革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◇政務活動費/維新・新風かしわらが隠ぺい
◆大阪維新・冨宅正浩/組合腐敗政治の正体
◇大阪維新・中野隆司/腐敗政治の正体
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆平成28年第1回柏原市議会定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇謹賀新年/蛇の生殺し/H25年
◆謹賀新年/午年 H26年
◇謹賀新年/羊年 H27年
◆謹賀新年/酉年 H29年
◆謹賀新年/申年 H28年
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◇『改革/新・革新の会』規約
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
★未分類
以前の記事
カテゴリ:◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は( 4 )
大阪のW選挙はいずれも大阪維新の圧勝で終わった/ただしこれからが勝負である!!!
O 維新とは名ばかりの大阪維新の会・中野市政は半世紀も昔の
むら型政治にどっぷりと浸かったまま
自己保身と現状維持の牢獄に
こもったままである
まさに腐蝕の柏原城である!!!
そしてこの腐食の柏原城を支えているのが
114人の区長から成る行政協力委員制度と議会の体たらくである!!!
b0253941_194539.jpg

大阪府民・市民は、やはり大阪が変わることを望んでいるのである。それには今の大阪では大阪維新の会しか期待できるところは無いということなのだろう。

これで大阪都構想が再浮上するだろうが、大阪維新の会には一回目の失敗を学習し、より慎重に丁寧に議論を重ねて、その実現を目指すことが望まれる。

府民や市民が大阪維新に期待しているのは、大阪が変わることはもちろんであるが、まずは目に見える役所改革・公務員改革と、議会の改革である。これを忘れれば、また一回目の失敗を繰り返すことになるだろう。

反維新の抵抗でそれらの実現が不可能と判断すれば、次の選挙で反維新を叩き落とさなければならない。それをやるには府民や市民の共感と賛同を得ることが必要である。

そして維新を語る偽物の市長や議員たちも排除をしなければならない。大阪維新の名前で当選しながら、中身はスカスカの馬鹿議員・似非議員が多いのは皆が周知の事実である。その掃除をすることも必要である。

大阪の「まち」から取り残されたような腐敗政治の「まち」、腐食の柏原城にもそういう議員がゴロゴロしている

現在一期目の中野隆司市長は大阪維新の名前で当選したものの、中身は政策も理念もまったくみえない無能と言われても仕方のないような市長である。維新のイの欠片もない人物である。この市長はあの嘘吐き市長の禅譲で生まれた市長であるが、やっていることは嘘吐き市長が進めたデタラメ行政の手法を倣っているだけである。

市政の改革どころか半世紀も昔のしがらみにまみれた「むら型政治」に浸かり、問題を起こしてはマスコミから逃げ回る醜態を晒している。語れない、マスコミに対応もできない、会見もできずに逃げる人物は、端から市長失格である。市民の恥でしかない。

一方の議会の側もこのデタラメ市長と一体となって体たらくの様を晒し続けている。柏原市民・有権者は、維新や改革を語る似非議員や、自己保身しか考えていないような口先だけの議員たちのウソに、決してだまされてはいけない。

その中に「新風かしわら」という維新を語る3人の議員(うち1名は会派を抜け無所属となっているが、同じ部屋で活動をしているから中身は維新系の議員と見ていいだろう。)が居るが、これも無能市長と一体となってむら政治にどっぷりと浸かっている偽物維新の似非議員たちである。

こういう我が身の保身しか考えていないような似非維新の市長や議員は、必ず次の選挙で叩き落とさなければならない。それと併せて柏原市の腐敗政治の根源となっている114人の区長が兼務する「行政協力委員制度」も廃止しなければならない。いったいいつの時代のむら政治をやっているのか。この悪制度にすがっている議員らも次の選挙で叩き落とすべきである。

このブログでは、今後、こういう似非議員や、無能議員、自己保身党の議員たちを対象とした落選運動を積極的に進めていく予定である。

なにわともあれ大阪維新の2度目のW勝利は、それだけ大阪府民・市民が大阪の「まち」が変わることを望んでいるということである。こんどこそ一気に数の論理に走るのではなく、ちゃんとしたまともな人物を集めて、地に足のついた本当の改革を目指して欲しいものである。また反維新の側にも真の改革に向けた脱皮が必要となる。



by rebirth-jp | 2015-11-23 10:38 | O5.17住民投票/大阪都構想の結末は | Comments(0)
維新が維新に負けただけ!!! / これで腐蝕の市政とデタラメ行政を続ける大阪維新の会・中野隆司市政の正体が

さらに明るみになるだろう。

5.17住民投票』/ 国民や市民を舐めたら政治家は終わる!!??


O 今も数々の不透明行政と疑惑が続く柏原市役所

大阪維新の会・中野隆司市長

b0253941_1928135.jpg
大阪都構想賛成派、反対派のまさに血みどろの戦いは、実に政治の世界の歪さや、既得権益にしがみ付く「まち」の顔役たちの見苦しさを、テレビの画面等で曝け出してくれた。

特に選挙戦の終盤にテレビの画面等に顔を出して来た既存の利権団体の顔役たちの言動は、今も半世紀も昔のまま村政治が続く「まち」柏原の腐った市政運営の一面を見ているようで、実に気持ちの悪いものであった。彼らの現状維持に執着する言質・行動を見て、多くの市民は「これでは大阪市は何も変わらん」と終盤の都構想賛成派に票が流れ、投票当日の拮抗した結果に繋がったと推察される。

とは言え大阪都構想は、大阪市民の反対派の数が賛成派を上回るという形で決着がついたわけである。しかしこの決着はただ単に、自民党や公明党、民主党、共産党などが共闘した反対派が勝ち、維新の党の賛成派が負けたという単純なものではない。

反対に票を投じた市民の多くも賛成派と同様に、大阪市の改革を望んでいるはずである。反対派の市民が勝ったわけでもなく、今回は維新が維新自身の戦い方に負けただけのことである。投票結果が出たあとの反対派の表情を見ても分かるとおり、この『5.17住民投票』に勝者はいないのである。結果がどちらになっても大阪は変わらなければ沈んで行くだけである。

これで橋下市長がほんとうに政治の世界を去るのであれば、大阪維新の会も終わるということだろう。我が「まち」柏原市政の場合も今回の結果を受けて何らかの影響が出ると思われるが、元から維新とは名ばかりの利権としがらみにまみれた村政治と腐敗政治の正体も、これから次々と明るみになるはずである。

市民の市政に対する無関心、悪制度の筆頭格にある行政協力委員制度、市長と馴れあいの職員労働組合、自己保身に走るしか能の無い議員たちが議席の大半を占める体たらく議会、機能不全の監査委員、報酬・補助金漬けのアメ玉行政、市民の血税を垂れ流す無駄行政の数々、…これらの全ては市民の無関心とともに、市民が舐められていることから来ている。

腐蝕の市政とデタラメ行政が続く大阪維新の会・中野隆司市政に、今回の住民投票の結果がどのように影響するのか、これからじっくりと見て行かなければならないのはもちろんであるが、中野市政の任期後半(2年間)、いよいよ腐敗政治の膿を出し切る絶好の時期が到来しているのかも知れない。

それにはやはり市民の市政に対する関心が高まることと、この「まち」に半世紀も根を張り悪政の根幹となっている「行政協力委員制度」を廃止することである。


追記

柏原市政始まって以来の大疑獄事件とも言える「竜田古道の里山公園問題(事件)」では、当時の橋下知事(現大阪市長)、松井府議(現大阪府知事)、中野隆司府議(現柏原市長)、そしてあの嘘吐き市長らが、何らかの形で関係をしていた案件があったことが分かっている。疑惑隠しの自然体験学習施設建設で走り回った府議も居るはずである。

その全てはあの嘘吐き市長と当時の市長公室が主体となった悪党一派の企みから始まった事件である。その残党が今でも市政の要職に就き、竜田古道の里山公園事件の疑惑に蓋を被せようとしているわけだが、この事件はまだ何ひとつ終わっておらず、現在進行中の事件である。

そして市長や議員たちは、未来永劫、この悪党一派の悪事のツケを柏原市民に負わせて終わりにしようとしているわけである。またこの事件は、コイツラが市民・有権者の代表者たる資格などさらさら持ちあわせていないことを、この事件が証明しているとも言えよう。

まだこの事件の裁判は始まったばかりであるが、今後も徹底した検証を続け、事件の真相・真実を暴いていきたい。この事件を暴けば、柏原市政の腐蝕とデタラメ行政、そして腐敗政治の実態が明るみになるはずである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/革新(市政オンブズマン)

大阪維新の会:中野隆司市政/柏原市の悪政の根幹は、行政トップと行政協力委員制度、監査委員、そして議会(議員たち)4機関にある。それを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」である。

市政始まって以来の大疑獄事件!!??  疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件(NPO絡み、UR絡み、環境事業組合絡みの公金支出金返還請求事件)は、大阪地方裁判所にその舞台を移し、今後、本格的な裁判が始まることになる。

なおこの問題の公園では、中野市長が自ら疑惑隠しの策を主導し、悪事や疑惑に蓋を被せるための施設「自然体験学習施設」を新たに建設してしまった。百条委員会で1年間調査を続けた事件を何一つ解決しないまま、中野市長は、第2の竜田古道の里山公園問題とも言える新たな事件を抱え込んだわけである。

疑惑の追及を恐れて3期目を断念したあの嘘吐き市長は、自身最後の議会で、「土地は貰っていない。」「法務局が証明してくれる。」「貰っていないものをどうやって返せと言うのや」などと、当時の百条委員会の議員たちに捨て台詞を残し腐蝕の柏原城を去ったが、その禅譲で生まれた大阪維新の会・中野隆司市長は、この5月に入って問題の土地(ごみ処分場跡地の公園用地)の名義を、柏羽藤環境事業組合から柏原市の名義に変更登記したようである。

(現在この事実を確かめるために関係文書の開示を請求中である。)

柏原市の腐敗政治の象徴とも言えるこの一連の事件については、今後の裁判の進行と併せて、徹底した検証を続けていく。


革新(市政オンブズマン)/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政

O 情報公開請求/55
O
異議申し立て/1
O
公正取引委員会申告/1
O
中野隆司現市政
O
情報公開請求/167(大阪府、柏羽藤環境事業組合、ほか独立機関含む)

O 監査請求/5
  (竜田古道の里山公園問題、NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件、市長専決処分事件)
O
住民訴訟/3
  (NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件)


革新(市政オンブズマン)は、腐蝕の市政とデタラメ行政、機能不全の監査委員(機関)、二元代表制としての機能を失った議会、そして悪制度の筆頭格にある「行政協力委員制度」を主な対象として、今後さらに本格的に検証を進めます。案件は手が回らないほどの数が闇に(堂々と?)隠れています。政治や市政に関心ある方のご参加・ご協力をいただければ幸いです。


今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中です。

市民の側は「維新」とは名ばかりの柏原市政に騙されてはいけない!!! 「市民の無関心」と114名で組織する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご質問・抗議・情報提供等/お問い合わせ・連絡先

革新・市政オンブズマン事務所

中山

電話 090-3654-5695

FAX 072-975-1681

メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp



by rebirth-jp | 2015-05-18 23:50 | O5.17住民投票/大阪都構想 | Comments(0)
大阪維新の会が進める大阪都構想とは真逆の村政治を続ける大阪維新の会・中野隆司市長

の柏原市政を見れば、大阪維新の会の正体がよくわかる!!?? それとも大阪維新の会・市長が行政トップの柏原市政は例外なのか!!?? 『5.17住民投票』

O 数々の不透明行政、疑惑が渦巻くが続く柏原行政

大阪維新の会・中野隆司市長

悪政の根幹は市内114区に委嘱している行政協力委員制度か!?

b0253941_1928135.jpg

柏原の「まち」では大阪維新の会が首長になっても、いまだに半世紀も昔のしがらみにまみれた村政治から脱皮できないでいる。というよりも、今の腐った村政治から脱皮をする気などさらさらないようである。

腐蝕の市政とデタラメ行政を続ける柏原市政の行政トップは、大阪維新の会・中野隆司市長である。この「まち」の腐敗政治を見る限り、大阪維新の会の正体とは、所詮、市民や議会制度を無視した独りよがりの政治であることがわかる。

市政の中身は知れば知るほど、市民の無関心を利用した独裁政治であることがわかる(柏原市の場合)。行政や議会、監査委員などの主要な機関は、市民が想像も付かないほどの深刻さで、その機能を完全に失っている。

国も地方も政治のあり方を変えなければならないことは誰もが分かっていることだが、政治家や公務員の意識を変えないまま、いくら「まち」の形や組織の形を変えても、二重行政や腐った政治が改善されることはない。柏原市政の現状はその最たる例である。

柏原市民にその投票権は無くなんとも歯がゆい思いであるが、投票権を持つ市民の側は、都構想の推進派や反対派のパフォーマンス、市民を洗脳するためのテレビ映像等に惑わされず、行政トップが白か黒かの発想で先導するまちづくりでは決して大阪が活性化することはないことを自覚しながら、貴重な1票を投じるべきであろう。

大阪維新の会・市長と、大阪維新の会・府議を持ちなから、維新の理念とは真逆のしがらみにまみれた村政治が続ける柏原市政の現状をみれば、いやでも大阪維新の正体が視えてくる。

維新にとっては市長のポストも府議のポストも、ただの頭数の一つでしかないのだろうが、いずれそのツケを負うのは市民の側である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご質問・情報提供等/お問い合わせ・連絡先

革新・市政オンブズマン事務所

中山

電話 090-3654-5695

FAX072-975-1681

メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp




by rebirth-jp | 2015-05-12 07:43 | O5.17住民投票/大阪都構想 | Comments(0)
『5.17住民投票』大阪都構想の主役は大阪市民・大阪府民!!!/都構想は成功すれば維新(橋下市長)の手柄となり

失敗すればその全てが市民・有権者の責任となる。

●●● 3市長選 大阪維新の会 全敗

H27.4.27 朝日新聞

b0253941_19280824.jpg
b0253941_19315710.jpg
統一地方選挙の後半戦(大阪府内)は、3市長選(吹田市、寝屋川市、八尾市)ともに、大阪都構想を掲げる維新候補者の全敗で終わった。前半戦に続き、現時点での都構想に府民・市民がブレーキを掛けたということだろう。

住民投票と言えば一見聞こえは良いが、この手法は、ある意味、政治家たちの一番卑怯な手段の一つでもある。住民投票の結果により都構想が実行され、たとえば5年先、10年先、20年先にこの構想が大失敗に終わっても、その失敗は、市民・有権者が自ら選んだ道として、すべての責任を負わされることになる。

一方、都構想が成功すれば、大阪維新(橋下維新)の手柄となる。だが政治や社会の暮らしが、白か黒か、100かゼロかで決まるはずはない。そういう意味では今回の都構想の戦いで過半数を獲得するための賛成や反対のパフォーマンス騒動、テレビで市民を洗脳するための映像を流すというやり方は、非常に危険であると言わざるを得ない。(まあ市民の側が、人間の心理を利用され、ただ舐められているというだけのことではあるが!?)

国も地方も今の腐った政治を変えなければならないことは誰もがわかっているが、一時の流行りや、口先だけのパフォーマンスに踊らされていては、大阪は2度と立ち上がれなくなるということにもなりかねない。今、大阪府民、大阪市民の民度は全国民から注目されている。

それにしても、大阪がこのまま沈むか浮かび上がるかの大改革とも言える「大阪都構想」問題が、何故、大阪市内の有権者だけに委ねられるのか理解に苦しむ。この都構想問題は、大阪府民全体の問題である。今の進め方では、どっちに転んでも大阪の「まち」がぶっ壊れていく感しかない!!??

誕生から成長成熟、そして腐敗  国を変え、「まち」を変えるには、政治(市政)に無関心の国民・市民が目を覚ますしか方法は無いが、5.17住民投票』はその試金石となる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/革新(市政オンブズマン)

大阪維新の会:柏原市政/悪政の根幹は,『行政トップ』と『監査委員』、『議会』、
そして悪制度の筆頭格にある『行政協力委員』の4機関にある。

この行政協力委員は114人の区長で組織され、
市長の委嘱により行政協力委員兼区長という非常勤職員の身分を持っている。

ここには年間3千万以上の報酬・補助金が支給、交付され、市長や市長派議員たちの後援会には、
この行政協力委員たちが多数、その名を連ねている。

半世紀以上も昔の村政治が続く歪な仕組み一体となった腐蝕とデタラメ行政の柏原市政にあって、
この悪制度の筆頭格にある『行政協力委員制度』は、
いわば、彼らの選挙基盤でもあり、自己保身の隠れ蓑である。

そしてそれを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」というわけである。


革新(市政オンブズマン)/現在の活動状況

市政始まって以来の大疑獄事件!!?? 
疑惑まみれの竜田古道の里山公園裁判(公金支出金返還請求事件)は、
4月15日(NPO絡みの事件、UR絡みの事件)、16日(柏羽藤環境事業組合絡みの事件)の二日間、
法廷裁判が行われた。
今後、いよいよ本格的な中身の裁判が始まることになる。

市長や議会の側が不都合な真実を隠し、ケツを拭けない事情を抱えたままの疑獄(!?)事件は、
悪党一派の悪事のツケが全て市民の側に負わされたまま、
今も新たな疑惑と事件が、市政の裏で続いている。

O 岡本泰明前市政 
O 情報公開請求/55件 O 異議申し立て/1件 O 公正取引委員会申告/1件


O 中野隆司現市政
O 情報公開請求/160件
O 監査請求/5件
(内、柏羽藤環境事業組合1件)
O 住民訴訟/3件
(内、柏羽藤環境事業組合1件)

ほか数多ある不透明や疑惑の案件については、別途、監査請求を準備中!!!

革新(市政オンブズマン)は、今年度からさらに本格的に、腐敗政治をまっしぐらの『市政』、機能不全の『監査委員』、『議会(議員たち)』、そして悪制度の筆頭格『行政協力委員制度』を主な対象とし、検証を進めます。
案件は手が回らないほどの数が、腐敗政治の闇に、
堂々と(?)と隠れています。


今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、
そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、
これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、
住民からの監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、まるで人ごととばかりにだんまりを決め込んでいる。
そして市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中である。

市民の側は「維新」とは名ばかりの腐蝕の柏原市政に騙されてはいけない!!!
 市民の無関心と114名で構成する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、
「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、
半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご質問・情報提供等/お問い合わせ・連絡先

革新・市政オンブズマン事務所
中山

電話 090-3654-5695
FAX 072-975-1681

メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp



by rebirth-jp | 2015-04-27 19:35 | O5.17住民投票/大阪都構想 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
典型的な田舎の腐敗政治が..
by rebirth-jp at 23:46
この「まち」のトロイカ体..
by rebirth-jp at 15:01
サンヒルは市民の財産..
by ダメな人 at 19:53
コイツラ、真面目に経営す..
by rebirth-jp at 11:42
 レストランひとつ経営出..
by サンヒルによく行った at 20:46
わかりやすくご説明頂きあ..
by 一柏原市民 at 00:15
第三セクター・サンヒル柏..
by rebirth-jp at 17:54
この条例からは、これまで..
by rebirth-jp at 21:51
 テニスコートとプールを..
by 何か変。 at 19:26
濵浦も友田も山本修広も今..
by 実家が柏原市 at 08:44
市議補欠選挙の無効票の多さ。
by 実家が柏原市 at 08:03
すいません。2017-0..
by 大阪市民の実家が柏原市 at 23:20
冨宅正浩が市長で議員がま..
by 実家が柏原市 at 23:16
今回の市長選挙に出馬をし..
by rebirth-jp at 22:30
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。 なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
人気ジャンル