革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆大阪維新・冨宅正浩/組合腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆平成28年第1回柏原市議会定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇謹賀新年/蛇の生殺し/H25年
◆謹賀新年/午年 H26年
◇謹賀新年/羊年 H27年
◆謹賀新年/酉年 H29年
◆謹賀新年/申年 H28年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
<   2014年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
柏原市の水道料金が一挙に37.6%の値上げ!!//無能・無策の市制運営をまたもや無能・無機能の議会が承認!!!
大阪維新の会・中野市政は柏原市民に負担を押し付けることしか知らないようである!!!

議会もこのとんでもない37.6%値上げを後押し!!!



このままでは無能・無策のデタラメ行政と体たらく・無機能の議会に「まち」が喰い潰される!!!

市民に丁寧な説明もなく、いきなりの37.6%の値上げ!!! いったいこれまで何をしていたんだ、議会は!? いったいいつまでこのとんでもない無為・無策のデタラメ行政を野放しにしようというのか!?

b0253941_19185281.jpg

b0253941_1922628.jpg

b0253941_19265025.jpg

それにしてもよくもまあ呑気に、まるで柏原市職員議会とでも見紛うような「市議会だより」の紙面を作成したものである。まるで無能・無策のデタラメ市政の代わりに、赤字事業と水道料金の大幅値上げを自慢げに宣伝しているだけではないか!!

あなたたち議会(議員)がやることは、無策・無能のデタラメ行政が進める失策(毎年続く赤字事業)や、今回いきなりのとんでもない値上げなどを検証し、何故いまの時期に37.6%もの大幅値上げをするのか、また何故そのような事態になってしまったのか、またこの責任はどこにあるのかなどを追求し、その結果を我々市民・有権者に丁寧に説明をしながら、その打開策を市に働きかけることではないのか??

無為無策の腐蝕市政とデタラメ行政、そしてまったく機能をしない御用議員・就職議員ばかりの議会・・・・・、まずは O 議員の定数を減らし(当方はこれまでむやみな定員削減論者ではなかったが、柏原市議会の現状はあまりにも酷く、市民の側から見ると無駄な議員が多くなっている。)、O 給与の嵩上げとなる職員の兼々役職制度を廃止し、O 無駄な報酬・補助金を打ち切りそしてあの O 悪しき制度の代表格「行政協力委員制度」や、O まるで北ooか、中oかと思ってしまうような総勢114名の行政協力委員とが一体となった地域担当職員制度や、訳のわからない O 何とか委員会とか何とか協議会の制度を廃止するなどし、行政や議会が自ら身を切ることから始めるべきである。

中野市政は任期4年間の内、2年目に入ったわけであるが、おそらくこれからの2年間は利権絡み、村しがらみの利権事業が、市民の無関心を利用してバンバンと進み、市民の税金が喰い潰されていくはずである。そして最後の1年間は市長も議員も選挙の年となるから、市民受けのバラマキ事業が始まることになる。

いずれにしてもますます市の財政は破綻の道へまっしぐらというわけである。いったいどこまで市民を無視し、そしていつまで市民不在のとんでもない馬鹿政治をやろうというのだろうか!? 腐食・柏原城の政治はどこまでも腐っていくようである!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
O 今日の言葉
  原点に戻ったとき見えてくる 真の道
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-04-30 19:37 | O議員たちの通信簿と落選運動 | Comments(2)
議員たちの選挙公約!!/柏原市議会議員・公明党//半世紀前の村政治が続く「まち」は、財政が破綻寸前
・・・に陥っているにもかかわらず、相変らず無能・無策の市制運営が続いているようである。

公明党議員(中村議員、新屋議員、小谷議員)は水道料金37.6%値上げに賛成!!!

b0253941_1051773.jpg
御用議員たちばかりで、無能・無策の市政が進めるデタラメ施策を、ただ承認するだけの機関に成り下がってしまった感のある議会は、果たして市民のための機関と言えるのだろうか!? 議員たちは、いったいだれのために仕事をしているのだろうか。このままでは「まち」の財源が喰い潰されるだけである。

市民のために仕事をしない、仕事ができない議員はさっさと議会から去るべきである。柏原市議会にはそんな議員がゴロゴロとしている!!!

以下、いくつかの事例であるがこれらはほんの一握りの事例であり、一つひとつを挙げていけばおそろしくなる。こんな状況では長老議員が八尾市との合併を口に出すのも納得ができる。いずれにしても大阪維新の会・中野隆司市長が政権を握る柏原市政は、お先真っ暗のようである。

O 大幅赤字経営の市立柏原病院に、今年度も2憶5,000万円の赤字補てんが続く。
O 赤字経営が続くサンヒル柏原のプール補修に2.100万円が支出されるが、ほかにも大きな予算の支出が続いている。
O 下水道料金は市民に丁寧な説明もなく、この10月1日から37.6%の大幅値上げ となる。
O 無計画な土地の借り上げでは、田畑の農地をわざわざ宅地扱いにし、その固定資産税の3.5倍の借り上げ料を、年間1千数百万円単位で地主に支払っている。
O 疑惑まみれの竜田古道の里山公園では、あの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事のために、本来3市で負担するはずの維持管理費が数千万円単位で、未来永劫、柏原市の単独負担となる。
O この疑惑まみれの公園に、今度はわざわざ市長が嘘答弁までして、疑惑隠しのための新たな施設「自然体験型学習施設」を建設し、市民の税金を喰い潰そうと画策をしている。
O ほか給与かさ上げのための兼々役職の付与、市長お手盛りの行政協力委員制度、何とか協議会、何とか委員会に対する日当の支払い等々、まるで湯水のように市民の税金が喰い潰されている。


上記の大幅値上げ(一挙に37.6%の値上げ)となる下水道条例の一部改正に賛成をし、賛成の意見を議会で主張しているのは「柏原かがやきの会」の中野広也議員であるが、この条例改正が採決されてしまったということは議員の過半数以上がこの水道料金の値上げに賛成をしていることになる。

O 柏原市議会だよりに掲載された下記表を参照されたい。
なぜ堂々と賛否に対しての名前を出さない!?
b0253941_1016033.jpg
なんでもかんでも市政の失策のツケを市民に押し付けようという、このとんでもない水道料金の値上げに賛成をした会派は、「柏原かがやきの会の3議員(議長は除く)」「公明党の3議員」「新風かしわらの3議員」「市政クラブの2議員」「会派に属さない議員は3名中二人」である。

ちなみにこの値上げに反対の討論を主張したのは、共産党2名を代表した橋本議員である。

《《公明党議員が、9ヵ月前の選挙時に挙げた公約 》》
O 公明党・中村 保治議員
b0253941_10281868.jpg
O 公明党・新屋 広子議員
b0253941_10312614.jpg
O 公明党・小谷 直哉 議員
b0253941_10351557.jpg
御三方の選挙公約のほとんどが同じ形と内容となっており、何とも人間味の無い異様なものに見えるが、これでは議員個人に対する期待は、一切、持てそうもない気がする。なおこの公明党議員が、例の北OOか、中Oかと思ってしまう「まち」の支配体制とも言える行政協力委員制度と一体となった「地域担当職員制度」の活動を、熱心に後押している言動が何とも薄気味悪いのは思い過ごしだろうか。

それともこうして行政協力委員などの役職に就く党員を増やして、少しでも選挙基盤を拡大しようという方針なのだろうか。あくまでも私見ではあるが。

それにしても財政破綻寸前の「まち」の状況と、議員たちの選挙公約とがまったく結びつかないことが、何ともこの「まち」の議会の体たらくな「様」を現わしているということが視えてきてしまうが、残念ながら、これが我が「まち」柏原市の議会の現状である。


by rebirth-jp | 2014-04-30 10:39 | O公明党議員・公約・ほか議事録
議員たちの選挙公約!!/柏原市議会議員・柏原かがやきの会(自民党)//半世紀前の村政治が続く「まち」
は、財政が破綻寸前に陥っているにもかかわらず、相変らず無能・無策の市制運営が続いているようである。

自民党:柏原かがやきの会・中野広也議員が、水道料金37.6%の大幅値上げに賛成の意見を、議会で演説!!!


御用議員たちばかりで、無能・無策の市政が進めるデタラメ施策を、ただ承認するだけの機関に成り下がってしまった感のある議会は、果たして市民のための機関と言えるのだろうか!? 議員たちは、いったいだれのために仕事をしているのだろうか。これでは「まち」の財源が喰い潰されるだけである。
b0253941_1720461.jpg

以下、いくつかの事例であるがこれらはほんの一握りの事例であり、一つひとつを挙げていけばおそろしくなる。こんな状況では長老議員が八尾市との合併を口に出すのも納得ができる。いずれにしても大阪維新の会・中野隆司市長が政権を握る柏原市政は、お先真っ暗のようである。
O 大幅赤字経営の市立柏原病院に、今年度も2憶5,000万円の赤字補てんが続く。
O 赤字経営が続くサンヒル柏原のプール補修に2.100万円が支出されるが、ほかにも大きな予算の支出が続いている。
O 下水道料金は市民に丁寧な説明もなく、この10月1日から37.6%の大幅値上げ となる。
O 無計画な土地の借り上げでは、田畑の農地をわざわざ宅地扱いにし、その固定資産税の3.5倍の借り上げ料を、年間1千数百万円単位で地主に支払っている。
O 疑惑まみれの竜田古道の里山公園では、あの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事のために、本来3市で負担するはずの維持管理費が数千万円単位で、未来永劫、柏原市の単独負担となる。
O ほか市長お手盛りの行政協力委員制度、何とか協議会、何とか委員会に、数千万単位の報酬・補助金が喰い潰されていく。


上記の大幅値上げ(一挙に37.6%の値上げ)となる下水道条例の一部改正に賛成をし、賛成の意見を議会で主張しているのは「柏原かがやきの会」の中野広也議員であるが、この条例改正が採決されてしまったということは議員の過半数以上がこの水道料金の値上げに賛成をしていることになる。

なんでもかんでも市政の失策のツケを市民に押し付けようという、このとんでもない水道料金の値上げに賛成をした会派は、「柏原かがやきの会の3議員(議長は除く)」、「公明党の3議員」、「新風かしわらの3議員」、「市政クラブの2議員」、「会派に属さない議員は3名については?」である。

ちなみにこの値上げに反対の討論を主張したのは、共産党2名を代表した橋本議員である。

《《 柏原かがやきの会・自民党議員が、9ヵ月前の選挙時に挙げた公約 》》
O 柏原かがやきの会・乾 一 議員
b0253941_1730764.jpg

O 柏原かがやきの会・大坪 教孝 議員
b0253941_17333674.jpg

O 柏原かがやきの会・奥山 渉 議員
b0253941_1737429.jpg

O 柏原かがやきの会・中野 広也 議員
b0253941_17422751.jpg

それにしても財政破綻寸前の「まち」の状況と、議員たちの選挙公約とがまったく結びつかないことが、何ともこの「まち」の議会の体たらくな「様」を現わしていると言えるのだろうが、残念ながら、これが我が「まち」柏原市の腐蝕市政と議会の現状である。
by rebirth-jp | 2014-04-29 17:52 | O柏原かがやきの会公約・議事録 | Comments(0)
大阪府柏原市議会の隠ぺい体質を公開!!//議会が百条委員会会議録を一般公開したくない理由とは!?
(その1)
柏原市議会の隠ぺい体質

議会は何のために存在するのか? この「まち」の政治が半世紀も昔のままの村政治から脱皮できずにまったく成長していないのは、議会がまったく機能をしていないからであろう。いわばこの「まち」で延々と続いている腐蝕市政とデタラメ行政の共犯者と言われても仕方があるまい。

議会は、御用議員、無能議員たちが、議会ごっこをして遊ぶ場所ではない!! 議員たちは、議会は何のためにあるのか、誰のためあるのか、今一度、初心にかえり、「まち」のために、市民のために真面目に仕事をしてほしいものである。(この「まち」の議会には、2回目の百条委員会を立ち上げる材料がゴロゴロ転がっているのだから。)

それにしてもこの「まち」の行政トップが大阪維新の会・市長であることには、ただただ驚き、その市政運営には疑問を持つばかりである。この1年間の中野市政を見る限り、あの嘘吐き市長が進めた腐蝕市政とデタラメ行政の禅譲政治を進めているだけで、まったく維新の「イ」も無いではないか!! まさかこれが大阪維新の会の正体ではないだろうが、中野市政の現状では「維新」の名が泣くばかりであろう。

O 市長側(大阪維新の会・中野隆司市長側)も、議会の側も、赤信号みんなで渡れば怖くない「様」を、嫌というほど見せ付けてくれる柏原市議会の議場
b0253941_11151911.jpg

(その1)
柏原市議会は腐食市政とデタラメ行政の単なる承認機関に成り下がっているのでは!?

竜田古道の里山公園問題はまだ何も終っていない!!! それどころかあの疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に、今度はまた、まさに第2の竜田古道の里山公園問題とも言うべき新たな疑惑隠しの施設「自然体験型学習施設」を建設しようというのである。もちろんそのすべてに市民の税金が喰い潰されていくわけである。

この問題ではあの嘘吐き市長に倣って、大阪維新の会・中の隆司市長の嘘答弁まで飛び出しているが、体たらくの議会がまったく機能をしないから、腐蝕市政とデタラメ行政の城主は何でもかんでもやりたい放題のようである。

これではいずれ実現されるかも知れない八尾市との合併までに、柏原市の財産・財源、すなわち市民の税金は、骨の髄まで喰いつぶされてしまいそうである。当然「まち」の発展など、到底、望めそうもない。

市民の市政に対する度を超えた無関心、無能体たらくの議会、市民のためには決して仕事をしない御用議員たち、都合の悪い情報を与えず報酬・補助金漬けで腐蝕市政のためにどうにでも動いてくれる悪しき制度の筆頭格「行政協力委員制度」等々・・・。

腐食市政とデタラメ行政の要因を挙げれば切りがないが、あの嘘吐き市長が、「このまちには、総勢115名ほどの行政協力委員が居るから議会は必用無い。」と言い放っていたという噂もあり、あながちその言質が的外れでないことは確かなようである。

当方は現在、柏原市議会が何一つ責任の追及も解決もできなかった竜田古道の里山公園問題(百条案件)の検証を続けているが、今また、議会までもがこの案件に蓋を被せ、「事」の真相を隠そうという動きが出て来ており、今回からその何とも言いようのない隠ぺい体質について、実際の事例を挙げながら公開をしていきたい。

まずは当方が、柏原市議会議長宛てに提出をした「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書の閲覧について」と題する書面の掲載をしておきたい。

O 平成26年1月26日、柏原市議会議長あてに提出をした書面の内容
b0253941_8441987.jpg

b0253941_8495436.jpg

この「「確認と閲覧要望のお願い」は無視され、当方はやむなく柏原市情報公開条例に基づき「行政文書開示請求書」を議会(議長)に提出することになるが、その請求書及び関連の書面は次回に公開する。

この「竜田古道の里山公園問題」、そしていわば第2の竜田古道の里山公園問題に発展する可能性のある「自然体験型学習施設」の建設問題を検証すれば、現在の柏原市の腐蝕市政とデタラメ行政の要因の全てが、その背景に視えてくることが分かる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
O 今日の言葉
  ≪食物は身体の栄養剤  生きがいは心の栄養剤≫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-04-27 16:40 | O柏原市議会の隠ぺい体質 | Comments(0)
まだのうのうと市民の税金を喰い潰している噓吐き市長ら悪党一派の残党たち!?//結局、誰も責任を取らず…
…また何一つ真実の解明もできずに百条委員会を畳んでしまった議会は、いまや市側と一体となって、疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題に蓋を被せようとしている感しかない。

結局、議員たちは、この疑惑みれの百条案件のほんとう闇(嘘吐き市長ら悪党一派が必至に疑惑隠しに奔走している本当に隠したい「事」)に、指一本触れることもできず゛に百条委員会をたたんでしまったわけである。

この流れが、現在の第2の竜田古道の里山公園問題とも言える「自然体験型学習施設」の建設問題と、その用地の名義変更(登記変更)問題に繋がってくるわけである。

b0253941_9202226.jpg

今回掲載の百条委員会会議録(H25.6.25日・15回目の開催分)の中身に関しては、各委員たちは百条案件の調査・解明・責任の追及どころか、どのような形で最終の委員会調査報告書をまとめれば調査の結果に格好がつくかなどと、その報告書(案)の文章の表現方法などについてあれやこれやと議論をしているようであるが、何の解決もできなかった百条委員会の結果をどのようにまとめようと思っても、市民が理解し、納得のできる形の内容になるはずがなく、当然この日の会議では、最初から最後まではっきりとした結論が出なかったことが会議録の内容に現れている。

(その30)
竜田古道の里山公園問題の裏に潜む大疑獄事件の真相を暴く!!!//竜田古道の里山公園調査特別委員会会議録から百条案件を検証する。

この日の百条委員会から10日後の7月3日(H25年6月議会最終日)に、上記百条委員会最終回でまとめた(?) 総括の調査報告書を基に委員長 (当時寺田議員) がその概要を報告したあと、何とも理解の出来ない不自然な形で百条委員会は解散されてしまったわけであるが、この時点では、市民の側にはこの百条案件の真実は何も伝わらず、何一つ案件の真実は解明されないまま、責任の追及も無く、当然、誰一人責任を取る者もおらず、全てのツケが柏原市民に負わされたまま現在に至っているというわけである。

なおこの総括の調査報告書(竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書)に関しては、平成25年7月3日にその書面が出来上がっていたのに、なんと9ヶ月近くもその報告書が一般に開示されないまま放置され、当方が議会に開示を求めてもなかなか開示をしてくれず、やむを得ず書面による情報開示の請求をして始めて、総括調査報告書(案)の写しの交付を受けたものであるが、その内容には一部修正が加えられるなど、何とも信用性に疑問が残る報告書となっている。

この問題については、現時点においても、H25.7.3日付作成の「原文」となる修正前の「調査報告書」の開示が無いので最終的な百条案件の調査報告書の内容を把握できていないが、いずれその経緯を含めて、原文となる総括の「調査報告書」の全文を掲載する予定である。

百条委員会会議録//平成25年6月25日(15回目開催分) の全33頁を掲載
b0253941_3184286.jpg

b0253941_3223115.jpg

b0253941_856786.jpg

b0253941_921452.jpg

b0253941_962356.jpg

b0253941_9113372.jpg

b0253941_915459.jpg

b0253941_9195822.jpg

b0253941_9235490.jpg

b0253941_928480.jpg

b0253941_9323061.jpg

b0253941_9364291.jpg

b0253941_947314.jpg

b0253941_9511156.jpg

b0253941_9552049.jpg

b0253941_1005818.jpg

b0253941_1051570.jpg

b0253941_1092454.jpg

b0253941_10135814.jpg

b0253941_1020307.jpg

b0253941_1025990.jpg

b0253941_10295019.jpg

b0253941_11295562.jpg

b0253941_11362284.jpg

b0253941_1140497.jpg

b0253941_11461010.jpg
b0253941_11505547.jpg

b0253941_1155271.jpg

b0253941_1213927.jpg

b0253941_12174255.jpg

b0253941_12214957.jpg

b0253941_12261736.jpg

b0253941_291165.jpg

b0253941_2133140.jpg

b0253941_2194010.jpg

b0253941_2234180.jpg

b0253941_2361151.jpg

b0253941_2402444.jpg

b0253941_2484511.jpg

b0253941_253932.jpg

b0253941_2592842.jpg

b0253941_345994.jpg

b0253941_12331143.jpg
b0253941_12373672.jpg

b0253941_12413783.jpg

b0253941_12455250.jpg

b0253941_12493755.jpg

b0253941_12575710.jpg

b0253941_1315441.jpg

b0253941_1374646.jpg

b0253941_1312398.jpg

b0253941_13163262.jpg

b0253941_13345690.jpg

b0253941_13392022.jpg

b0253941_1344163.jpg

b0253941_13482747.jpg

b0253941_1352841.jpg

b0253941_13571515.jpg

b0253941_1414646.jpg

b0253941_1455789.jpg

b0253941_14101336.jpg

b0253941_1414318.jpg

b0253941_14181290.jpg

b0253941_14225134.jpg

b0253941_14254132.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この「まち」は、およそ半世紀も続く悪しき制度の筆頭格『行政協力委員制度』を廃止しない限り、村しがらみの腐敗政治が未来永劫続くことになり、当然、「まち」の発展も、そして市政や議員たちの成長を望むこともできないだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-04-23 09:22 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(1) | Comments(1)
まずは奈良県三郷町、町議会、そして町民の皆様に説明をするべきである!!//大阪維新の会・中野市長は
…この杜撰な、まさに第2の竜田古道の里山公園問題とも言える杜撰な計画を、なぜ急ぐのか!?

(その2)
疑惑に蓋を被せる「自然体験型学習施設」の建設は第2の竜田古道の里山公園問題である!!!

あの噓吐き市長ら悪党一派が残した数々の不透明と疑惑まみれの案件のツケを、その維持管理費用の負担を含めて、未来永劫、柏原市民に負わせ、今度は、隣町の奈良県三郷町の町民の皆様にまで危険なツケを負わせようというのである。

O 柏羽藤環境事業組合・柏羽藤クリーンセンター(柏原市円明町と羽曳野市川向の境界に位置し、敷地内には余熱利用施設の温水プールが併設されている。) (Google引用)
b0253941_1092736.jpg

((本来、竜田古道の里山公園の維持管理費は、3市(柏原市、羽曳野市、藤井寺市)で共同運営する上記柏羽藤環境事業組合が負担すべきものである。それをあの嘘吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しのために、わざわざこの用地の登記名義を柏原市に変更することを狙って柏原市独自の施設を建設し、全てのツケを柏原市民に負わせようというのである。もちろん地域住民にはそういう情報を与えていない。))

O ゴミ最終処分場跡地に建設された疑惑まみれの竜田古道の里山公園/この公園内に疑惑に蓋を被せるための新たな施設「自然体験型学習施設」を建設しようとしている。 (Google引用~写真の右側の町並みは奈良県三郷町の住宅街である。)
b0253941_10152271.jpg

O あらたに「自然体験型学習施設」が建設されようとしている竜田古道の里山公園/この公園は都市計画による国庫補助金事業として建設された疑惑まみれの公園である。(Google引用)
b0253941_1749941.jpg

O 疑惑まみれの竜田古道の里山公園の疑惑隠しのために犠牲(廃止)になった柏原市青少年教育キャンプ場/このキャンプ場の代替施設として「自然体験型学習施設」の建設案が、突然、平成26年2月議会で、市が議案に呈上したもの。 (Google引用)
b0253941_10201448.jpg

O ゴミの埋立地・最終処分場跡地には、絶対に建設してはいけないはずの「池」が、何の計画書も無く、まるで庭造りの感覚で造成されているが、市はダイオキシン等の有害物質の流出の危険性など、全く眼中に無かったようである。
b0253941_10311559.jpg

ごみの最終処分場跡地形質変更に係る施行ガイドライン沿って建設された国庫補助金による都市計画公園事業「竜田古道の里山公園」の建設に絡んで出てきた、数々の柏原市政の失策と不透明かつ疑惑にまみれた案件に蓋を被せようと、今度は、同公園内に、都市計画事業とは目的の異なる『自然体験型学習施設』を建設しようという計画が、またまた杜撰な計画により進められようとしている。

同施設は、おそらくこの疑惑隠しのために犠牲(廃止)したと思われる「青少年教育キャンプ場」の代替施設となるもので、宿泊施設や炊事場施設、キャンプ場、果てはミニゴルフ場まで併設し、地元の雇用対策をも兼ねようというのであるが、柏原市長はこの用地が、いつダイオキシン問題などの環境問題が発生するかも知れない、ごみの埋立地・最終処分場跡地であることをお忘れのようである。

大阪維新の会・中野市長はこの用地が柏原市街に面した山の斜面であれば、果たしてこの疑惑隠しのための杜撰な計画を進めることができたのであろうか!?

おそらく場所が誰も行かない山の裏側の斜面で、たとえダイオキシンの流出問題や、新たなキャンプ場などの宿泊施設・炊事場施設から汚水などが垂れ流されても、その影響はすぐ下の隣町となる奈良県三郷町に影響が出るだけで、柏原市民には何の影響も出ないということから、そういう心配などどこ吹く風という感じで、この疑惑隠しの杜撰な計画を進めているのだろう。

自分の当選のことしか頭にない柏原市議会の議員たちよ! あなたたちはいったいどこを向いて仕事をしているのだ!? いずれダイオキシン流出などの環境問題が出て来ることが予想される中、若しそういう問題が発生した場合、いったい誰が責任をとるのか?

その責任は環境事業組合にあると言うのであれば、ゴミ埋立地の山の中腹に造った「池」や、また今回、疑惑隠しのために建設しようというあらたな施設の建設については、ダイオキシン問題などの対策について十分な協議を重ねているのか?

ダイオキシン問題では、第1期最終処分場の建設時はもちろん、現在問題となっている第2期最終処分場の跡地に建設された竜田古道の里山公園でも、事前にダイオキシン流出の問題などが、柏羽藤環境事業組合と三郷町との間で相当丁寧に協議が成されていたはずである。

近く、雁多尾畑地区の住民にこの新たな施設「自然体験型学習施設」建設の説明会が行われるようであるが、この公園は元々国庫補助金事業による都市計画公園として建設をされた公園であり、一部地域の住民に説明をすればそれで済むような問題ではないはずである。説明会を開くのであれば、まずは環境事業組合との協議、そして当然に奈良県三郷町、町議会、町民の皆様との協議を行うことが先ではないか!?

公園内には、ごみの最終処分場跡地に公園等を建設する際のガイドラインを無視し、こともあろうに一番造ってはいけない大きな池まで造って水を満杯に溜め込み、ダイオキシンなどの有害物質の流出を助勢しているが、ほんとうにこの「まち」の市政や議会は、いったい何を考え、何処を向いて仕事をしているのだろうか?

市政(行政)も議会もまったく体を成していない腐蝕・柏原城の「闇」はどこまでも深く、そして性質が悪い。この「まち」の腐敗政治が何とも恥ずかしい限りである!!!
by rebirth-jp | 2014-04-22 10:36 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(2) | Comments(1)
大阪維新の会・中野隆司市長の嘘答弁が判明!! //疑惑隠しの自然体験型学習施設の建設は第2の竜田古道の
里山公園問題となっていきそうな感があるが、議会はここでも全く機能をしない無能・体たらくの様を晒し続けているようである!!!

平成26年3月議会における下記の市長(大阪維新の会・中野隆司市長)答弁は、全てが嘘答弁である。

・・・、昨年の12月26日に申請をさせていただきました。そして今年3月の3日に大阪府から採択決定の内諾の通知をいただき、補助金の採択の目途、見込みをいただきました。・・・・・

この件は先の議会(3月11日)で、表題の疑惑隠しの「自然体験型学習施設」建設のための補助金交付の申請を大阪府に申請したとして、中野市長が議員の質問に答えた内容の一部分であるが、その答弁の内容はまったくの嘘答弁であったにもかかわらず、議員たちは誰一人としてこの嘘答弁を指摘することもできずに、また当然、この嘘答弁に対する責任の追及も出来ずにいるのである。
b0253941_1231761.jpg

(その18-2)~大阪維新の会・中野隆司市長の嘘答弁
百条案件疑惑隠しの平成26年第1回柏原市議会定例会・本会議は、予想していたとおり新しく誕生した大阪維新の会・中野隆司市長の下でも、あの噓吐き市長ら悪党一派が進めた相変わらずの腐蝕市政とデタラメ行政の禅譲政治が続いていることや、これまで以上にまったく機能をしない体たらくの議会の様を晒しただけで終わってしまったという事実が、徐々に浮かび上がってきている。

冒頭に記載した中野隆司市長の嘘答弁(一部抜粋)は、疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題で出てきた百条委員会調査の疑惑案件に蓋を被せるための新たな施設『自然体験型学習施設』の建設について、何人かの議員の質問に対して堂々と答えた嘘答弁の内容であるが、御用議員ばかりが議会を占める議場では、誰もその嘘答弁を追及することができないのである。

…というよりも、定例会・本会議が始まる3日前の全員協議会でこの嘘答弁の内容を、いとも簡単に頭の中に擦り込まれた議員たちは、この嘘答弁の内容が、事実であるか虚偽答弁であるかの判断さえもつかなないのであろう。

それとも事前の全員協議会でこの市長の嘘答弁を受け入れることを協議していたのであれば、本会議での議員たちの無能ぶりも納得はできるが、若しそれが事実であれば、もはや柏原市には、我々市民・有権者の代表者としての議会は存在していないと思った方がよいのかも知れない。

当方はこの中野市長の嘘答弁の前日(3月10日)に、大阪府庁の担当部署に出向き、この案件の詳細(自然体験型学習施設の申請の事実)を確かめるために、その情報開示の請求とともに関係資料の交付を受けているが、その際、柏原市が大阪府に提出をしている計画書等を含め、この案件での申請や補助金交付の決定に至るまでの経緯を詳しく聞いていたことから、先の中野市長の答弁は全くの虚偽答弁であることが分かったものであるが、この虚偽答弁については項を改め、ブログの別ページで採り上げることとしたい。

先の百条委員会設置(竜田古道の里山公園調査特別委員会)で、議員たちはいったい何を学んだのだろうか!? 先の百条案件の経緯や施策の進め方には、あの噓吐き市長ら悪党一派が進めた腐蝕の市政とデタラメ行政の全てが現れており、これを解明・検証し、その責任を追及しておれば、おそらく現在の腐蝕市政とデタラメ行政にもいくつかの楔(くさび)を打つことができたはすである。

その全てを放棄してしまった現在の議会には、我々市民有権者はもはや何も期待をすることができないと思った方がよいだろう。現状は、相変わらずあの噓吐き市長の禅譲政治が続く腐蝕市政とデタラメ行政の流れの中で、市が進める施策を何でもかんでも認めてしまうという、まるで市役所組織の中の市長指揮下の一部署みたいな、単なる承認機関に成り下がってしまった感しかないようである。

これまで議会にはいくらかの期待をしながら傍聴を重ねて来たが、柏原市の場合、議会は我々市民・有権者の代表機関ではなく、単に市役所組織の中の一つの部署として見れば、なるほど今の体たらくの議会の現状も納得はできる。

柏原市政に無関心の市民・有権者層もさすがにここまで市政や議会が腐っているとは思っていないだろうが、残念なから、このブログに書いていることは、その全てが事実に基づく出来ごとを、実際に眼で確かめ、資料で確かめ、言質で確かめ、記事にしているものである。

当方の活動に対しては、おそらくこれから、市や議会、そしてあの悪制度の筆頭にある行政協力委員制度で行政協力委員を兼務する区長会(総勢114名で構成)などが、それこそ一体となって圧力を掛けてくることも予想されるが、それこそが当方の望むことであり、今後のそういう動きが議論となることにより、現在の市政に無関心層の市民・有権者の方たちが、少しでも市政に関心の目を向けるようになれば幸いと思っている。
by rebirth-jp | 2014-04-20 12:37 | O過去記事/柏原市議会・定例会 | Comments(2)
姑息にも証人喚問を逃げた噓吐き前市長!! そして逃がしてしまった無能議会!!/全てのツケはいつも無関心の
…市民が引き受けている!!!

ここはまさに役所天国の「まち」である。腐蝕の柏原城はこの半世紀もの長い間、例の悪しき制度の代表格「行政協力委員制度(114名の区長会)」に支えられ、大阪維新の会の中野市長は定例会の会期中にもかかわらず資金集めの後援会パーティーを開いたり、そこにはパーティー券購入で腐蝕の市政を支える行政協力委員(区長を兼ねる)たちはもちろん、決して市民のためには仕事をしない御用議員たちもいそいそと駆け付けていたようである。

議会は議会で、市長が本会議(H26年3月議会)で嘘答弁をしてもへっちゃらの体たらく議会は、何の実もなく、ただ百条案件・竜田古道の里山公園問題の疑惑隠しのための、新たな施設

(竜田古道の里山公園内に自然体験型学習施設を建設/悪党一派が残した疑惑まみれの百条案件と市政の大失策に蓋を被せるために、どうしても公園用地の名義を柏原市に変更し、本来、3市負担の維持管理費を柏原市民の単独負担にして、全てのツケと負担を柏原市民に負わせることが狙いの施設)

を設置・建設するための前準備の議会として終わったようである。

今回、議会最終日を傍聴できなかったので、いずれ公開される議事録等により、本会議の中身を検証したいと思っている。

また中野市長の嘘答弁や疑惑隠しの施設建設問題については、改めてその調査・検証記事をブログの別ページで採り上げてみたい。

さて本題の疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題であるが、昨年6月の噓吐き市長に対する証人喚問は見事に空振りであったが、この問題は、調査に当たった委員会メンバーの責任だけではなく、当然、議会(議員全員)の責任であるが、その後は何も解明されないまま、あるいは触れたくないから触れないままなのか、今度は議会と市が一体となって(!?) 、疑惑まみれの百条案件の疑惑隠しに走っている動きが視えてきた!!! (この議会の動きについてはいずれその全てを公開する予定である。)

(その29)
竜田古道の里山公園問題の裏に潜む大疑獄事件の真相を暴く!!!//竜田古道の里山公園調査特別委員会会議録から百条案件を検証する。

今回の会議録の中身は、あの噓吐き市長と一体となって疑惑まみれの百条案件に係わった中心人物の一人でもある、現在、副市長の吉田茂治氏が参考人として委員会に招致をされ、委員たちの質問に答えた内容である。聞けば聞くほど案件の真実は視えなくなっている。

百条委員会会議録//平成25年6月13日(14回目開催分) の全71頁を掲載
b0253941_17331196.jpg

b0253941_1751340.jpg

b0253941_1755522.jpg

b0253941_21272085.jpg

b0253941_2130198.jpg

b0253941_21325739.jpg

b0253941_2139445.jpg

b0253941_21431755.jpg

b0253941_2157892.jpg

b0253941_213365.jpg

b0253941_2138292.jpg

b0253941_21414770.jpg

b0253941_21471831.jpg

b0253941_21505726.jpg

b0253941_2154276.jpg

b0253941_21572653.jpg

b0253941_2204145.jpg

b0253941_2233743.jpg

b0253941_2263974.jpg

b0253941_2294432.jpg

b0253941_2213887.jpg

b0253941_2216212.jpg

b0253941_22191516.jpg

b0253941_2222770.jpg

b0253941_22251087.jpg

b0253941_1852719.jpg

b0253941_18551661.jpg

b0253941_18582116.jpg

b0253941_1905892.jpg

b0253941_1935678.jpg

b0253941_197646.jpg

b0253941_1924333.jpg

b0253941_19275481.jpg

b0253941_20264926.jpg

b0253941_2030586.jpg

b0253941_112489.jpg

b0253941_11281991.jpg

b0253941_11321545.jpg

b0253941_11361396.jpg

b0253941_1140241.jpg

b0253941_11434221.jpg

b0253941_1147272.jpg

b0253941_1158393.jpg

b0253941_126913.jpg

b0253941_12101248.jpg

b0253941_16111898.jpg

b0253941_16263376.jpg

b0253941_1630374.jpg

b0253941_16355440.jpg

b0253941_17131385.jpg

b0253941_16441690.jpg

b0253941_16482161.jpg

b0253941_16535247.jpg

b0253941_16572293.jpg

b0253941_1705771.jpg

b0253941_17352024.jpg

b0253941_173992.jpg

b0253941_17423770.jpg

b0253941_17483760.jpg

b0253941_17531679.jpg

b0253941_1757129.jpg

b0253941_1804068.jpg

b0253941_1853461.jpg

b0253941_1891795.jpg

b0253941_18141990.jpg

b0253941_9215137.jpg

b0253941_9272941.jpg

b0253941_9312899.jpg

b0253941_9351293.jpg

b0253941_9411456.jpg

b0253941_955068.jpg

b0253941_9592674.jpg

b0253941_1032179.jpg

b0253941_107641.jpg

b0253941_10133152.jpg

b0253941_2119458.jpg

b0253941_2131038.jpg

b0253941_21492999.jpg

b0253941_224539.jpg

b0253941_22174856.jpg

b0253941_22241487.jpg

b0253941_22341670.jpg

b0253941_224911100.jpg

b0253941_22575597.jpg

b0253941_2322926.jpg

b0253941_23421674.jpg

b0253941_23474320.jpg

b0253941_23513332.jpg

b0253941_02279.jpg

b0253941_052948.jpg

b0253941_0212694.jpg

b0253941_0245857.jpg

b0253941_0351579.jpg

b0253941_8291760.jpg

b0253941_832535.jpg

b0253941_8495074.jpg

b0253941_854162.jpg

b0253941_8574381.jpg

b0253941_915099.jpg

b0253941_953238.jpg

b0253941_99454.jpg

b0253941_9133177.jpg

b0253941_9172157.jpg

b0253941_921845.jpg

b0253941_925085.jpg

b0253941_10101518.jpg

b0253941_10184323.jpg

b0253941_1022227.jpg

b0253941_10261396.jpg

b0253941_10342298.jpg

b0253941_1038038.jpg

b0253941_10414175.jpg

b0253941_1045535.jpg

b0253941_1050277.jpg

b0253941_1144932.jpg

b0253941_14253233.jpg

b0253941_14302874.jpg

b0253941_14375612.jpg

b0253941_1442918.jpg

b0253941_14461830.jpg

b0253941_14563093.jpg

b0253941_1521563.jpg

b0253941_156182.jpg

b0253941_159591.jpg

b0253941_15142063.jpg

b0253941_16424680.jpg

b0253941_16463156.jpg

b0253941_16504674.jpg

b0253941_16545452.jpg

b0253941_1659386.jpg

b0253941_173596.jpg


次回はいよいよ15回目最終の百条委員会となる平成25年6月25日開催会議録 の全33頁を掲載予定であるが、これからが百条委員会の本来の目的とする調査権の執行等による事実解明や責任の追及などの段階に差しかかっていたのに、委員会はその目的を忘れ、あるいは何かを恐れてしまったのか、何もかもを中途半端に百条委員会をたたんでしまったのである。当時、当方は議場の傍聴席で、近くに居た議員に向かって、「これは市民を冒涜した裏切りではないか!」と怒りをぶつけたことを思い出す。

その後は議会までもが、何故かこの疑惑まみれの百条案件に関する情報の公開に後ろ向きになり、当方は、本来、情報の開示請求などの手段を採る必要もないのに、わざわざ議会に対する行政文書の開示請求により、この百条案件調査の総括となる調査報告書(竜田古道の里山公園調査特別委員会報告書)の開示と交付を求めたが、およそ9ヶ月を経ったこの4月の半ばに入り、ようやくこの調査報告書を手にすることができたのである。、その経緯からはこの調査報告書に対する信用性さえも疑いが出てくるなど、この件については現在検証中であり、いずれプログの別ページでその経緯などを公開する予定である。

議員は我々市民・有権者の代表者だと思ってこれまで敬意をもって接してきたつもりであるが、どうもこの柏原市議会にあっては、そういう常識や期待を持ってはいけないことを、このまだ何も解決をしていない竜田古道の里山公園問題で思い知らされているところである。

腐蝕・柏原城の闇は、どこまでも深い!!!
by rebirth-jp | 2014-04-18 00:35 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(1) | Comments(0)
なんやさっぱりわかりまへんな、この「まち」が!? //知ってますか? 柏原市の花・・・
柏原市の木と花~昭和48年11月3日制定
木は「柏(このてがわ)」・花は「つつじ(さつきを含む)」らしい。

花編
O 柏原市の花~「つつじ(さつきを含む)」

むかし安宿(やすかべ) つつじとして玉手山一体は有名であったという。種類が多く、さつき、ひらどなどもこのなかに含まれる。
b0253941_0592849.jpg

b0253941_144392.jpg


先ブログに掲載した柏原市の市章といい、柏原市の木といい、なんやさっぱりわかりまへん、この「まち」が。

腐蝕の市政とデタラメ行政の「まち」、腐敗政治の「まち」、兼々役職で給与嵩上げ公務員天国の「まち」、御用議員ばかりで機能をしない「議会」、噓吐き市長と嘘答弁の「議会」、市政運営で大失策をしても誰も責任を取らない「まち」、絶対に不正を追及しない「議会」、議会より行政協力委員制度が上の「まち」、みんなで赤信号を渡る市政と議会、

まるで隣国北OOか中Oかと思ってしまうような行政協力委員制度に支配される「まち」、自然の山や川を宝と言いながゴミの埋立地・最終処分場にしてしまう「まち」、平気で財政を喰い潰す村政治の「まち」、財政破綻で隣接市との合併を望む「まち」、何があっても市政に無関心の「まち」・・・

ほんで何でこんな「まち」に大阪維新の会から市長が・・・、ほんでなんで大阪維新の会の新市長はこの腐蝕市政とデタラメ行政の「まち」を何一つ改革できないの?? 大阪維新の会の市長ってこんなもんか? これが大阪維新の会の正体か?? なんやさっぱりわかりまへん、この「まち」が???


追記~平成26年3月議会
大阪維新の会・柏原市・中野隆司市長の嘘答弁が判明!?
現在、事実調査・検証中・・・・・

by rebirth-jp | 2014-04-17 01:08 | Comments(0)
なんやさっぱりわかりまへん・・・、この「まち」が!? //知ってますか? 柏原市の木を
柏原市の木と花~昭和48年11月3日制定
木は「柏(このてがしわ)」、花は「つつじ(さつきを含む)」ということである。

まずは木編から
O 木「柏(このてがしわ)」//参照~ウィキペディアほか

このてがしわ を古来より柏(かしわ)と読み慣わしているらしい。
常緑針葉の 喬木で、樹形は円すい型、小枝はへん平で直立し、ひのきに似た葉は、手のひらを立てたような形なので、この名があると言われているという。

O コノテガシワ
b0253941_23363192.jpg

O コノテガシワの球果
b0253941_23402171.jpg

コノテガシワ(側柏、学名:Platycladus orientalis)は、ヒノキ科の植物の1種。コノテガシワ属唯一の現生種である。

朝鮮、中華人民共和国北部に分布する常緑針葉高木。枝は密に出てほぼ直立し、枝葉の表裏の区別が無い(同じヒノキ科でもヒノキ属などでは明確な表裏の区別が認められる)。雌雄異花で、花期は3〜4月頃、雌花は淡紫緑色、雄花は黄褐色である。

球果は角のある独特の形で淡灰青色になる。枝が直立する様子が、子供が手を上げる様子に似ていることからコノテガシワの名がある。日本ではこんもりと丸みを帯びた樹幹の小低木となる園芸品種のセンジュ(千手)が広く普及しており、公園木、庭木としてよく栽培されている。

日本で柏の木といえばブナ科コナラ属の落葉広葉樹ということになっているが、同じ漢字圏の中国で柏の木といえばヒノキやコノテガシワなどの常緑針葉樹をさす。事実、漢和辞典で「柏」という文字を引くと、両方の木について説明が出ている。

中国山東省には天下の名山として知られている泰山(旧称、岱山)がある、天子が即位すると、この泰山南麓にある岱廟(たいびょう)で封禅の儀(天地を祭り、国家の永続を願う儀)が行なわれてきたという。この岱廟内には紀元前110年に漢の武帝が植えた柏の老木があり、樹齢2000年以上の柏の傍らには「漢柏」と刻んだ石碑が建てられているという。

ところが、この木は日本でいう柏と違い、ヒノキ科のビャクシン(柏槙)やコノテガシワ(扁柏、槙柏)にあたる。

O 日本でいう柏の木
b0253941_235518100.jpg

O 柏の葉
b0253941_23595037.jpg

では、なぜ植物学的には全く共通性のない、日本の柏の木が「カシワ」と呼称されるようになったのか。これについては植物学者・前川文夫氏による「弥生式土器のふかし形態に付随する民族植物学的考察」と題する優れた研究がある。それによると、古来ビャクシンは三つ重ねの土器で炊事をするときに、中間の土器に空気抜け兼蒸気抜けとして使用されていた。炊事すなわちカシグ+葉のついた枝だからカシワということになる。

南方でバナナやコロカシアの葉でイモや穀物を包み込んで料理する蒸し焼き料理に使用されていたように、広葉樹の柏も料理に利用されていた。カシワはカシギ(炊)葉の略である。つまり両者には「炊ぐ(かしぐ)」という共通項があるというのである。柏餅を食べる機会があれば、名前の由来に思いを巡らしてみてはいかが。・・・とは言ってもこの柏の葉は、柏原市には何の関係もないが。

ではなぜ、柏原市の木が「柏(このてがわ)」になったのか??
さっぱりわかりまへん、柏原市の木の由来が
さっぱりわかりまへん、ベンツのエンブレムまがいの市章の由来が
さっぱりわかりまへん、腐蝕市政とデタラメ行政の「まち」、そして疑惑まみれの柏原市の「まち」が・・・・・


市政始まって以来の大疑獄事件/竜田古道の里山公園問題・百条委員会会議録//平成25年6月13日(14回目開催分) の全71頁を別ページで掲載・編成中
by rebirth-jp | 2014-04-11 00:05 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
first time u..
by MoisesTal at 21:44
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
母子健康手帳の交付(妊娠..
by 実家が柏原市 at 09:36
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
典型的な田舎の腐敗政治が..
by rebirth-jp at 23:46
この「まち」のトロイカ体..
by rebirth-jp at 15:01
サンヒルは市民の財産..
by ダメな人 at 19:53
コイツラ、真面目に経営す..
by rebirth-jp at 11:42
 レストランひとつ経営出..
by サンヒルによく行った at 20:46
わかりやすくご説明頂きあ..
by 一柏原市民 at 00:15
第三セクター・サンヒル柏..
by rebirth-jp at 17:54
この条例からは、これまで..
by rebirth-jp at 21:51
 テニスコートとプールを..
by 何か変。 at 19:26
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル