革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◆腐蝕の柏原城が抱える深刻な「病」
◆組織の病/柏原市職員の分限・懲戒処分
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/NPO絡み職員に賠償請求
◆住民監査・訴訟へ/サンヒル柏原破産事件
◆住民監査請求/サンヒル柏原・あかねの宿
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◆黒塗り隠ぺいタカリ体質に対する審査請求
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆疑惑の土地取得/国分中学グランド隣地
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆賃貸しのサンヒル柏原事業に市は関わるな
◆郵便入札に疑惑!!/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会/会派は自分党議員ばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆前市議ら
・ 山本真見議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆謹賀新年/H25~H29年
◆行政文書開示請求は市民の唯一の武器
◇『改革/新・革新の会』規約
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
公約の『グレートリセット』は微塵も無し!!//大阪維新の会:中野隆司市長の市政運営方針演説の内容は
…あの噓吐き市長の禅譲そのもの!!!

O 不透明行政と疑惑が渦巻く柏原市役所
腐蝕・柏原城の悪党一派は、この山の裏側にあるほとんど誰も行かない疑惑まみれの公園(竜田古道の里山公園)に、疑惑隠しの新たな施設(自然体験型学習施設)を建設し、またまた市民の血税をドブに捨てようというのだ!!!
b0253941_14234356.jpg

O 市民のために機能をしない柏原市議会議場の日の丸が悲しい
b0253941_14494736.jpg

今議会の隠し目玉は、密かに、そして姑息に進める竜田古道の里山公園問題(疑惑まみれの百条案件)に蓋を被せるための『自然体験型隔週施設』の建設案件となっている。(今度は議会も一体となっているようである。)

この案件では、本会議の数日前から、地元地区役員の取り込みや(説明会を行う)、すぐに何にでも応じる議会に全員協議会を招集させ、姑息な百条案件の疑惑隠しの策を進めていたことが分かっている。

(その17-2)~市政運営方針
嘘吐き市長とその片棒を担いだ首謀者たちの百条案件疑惑隠しの平成26年第1回柏原市議会定例会・本会議は、3月28日の各委員長報告と案件採決の後、閉会となる。//…が、今回も、噓吐き市長ら悪党一派の御用議員たちと、まったく機能をしない体たらくの議会の様を晒しただけで終わるのか!? おそらくそういう流れになるだろう!!

O 大阪維新の会:中野隆司市長の市政運営方針演説の内容//H26.2.21の本会議から
b0253941_1225121.jpg

あの嘘吐き市長の市政運営方針演説と見比べれば、第4次柏原市総合計画の中で進められた腐蝕の市政とデタラメ行政は、その手法とともに、大阪維新の会:中野隆司市長にしっかりと禅譲されていることが分かる。
b0253941_1229527.jpg

b0253941_2050775.jpg

b0253941_2053498.jpg

b0253941_2057447.jpg

b0253941_2113926.jpg

b0253941_2155878.jpg

b0253941_219356.jpg

b0253941_21135293.jpg

b0253941_21172747.jpg

b0253941_10524792.jpg

b0253941_10593934.jpg

b0253941_1132684.jpg

b0253941_11291336.jpg

b0253941_1133282.jpg

b0253941_11364338.jpg

b0253941_1140920.jpg

b0253941_11463769.jpg

b0253941_11522613.jpg

b0253941_11555927.jpg

b0253941_11595517.jpg

b0253941_2143694.jpg

b0253941_21464219.jpg

b0253941_21494469.jpg

b0253941_21534669.jpg

b0253941_22251860.jpg

b0253941_22285685.jpg

b0253941_22323378.jpg

b0253941_2236467.jpg

下記に出てくる「自然体験型学習施設」が、疑惑まみれの百条案件に蓋を被せようと、例の竜田古道の里山公園問題内に建設を使用という新たな施設である。

どこまで゛も性質の悪い悪党一派による腐蝕の市政とデタラメ行政、そしてまったくチェック機能の働かない議会、あの1年間に亘る百条委員会による調査はいったい何だったのか!? 

この件では、我々市民・有権者の体表者であるはずの議会(議員たち)までもが、悪党一派の疑惑隠しに協力をしているとんでもない事実も分かってきたが、いずれその全てを公開する予定である。

解明も解決も無いまま、その維持管理費は本来3市(柏原市、羽曳野市、藤井寺市)の負担になるはずの経費が柏原市民の単独負担となったまま、市民にはこの疑惑まみれの百条案件の真実がいまだに何も分からないままである。 

市民に悪党一派のツケを負わせたまま何も追及できないでいる御用議員たちは、またまた柏原市民の負担となる疑惑隠しの施設建設を許そうというのである。ほんとうに腐りきってしまった議会である。
b0253941_2240387.jpg

b0253941_2243382.jpg

b0253941_22563693.jpg

b0253941_2301217.jpg

b0253941_2352871.jpg

b0253941_2310713.jpg

b0253941_2314508.jpg

b0253941_2319787.jpg

b0253941_2322123.jpg

平成26年第1回定例会は、現在、3月28を最終日の予定として開会中であるが、この開会中に後援会パーティーで金集めをするどっかの市長、そこに「私は御用議員になります!」とばかりにパーティーに駆けつけ市長に擦り寄るロクでもない議員たち、そして柏原市の悪政を支える行政協力委員制度で区長を兼務する委員たち・・・。

市民の無関心をよそに、まさにやりたい放題の腐蝕の柏原城である!!!
by rebirth-jp | 2014-03-21 15:15 | O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会 | Comments(0)
大阪維新の会:中野隆司市長の選挙公約は嘘吐き市長の禅譲政治を
・・・まっしぐらに進めるだけのことであったようてある!!!

下の記事は、中野新市長の誕生からほぼ3ヶ月後に書いた過去記事を読み返し、その原文に若干の修正をしながら、再度、書き起こしたものであるが、その内容はほとんど変える必要がなかったのが面白い。つまりあの嘘吐き市長ら悪党一派が進めた腐敗政治は、いまも何一つ変わっていないということである。いや、いまも岡本院政が続く腐蝕の市政とデタラメ行政は、議会をも巻き込み、ますます酷い状況に陥っているようである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪維新の会・中野隆司新市長の誕生から、あっという間に1年間という期間が過ぎ去ってしまったが、果たして中野市政は、今、何を目指して、どこを向いて動き出しているのだろうか。

1年前の市長選挙で中野新市長は、新時代の柏原市に向けた「グレートリセット」として、8本の柱(ビジョン)
1 効率的で質の高い行財政運営の確立
2 市民の声を反映する行政運営の確立
3 教育環境「大阪ナンバー1」
4 子育て環境「大阪ナンバー1」
5 安全・安心「大阪ナンバー1」
6 協働推進「大阪ナンバー1」
7 にぎわい「大阪ナンバー1」
8 公務員制度改革の推進
                                     を挙げておられたが、

その主な公約は、
◇ 幼少中一貫教育の推進
◇ スローライフ希望者を市外から呼び込み、地域農業への参加を募る。
◇ 地域担当者制度を導入し、フェィスブックなどを活用して市民の声をくみ上げる。
◇ 市長報酬を30%カット、退職金も50%カット

ということである。

また初登庁の訓示では、「職員も心新たに し、これまでのしがらみなれ合い といったものは打ち破っていただきたい。」と話し、外部人材の登用や、税収に連動した給与体系を 検討する とし、経営課題を抱える市民病院の閉院や民営化の必要性も見極めたい と述べたという。                

ここでの検討する とか、見極めたい という表現には、何も期待をしてはいけないことを市民は知っている。また、これまでのしがらみやなれ合いを市長自身がしっかりと認識をされているのだから、それをた断ち切り、打ち破るのは、市長、あなたの最優先、最大の仕事であり、多くの職員もそう願っているはずである。

当方としては、新市長が大阪維新の会から誕生したということもあり、これまで岡本前市長が残した不透明と疑惑にまみれた腐蝕の市政が、果たしてどのような形で解決・解消されていくのか、わずかな期待を持ちながら、前政権から続く様々な問題案件について、各部署が所管する行政文書の開示請求を中野市長に請求しているところである。

その中には、不透明や疑惑の段階を通り越してはっきりと事件性のあるものもあるが、当方の開示請求に対する職員たちの対応は、相も変わらず「何一つ心新たになっていない、これまでのしがらみやなれ合いから出てくる思考停止の対応ばかり」で、とてもとても中野市長が言うところのグレートリセットなどには遠く及ばない市の対応ばかりが目立っている感がある。(私見)

上記の8本の柱や公約から見えるのは、地域農業への参加を募るとか、市民との協働推進とか、地域担当者制度を導入しフェィスブックなどを活用して市民の声をくみ上げるとか、結局は、これまで長年に亘って市政を歪めてきたあの行政協力委員制度(区長会)とのしがらみから脱皮できない市政が続くのであろうということだけである。

市民との協働推進、市民の声を聞く・・・、これらはすべてが市長や行政側の都合で、市民公募とは名ばかりの「公募の形」をアリバイづくりとした人材を集め、報酬や補助金を与えながら、いわゆる既得権益集団や人物らとの協働推進ということなのだろう。                            

先般、市長が委嘱する行政協力委員を兼ねる区長4名が議員の定数削減を議会に提言したというが、市から報酬を受け、ほかにも相当多額の補助金を受けている行政協力委員(総勢114名の区長)たちが、いったい何の思惑があってそういう要望を議会に出したのか、・・・例のチラシ新聞からだいたいの想像はつくが、それにしても柏原市は、いったいいつまでこのような村政治を続けようというのだろうか。


おそらくこのことを区長会に問いただしても、「いや、これは区長会として議会に要望したことで、行政協力委員の立場で議会に要望したのではない。」なとどと、とぼけた論理で答えるのであろうが、そんな理屈が、この柏原市ではこの何十年、半世紀にも亘ってまかり通っているのである。              
市長や行政側の都合でその仕組みの一つとして市政に組み込まれてしまった現在の行政協力委員(区長会)制度が続く限り、この柏原市政は何年経ってもまさにしがらみだらけの村政治から脱皮をすることはできない。中野市長は、一刻も早く、この悪しき行政協力委員制度を改め、あるいは廃止をし、一方の市民の側は、この区長会を本来の自治会・町会に取り戻すべきであろう。
                               
当方は、これまで市政全般に対する開示請求や検証を進めてきたが、これからは個々の案件ごとに深く的を絞って、更に突っ込んだ検証を続けたいと思っている。おそらくこれからは、岡本市政が残した腐蝕の膿がドロドロと表に出てくるはずである。これらの情報公開開示請求の状況や検証の結果については、引き続きこのプログに公開をしていく予定である。

と同時に、これまで長年の間に根付いてしまった柏原市政の腐蝕の構造は、そう簡単に崩れることがないことも予想が付くが、それでも、我々市民の一人ひとりが、少しでも市政に関心の目を向け、市政の運営を監視していくことが腐蝕市政から脱皮する一番の近道であろうし、そのためにはほんとうに市民のために仕事をしてくれる議員を選挙で選んでいかなければならない。

昨年9月には柏原市議会議員の選挙が行われたが、予想どおり「大阪維新の会」の看板に擦り寄り、当選だけが目的の議員たちが当選してしまったが、例の市長の御用新聞 とも言われるチラシ新聞とも一体となって、この市長御用の新人議員たちが、現在の腐蝕市政を進める体制を固めてしまえば、前政権以上に市民にとっては不幸な結果となるであろう。現に元から居た議員たちも市長御用の立場に鞍替えをしている感があり、もはや議会は行政のチェック機関という役割を全く果たせなくなっている。

岡本前市長が残した不透明と疑惑の案件に何も手を打たず(中野市長の対応策が何も市民に見えないからそう表現をさせてもらうが)、百条案件もまだ何も解決がないまま、誰も責任を取らず、それどころかこの疑惑の案件に蓋をかぶせようと、今度は議会も一体となって、疑惑隠しの新たな施設を竜田古道の里山公園に建設をしようというのだが、現市政は、この先、いったい何を目指して、どこを向いて進もうとしているのだろうか。((この疑惑隠しのために長年市民に親しまれた青少年教育キャンプ場まで犠牲(廃止)にしてしまった中野市政に、市民のための、また「まち」のための行政運営を期待することは無理なようである。))

この1年間の中野市政の運営で、まさに維新とは名ばかりの大阪維新の会:柏原市長の正体が視えてしまった。…のかも知れない!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嘘吐き市長の禅譲で生まれた中野市政は、ますます腐敗政治の道へと邁進しているようである。!!!  なお、大阪維新の会:中野隆司市長の平成26年度市政運営方針演説の内容については、後日、全文を掲載の予定である。

by rebirth-jp | 2014-03-19 12:07 | ◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体 | Comments(0)
今度は職員採用のための条例をつくるというバカ市政!!//第1回柏原市議会定例会で何が行われているのか??
いったい誰を採用するための条例を制定しようというのか!?

大阪維新の会:中野市長の市政運営方針と、今回、市側が挙げた議案、その議案に対する各党・会派の質疑・質問の項目を採り上げてみたい。大阪維新の会:中野隆司市長の市政運営方針と、各党・会派の質疑・質問の項目を読むだけで、この「まち」の腐蝕市政とデタラメ行政、そして機能をしない議会(議員たち)の中身が視えてくる。

ほんとうにコイツら、いったい誰のために仕事をしているのか!? 一度、頭をかち割って、その脳みその中の思考回路を覗いてみたいものである。

(その17-1)~議事日程編
嘘吐き市長とその片棒を担いだ首謀者たちの百条案件疑惑隠しの平成26年第1回柏原市議会定例会・本会議は、3月28日の各委員長報告と案件採決の後、閉会となる。//…が、今回も、噓吐き市長ら悪党一派の御用議員たちと、まったく機能をしない体たらくの議会の様を晒しただけで終わるのか!? 

O 柏原市議会議場
b0253941_18461767.jpg

市長の市政運営方針と市が挙げた議案からは、またまたよからぬ中野市政の思惑が視えるだけである。あとは柏原市長の自治事務や条例制定などの羅列だけで、議事日程の中身は、単に毎年の恒例行事となっているようである。

O 平成26年第1回柏原市議会定例会・議事日程 
b0253941_1853571.jpg

b0253941_18574656.jpg

b0253941_1915762.jpg

*ところで上記の議案第14号の『一般職の任用付職員の採用に関する条例の制定について』とは、いったい何を意味するのだろう??? またまた市長思惑の縁故か裏口採用か!? 職員の任用を条例で行うって、この馬鹿市政は地方公務員法までをも無視しようというのか!!

市長直轄の政策推進部にわざわざ人事課を移動させ、まさにやりたい放題の人事政策というところか。まあ、縁故や裏採用は市会議員じゃ無理だからこっちに言うてと言い放っていた府会議員もいたくらいだから、ここの村政治の世界では何でもありということなのだろう。

いずれ大きな問題となるだろうが、議員の皆さんは、こんなバカな条例を悪用した職員採用をボヤーっとしたまま、議決で通してしまったら、後で大恥掻きますよ!!  まあそれにしてもまたまたとんでも無い悪知恵を出してきたものであるが、議員たちはこのバカ条例での採用方法を質問するのではなく、どの要件で、何の職種に採用するのかを問うべきであると思うが・・・。


本会議が始まれば始まったで、市長側や理事者側(部長職の幹部たち)と向かい合って座る議員たちの休憩時間の議場の様子を見ていると、これから議会での戦い(論戦)が始まるというのに、お互い向き合って、再開の直前まで雑談や笑い、中には冗談のかけ合いまでしている議員もいるから驚きである。柏原市の財政は破綻状態にあるというのに、議会には緊迫感など微塵も感じられない。

おそらく質疑も答弁も、事前の擦り合わせができているから何の緊張感もないのだろうが、ほんとに聞いているだけで反吐が出るような気分になってしまう。サンヒル柏原や市立柏原病院の大赤字に対する質疑や質問は、毎年の恒例行事となってしまっており、この案件では市も議会も無能を晒していることを、当の本人たちはまったく気付いていないのだろう。

そんな中で市側は、まるで市民の税金をドブに捨てるかのような思惑絡みの案件を議案として挙げてくるわけだが、これに対して議員たちは何の抵抗も無く、ただ議事日程に沿ってどんな案件でも承認してしまうのである。もちろんほんの一握りの議員が異議を述べても、あとのロクでもない御用議員が多過ぎるから、いつも腐蝕の市政とデタラメ行政がまかり通ってしまう。

市政や議会がどんなに無能で体たらくであっても、市民は無関心、納めた税金を喰い潰されても無関心、そして村しがらみにまみれた市政は、市長の選挙目当ての施策やまるで治外法権のような利権絡みの行政運営に走り、一方の議員たちも選挙目当ての自己保身に走るため、市長側と一体となって悪政を支える行政協力委員(区長職を兼ねる114名の区長)制度に逆らえず、市政は、まさに市民を忘れた悪党一派のやりたい放題の状況にあるようである。

腐蝕の柏原城で現状維持という安住の牢獄に籠る者たちの病は、もはや完治不能の域に達しているのかも知れない!!!
by rebirth-jp | 2014-03-18 19:05 | O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会 | Comments(0)
ようやく噓吐き市長を証人喚問!! その片棒を担いだ副市長を参考人招致の決定をした百条委員会/この間1年…
…という期間は、証人喚問の決定としてはあまりにも遅すぎた!? そして吉田茂治副市長も参考人招致ではなく、証人喚問をすべきであったのでは!?

そうすればこの案件はとっくに解決し、いままたあの疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に、疑惑隠しの施設「自然体験型学習施設」を建設しようという企みも出なかったはずである。そして青少年教育キャンプ場も犠牲(廃止)にはならなかったはずである。・・・議会は全てが後手後手になってしまっているようである!!!


タイトルの二人は百条委員会が議会に設置されてから、丸々1年間、疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題に関して訳のわからん答弁を繰り返してきた人物である。

で、噓吐き市長は追われるように市政を去ったが、まだその院政は続き、片棒を担いだ副市長が今も、噓吐き市長の禅譲により大阪維新の会から生まれた中野隆司市長(大阪維新の会:前府議)を横で支えているという、なんとも気持ちの悪い歪な形のまま腐蝕の市政とデタラメ行政が続くこの「まち」の政治は、だれが考えても異様であるとしか思われない。
b0253941_18618.jpg

(その28)
竜田古道の里山公園問題の裏に潜む大疑獄事件の真相を暴く!!!//竜田古道の里山公園調査特別委員会会議録から百条案件を検証する。

百条委員会会議録//平成25年5月29日(13回目開催分) の全5頁を掲載

それにしても疑惑まみれの百条案件の首謀者の一人でもある吉田茂治副市長が、いまだに何の責任も問われず、しかもいけしゃーしゃーと副市長の座に座り続けているという柏原市政は、やはり狂っているとしか言えないだろう。

本来であれば誰が考えても、あの大阪維新の会から生まれたのが真の維新市長であれば、その市政運営のスタートとともに、疑惑まみれの案件に関与していると思われる副市長をイの一番に切ることから始めると思っていたであろう・・・。残念ながら見事にその期待は裏切られた。それにして大阪維新の会の正体とは所詮こんなものなのか!?  これでは市民のだれもが、いずれこの維新の会を見捨ててしまうだろう。
b0253941_11535267.jpg

b0253941_11573477.jpg

b0253941_124630.jpg

b0253941_1283155.jpg

b0253941_12134758.jpg

b0253941_12194868.jpg

b0253941_12241914.jpg

b0253941_12521649.jpg

b0253941_12535719.jpg

by rebirth-jp | 2014-03-16 01:08 | ◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1) | Comments(0)
疑惑まみれの百条案件、議会も隠蔽に協力か!? //よくもまあここまで腐ってくれたものである!!!
…これではまさに税金泥棒かと言われても仕方があるまい!? それにしてもあの噓吐き市長に騙され痛い目に遭った議員たちは、まだその問題が解決もしていないのに、またまた同じ場所で、そして同じ手法で、悪党たちの企みを受け入れよういうのか!? ほんとうに救いようのない議会である!!!

そしてとっくに財政に行き詰まっている柏原市政の現状を訴え、近隣市との合併願望を言い出す議員まで出てきてしまった。ベテラン議員がそういう言質を本会議で口に出すということは、そういう計画が水面下で進んでいるのかも知れない。

悪党一派は、まさかその合併実現までに柏原市の財政を喰い潰してしまおうと思っているのではあるまいが、あの噓吐き市長やその禅譲で生れた現市政が進める、あまりにも無計画でデタラメな行政運営を見る限り、巷でそういう噂が広がるのも仕方がないことなのかも知れない。

(その16)
嘘吐き市長とその片棒を担いだ首謀者たちの百条案件疑惑隠しの議会が首尾よく進行中!!//平成26年第1回柏原市議会定例会・本会議の舞台で露わになった「柏原市青少年教育キャンプ場」廃止の理由と新たな施設「自然体験型学習施設(疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に設置するという)」建設の狙いがはっきりと視えて来た!!!
b0253941_0393828.jpg

今回の定例会で、議会が中野市政と一体となって百条案件の疑惑隠しに協力をしている疑いが出て来た!? 明らかに悪党一派の疑惑隠しと思われる企み(自然学習型学習施設を疑惑まみれの竜田古道の里山公園に建設するという案件)に対して、きっぱりと反対の意見を述べる議員は一部の党だけで、ほかにまったく意見の声を挙げないのが、極めて不自然な形となっている。

おそらく本会議直前に招集された全員協議会で、疑惑に蓋をしたい市長側に丸め込まれてしまったのであろうが、疑惑まみれの竜田古道の里山公園に、またまたあの噓吐き市長を倣ったほとんど同じ手法で自然体験型学習施設を建設しようという悪党一派の企みを、これもまたまた何の抵抗も出来ずに受け入れてしまう議会は、いったいこの先、どこまで堕ちていくのだろうか。(ちなみに全員協議会は法的には何の根拠もなく、そこでの決定事項に有効性は無い。)

誰も行かない疑惑まみれの山の公園にまたまた市民の血税を注ぎ込むという・・・。よほど隠し財産、あるいは埋蔵金でも隠しているのか・・・、そんなことは決してあるまいに、悪党たちの疑惑隠しに、市民の血税をドブに捨てるがごとく、ほとんど誰も行かない疑惑まみれの山の公園に投入して喰い潰す!! これまで嫌と言うほど疑惑まみれの竜田古道の里山公園で市民を痛い目に遭わせているのに、本当に懲りない面々である。

(と言えば、補助金を使うと言うのだろうが、そんなものはとっ掛かりの導入だけで、あとは全てが市民の負担となるのである。これも全ては市民の無関心で成せる技か!? 市政に無関心はやはり大きな罪であると言わざるを得ない。)

・・・傍聴の時間がもったいないのはどうでもいいが、市民の貴重な血税が、腐蝕の市政やデタラメ行政、そして機能をしない議会(市民のために仕事をしている極一部の議員は除くが)や、行政協力委員制度(区長会114名が兼務)を中心としたお手盛りの委員会や協議会、ほか諸々の利権者や団体に喰い潰されていくばかりで、ますますこの「まち」は、底無しの腐敗政治の「まち」へ堕ちているようである。

いったい誰がこんな発展のない「まち」にしてしまったのか!?  毎年毎年、市立柏原病院の大赤字の現状が議会に出てくるが、質疑と答弁も毎年の恒例行事のように同じ内容の繰り返しである。税金を喰い潰す事ばかり考えている腐蝕の柏原城に、まったく反省の言葉は出てこない

市政に無関心の「まち」!! //腐蝕の市政やデタラメ行政(職員たち)、そして市民を忘れて自己保身しか考えていない御用議員たち、報酬と補助金漬けの行政協力委員制度や市長お手盛りの委員会・協議会、ほか市長にすり寄る村の顔役たちや利権者たちにとっては、まさに腐蝕の柏原城は居心地の良い天国なのだろう!! 

タイトルの隠ぺい工作については、検証の後、ブログの別頁に公開をする予定である。
by rebirth-jp | 2014-03-15 00:45 | O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会 | Comments(3)
なんかおかしいぞ!! 市の顧問弁護士が言っているから…、市長の公印が押してあるから…//市長側の答弁で
…よく出る言い訳!?

ほかにも市長の答弁には重大発言があったが、のちの検証の対象として別ページで取り上げたい。

幻想!!//弁護士は100%勝つ(正しい)わけではない。単純に1万件の訴訟事件があれば、5千人の弁護士は勝つが、5千人の弁護士は負けることになる。司法村の世界では必ず正義が勝つわけではなく、悪が勝つこともある。また弁護士に相談しても全てが正しいわけではなく、最後は行政トップの判断である。だから間違えば責任をとらなければならない。

(その15)
嘘吐き市長とその片棒を担いだ首謀者たちの百条案件疑惑隠しの議会は現在開会中//平成26年第1回柏原市議会定例会本会議で御用議員の姿が露わになる!!! 

すっぽり市長におもねる質疑で、まるで「あなたは議会に就職をした新人の市職員か!?」と見紛うような新人議員の質疑の内容にはあきれるばかりであるが・・・、これでは決して新しい風は吹かないだろう。

一方、すっかり少数派となってしまった感があるが、市民のために仕事をしている議員も頑張ってくれており、そういう議員の質疑や質問が傍聴者の怒りを静めてくれるのが救いである。議員の皆様、頑張っておかしな市政を正しましょう
b0253941_0394221.jpg

現在、平成26年第1回柏原市議会が開催中であるが、その中で、今日も中野隆司市長の答弁の中で出できた発言であるが、市側が答弁する発言の中にいつも出てくる特徴があるのが面白い。おかしい!!!

「その案件は市の顧問弁護士に相談したらこうこう言っている。」「覚書、協定書には公印が押してあるから有効であると認めざるをえない。」・・・、だから、今、大きな問題となっているあの噓吐き市長が勝手に交わした覚書での土地の無償譲渡(竜田古道の里山公園の土地)は有効になるから、名義を変えざるを得ないとでも言いたいのだろうか。

私見ではあるが市長が答弁をするとしたら、「顧問弁護士に相談したらこうこう言っていたが、それは行政の立場から見れば解釈がまちがっているから、私は行政のトップとして弁護士の解釈とは違う判断をした。」あるいは「顧問弁護士に相談したらこうこう助言してくれたので、行政側としてもその解釈に納得ができたので、私は行政のトップとしてその解釈を採りいれ判断をした。」と答弁をすべきであり、そもそも議会の答弁を弁護士の判断に任せること自体が、行政のトップとしては適格性に欠けると言ってもいいだろう。責任を弁護士に預けるような逃げ答弁をしていては見苦しいだけである。

ほんとうにおかしな人たちである。市の顧問弁護士が市側の都合で考える一つの解釈を、それが全て正しいと思っていれば大間違いである。反対の立場にある弁護士の考え方、まったくの第三者的立場にある弁護士に、ちゃんと経緯を説明して尋ねれば、果たして同じ答えが返ってくるのだろうか。

一歩譲って、公印があるからその覚書は有効であると言うのなら、ちゃんとした手続きも取らず、勝手に覚書を交わした張本人は、その公印を押したことで、市の財政や市民の税金を喰い潰すようなことになれば、当然、その張本人は責任を取らなければならなくなる。

一連の百条案件で不透明と疑惑まみれの限りを尽くしたあの噓吐き市長は、当然、その責任を取らなければならないのである。その追及もせず、案件の解決もせず、ただ疑惑まみれの案件に蓋を被せようとするから、事はいつまで経っても納まらないのである。

中野隆司市長の答弁から視えるのは、「確かにあの噓吐き市長がとんでもない間違いをしたことは間違いなく、それをいまさら柏羽藤環境事業組合に、あの誰も行かない公園の維持管理費を出してくれと言っても聞いてもらえないので、いまとなっては覚書の公印が有効であるから、仕方なく土地の名義を柏原市の物として、未来永劫、あの噓吐き市長や当時の市長公室の悪党一派のツケを柏原全市民にかぶってもらうしかない。」

「そのためには今まで在った柏原市青少年教育キャンプ場を廃止して、その替わりの施設『自然体験型学習施設』を例の疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に造るので、そうすれば市民の目をごまかせ、柏原市の施設を維持するために柏原市民の負担を市民の血税の中から引き出すことができるので、何とか議員の皆様には納得して協力してもらいたい。」という思惑だけである。まったくもって市民を無視した、愚弄したふざけた話である。いくら市民が市政に無関心であるからといっても、やっていいことと悪いことがある。いま市政がやろうとしていることは誰が考えてもやってはいけないことである。

3市(柏原市、羽曳野市、藤井寺市)のゴミの最終処分場を引き受け、そして本来3市で負担をすべき跡地公園の維持管理費用も柏原市が単独で引き受け、しまいにはいつダイオキシン問題が発生するかも分からないごみ埋め立ての跡地をわざわざ貰ってしまい、おまけに跡地公園の建設に伴う金の流れは不透明と疑惑まみれのまま、この市政始まって以来とも言っていい大疑獄案件の全てのツケを市民に押し付けて終わりにしようというのであるが、そんな馬鹿な話は、本来、天地がひっくり返っても有り得ないことであるが、それを噓吐き市長の禅譲で引き継ぎ、強引に進めようとしている大阪維新の会:中野隆司市長の市政運営は、このスタートの1年間を見る限り、前市長に続き、またまたとんでもない市長が誕生してしまった思わざるを得ない状況になってきているようである。

中野市長! あなた方は間違っていますよ!! 疑惑に蓋を被せる方法を顧問弁護士に相談するのではなく、如何にしたら現在の柏原市単独負担の維持管理費を、本来あるべき姿の3市負担に持っていくことができるかを顧問弁護士に相談するのが筋でしょう。噓吐き市長を庇い、疑惑を隠し、またまたあの噓吐き市長の手法を倣って疑惑隠しのあらたな施設を造ろうとするから、誰が考えてもとんでもない方向に進んでしまうのではないですか?

またこれは余談であるが、世間では、あぶないこと、悪いことをやっても捕まらないようにはどうすればいいかを法的専門家の弁護士に相談する輩もいるが、普通、行政機関の側が、たまたま失策や民事責任を負うようなことがあって顧問弁護士に相談をすることがあっても、端からあぶないことや悪事の企みを進めるために、うまく事をはこぶにはどうしたらいいかなどと顧問の弁護士に相談することはないはずである。

裏を返せば、柏原市がしょっちゅう、事の後処理の相談を弁護士に相談しているのなら、それは自らの過ちや悪だくみを自ら認めていることになり、やはり市長の側が「その案件は顧問弁護士に相談したらこうこうであった・・・」などと言い訳をすればするほど、そこには市側がおかしなことをやっているんだなと思われても仕方があるまい。

話を元に戻すが・・・、大阪維新の会:中野市長さん、大阪維新の会の政治理念はどこに行きました?? せっかくの市政に名を残すチャンスが目の前にゴロゴロ転がっているのに、その機会を棒に振るのですか?? もったいない話です。いくらでも市民のために仕事ができるのに。選挙基盤の行政協力委員制度のためにいくら仕事をしても、決して市民のためにはなりませんよ!! こんな制度はぶっ潰す!! それが大阪維新の会の政治スタイルだと思いますがね。実に残念です!!!
by rebirth-jp | 2014-03-12 01:00 | O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会 | Comments(0)
柏原市政は不透明とデタラメ行政そして疑惑の宝庫!!//議会や監査委員は噓吐き市長ら悪党一派に
…ただおもねるだけの御用機関か!?

嘘吐き市長の禅譲で生まれてしまった大阪維新の会:中野隆司市長の市政運営は課題が山積み!!!//この1年間、市民のための改革度はゼロ!!??

疑惑まみれの百条案件は委員会の調査が進めば進むほど何が真実かまったく視えなくなってきている。あの噓吐き市長には証人喚問を逃げられ全てのツケを市民に負わせてしまった議会、そして疑惑隠しに奔走する現中野市長や噓吐き市長一派の吉田茂治副市長らの責任は計り知れなく大きい!!

O 不透明行政と疑惑まみれの案件が渦巻く柏原市役所/大阪維新の会:中野隆司市長
b0253941_13383550.jpg

(その27)
竜田古道の里山公園問題の裏に潜む大疑獄事件の真相を暴く!!!//竜田古道の里山公園調査特別委員会会議録から百条案件を検証する。

O 百条委員会会議録//平成25年5月20日(12回目開催分) の全18頁を掲載

百条委員会の委員(議員)たちが、噓吐き市長が進めた百条案件のあまりのデタラメさに腰を抜かしそうになりながら議論を進めている様子がよくわかるが、前政権の何が真実で、何が嘘であったか…、いまや前政権の全てを疑わざるを得ないような状況になってきているようである。これでは市民に百条案件の真実が分からないのは当たり前である。

O 竜田古道の里山公園調査特別委員会メンバーの議員たち
b0253941_12461656.jpg

b0253941_12484849.jpg

この百条案件、竜田古道の里山公園調査特別委員会メンバーの議員たちは、市民の誰よりも、職員たちのだれよりも、あの嘘吐き市長ら悪党一派の企みを知っている(はずの)人物たちである。

一方、我々市民・有権者の側は、あの嘘吐き市長ら悪党一派が、疑惑まみれの竜田古道の里山公園建設に絡んで、いったい何をしていたのか、どんな悪事を働いていたのかを、議員たちからも、中野市長からもほとんど知らされておらず、またあの不便な山のごみ埋め立て地跡地の公園などには、ほとんど誰も行かないから、この山に、未来永劫、相当な額の柏原市民の税金が消えていくことを実感として受け止めれていないようである。

本来、3市(羽曳野市、藤井寺市、柏原市)で、ごみ最終処分場跡地の維持管理費用を負担していくべきところを、何の思惑からか、あの嘘吐き市長ら悪党一派が、勝手に、柏原市民単独の負担にさせてしまったわけであるが、結局、百条委員会が、その経緯の調査を途中で投げ出してしまったことから、その真実はいまだに解明されていない。

案件は最初から最後まで疑惑まみれであるが、そんなところにあの悪党一派は、この疑惑隠しのために青少年教育キャンプ場を廃止させ、その代案を名目に、案の定、疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に新たな施設となる「自然体験型学習施設」を建設して、強引に疑惑に蓋を被せようとしているわけである。

こういう悪党一派の企みを知りながら、若し上記の百条委員会メンバーの議員たちが、今回の議会で、先の百条案件の解決が無いまま、決して市民のためではない悪党一派の疑惑隠しのために、その企みを許してしまうのであれば、この議員たちに市民の代表者たる資格は無く、単に議会に就職をした御用議員たちと断定してもいいだろう。(市民・有権者の側は、次の選挙では、こういうロクでもない議員たちを、決して当選させてはいけない。)

嘘吐き市長やその禅譲で生まれた中野市長の後押しで当選してしまった新人議員たち(新風かしわら)は端から嘘吐き市長らの御用議員であろうし、中にはこの嘘吐き市長らを支える側の仕組みとなってしまった、悪制度の筆頭格とも言われる「行政協力委員制度(行政協力委員兼務の区長114名で構成する区長会)」から生まれた議員もおり、こういう議員には何の期待もできないが、せめて百条委員会のメンバーとして百条案件の調査に当たった議員の皆様には、議員としての理念、そして人としての尊厳を忘れず、まずは柏原市民の単独負担の解消に取り組んでいただきたいものである。

この案件は、決して、各党派の政策がらみで取り引きをするような案件ではなく、議員の皆様は、自身の目で、自身の政治活動の姿を天から眺めていただければ、いま何をすべきかが自ずと分かるはずである!!!
b0253941_2362823.jpg

b0253941_12561464.jpg

b0253941_130118.jpg

b0253941_134420.jpg

b0253941_1363554.jpg

b0253941_1393694.jpg

b0253941_13123517.jpg

b0253941_1316924.jpg

b0253941_13182773.jpg

b0253941_13212946.jpg

b0253941_13254875.jpg

b0253941_16462669.jpg

b0253941_1651596.jpg

b0253941_1724383.jpg

b0253941_175446.jpg

b0253941_1781070.jpg

b0253941_17105164.jpg

b0253941_17155463.jpg

b0253941_17203610.jpg

b0253941_1729521.jpg

b0253941_1732398.jpg

b0253941_9525095.jpg

b0253941_1082676.jpg

b0253941_10114060.jpg

b0253941_1014123.jpg

b0253941_10253134.jpg

b0253941_10301155.jpg

b0253941_10341247.jpg

b0253941_1038273.jpg

b0253941_10421895.jpg

b0253941_1046140.jpg

b0253941_10484944.jpg

b0253941_1055735.jpg
b0253941_1059723.jpg

by rebirth-jp | 2014-03-07 23:08 | ◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1) | Comments(0)
百条委員会は最低限こうやって〆 後は市長に責任を預ければ格好が付いたはず…//独立機関であるべき
・・・柏原市議会は、まさか腐蝕の柏原市政とデタラメ行政を進める中野市政と一体ではあるまいな!?

O 柏原市議会議場
b0253941_0185961.jpg

(その14)
嘘吐き市長とその片棒を担いだ首謀者たちの百条案件疑惑隠しの議会は間もなく本会議!!//平成26年第1回柏原市議会定例会・本会議の舞台で、噓吐き市長一派の御用議員たちと、まったく機能をしない体たらくの議会の姿が露わになる!?
b0253941_0241836.jpg

上記の記事は、吹田市議会が立ち上げた百条委員会が調査を終了させるにあたって、その総括の調査報告書で、市長に「損害額を市に賠償する責任がある。」との結論を全会一致で可決し、あとは市長自身の判断と対応に、その責任をぶつけて、百条委員会を解散させた事例である。

もちろん市長はこの議会の議決をすんなりと受け入れ、賠償額の返金に応じることはないだろうが、少なくとも、最低限、ここまでやるのが、議会(百条委員会・議員たち)の仕事であろう。

これを我が「まち」柏原市議会に設置された百条委員会の仕事ぶりと比較してみると、なんと我が「まち」の百条委員会は、昨年の7月に調査を中途半端に終わらせ、およそ1年間にわたった調査結果の総括の調査報告書を、いまだにまとめ切れていないのである。

これでは1年間、百条委員会は遊んでいたのかと言われても仕方がないだろう。百条案件の調査を始めから放棄していた議員も含め、柏原市議会は、市長やあの悪しき制度の行政協力委員制度にはおもねても、市民のためにはまったく仕事をしていないようである。

それどころか、まだ何も解決をしていない疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に、誰が考えても分かる疑惑隠しの新たな施設を設置しようと企む、あの噓吐き市長ら悪党一派のとんでもない「策」を受け入れようとしているのである。

この悪党一派の企みのために、長年、市民に親しまれて来た「青少年教育キャンプ場」を閉鎖されても無抵抗、疑惑まみれの百乗案件のまとめもできない、あの噓吐き市長ら悪党一派の責任も追及できない、そしてまたまた疑惑隠しの施設建設にも無抵抗・・・、

いったいこの「まち」の議員たちは、定例会の開催期間を外した毎期の2ヶ月あまりの期間をどのように使っているのだろうか?  以前、この会期の期間以外の意味も分からず、議員の給料が高いから減額をすべきと息巻いていた議員がいたが、そういう議員は全くこの期間を遊んで過ごしているから、そんなバカな発言が出てくるのだろうが、議員の仕事はこの定例会開会期間以外の期間こそが、本来の仕事をする期間であるはずである。

市長側が出す議案に対する質疑や、自身の質問案件などに備えて、その資料集めや調査のために関係の部署や関係の機関、そして関係する現場を走り回り、それこそ足を使って、汗を流して・・・、本当に青少年教育キャンプ場の廃止は適切か、これは疑惑隠しの悪党一派の企みではないのかと調査・検証をして、党・会派としての、あるいは議員個人としての意見を市長の側にぶつけ、キャンプ場条例の改廃についての議会の議決で結論を出す…、それが議員の本来の仕事であろう。おそらくいくら時間があっても足りないほど忙しいはずである。

これを柏原市の現状で語れば、あの噓吐き市長ら悪党一派は、日夜、一連の悪だくみを練っているはずであり、それに対して一方の議員たちが、日夜、呑気に過ごしておれば、誰が考えても、この悪党一派にいいように操られてしまうのは当たり前である。

また議員の質疑や質問の内容を聞いていると、よく「市民がこう言っていたとか、市の担当部署の説明によると・・・、」などと、話を切り出すだけで、あとは市側の説明を聞いてそれに対する感想や要望で終わっているが、これなどは、「市民がこう言っていた」と言うなら、その確証を取るために自分で足を運び、調査をするなり、資料を集めるなどして、その上での実体験として質疑・質問を突き付ければ、決して、ただ紙を読むような意見発表会や、ただの要望でまとめで終わることはないはずである。

特に、あの市政始まって以来というような噓吐き市長ら悪党一派の疑惑まみれの案件などは、議員たちにとっては、自身らの仕事ぶりを市民に見てもらう絶好の機会であったにもかかわらず、いまだに有耶無耶のまま・・・、と言うか、いまでは議会の側も一体となって、この疑惑に蓋を被せ、市民の側に全てのツケを回そうとしている感しか視えてこない。

一般市民が市政に無関心であるからこんな無様な議会が延々と続いているのであろうが、それにしても柏原市政の腐蝕やデタラメ行政、そして議会の体たらくぶりには、ただただあきれるばかりで、まさに開いた口は塞がらないまま、開きっぱなしという状況である。
by rebirth-jp | 2014-03-06 00:28 | O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会 | Comments(0)
盗人猛々しいとはまさにこういうことを言うのであろう!! //市民の無関心をよそに腐蝕柏原城の腐敗政治は
・・・無能極まる議会と、悪しきしがらみにまみれた村仕組みの行政協力委員制度(行政協力委員兼務の114名の区長会)を基盤にしながら、もはや救いようのない域へと達してしまった(とっくの昔から達してしまっている?)ようである。

O 柏原市議会議場
b0253941_1137367.jpg

(その13)
嘘吐き市長とその片棒を担いだ首謀者たちの百条案件疑惑隠しの定例会は間もなく本会議!!//平成26年第1回柏原市議会定例会・本会議の舞台で、大阪維新の会:中野隆司市長の市政運営方針の演説が行われたが・・・

その目玉は百条案件疑惑隠しの『自然体験学習施設』の建設案だけで、最優先課題の行財政改革も無し、役所の組織改革も無し、一番大事な市民への情報公開への取り組みも無し、相変わらずの不透明行政と疑惑にまみれた市政の運営は、完全にあの噓吐き市長の禅譲を受け、さらに性質の悪い仕組みを作り上げようとしているようである。

今回は、百条案件の疑惑に蓋を被せることを目的とした大阪維新の会:中野隆司市長の市政運営方針演説に至るまでの流れを、先ブログに続き、もう少し詳しく整理をしてみたい。

以下は、噓吐き市長ら悪党一派が、百条案件疑惑隠しための『自然体験型学習施設』をあの疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に設置することを企み、今回、中野市長がその案を市政運営方針演説の中に盛り込むまでの流れを、これまでの資料の中から拾ったものである。

1 市側が、突然、青少年教育キャンプ場廃止案件を議案に挙げた『平成25年12月の第4回定例会』
O 青少年教育キャンプ場廃止の議案
b0253941_11482342.jpg

2 今回の定例会に先がけて、昨年末の平成25年12月の第4回定例会で、市長側から突然、議案として出された「青少年教育キャンプ場の廃止」に対して質疑をした議員たち //どの議員がただのサクラで嘘吐き市長派悪党一派の単なる御用議員か、どの議員が真に反対をしているかは議会の配信画像で明確になっているが、まもなく公開の議会議事録でも公開されるはずである。

そもそも条例の改廃は議会の議決事項であり、まず議員たちがやることはこんな疑惑隠しの条例廃止案をただ無抵抗に受け入れることではなく、徹底的に議論し、そこで嘘吐き市長派の企みなどを検証すれば、馬鹿でも悪党一派の狙いが分かるはずであり、今の無様な議会の姿にはなっていないだろう。議員たちにはいい加減、目を覚ましてもらいたいものである。

◆山口ゆか議員(新風かしわら)
b0253941_11515370.jpg

◆中村保治議員(公明党)
b0253941_11561743.jpg

◆田中秀昭議員(無会派)
b0253941_1201528.jpg

◆山下亜緯子議員(無会派)
b0253941_1158294.jpg

◇橋本満夫議員(共産党)
b0253941_122779.jpg

3 議会の知らないところで、市が、地元の行政協力員(区長)ら役員たちに、廃止した青少年教員キャンプ場の替わりに、竜田古道の里山公園内に『自然体験型学習施設』を建設するという説明会を実施する。
O 日時は、下記「全員協議会」の2、3日前と思われる。

4 「全員協議会」の招集  
案件は、下記の2件である。
O 竜田古道の里山公園内に、自然体験型学習施設を設置する案件
O 竜田古道の里山公園の土地の登記名義人を柏原市に変える案件   
 (★★この案件こそが疑惑まみれの百条案件の対象となったものであり、これを何の解決もしないまま、新たな施設で疑惑に蓋を被せようというのである。)

5 中野市長の市政運営方針演説の中で、『自然体験型学習施設』の設置案が顔を表に出す。
O 中野市長の『平成26年度・市政運営方針』
b0253941_11434775.jpg

O 『自然体験型学習施設』の設置の方針を述べた部分を抜粋
b0253941_1146433.jpg

6 ★既に補助金を申請しているという『自然体験型学習施設』の設置場所//ただし補助金支出の決定時期は年度替わりのころになる(補助金の額は小さい)。

なお、この大阪府が実施する宝くじ社会貢献広報市町村補助金の金支出先「大阪府市町村課振興分権クループ」には、申請書の提出前の初段階として、とりあえずの計画書が提出されているだけであることが分かっていることから、この流れの形を作って、簡単に騙せる議会側に、さも計画は既成の事実として出来上がっていることを全員協議会で説明し、あとの本会議で承認させるという狙いなのだろう。

O 疑惑隠しの自然体験型学習施設の設置場所
b0253941_12114174.jpg

 O 疑惑まみれの竜田古道の里山公園(ごみ最終処分場跡地)の地形図
b0253941_12224986.jpg


この流れをもって中野市長は、この案件を市政運営方針の中に盛り込み、一方では補助金申請などによる具体的な構想を、コソコソと企てていたわけであるが、いかにあわてて百条案件の疑惑隠しのために『青少年教育キャンプ場』を廃止し、その替わりとしてあの疑惑まみれの『竜田古道の里山公園内』に場所を移し、今度は新たな施設となる『自然体験型学習施設』を設置しようとしていることが、国庫補助金で建設した竜田古道の里山公園の設計図などをそのまま利用していることなどから容易に視えてくる。

こうしてまたもや議会は無視され、あの疑惑まみれの竜田古道の里山公園に、更なる疑惑隠しの新たな施設を建設しようという企みを進められてしまったわけであるが、これらの流れを見る限り、今回もまたあの噓吐き市長ら一派の悪党集団が、政組織や議会を共謀者に巻き込みながら、それこそ行政組織が一体となってこの悪事を進めるという、まさに狂った市政をまっしぐらに突き進んでいるといっても過言ではないだろう。
    
上記3の質疑内容の議事配信画像を視聴すれば、誰がサクラの御用議員であるか、どの議員が真に反対をしているかが容易に分かるが、おそらく市長側と事前の摺り合わせをした何人かの御用議員たちは、あとの新たな施設設置へ流れを持っていくための質疑をしたのであろう。質疑の印象はキャンプ場の廃止に反対をするわけではなく、廃止の代案となる新たな代替え施設の設置を早々に要望している感しか視えて来ず、真に反対をするという緊迫感なども全く無く、いつも御用議員たちがやる、単なる紙の朗読会となっていた。

一方の御用議員たちの質疑に答える市長側の答弁も、明らかに事前に打ち合わせをしたであろう摺り合わせの感しかない。のちにこの議員たちの質疑内容は、その全てをブログに公開する予定である。

いずれにしても、大阪維新の会:中野隆司市長は百条案件疑惑隠しの『自然体験学習施設建設』を市政運営方針演説で発表し、いよいよ腐蝕・柏原城の本会議場を舞台に、悪党一派のとんでもない隠ぺい工作が表に顔を出してしまったわけであるが、これは決して冗談や稚拙な筋書きの漫画の世界などの話ではなく、半世紀もの昔から、村しがらみにまみれた腐蝕市政とデタラメ行政が続く、大阪南東部の奈良県との県境に位置するおよそ3分の2が山間部という「まち」を舞台に起こっている、ほんとうの話である。

何故こんなことか有り得るのか不思議でならないが、地域全体の高齢化の中、この「まち」の地域がベットタウンしていることから新興住民の多くは地元の市政に無関心であり、また一方の元々の住民の側は、市長や行政側の思惑で報酬や補助金漬けにされたまさに行政側にとっては使い勝手のよい行政協力委員制度(区長会114名)や、市長お手盛りの何とか委員会、何とか協議会などを、市長や行政側が巧みに利用していることから、いわゆる「お上主義」の意識に染まってしまったこの組織・団体の特に役員メンバーたちや、昔からの村の顔役たちは、市長側の意のままという、何とも救い難い「まち」の村政治の仕組みが出来上がっていることなどが大きな要因となり、いまだに半世紀も昔のままの、しがらみにまみれた村政治が続いてしまっていると思われる。(私見)

そこに17、8名の市議会議員の側も、すっかり現状維持という牢獄(議会)に身を置きながら、この腐蝕市政とデタラメ行政、そして悪しき制度の筆頭格でもある行政協力委員(区長会114名)たちと一体となって、「まち」の政治改革などには絶対に手を付けず、静かに静かに・・・、じっと声をひそめて、市政に無関心の「まち」を好都合に、安住の議員生活を送ってきたというのが、現状の姿となっているのだろう。

議員の皆様は、あの噓吐き市長を百条委員会で追放したこの1、2年の今こそが、最大の「まち」改革のチャンスであり、ここで決してあの噓吐き市長一派の逆襲などに負けることなく、まさに命を掛けて、議員生活を懸けて、頑張っていただきたいものである。

このままでは、市長と兼々役職漬けの職員労働組合、そして報酬・補助金漬けの行政協力委員(兼務の114名の区長/うち数十名の行政協力委員は中野市長の後援会会員である)たちが一体となった腐蝕・柏原城の城内に、市民の税金を喰い潰す悪党一派や役所天国の世界はあっても、一般市民の側や、柏原の「まち」全体には、未来永劫、明るい未来を望むことはできないだろう。

追記~市政、行政、議会、利権等々に関する情報提供等のお願い!!
怒りの告発や情報の提供等をお待ちしております。通報者の秘密は厳守しますのでご安心ください。(最近では柏原市政のデタラメ行政や組織内部の腐蝕の実態に関する怒りの告発などが届くこともあり、いずれそれらの情報については検証の後、このブログに公開をしていく予定です。)
by rebirth-jp | 2014-03-04 12:39 | O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会 | Comments(1)
この2月議会で噓吐き市長ら悪党一派や大阪維新の会:中野市長派の『御用議員』が判明する!!
…とは言っても、既にこの御用議員たちの正体は丸見えの感はあるが、今回の2月議会の市政運営方針で、噓吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しの策として表に顔を出して来た『自然体験型学習施設』の設置に関して、どの党・会派が賛成をするのか、反対をするのか、あるいはどの議員が賛成をし、また反対をするのかで、この御用会派・御用議員の正体がはっきりとするはずである。

O 柏原市議会議場
日本人の心を忘れた市政や御用議員たちを、議場の『日の丸』はどういう想いで眺めているのだろうか・・・。この議場の主役は、市民の代表者であるべき議長以下17人の議員たちと、市民の公僕であるべき市長以下20数名の幹部職員たちである。・・・はずである。
b0253941_1046071.jpg

O 大半が嘘吐き市長ら悪党一派の御用議員となってしまうのか??//17名の議員の顔ぶれ
b0253941_10503960.jpg


2期8年間にわたる疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題(百条案件)は、そのまま中野市政に禅譲され、この案件を検証すればするほど、嘘吐き市長ら悪党一派及び現市政による腐敗政治の全てが視えてくる!!!

(その12)
嘘吐き市長とその片棒を担いだ首謀者たちの百条案件疑惑隠しの議会「平成26年第1回柏原市議会定例会・本会議」の舞台で、噓吐き市長ら悪党一派や噓吐き市長の禅譲で生れてしまった大阪維新の会:中野市長、そして悪しき制度の代表格とも言われる行政協力委員(兼務の区長会)制度におもねる御用会派や御用議員たちの正体が明らかになる!!!

その判断の材料となる案件は、あの噓吐き市長ら悪党一派が企んだ疑惑まみれの百乗案件に蓋を被せるために、長年、市民に親しまれて来た「青少年教育キャンプ場」を犠牲(廃止)にし、その代案として、あの疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に新たな施設となる『自然体験型学習施設』を設置するという案件である。

この誰もが容易に察することができる疑惑隠しの企みに、どの党・会派、どの議員たちが賛成をし、また反対をしてくれるのかで、決して市民のためには仕事をしないであろう御用議員たちの正体が露わになるはずである。

★★★青少年教育キャンプ場を犠牲(閉鎖)にしてまで百乗案件疑惑に蓋を被せたい噓吐き市長ら悪党突破が企む『自然体験型学習施設』の設置案件に賛成をし、この計画を進める中野市長におもね、行政協力委員(区長兼務の114名)たちにおもね、決して市民のためなどに仕事をしない議員たち!?

つまり、市民のための仕事はしない噓吐き市長ら悪党一派の御用議員たちである。
OO議員、OO議員、OO議員、OO議員、OO議員、OO議員、OO議員、OO議員、OO議員、OO議員、OO議員・・・・・

(現時点、OOは定かではない。)


((内、百条委員会のメンバーとしてあの嘘吐き市長ら悪党一派の企みを調査し、十分にその悪事の実態を掌握しながら、それでもあえて市民の側に、この嘘吐き市長らの悪事のツケの全てを負わせようと、上記の疑惑隠しの『策』に賛成をし、
ある意味、市民を裏切り、御用議員に成り下がった党・会派あるいは議員たち!?
OO議員、OO議員、OO議員、OO議員、OO議員・・・
))


☆☆☆疑惑まみれの百乗案件に蓋を被せようとしている噓吐き市長ら悪党一派の企みに反対をし、まずやるべきこと、すなわち、現在、柏原市民の単独負担となっている竜田古道の里山公園の維持管理費を、本来在るべき姿の3市(柏原市、羽曳野市、藤井寺市)運営の柏羽藤環境事業組合の負担に戻すことを訴え、市民のための仕事をしていこうという議員たち!?

すなわち、市民感覚を持った真っ当な考え方で市民のために仕事をしようという議員たちである。
OO議員、OO議員、OO議員、OO議員、OO議員・・・・・

(現時点、OOは定かではない。)


上記OOの穴埋めは、今議会における各党派の議員側の質疑や採決結果などの結果、あるいは疑惑隠しのための新たな施設「自然体験型学習施設」の予算付けなどの案件に対する議員たちの賛成・反対の意思表示次第で、どの会派、どの議員が、あの噓吐き市長ら悪党一派の単なる御用議員であるか否かが分かって来るはずである。 ((議会終了後にOO OOの穴埋めをさせていただく))

本来、こういう手段で我々市民・有権者の代表者である議員の皆様を区分けするべきではないのだろうが、あの噓吐き市長ら悪党一派と悪しき行政協力委員制度、そして上記の御用議員たちが、本市の腐蝕市政やデタラメ行政を支えているという現状を一人でも多くの市民の皆様に知っていただき、そして市民が監視の目を向けることにより、少しでも我が「まち」柏原の腐敗政治が改善されるには、もはやこういう手段を取るしかあるまい。

議員の質を育てるのは、市長でもなく、市長御用の長老議員でもなく、兼々役職漬けされた御用職員組合の職員たちでもなく、報酬と補助金漬けされた行政協力委員(区長兼務の114名)たちでもなく、あくまでも「まち」の私たち、市民の目であることを肝に銘じたい・・・。
by rebirth-jp | 2014-03-02 10:59 | O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
明日、10月13日は、市..
by rebirth-jp at 23:04
議会への就職活動が終わっ..
by いしん at 21:35
この二人だけでなく、今の..
by rebirth-jp at 09:36
議会の新しい会派を見て驚..
by 民主党員 at 15:36
 結局一人の人に掻き回さ..
by 維新 at 19:51
軽い市長ですね……… ..
by 市民 at 06:10
半世紀もの間、この「まち..
by rebirth-jp at 23:24
 行政協力委員はなくなっ..
by 知りたい at 19:41
現時点、柏原市議選挙の候..
by rebirth-jp at 01:23
現在、現職を含め19人の..
by rebirth-jp at 10:08
この人、また出るって聞き..
by 噂ですが at 21:01
おっしゃるとおり、サンヒ..
by rebirth-jp at 23:26
新市長はサンヒル柏原を使..
by 市民 at 17:26
安心してコメント書いてく..
by rebirth-jp at 13:44
(その3) それともう..
by rebirth-jp at 12:30
(その2) ほんとにバ..
by rebirth-jp at 10:24
(その1) そうですね..
by rebirth-jp at 10:23
解説ありがとうございます..
by 市民 at 03:04
(その2) 今回の定例..
by rebirth-jp at 11:47
(その1) 柏原市の「..
by rebirth-jp at 11:46
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル