革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆大阪維新・冨宅正浩/組合腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆平成28年第1回柏原市議会定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇謹賀新年/蛇の生殺し/H25年
◆謹賀新年/午年 H26年
◇謹賀新年/羊年 H27年
◆謹賀新年/酉年 H29年
◆謹賀新年/申年 H28年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
カテゴリ:◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会( 7 )
大阪維新の会・中野隆司市政の下で「勇み足!?」が続いた柏原市教育委員会に疑問???

話題は違うが

森友学園問題で揺れる国会答弁でふらふらになっている

大臣の答弁を聞いていると

頑迷と頑固の過去記事

を思い出した


下をクリックしてください

◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



(その1)

柏原市教育委員会


前市長の大阪維新の会・中野隆司市長の下では、柏原市教育委員会の勇み足ばかりが目立った感があるが、そもそも教育委員会の業務とは何か???


中野市長と柏原市教育委員会が強引(!?)に進めたジェイテクト社宅跡地の土地購入問題を採り上げながら、柏原市教育委員会の事業・業務内容を検証してみたい。


(まずは柏原市教育委員会ホームページから)

柏原市教育委員会

教育総務課


業務内容

  • 教育委員及び教育長の秘書に関すること。
  • 教育委員会の会議に関すること。
  • 教育委員会の所管に係る予算及び決算の総括に関すること。
  • 表彰に関すること。
  • 公印の管理に関すること。
  • 文書の収受及び発送に関すること。
  • 教育委員会規則及び規程の制定及び改廃に関すること。
  • 教育委員会所属職員(教職員を除く)の人事給与に関すること。
  • 学校の物品の購入、整備及び調査に関すること。
  • 学校の教材教具の国庫、府補助金に関すること。
  • 学齢児童生徒の就学並びに児童生徒の入学、転学及び退学に関すること。
  • 教育施設(幼稚園を除く。以下同じ。)の整備事業及び営繕に関すること。
  • 教育施設台帳に関すること。
  • 教育施設の国庫負担金及び補助金に関すること。
  • 教育センター庁舎の管理に関すること。

事業一覧

柏原市教育委員会と柏原市教育委員について

1.柏原市教育委員会

柏原市では、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」(昭和31年法律第162号)第14条第2項の規定に基づき、昭和31年10月1日に柏原市教育委員会を設置し、以後、本市の教育・学術・文化に関する活動を盛んにするため重い責任を負うべき存在として、今日に至っています。柏原市教育委員会は5人の教育委員からなる合議制の執行機関で、教育・学術・文化に関する様々な事務を行う教育委員会事務局を指揮・監督します。


2.柏原市教育委員(平成28年11月16日現在)

柏原市教育委員
教育長  吉原 孝
教育長
職務代理者
  三宅 義雅
委員  田中 保和
委員  山﨑 裕行
委員  近藤 温子
  • 教育長・・・・・人格が高潔で、教育行政に関し識見を有する者のうちから、市長が議会の同意を得て任命します。任期3年。
  • 委員・・・・・人格が高潔で、教育、学術及び文化に関し識見を有する者のうちから、市長が議会の同意を得て任命します。任期4年。


教育委員会会議の審議概要・会議録

 定期的に行っております教育委員会会議について、その審議概要を過年度も含め公表しております。

 ・教育委員会会議審議概要 一覧


教育委員会会議の傍聴

  • 教育委員会の会議は原則として公開しており、どなたでも傍聴可能です。
  • 傍聴の受付は会議開始30分前から教育センターにて行い、定員の10名を超える場合はくじにて抽選で決定します。
  • また審議案件によっては、プライバシー保護等の観点から、会議の一部または全部を非公開とすることがあります。


教育委員会の事務の点検及び評価に関する報告書

 教育委員会の事務の点検及び評価に関する報告書について、柏原市教育委員会では毎年公表しております。

 ・教育委員会「点検・評価」報告書


柏原市の小学校・中学校について

 柏原市立小学校(全10校)、中学校(全6校)について以下紹介しております。

 ・小学校

 ・中学校


小中学校の就学事務について

 就学異動に係る事務手続きについて以下紹介しております。

 ・柏原市立小中学校への転入

 ・柏原市立小中学校からの転出

 ・市内転居(校区が変わる場合)

 ・市内転居(校区が変わらない場合)

 ・保護者変更・姓変更


平成28年度・平成29年度柏原市立学校園の主要行事について

平成28年度平成28年度平成29年度
入園・入学式卒園・卒業式入園・入学式
幼稚園4月11日(月)3月17日(金)4月10日(月)
小学校4月6日(水)3月16日(木)4月6日(木)
中学校4月7日(木)3月10日(金)4月7日(金)

※小学校の体育大会は、平成27年度より6月の第1土曜日の開催となります。

柏原市立学校園の耐震化について

 柏原市では公立学校園校舎の耐震化を進めています。平成27年度の進捗状況を公表します。

 ・柏原市立学校園建物の耐震性能について(pdf)(24KB)

学校園棟別耐震性能一覧表(pdf)(52KB)


柏原市教育振興基本計画について

 平成26年3月、柏原市教育振興基本計画を策定しました。

 本市の教育がめざす基本的方針や今後実現すべき具体的施策等が明記されておりますのでご覧ください。

 ・柏原市教育振興基本計画.pdf(1MB)






by rebirth-jp | 2017-03-15 00:11 | ◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会 | Comments(0)
柏原市教育委員会はなぜ「勇み足」を繰り返すのか!!??


市政に無関心の「まち」で半世紀も腐敗政治が続く中

何も期待できない候補者たちの

何も期待できない選挙戦が

始まっている

この「まち」は市政に無関心の無党派層が目覚めない限り

市民の血税は喰い潰され

腐って行くだけ

である


大阪維新の会・中野隆司市長が総務文教委員会で

発した『教育委員会の勇み足』とは

何を指しているのか!?



表題の「勇み足」は、昨年の第4回定例会中(12月議会)に行われた総務文教委員会の中で、国分中学校隣地のジェイテクト社宅跡地の取得問題を審議する際に出てきた中野隆司市長の言葉である。


中野市長が何を指して、この『教育委員会の勇み足』という言質を残したのか、今一つ、明確ではない。下記の不透明な案件は要検証対象である。


教育界出身の中野市長が誕生して以来、青少年キャンプ場の廃止や疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に自然体験学習施設を建設してしまった問題、結局は頓挫している柏原区の小中学校統合庁舎建設の問題、そして先般のジェイテクト社宅跡地の土地取得問題など、いずれもその経緯に不透明な案件が、半ば強引な形で進められて来た。


いずれの案件も、何でもかんでも賛成の議員たちの賛成多数で可決されたものであるが、どの案件も、その中身は不透明で疑問の残るものばかりである。柏原市教育委員会の業務内容等は下記のとおりである。


(柏原市教育委員会ホームページから転用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


TOP> 組織および各課のページ > 教育部 > 教育総務課


教育総務課

業務概要 記事一覧


業務内容

教育委員及び教育長の秘書に関すること。

教育委員会の会議に関すること。

教育委員会の所管に係る予算及び決算の総括に関すること。

表彰に関すること。

公印の管理に関すること。

文書の収受及び発送に関すること。

教育委員会規則及び規程の制定及び改廃に関すること。

教育委員会所属職員(教職員を除く)の人事給与に関すること。

学校の物品の購入、整備及び調査に関すること。

学校の教材教具の国庫、府補助金に関すること。

学齢児童生徒の就学並びに児童生徒の入学、転学及び退学に関すること。

教育施設(幼稚園を除く。以下同じ。)の整備事業及び営繕に関すること。

教育施設台帳に関すること。

教育施設の国庫負担金及び補助金に関すること。

教育センター庁舎の管理に関すること。


事業一覧

柏原市教育委員会と柏原市教育委員について


1.柏原市教育委員会

柏原市では、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」(昭和31年法律第162号)第14条第2項の規定に基づき、昭和31年10月1日に柏原市教育委員会を設置し、以後、本市の教育・学術・文化に関する活動を盛んにするため重い責任を負うべき存在として、今日に至っています。柏原市教育委員会は5人の教育委員からなる合議制の執行機関で、教育・学術・文化に関する様々な事務を行う教育委員会事務局を指揮・監督します。


2.柏原市教育委員(平成281116日現在)

柏原市教育委員

教育長

  吉原 孝

教育長
職務代理者

  三宅 義雅

委員

  田中 保和

委員

  山﨑 裕行

委員

  近藤 温子

教育長・・・・・人格が高潔で、教育行政に関し識見を有する者のうちから、市長が議会の同意を得て任命します。任期3年。

委員・・・・・人格が高潔で、教育、学術及び文化に関し識見を有する者のうちから、市長が議会の同意を得て任命します。任期4年。


教育委員会議の審議概要・会議録

 定期的に行っております教育委員会議について、その審議概要を過年度も含め公表しております。

 ・教育委員会議審議概要 一覧


教育委員会議の傍聴

教育委員会の会議は原則として公開しており、どなたでも傍聴可能です。

傍聴の受付は会議開始30分前から教育センターにて行い、定員の10名を超える場合はくじにて抽選で決定します。

また審議案件によっては、プライバシー保護等の観点から、会議の一部または全部を非公開とすることがあります。


教育委員会の事務の点検及び評価に関する報告書

 教育委員会の事務の点検及び評価に関する報告書について、柏原市教育委員会では毎年公表しております。

 ・教育委員会「点検・評価」報告書


柏原市の小学校・中学校について

 柏原市立小学校(全10校)、中学校(全6校)について以下紹介しております。

 ・小学校

 ・中学校


小中学校の就学事務について

 就学異動に係る事務手続きについて以下紹介しております。

 ・柏原市立小中学校への転入

 ・柏原市立小中学校からの転出

 ・市内転居(校区が変わる場合)

 ・市内転居(校区が変わらない場合)

 ・保護者変更・姓変更


平成28年度・平成29年度柏原市立学校園の主要行事について

平成28年度

平成28年度

平成29年度

入園・入学式

卒園・卒業式

入園・入学式

幼稚園

411()

317()

410()

小学校

46()

316()

46()

中学校

47()

310()

47()

※小学校の体育大会は、平成27年度より6月の第1土曜日の開催となります。


柏原市立学校園の耐震化について

 柏原市では公立学校園校舎の耐震化を進めています。平成27年度の進捗状況を公表します。

 ・柏原市立学校園建物の耐震性能について(pdf)(24KB)

学校園棟別耐震性能一覧表(pdf)(52KB)


柏原市教育振興基本計画について

 平成263月、柏原市教育振興基本計画を策定しました。

 本市の教育がめざす基本的方針や今後実現すべき具体的施策等が明記されておりますのでご覧ください。

 ・柏原市教育振興基本計画.pdf(1MB)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記教育委員のうち、


教育長職務代理者・三宅 義雅氏(前教育委員長)は、疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件が発覚した当時の被告の相手方(実質的な被告)NPO法人柏原ふる里づくりの会」の理事長であったが、疑惑が発覚した途端、理事長職から離れている。


これを知りながら、市長の任命人事に同意をしている議会も議会である。柏原市にはこんな任命・人事が多過ぎる。


突然廃止になった「柏原市青少年教育キャンプ場」、そしてその代替施設として、疑惑まみれの竜田古道の里山公園に建設された疑惑隠しのための「自然体験学習施設建設」は、いずれも柏原市教育委員会の所管事業である。


もう一つ言えば、先般、政務活動費問題で辞職をした山本修広氏が所属していた会派「新風かしわら」の3議員も、疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件発生後、追われるように3目断念をしたあの嘘吐き・デタラメ市長らの推薦・後押しで誕生した会派である。


会派3議員の実績は、本会議や委員会会議録の記録のとおりである。何の実績も無い。何でもかんでも市長の悪策・愚策に賛成をして来ただけである。



参照

下をクリックしてください。

◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治




by rebirth-jp | 2017-02-02 00:11 | ◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会 | Comments(0)
柏原中学校区学校施設統合整備基本計画・基本構想/スケジュールは未定!?


基本計画・基本構想があってスケジュールは未定???

わけが分からん・・・


これも市民の知らないところで

人任せか!?



(その2)

柏原市教育委員会がおかしい/疑惑隠しの自然体験学習施設や一体型・複合型の校舎・施設の建設などのハコモノづくりを主導か!?


建設通信新聞 811 木曜日 から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市統合小中校/新校舎延べ1.6万㎡/PFI導入効果織り込む


 大阪府柏原市は、「柏原中学校区学校施設統合整備基本計画・基本構想」と「PFI可能性調査報告書」を公表した。中学校1校と小学校2校を統合した一貫校整備を目指しており、新校舎は1万6000㎡程度を想定する。PFIは導入によって高い効果が期待できる調査結果を示している。今後、事業化に向けて検討を進めるが、スケジュールなどは未定だ。


 統合対象は、柏原中学校と柏原、柏原東両小学校。柏原中の敷地(堂島1-28)と隣接する「かしわらっ子はぐくみセンター」の用地、柏原市土地開発公社が先行取得した用地の計2万9436㎡を活用して一体型校舎を建設する計画だ。


 小学校28学級、中学校16学級とし、普通教室53室、特別教室30室、管理諸室22室を設ける。配置計画は、校舎を西側に集約する2案と東側に集約する1案の計3案を提示しており、設計段階で決める方針だ。


 PFI手法はBTO(建設・譲渡・運営)方式で検証した。従来手法に比べて5.5%の財政負担削減が見込まれるとともに、民間ノウハウの活用やリスクの回避などで大きな利点があることから、「導入する意義は十分にある」との検証結果を示している。基本構想・計画作成と可能性調査は建設技術研究所が担当した。


2016-05-09 11 面名:関西面]


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





by rebirth-jp | 2016-08-11 01:11 | O教育委員会がハコモノづくりを主導か!? | Comments(0)
教育委員会がハコモノづくり!!??/市民の知らないところで着々と進む一体型や複合型の校舎・施設の建設計画

大阪維新の会・市長と教育委員長の思惑!!!/市長と教育委員長がタッグを組んで学校の統廃合を名目にハコモノづくり!!?? 

それにしても突如出てきた「市が推進しているという全市的な幼小中一貫教育」とはいったいなんぞや?? こどもたちや保護者・地域を無視した市長の思惑は!!??

そんなことより子供たちが増える施策を、市、教育委員会、議会が一体となって進めるべきである。現に子供たちが増えている地区もあるのだから、みずから地域の過疎化を認め、歴史のある学校を廃止する必要はない。これを議会が許すのなら、コイツら、何も子供たちや保護者、地域のことを考えていないということである。いったいいつまで市の愚策や良からぬ企みを許そうというのか、あなたたちは!!!


O 柏原市教育委員会が入る建物/2階部分
柏原市教育委員長
三宅義雅氏
O 疑惑まみれの不透明行政が続く柏原市役所
大阪維新の会・中野隆司市長
b0253941_12220179.jpg

平成27年1月20日(火)に開催された第1回定例教育委員会会議や、本年度の市政運営方針演説の中で、ほんのさわりだけこの幼小中一環教育や柏原市立小・中学校適正規模等審議会規則の制定などを語っているが、ここからの流れをみると、中野市長は教育委員会(教育委員長三宅義雅氏)とタッグを組んだハコモノづくりを、自身の任期中の大きな目玉にしたいという意向が読み取れる。

聞くところによれば、市側は民間業者にビル(ハコモノ)を建てさせ、そこに家賃を払って学校を入れるという案まで出しているという話である。にわかに信じがたい話であるが、それが事実であれば、ほんとうに「OOに付ける薬は無い」とはこういうことを言うのかもしれない。

おそらく何でもかんでも市長におもねて自己保身に走る議員たちを束ね、これから強引にこのハコモノづくりに走ることが予想される。そこには子供たちに視点を置いた教育方針などはさらさらなく、何らかの思惑が働くハコモノづくりを最優先とした強行策が見えてくるだけである。

まちを潰し、教育環境をつぶし、そして子供たちの未来をも潰してしまう恥政、それが大阪維新の会・中野隆司市政の正体であり、無能な体たらく議会の実態である。



(その1)

柏原市教育委員会がおかしい/疑惑隠しの自然体験学習施設や一体型・複合型の校舎・施設の建設などのハコモノづくりを主導か!?

市政に無関心の「まち」では、こうやって何でもかんでも市民や議会を無視した施策が進んでいくのである。どうせ市民は無関心、どうせ議会は体たらくの御用議員ばかりで無抵抗……、共産党議員を除けば市長の部下みたいな連中である……。こうやって市民や議会を舐め切ったバカ行政、バカ恥政が進んでいくのである。

しかしこの教育問題ばかりは、市長や教育委員長らの単なる思いつきで進めてもらっては困る。おそらく一体型や複合型の校舎・施設の建設で名を残したいのだろうが、幼稚園は幼稚園、小学校は小学校、中学校は中学校で、それぞれの独自の教育が行われているからこそ、この子供たちの人間性が培われていくのである。

もし幼稚園児や小学生たちの目に、よくも悪くも自我に目覚めた中学生たちの中途半端な大人の行動や、タバコ、喧嘩などの不良行為、そして自殺にも繋がるいじめ問題などが映れば、必ずこの幼児たちの人間形成に影響が出るだろう。くしくも教育界出身者の市長と教育委員長のお二人なら、だれよりもそのことがお分かりのはずである。教育会専門家の中ではこういう問題は、後の高校、大学、そして国の教育体制・環境などにどう影響を与えるかまでを考慮しながら考えなければならない問題と言われている。

考えてみるがよい。自分の母校・教室が、賃貸ビルの一室でいつ無くなるか分からないという状況なら、もうそれだけで個々の人生の中での人間形成に影響をするはずである。学校の歴史がどういう形で刻まれて行くのかさえ不安である。

問題点を挙げればいくらでも出てきて切りがないが、市がやるべきことは、この「まち」に人を呼び、子供たちの数が増える施策を講じることである。現に子供たちが増え、学校の児童数が増えている地域もあるはずである。

そこにわざわざ市長や教育委員会だけの勝手な思惑で、いわゆるハコモノづくりを目的とした学校統廃合の一体型や複合型の校舎・施設の建設案など安直そのものである。またもや議会や市民の知らないところで、ひそかにこの計画を進めて行こうと思っているのだろうが、こういう大きな事業を計画するのであれば、もっと公に、そして丁寧に議会や市民に説明をしながら議論を重ねて進めるべきである。この案件は、市長が日当・報酬を与えたお手盛り委員会だけでで決定すべき事項ではない。



O 下記は、平成27年5月12日(火) 午後1時57分~午後2時14分、柏原市教育委員会 委員会室 で開催された「平成27年第5回定例教育委員会」の会議録の中から抜粋した一部分である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三宅委員長 それでは議案第18号 柏原市立小・中学校適正規模・適正配置審議会委員の委嘱については、原案のとおり決定することといたします。続きまして、議案第26号 柏原市立小・中学校適正規模・適正配置審議会委員への諮問について、お願いします。

松田課長 議案第26号 柏原市立小・中学校適正規模・適正配置審議会に対する諮問について、学務課よりご説明いたします。

諮問事項については、議案書に記載されております

  (1)市立小・中学校の学校規模・学校配置の適正化についての基本的な考え方に関すること。

  (2)幼小中一貫教育を推進する観点からの市立小・中学校の適正規模・適正配置の方策に関することの2点でございます。

全国的に少子化が進んでいるなかで、本市においても児童・生徒数が減傾向にあります。今年度、桜坂小中学校を除くと、12学級未満の小規模校は、小学校では10校中3校、中学校では6校中4校になります。さらに来年度には小学校で1校増えまして、10校中4校、中学校でも1校増えまして玉手中学校以外全て小規模校になる見込みです。小規模校では、クラス替えができず人間関係が固定化されたり、集団の相互作用による社会性の育成や、切磋琢磨する機会に恵まれなかったりする課題があります。

全市的に幼小中一貫教育を推進している本市といたしましては、このような状況に鑑み、教育の機会均等を図るだけでなく、より良い教育環境を整備し、充実した学校教育を実現するため、これを機に、一体型や複合型の校舎・施設の建設についても検討し、基本方針を立てる必要があります。さらに、土砂災害警戒区域にも指定されている学校が多く、移動・再編等も鑑みて学校整備を検討する必要もあります。

これらの検討事項の審議を行うために、議案にありますように柏原市立小・中学校適正規模・適正配置審議会に諮問したいと考えております。以上でございます。よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに定例会教育委員会のメンバーは下記のとおりである。大阪維新の会・中野隆司市長指揮の下、このメンバーが教育委員会及び市職員主導のハコモノづくりを進めようというわけである。いずれ審議会の検証も進めるが、すでに役所主導でこの計画が出来上がっている感さえある。

市長の人事政策で教育委員会に集められた職員たちが、地域や市民、そして子供たちを無視した施策を進めていくわけである。ここに子供たちの成長や教育に視点を置いたまちづくりの施策はどこにも見当たらない。ただハコモノを造りたいだけの感しかない。


平成27年 第5回定例教育委員会会議録

1.開 平成27年5月12日(火)

  午後1時57分~午後2時14分

2.開 柏原市教育委員会 委員会室

3.出席した委員

教育委員長

委員長職務代理 西

教育長

4.出席した職員

O教育部長

O教育監

O理事兼公民館長 敬三郎

O次長教育総務課長

O次長社会教育課長

O次長文化財課長

Oスポーツ推進課長

O学務課長

O学務課参事

O指導課長

O図書館主幹

Oこども未来部長

O次長子ども育成課長

O事務局教育総務課

(ここでも兼々役職の給与嵩上げ組が何人も登場している。)


出席者はほぼ市の職員たちばかりである疑惑にまみれた竜田古道の里山公園事件では、現在、関連する3つ事件の裁判が、大阪地裁において進められているが、この疑惑に蓋を被せるかのようにこの公園内に建設をされた「自然体験学習施設」の所管も、上記の教育委員会である。

3つの裁判のうち、「NPO法人柏原ふる里づくりの会」の当時の理事長は、現在の柏原市教育委員長 雅 氏である大阪維新の会・中野隆司市長、これでいいのか!!??



by rebirth-jp | 2015-07-27 12:28 | O教育委員会がハコモノづくりを主導か!? | Comments(2)
「OOにつける薬はない」連中!!!/疑惑に蓋の「自然体験学習施設」建設案は、いつから始まったのか!!??

長年親しまれていた柏原市青少年教育キャンプ場の突然の廃止から、その代替案とも言えるほとんど人が行くことのない裏山のゴミ処分場跡地に建設された「自然体験学習施設」は、誰が考えても疑惑にまみれた「竜田古道の里山公園」に蓋をかぶせることを目的とした、悪党一派の策であることはあきらかである。

この疑惑隠しの策がいつ始まったのかを検証していくと、柏原教育委員会議・審議の会議録にしっかりと記されている。現在、この教育委員会の委員長は、当時、百条委員会による調査の対象となった「NPO法人柏原ふる里づくりの会」理事長の三宅義雅氏である。


O 自然体験学習施設完成記念式典市議会フェィスブックから

一連の疑惑を何も解決しないまま、全てのツケを市民に負わせる形で

疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に完成を

させてしまった施設の完成記念式典で

マイクを握っているのは

百条委員会でこの問題を追及していた奥山議員である。

はたして彼はどういう思考で式典のあいさつをしているのだろうか!!??

b0253941_14443403.jpg

こんなことを一般市民の目に見えないところでやっているのだが
何とも異様な村政治の構図である。
これが大阪維新の会・中野隆司市政の正体である。
b0253941_14444785.jpg

ちなみに「NPO法人柏原ふる里づくりの会」は、現在進行中の3つの事件が絡む疑惑まみれの竜田古道の里山公園裁判で、実質的な被告の立場として被告柏原市長の相手方となる立場にあるが、その当時の理事長が、現在の柏原市教育委員会・教育長の三宅義雅氏である。

上記の完成記念式典が行われているのは、ゴミの最終処分場として3市のゴミが埋め立てられた跡地である。埋め立てが満杯となり、その後の対処として、ゴミ埋め立ての山を自然の山に戻すべく建設をされたのが竜田古道の里山公園である。

現場は裏山の傾斜地の谷を最終ゴミで埋め立てたものである。柏原市民のほとんどは知らないが、隣町の奈良県三郷町側から見れば、埋立地の一番下の部分はまさにコンクリートブロックを積み上げたピラミッドである。しかもこのコンクリートブロックの中身はゴミを固め込んだものである。いずれ大地震の際の地滑り災害や、ダイオキシン流出などの環境問題が出てくることが十分に予想される地域なのである。

O 昭和49年から平成10年まで利用された第2期最終処分場跡地
(雁多尾畑地区)
b0253941_1831104.jpg
b0253941_18352521.jpg
b0253941_18421052.jpg

悪党一派にとっては、そんなことより疑惑に蓋を被せなければならないよほどの事情があると推察されるが、それを承知でこの「まち」のOO議員どもは、このバカげた疑惑隠しの策を一体となって進めたのである。

しばらくは所管の教育委員会が必死になってこの跡地に人集めをするだろうが、所詮、現場は、裏山の不便な場所であり、ほとんど人が行くような場所ではないことは、先の疑惑まみれの竜田古道の里山公園建設の失敗で思い知っているはずである。

そこに性懲りもなく、疑惑隠しの「自然体験学習施設」を、またまた建設してしまったわけでる。ほんとうに懲りない面々である。ほんとうに「OOにつける薬はない」とはこういう連中のことを言うのであろう。

すべては市民の無関心を利用した前政権からの流れであるが、これらのツケは何も情報を与えられないまま、何も知らずにいる市民の側にまわってくることになる。疑惑まみれの誰も行かない裏山のゴミ処分場跡地にパイプ椅子を並べ、呑気に記念式典をやっているが、いずれ自身のバカげた行動を恥じる時がくるはずである。

またこれまでの柏原恥政の検証では、税金垂れ流しの無駄行政がどうやって進められているのか、その稚策の手法がほぼ解明が出来ている。半世紀も昔から続く行政協力委員制度を中心とした歪んだ村政治は、今も、何ひとつ変わっていない。今後、事例を挙げながら、まさに役所天国とも言うべき腐蝕の柏原城の、腐った実態を公開していきたいと思っている。


by rebirth-jp | 2015-07-20 23:10 | O教育委員会 いじめ問題 ハコモノづくり | Comments(2)
何故こんな単純思考のOO市長とOO委員長が生まれてしまうのか!!??/おかしなことは行政文書の開示請求で
…多くの疑問が晴れる。そしてまた大阪維新の会とは名ばかりの維新とは180度真逆にある柏原市政の正体も視えてくる!!!
(このブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます。)

(その2)
条例・規則などの関連法規に名を借りたバラマキ行政・アメ玉行政、姑息な手法による報酬、日当、費用弁償稼ぎの実態を暴く!!!

腐蝕の市政とデタラメ行政で市民の血税を喰い潰す大阪維新の会・中野隆司市政は、良くも悪くも大阪維新の会・本丸とは180度真逆の村政治である。


中野市長はこの2年間、内向きの組織変更や独裁固めの人事政策を進めただけで、そこには、政策も、改革も、もちろん身を切る改革など、微塵もその形跡は無い。「まち」の政治はますます劣化が進み、議会や監査委員、そして行政協力委員制度が一体となって腐敗政治の道をまっしぐらである。

O 腐蝕の柏原城!!??//城主は、あの嘘吐き市長の禅譲により腐蝕市政とデタラメ行政を100%引き継いだ、これもまた嘘答弁を平気でやる大阪維新の会:中野隆司市長である。
b0253941_23532554.jpg


まだまだいろんな問題が指摘・論議されている中での教育委員会制度の改正「地⽅教育⾏政の組織及び運営に関する法律の⼀部を改正する法律(平成26年法律第76号・平成27年4月1日施行)」により、さっそく教育現場での実権を握ったとでも思ってしまったのか、何とも単純思考の現場介入である。

何の準備もないまま専用の電話番号2台で、二人のトップが対応をするという。しかも小学生・中学生を相手にである。聞けば二人とも教育現場の経験者であるというが、であるならこんな単純思考の対応で何も解決しないことは分かっているはずである。

まさか市長の仕事の合間、教育長の仕事の合間の暇つぶしではあるまいが、私が親なら、自分の子供たちにこういう人物には相談をさせない。

市長と教育長の二人が、午前9時から午後5時までの間、2台の専用電話で対応をするというが、電話対応には他にだれもこういう分野の専門家や相談員もいないという。特に体制も取っていないようである。

下記に掲載しているのは、このあまりにもいい加減な市長と教育長の『いじめ相談 窓口対応』を疑問に思い、その体制や業務の中身の説明を求めて市に行政文書の開示請求を求め、その回答の通知を受けるまでの流れである。

結果はご覧のとおりであるが、たった一つの新聞記事から、その背景にはいろんな思惑が視えてくる。

市民・有権者の側は、市長の市政運営や行政、議会、監査委員、市長お手盛りの何とかかんとか委員会・協議会・審議会等々・・・、そういうところに不透明さや疑問を持ったなら、遠慮なく、関係する行政文書の開示を求めれば、市側は親切に資料を開示し説明をしてくれるはずである。

市は原則、情報を隠したがるが、市民の知る権利を前提に、こういう方法で市政に関心を持つことも一つの方法である。行政文書の開示請求は居住地を問わず、何人も請求をすることができる。議会や監査委員が機能をせず、市民・有権者の代表者としての役割を果たさないなら、市民がこうして市政をチェックするしかないわけだが、よくもまあ、こんなデタラメ市政が半世紀も続いているものだと、いつもあきれ果てている。

市民が無関心でいるうちに、この「まち」の政治は腐り切っているとしか言いようがない。もうここまでくれば、中からの自浄作用を期待するのは無理である。あとは何かをきっかけに新たな誕生を待つしかない・・・

O 開示請求から文書不存在による不開示決定への流れ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
O 『いじめ電話相談 市長が窓口』
/H27.3.4朝日新聞記事から

b0253941_2145793.jpg


O 上記新聞記事から、市がどういう体制を取っているのかを確認するため、市に提出した行政文書開示請求書の内容
b0253941_14564318.jpg

O 上記開示請求に対し、市長がその回答をした文書の内容/請求に対する文書は不存在
b0253941_1502491.jpg

O参考資料
(市長と教育長が小中学校に配布したというチラシ資料の内容)
小学1、2年生を対象としたチラシ
b0253941_15364179.jpg

小学3年生以上を対象としたチラシ
b0253941_1539613.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が、今回の「いじめ電話相談 市長が窓口」に対する行政文書の開示請求から、市側の回答(開示)までの流れである。(対応は市長直轄・政策推進部秘書課)

参考~関係する条例・規則
(関係する条例名のみを記載しているが、順に、その詳細は検証していく。)
○ 教育長の給与、勤務時間等に関する条例/柏原市
○ 柏原市教育委員会教育長に対する事務委任規則
○ 柏原市いじめ問題対策連絡協議会条例 平成26年6月30日 条例第14号/柏原市
○ 柏原市いじめ問題対応委員会条例 平成26年6月30日 条例第15号/柏原市
○ 柏原市いじめ問題再調査委員会条例 平成26年6月30日 条例第16号/柏原市
○ 特別職の職員の給与に関する条例/柏原市
○ 非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例/柏原市
○ 職員の旅費に関する条例/柏原市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コラム/柏原・革新の会(市政オンブズマン)

大阪維新の会:中野隆司市政/柏原市政悪政の根幹は、行政トップと行政協力委員制度、監査委員、そして議会(議員たち)の4機関にある。それを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」である。

柏原・革新の会/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政
O 情報公開請求/55件
O 異議申し立て/1件
O 公正取引委員会申告/1件
O 中野隆司現市政
O 情報公開請求/159件
O 監査請求/5件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)
O 住民訴訟/3件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)


ほか数多ある不透明や疑惑の案件については、別途、監査請求を準備中!!!/革新の会(オンブズマン)は、今年からさらに本格的に、腐蝕市政とデタラメ行政、そして機能不全の監査委員(機関)、議会を対象に、検証を進めます。政治や市政に関心ある方のご参加・ご協力をいただければ幸いです。


今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中である。

市民の側は「維新」とは名ばかりの腐蝕の柏原市政に騙されてはいけない!!! 市民の無関心と114名で構成する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by rebirth-jp | 2015-04-08 17:00 | O教育委員会がハコモノづくり!? | Comments(0)
アホかいな!!?? /こんなことをパフォーマンスでやったらダメである。とは言っても狙いは別だろうが!!??
市長のやるべき仕事は、他に山ほどある!!!

O 『いじめ電話相談 市長が窓口』
/H27.3.4朝日新聞記事から

b0253941_2145793.jpg


こういう面の新聞記事は自治体から発表(記事提供)があったという事実を書くだけである。4大新聞に記事を載せてもらって、ただ単純に喜ぶ首長はいないだろうが、市民の側は、こういう記事から自分の「まち」の市政の体質や首長の資質を知ることができる。

人が命の相談をしてくるというのに、腐蝕の市政 とデタラメ行政を進める市長と教育長の二人が小中学生専用の電話窓口を設けて、いじめや友人関係などの悩みを聴くという。

こんなあさはかな思考で市長本来の仕事である市政運営をしようというのだから、市民の側はよほどバカにされ、舐められているということなのだろう。

市長のやるべき仕事は、他に山ほどある!!!

この中身の無い市長のパフォーマンス記事には、実はその裏に姑息な狙いが視えている。


現時点、断定はしないが、今後、あの嘘吐き市長ら悪党一派が進めた腐敗政治とその禅譲政治を続ける現市政の大阪維新の会・中野隆司市政が、いったいどういう方法で、自己保身や現状維持のための選挙基盤づくりを目的としたバラマキ行政・あめ玉行政、そして報酬や日当、費用弁償稼ぎを続けているのか、今回のパフォーマンスとしか思われない記事をきっかけに、その検証を進めていきたいと思う。結果は順次公開する。

報酬・日当・費用弁償は、こうやって市民の血税から喰われていく!!!  のである。




(その1)
条例・規則などの関連法規に名を借りたバラマキ行政・アメ玉行政、姑息な手法による報酬、日当、費用弁償稼ぎの実態を暴く!!!

維新とは名ばかりの大阪維新の会・中野隆司市政は、自己保身と選挙基盤づくりのために悪政の根幹である「行政協力委員制度」を道具にしながら、この「まち」のお手盛り市民たちを銭漬けにしているのかも知れない!!??

冒頭掲載のパフォーマンス記事を一つの例としながら、市長や市長直下の政策推進部が進める銭漬けのあめ玉行政や、非常勤職員の報酬・費用弁償、職員の旅費支給の実態を進めるが、まずは、冒頭の新聞記事の裏に視える市長側の思惑を検証してみよう。

今回のパフォーマンス記事に主に関係する条例は下記の5つである。これらの条文を検証することにより、なるほど「報酬・日当・費用弁償」とは、こういう方法で市民の血税を喰っているのかが分かってくる!!!

ちなみに報酬や補助金、日当、費用弁償等を市長からもらっていると勘違いしているお手盛り委員たちは、大きな勘違いをしてはいけない。あくまでも市民の血税からいただいていることを忘れてはいけない!!!

今回は関係する条例名のみを記載し、順に、その詳細を検証していく。
O 非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例
O 職員の旅費に関する条例
O 柏原市いじめ問題対策連絡協議会条例 平成26年6月30日 条例第14号
O 柏原市いじめ問題対応委員会条例 平成26年6月30日 条例第15号
O 柏原市いじめ問題再調査委員会条例 平成26年6月30日 条例第16号


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/柏原・革新の会(市政オンブズマン)

大阪維新の会:中野隆司市政/柏原市政悪政の根幹は、行政トップと行政協力委員制度、監査委員、そして議会(議員たち)の4機関にある。それを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」である。

柏原・革新の会/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政
O 情報公開請求/55件
O 異議申し立て/1件
O 公正取引委員会申告/1件
O 中野隆司現市政
O 情報公開請求/158件
O 監査請求/4件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)
O 住民訴訟/3件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)

今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、そして体たらくの議会(議員たち)は、これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中である。

維新とは名ばかりの腐蝕の柏原城が、市民の無関心と114名で構成する行政協力委員制度を利用して、「まち」を喰い潰す!!!


数多ある不透明や疑惑の案件については、別途、監査請求を準備中!!!/革新の会(オンブズマン)は、今年からさらに本格的に、腐蝕市政とデタラメ行政、そして機能不全の監査委員(機関)、議会を対象に、検証を進めます。政治や市政に関心ある方のご参加・ご協力をいただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2015-03-26 21:48 | O教育委員会がハコモノづくり!? | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
Hello!
by viagra_cheap at 13:09
Hello!
by cheap_viagra at 13:09
Hello!
by 100 at 13:09
Hello!
by viagra at 13:09
Hello!
by viagra_cheap at 13:09
Hello!
by viagra_online at 13:08
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
母子健康手帳の交付(妊娠..
by 実家が柏原市 at 09:36
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
典型的な田舎の腐敗政治が..
by rebirth-jp at 23:46
この「まち」のトロイカ体..
by rebirth-jp at 15:01
サンヒルは市民の財産..
by ダメな人 at 19:53
コイツラ、真面目に経営す..
by rebirth-jp at 11:42
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。 なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル