしれないが、もしそう思っているなら大きな間違いである。その公金は、その全額が市民の血税であることを忘れてはいけない。



参考掲載~カッコ内の赤字(区長会)は当方が加筆したもの。

この規則を読んでいくと、この規則は、5(報酬)の条項を実現することを目的として制定されたことが分かる。

この規則の廃止に関しては、法律上、議会に諮る必要もないのだから、中野隆司市長は、即刻、この規則を廃止すべきである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○柏原市行政協力委員(区長)規則

昭和53330

規則第11


(行政協力委員(区長)の設置)

1条 市行政の浸透を円滑にし、緊密な自治振興を図るため、行政協力委員(区長)を設置する。


(委嘱)

2条 行政協力委員(区長)は、市内各地区の住民が参加する自治組織(以下「自治区」という。)において選任された代表者(区長)に対し、市長が委嘱する。

2 行政協力委員(区長)を設置する自治区の名称及び区域は、別に定める。

3 行政協力委員(区長)を設置する自治区割は、地区の地理的、社会的条件を尊重しつつ、住居表示による丁、町又は大字を基準に200世帯以上を単位とし、道路、河川、水路、鉄軌道等の明確な境界により区画することを原則とする。


(職務)

3条 行政協力委員(区長)は、自治区における市政とかかわる各種の問題を処理するために、主として次の業務を行う。

(1) 市が行う広報活動に関すること。

(2) 区内の住みよい環境づくりに関すること。

(3) その他市行政への協力に関すること。


(身分及び任期)

4条 行政協力委員(区長)は、非常勤とする。

2 行政協力委員(区長)の任期は2年とし、再任を妨げない。

3 行政協力委員(区長)が任期中途で辞任しようとするときは、速やかに後任者を市長に届け出るものとし、後任者が就任するまでその業務を行うものとする。

4 中途就任者の任期は、前任者の残任期間とする。


(報酬)

5条 市長は、毎年度予算の範囲内で、行政協力委員(区長)に報酬を支給する。


(行政協力委員会議)

6条 市長は、年1回以上行政協力委員(区長)会議を招集する。


(庁内の連絡等)

7条 市行政に関し、3により行政協力委員(区長)に協力を求めるときは、各部課(かい)長は、あらかじめ行政協力委員(区長)の主管課長に連絡及び協議するものとする。


(補則)

8条 この規則に定めるもののほか、行政協力委員に関し必要な事項は、市長が別に定める。


附 則

この規則は、昭和5341日から施行する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by rebirth-jp | 2016-11-03 19:11 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
なぜ議会(議員たち)はこの問題から目を逸らす!!!/無能無策のトロイカ体制や悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)」と一つ穴のムジナか!!??


(その7)

悪政の根源!!! 柏原市行政協力委員規則の徹底検証


悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」を

廃止しない限りこの「まち」の

市民の血税(財政)は

喰い潰されるだけである!!!


この問題に目を逸らすトロイカ体制や議員たちは

行政トップに座る資格は無い!!!



悪政の根源

「柏原市行政協力委員(区長会)制度」

に怯え続ける柏原市議団は

いったいどこを向いて

中途半端な拳を振り上げているのか???

b0253941_17211261.jpg


補助金交付の一部取消しを受け、市長から不当利得分返還の請求を受けても返還に応じない。その一方で一千四百五十万円の報酬を受け取る区長会(市長委嘱の行政協力委員)の性質の悪さ!!!


その背景にあるのは、次の選挙、そしてまた次の選挙に向けて我が身の保身と現状維持に走る市長や議員たちと、そこに群がる利権者たちの我欲である。


およそ半世紀の腐敗政治でこの「まち」全体に深く根を張ってしまった悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」は、悪党一派に市民の血税を喰い潰させることはあっても、「まち」や市民にとっては害悪そのものである。


市政に無関心の市民・有権者は、ほとんどこの悪制度の実体を知らないが、腐蝕の柏原城に籠る悪党一派にとっては、この市民の「無関心」と「沈黙」、そしてこの「柏原市行政協力委員(区長会)制度」が最大の味方となっている。


昭和53330日に制定された下記の「規則」は、当時の市長が自身の選挙基盤を構築するために制定したものと思われる。いゆゆる山西システムとも云われる、時の市長の後援会化団体である。今の時代に、ここまで露骨な形で残っていることは珍しい。


要は、市長や議員たちにとっては一番楽な、そして「まち」の顔役たちにとっても実においしいしがらみにまみれた「むら型政治」が続いているということである。実に見苦しい制度である。


この114人の団体の平均年齢は70歳である。ほぼ90%が60代後半、70第、80代の、いわば日本の発展を支えて来た団塊世代のど真ん中世代である。そして今度は次の世代に、この誇りある日本を引き継ぐべく役割を持っいるはずだが、今の政治を見る限り、どうもその逆に走っている感しかない。


この世代が今の若者世代や働き世代に支えられていることを忘れて、時の政権にすり寄り、あるいは悪党一派に利用されながら我欲に走れば、市民の血税から成る「まち」の財政はひとたまりもない。


いまではこの制度「柏原市行政協力委員(区長会)制度」が、様々な悪政や悪事の要因となっており、「まち」の財政を喰い潰してしまうほどのモンスター組織に成長してしまったのである。


大阪維新の会・中野隆司市長は、エサ(公金のバラマキや表彰制度)で操るこの悪制度を、一時も早く廃止し、市民や「まち」が主役のまちづくりを目指すべきである。


その方法は、実に簡単である。昭和53年に時の市長が制定した悪政の根源法(規則)、「柏原市行政協力委員規則」を廃止すればいいのである。市長が定めた規則であるから、条例などのように議会に諮る必要も無い。これを実行しない限り、この「まち」の政治がまともになることはないし、また発展することもないだろう。


中野隆司市長、一つでも功績を残したいなら、この半世紀、悪政の根源となっている「柏原市行政協力委員(区長会)制度」を、あなた自身の手で廃止することである。



下記の「柏原市行政協力委員規則」の赤字の(区長)という文字は、当方が加筆したものであるが、これが時の市長の選挙基盤づくりの根拠となる規則の正体あるいは実体である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○柏原市行政協力委員(区長)規則

昭和53330

規則第11


(行政協力委員(区長)の設置)

1条 市行政の浸透を円滑にし、緊密な自治振興を図るため、行政協力委員(区長)を設置する。


(委嘱)

2条 行政協力委員は、市内各地区の住民が参加する自治組織(以下「自治区」という。)において選任された代表者(区長)に対し、市長が委嘱する。

2 行政協力委員(区長)を設置する自治区の名称及び区域は、別に定める。

3 行政協力委員(区長)を設置する自治区割は、地区の地理的、社会的条件を尊重しつつ、住居表示による丁、町又は大字を基準に200世帯以上を単位とし、道路、河川、水路、鉄軌道等の明確な境界により区画することを原則とする。


(職務)

3条 行政協力委員(区長)は、自治区における市政とかかわる各種の問題を処理するために、主として次の業務を行う。

(1) 市が行う広報活動に関すること。

(2) 区内の住みよい環境づくりに関すること。

(3) その他市行政への協力に関すること。


(身分及び任期)

4条 行政協力委員(区長)は、非常勤とする。

2 行政協力委員(区長)の任期は2年とし、再任を妨げない。

3 行政協力委員(区長)が任期中途で辞任しようとするときは、速やかに後任者を市長に届け出るものとし、後任者が就任するまでその業務を行うものとする。

4 中途就任者の任期は、前任者の残任期間とする。


(報酬)

5条 市長は、毎年度予算の範囲内で、行政協力委員(区長)に報酬を支給する。

(行政協力委員会議)

6条 市長は、年1回以上行政協力委員(区長)会議を招集する。


(庁内の連絡等)

7条 市行政に関し、3により行政協力委員(区長)に協力を求めるときは、各部課(かい)長は、あらかじめ行政協力委員(区長)の主管課長に連絡及び協議するものとする。


(補則)

8条 この規則に定めるもののほか、行政協力委員に関し必要な事項は、市長が別に定める。


附 則

この規則は、昭和5341から施行する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


年明け早々の212(この日程は予定であるが)は、柏原市長選挙である。


独独のしがらみにまみれたむら型政治が続く柏原市では、これまでの慣習通りであれば、おそらく上記の「柏原市協力委員(区長会)」の動きが活発になるはずである。いや既に、おそらくひそかに、市長候補者を中心に活発になっているはずである。


柏原市の場合、市長の委嘱を受けて報酬を貰っている114人の行政協力委員(区長)は、その全員が特別職の非常勤職員である。つまり公務員である。


この自覚が無いまま、行政協力委員(区長)が候補者を引き連れ、あるいは候補者が区長を引き連れ、戸別訪問などの選挙運動をやれば、完璧に公職選挙法違反である。


そういう現場を見たり、こういう戸別訪問や投票依頼などの場面に出くわせば、すみやかに警察などへ通報したらいいだろう。市民が監視する以外、この「まち」の市政や議会(議員たち)には自浄能力は無いのだから…


市民の無関心と善人市民の沈黙は、腐蝕の柏原城に籠る悪党一派を増長させるだけである。




by rebirth-jp | 2016-10-23 00:11 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
悪政の根源として「まち」に深く根を張ってしまった「柏原市行政協力委員制度」は報酬も表彰も特別扱いである

これまで行政協力委員兼区長と表現していたが

今後は行政協力委員(区長)

に改める


(その6)

悪政の根源!!! 柏原市行政協力委員規則の徹底検証



この悪制度(山西システム)が存在する限り

市民の血税は喰いつぶされ、腐った市政が続くことになる!!!



下記は悪政の根源「柏原市行政協力委員制度」を対象とした条例、内規、規則である。


長期政権の山西市長、そしてあの嘘吐き・デタラメの岡本市長、その禅譲政治を続ける現在の中野隆司市長…、彼らは時の市長として、この悪制度を自身の選挙基盤の道具の一つとしながら、「まち」を操っているわけである。行政協力委員(区長)の方にその自覚がなくても、この半世紀のぶざまな市政運営と腐敗ぶりがそのことをはっきりと証明している。その状況は、現在も進行中である。


一刻も早く、こういう見苦しい制度は廃止をすべきである。


O
柏原市自治功労者表彰条例(昭和3279 条例第9)
 ◆行政協力委員(区長を含む。)として10年以上勤務した者を表彰の対象とする。


O
柏原市行政協力者感謝状等贈呈内規(昭和42101 決裁)
 ◆行政協力委員として1年以上6年未満在任した者には、感謝状授与の対象とする。
 ◆行政協力委員として6年以上在任した者には、感謝状と協力章授与の対象とする。


O
柏原市行政協力委員規則(昭和53330 規則第11)
 ◆行政協力委員(区長)に対する報酬と公務員身分の附与

(身分及び任期)

4 行政協力委員は、非常勤とする。

2 行政協力委員の任期は2年とし、再任を妨げない。

3 行政協力委員が任期中途で辞任しようとするときは、速やかに後任者を市長に届け出るものとし、後任者が就任する

までその業務を行うものとする。

4 中途就任者の任期は、前任者の残任期間とする。

(報酬)

5 市長は、毎年度予算の範囲内で、行政協力委員に報酬を支給する。



〇 悪政の根源となっている行政協力委員制度

(委嘱を受け報酬を貰う114人の区長)

実態は、市長の後援会化・利権化団体である!!!

実際に

多くの行政協力委員(区長)たちが

市長や市長派議員たちの後援会に名を連ねている


〇 大阪維新の会・中野隆司市長が新たに構築した

選挙基盤である!!!

まるで北OOか中Oのようなシステムである

何故か公明党議員がこの悪制度を熱心に後押ししている

b0253941_11231073.jpg
この半世紀の間に、時の市長が構築してきた上記のシステムが
何千万、何億もの市民の血税を喰いつぶしていることを
ほとんどの市民・有権者は知らないでいる。
市長も議会も
こういう情報を一切公開せず、
その結果が、現在の腐敗政治を生んでいると断定していいだろう。

一時も早く、この悪政の根源「モンスターシステム」
(山西システム)
は廃止をすべきである!!!





by rebirth-jp | 2016-07-26 19:13 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
現在、現職を含め19人の..
by rebirth-jp at 10:08
この人、また出るって聞き..
by 噂ですが at 21:01
おっしゃるとおり、サンヒ..
by rebirth-jp at 23:26
新市長はサンヒル柏原を使..
by 市民 at 17:26
安心してコメント書いてく..
by rebirth-jp at 13:44
(その3) それともう..
by rebirth-jp at 12:30
(その2) ほんとにバ..
by rebirth-jp at 10:24
(その1) そうですね..
by rebirth-jp at 10:23
解説ありがとうございます..
by 市民 at 03:04
(その2) 今回の定例..
by rebirth-jp at 11:47
(その1) 柏原市の「..
by rebirth-jp at 11:46
今日、はじめてネット中継..
by 議会 at 19:25
半世紀も昔の村しがらみに..
by rebirth-jp at 08:00
次の市議選ですが、維新か..
by 市民 at 00:11
市政運営の方針、弁護士の..
by 柏原市民 at 20:17
トップ(副市長と市長)が..
by rebirth-jp at 09:39
これって、論功行賞枠の副..
by これは・・・ at 17:31
ご理解とありがたいお言葉..
by rebirth-jp at 23:33
こんにちは。 6月定例..
by 市民 at 17:28
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル