革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆腐蝕の柏原城が抱える深刻な「病」
◆組織の病/柏原市職員の分限・懲戒処分
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査・訴訟へ/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆疑惑の土地取得/国分中学グランド隣地
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑!!/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
◆謹賀新年/H25~H29年
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
◆行政文書開示請求は市民の唯一の武器
以前の記事
<   2015年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
『5.17住民投票』大阪都構想の主役は大阪市民・大阪府民!!!/都構想は成功すれば維新(橋下市長)の手柄となり

失敗すればその全てが市民・有権者の責任となる。

●●● 3市長選 大阪維新の会 全敗

H27.4.27 朝日新聞

b0253941_19280824.jpg
b0253941_19315710.jpg
統一地方選挙の後半戦(大阪府内)は、3市長選(吹田市、寝屋川市、八尾市)ともに、大阪都構想を掲げる維新候補者の全敗で終わった。前半戦に続き、現時点での都構想に府民・市民がブレーキを掛けたということだろう。

住民投票と言えば一見聞こえは良いが、この手法は、ある意味、政治家たちの一番卑怯な手段の一つでもある。住民投票の結果により都構想が実行され、たとえば5年先、10年先、20年先にこの構想が大失敗に終わっても、その失敗は、市民・有権者が自ら選んだ道として、すべての責任を負わされることになる。

一方、都構想が成功すれば、大阪維新(橋下維新)の手柄となる。だが政治や社会の暮らしが、白か黒か、100かゼロかで決まるはずはない。そういう意味では今回の都構想の戦いで過半数を獲得するための賛成や反対のパフォーマンス騒動、テレビで市民を洗脳するための映像を流すというやり方は、非常に危険であると言わざるを得ない。(まあ市民の側が、人間の心理を利用され、ただ舐められているというだけのことではあるが!?)

国も地方も今の腐った政治を変えなければならないことは誰もがわかっているが、一時の流行りや、口先だけのパフォーマンスに踊らされていては、大阪は2度と立ち上がれなくなるということにもなりかねない。今、大阪府民、大阪市民の民度は全国民から注目されている。

それにしても、大阪がこのまま沈むか浮かび上がるかの大改革とも言える「大阪都構想」問題が、何故、大阪市内の有権者だけに委ねられるのか理解に苦しむ。この都構想問題は、大阪府民全体の問題である。今の進め方では、どっちに転んでも大阪の「まち」がぶっ壊れていく感しかない!!??

誕生から成長成熟、そして腐敗  国を変え、「まち」を変えるには、政治(市政)に無関心の国民・市民が目を覚ますしか方法は無いが、5.17住民投票』はその試金石となる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/革新(市政オンブズマン)

大阪維新の会:柏原市政/悪政の根幹は,『行政トップ』と『監査委員』、『議会』、
そして悪制度の筆頭格にある『行政協力委員』の4機関にある。

この行政協力委員は114人の区長で組織され、
市長の委嘱により行政協力委員兼区長という非常勤職員の身分を持っている。

ここには年間3千万以上の報酬・補助金が支給、交付され、市長や市長派議員たちの後援会には、
この行政協力委員たちが多数、その名を連ねている。

半世紀以上も昔の村政治が続く歪な仕組み一体となった腐蝕とデタラメ行政の柏原市政にあって、
この悪制度の筆頭格にある『行政協力委員制度』は、
いわば、彼らの選挙基盤でもあり、自己保身の隠れ蓑である。

そしてそれを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」というわけである。


革新(市政オンブズマン)/現在の活動状況

市政始まって以来の大疑獄事件!!?? 
疑惑まみれの竜田古道の里山公園裁判(公金支出金返還請求事件)は、
4月15日(NPO絡みの事件、UR絡みの事件)、16日(柏羽藤環境事業組合絡みの事件)の二日間、
法廷裁判が行われた。
今後、いよいよ本格的な中身の裁判が始まることになる。

市長や議会の側が不都合な真実を隠し、ケツを拭けない事情を抱えたままの疑獄(!?)事件は、
悪党一派の悪事のツケが全て市民の側に負わされたまま、
今も新たな疑惑と事件が、市政の裏で続いている。

O 岡本泰明前市政 
O 情報公開請求/55件 O 異議申し立て/1件 O 公正取引委員会申告/1件


O 中野隆司現市政
O 情報公開請求/160件
O 監査請求/5件
(内、柏羽藤環境事業組合1件)
O 住民訴訟/3件
(内、柏羽藤環境事業組合1件)

ほか数多ある不透明や疑惑の案件については、別途、監査請求を準備中!!!

革新(市政オンブズマン)は、今年度からさらに本格的に、腐敗政治をまっしぐらの『市政』、機能不全の『監査委員』、『議会(議員たち)』、そして悪制度の筆頭格『行政協力委員制度』を主な対象とし、検証を進めます。
案件は手が回らないほどの数が、腐敗政治の闇に、
堂々と(?)と隠れています。


今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、
そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、
これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、
住民からの監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、まるで人ごととばかりにだんまりを決め込んでいる。
そして市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中である。

市民の側は「維新」とは名ばかりの腐蝕の柏原市政に騙されてはいけない!!!
 市民の無関心と114名で構成する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、
「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、
半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご質問・情報提供等/お問い合わせ・連絡先

革新・市政オンブズマン事務所
中山

電話 090-3654-5695
FAX 072-975-1681

メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp



by rebirth-jp | 2015-04-27 19:35 | ◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は | Comments(0)
奥山渉議長らが文書を偽造(!?)の不都合な真実!!!/何ともおかしな言い訳であるが自分たちが何をやってしまったかを

理解していないようである。決して信じたくはないが、これが腐蝕の柏原城と一体となった議会の実態である。

(このブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます)

O 今も続く疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題に目を背けたまま、あの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事のツケの全てを柏原市民に押し付けている議会の面々//果たしてこの議員たちは、全員が、下記の出来事を把握しているのだろうか!?

b0253941_0292233.jpg
上の写真は市長のための議会職員たちではない。我々市民・有権者を代表するれっきとした議員たちである。共産党や一部無会派を除けば何でもかんでもデタラメ市政に賛成をしてしまうという体たらくな仕事をしている連中である。まさに税金泥棒としか言いようのない議員たちで占める機能不全状態の議会は、議長が奥山渉氏、副議長は岸野友美子氏である。

(その4)
竜田古道の里山公園裁判に目を向けたくない議会(議長たち)の不都合な真実、腐敗政治の闇を暴く!!??

およそ9ヵ月も前に出来あがっていたはずの『竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」を、

『他の業務に追われて文書を公開する暇がなかった・・・・・開示請求の住民に写しを交付する前に、当時の百条委員会副委員長(中村保治議員/公明党/監査議員)、前議長(乾一議員/自民党)、副議長(大坪教議員孝/自民党)、現議長(奥山渉議員/自民党)、副議長(岸野友美子議員/市政クラブ)との間で、調査報告書の内容を調整した・・・・・』

などとこんなバカな相談と言い訳をしながら、平成259月議会で落選をした当時の百条委員会委員長の名前で作成をした「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」の写しを、ほんとうに交付してきたのである。

他の業務に追われていたので開示が遅れた… 文書内容を調整するのに手間取った…、当時最優先でやるべき仕事のほかにいったい何の仕事をしていたというのか。総括の調査報告書の作成は平成259月市議選の2ヶ月も前の7月に出来あがっていたはずである。現に当時百条委員会委員長の寺田氏の名前で73日付の報告書は作成されている。

いったい何の不都合があって調査報告書の内容を変更・調整(偽造)したのか、また何の不都合があって写しの交付が遅れたのか!!?? なんとも理解のしがたい議長たちの対応には、まさに開いた口がふさがらないというしかないが、これが我が「まち」柏原市議会の、議会の体質なのである。

下記掲載は、本来であれば、当時、既に公開されているべき「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」について、何度この文書の公開を求めても、議会(議長?) がその公開を渋り閲覧をすることができなかったことから、やむを得ず、議長宛に公開の「要望書」を提出したものの、それも無視され、ほったらかしにされたことから、これもまたやむなく法に基づき提出をした「行政文書開示請求書」に対し、その開示が遅れた理由などを、議長が回答して来た文書『回答書』の原文である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご通知『竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書』の開示についてのご説明(回答)/回答者~柏原市議会議長 奥山 渉

b0253941_20045498.jpg
b0253941_20014213.jpg
b0253941_19560527.jpg
なんとも市民を舐めた回答書である!!!

竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書の閲覧ついて(確認と閲覧要望のお願い) /請求人~オンブズマン代表 中山雅貴//その2で掲載

行政文書開示請求書/請求人~オンブズマン代表 中山雅貴//その3で掲載

上記「行政文書開示請求書」に添付して提出した「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査案件の総括

報告書の閲覧について(確認とお願い)」と題する文書/請求人~オンブズマン代表 中山雅貴//その3で掲載

ご通知『竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書』の開示についてのご説明(回答)/回答者~柏

原市議会議長 奥山 渉//今回掲載分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何の不都合な理由があるのか、だいたいの想像はつくが、これが決して市民のためには仕事をしようとしない議会(議長たち)の隠ぺい体質である。こういうことが行われていたことを知らない議員も居るはずであるから、あえて一連の出来事を公開するものである。まともな議員なら、このウソみたいな出来事が、情報公開を求める市民と議長たちの間で行われていたことに驚くだろう。すべてが事実の話である。

上記奥山議長の「回答書」については更に細かくその検証を進めるが、議長たちの不都合な真実が自ずと明らかになるはずである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ご質問・情報提供等/お問い合わせ・連絡先

革新・市政オンブズマン事務所
中山

電話 090-3654-5695
FAX 072-975-1681
メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp



by rebirth-jp | 2015-04-24 10:12 | ◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい | Comments(0)
議長らの不都合な真実!!! / 市民からの公開要望を無視しおよそ2ヶ月もの期間、対応をほったらかした議会(議長)の
…隠ぺい体質は、腐蝕とデタラメ行政を進める大阪維新の会・中野隆司市政の体質と同じである!!??

疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題を1年間に亘って調査するも、責任の追及どころか、結局、何の解明、解決にも至らず、あの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事に蓋を被せる方針に切り替えた議会(議長ら)の魂胆が視えて来ているが、この「まち」の議員たちはいったい誰のために仕事をしているつもりなのだろうか??

ほんの一部の議員を除けば、大半の議員が政治家としての理念も信条も持たず、ただ自己保身に走る不様な姿ばかりを晒している感しかない。こんな議会は、市民・有権者の側にとっては何の必要性も無い。ただただ市民の血税を喰い潰す迷惑集団と言われても仕方があるまい。

市民・有権者の無関心がここまで腐った市政と議会を育ててしまったとも言えるが、こうして国や地方の政治は腐り、人の心も壊れていくのだろう。今、柏原市政は腐敗の道をまっしぐらである。

O 今も続く疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題に目を背けたまま、あの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事のツケの全てを柏原市民に押し付けている議会の面々
b0253941_0292233.jpg
上の写真は市長のための議会職員たちではない。我々市民・有権者を代表するれっきとした議員たちである。共産党や一部無会派を除けば何でもかんでもデタラメ市政に賛成をしてしまうという議員たちで占める機能不全状態の議会は、議長が奥山渉氏、副議長は岸野友美子氏である。


(その3)
竜田古道の里山公園裁判に目を向けたくない議会(議長たち)の不都合な真実、腐敗政治の闇を暴く!!??

今からでも遅くない!!! 市長と議会はこの事件を原点に戻すべきである。今の柏原市民単独負担を3市負担に戻すべきである。市民のため、「まち」のため、市長と議会がその気になるなら、いくらでも協力をさせていただく。とは言っても市民に悪党一派の悪事のツケを負わせて知らん顔の、馬の耳に念仏、馬事東風の議員たちにはこの声も届くまい。ほんとうにとんでもない税金泥棒たちである。

下記掲載は、本来であれば、当時、既に公開されているべき「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」について、何度この文書の公開を求めても、議会(議長?) がその公開を渋り閲覧をすることができなかったことから、やむを得ず、議長宛に公開の「要望書」を提出したものの、それも無視され、ほったらかしにされたことから、これもまたやむなく法に基づき提出をした「行政文書開示請求書」の内容である。

何の不都合な理由があるのかだいたいの想像はつくが、これが決して市民のためには動こうとしない、仕事をしない議会(議長たち)の隠ぺい体質である。こういうことが行われていたことを知らない何人かの議員も居るはずであるから、あえて一連の出来事を公開するものである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 行政文書開示請求書(H26.2.21日付)/請求人~オンブズマン代表 中山雅貴

b0253941_1611077.jpg

③ 上記「行政文書開示請求書」に添付して提出した「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査案件の総括報告書の閲覧について(確認とお願い)」と題する文書/請求人~オンブズマン代表 中山雅貴
b0253941_16154452.jpg

b0253941_16192083.jpg

① 竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書の閲覧ついて(確認と閲覧要望のお願い) /請求人~オンブズマン代表 中山雅貴//前回掲載分
② 行政文書開示請求書/請求人~オンブズマン代表 中山雅貴//前回掲載分
③ 上記「行政文書開示請求書」に添付して提出した「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査案件の総括報告書の閲覧について(確認とお願い)」と題する文書/請求人~オンブズマン代表 中山雅貴//今回掲載分
以下は次回掲載
④ ご通知『竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書』の開示についてのご説明(回答)/回答者~柏原市議会議長 奥山 渉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
腐蝕の市政と一体となった柏原市議会は、ここまでやらなければ、本来、公開されているべき文書を公開しないのである。この文書を公開すれば、議会(議員たち)にとって一体何が不都合なのか、現在、裁判中の事件との関連性を含めて、徹底的に検証を進めていく。

ちなみにこの一連の追及作業は、何をさておいても議会(議員たち)が最優先に取り組まなければならない仕事である。市民の血税から年間一千万円の報酬をいただいているあなたたちの仕事である。

場合によれば、証人喚問の対象として考えなければならないことも出てくるのかも知らないが、それだけ議会の責任は大きいということである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/革新(市政オンブズマン)

大阪維新の会:中野隆司市政/柏原市政悪政の根幹は、行政トップと行政協力委員制度、監査委員、そして議会(議員たち)の4機関にある。それを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」である。

市政始まって以来の大疑獄事件!!??  疑惑まみれの竜田古道の里山公園裁判(公金支出金返還請求事件)は、4月15日(NPO絡み、UR絡み)、16日(柏羽藤環境事業組合絡み)の二日間、法廷裁判が行われた。今後、いよいよ本格的な中身の裁判が始まることになる。

革新(市政オンブズマン)/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政
O 情報公開請求/55件
O 異議申し立て/1件
O 公正取引委員会申告/1件
O 中野隆司現市政
O 情報公開請求/160件
(大阪府、柏羽藤環境事業組合、ほか独立機関含む)
O 監査請求/5件
  (竜田古道の里山公園問題、NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件、市長専決処分事件)
O 住民訴訟/3件
  (
NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件)

ほか数多ある不透明や疑惑の案件については、別途、監査請求を準備中!!!/革新(市政オンブズマン)は、今年からさらに本格的に、腐蝕市政とデタラメ行政、そして機能不全の監査委員(機関)、議会を対象に、検証を進めます。案件は手が回らないほどの数が闇に(堂々と?)隠れています。政治や市政に関心ある方のご参加・ご協力をいただければ幸いです。

今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中である。

市民の側は「維新」とは名ばかりの腐蝕の柏原市政に騙されてはいけない!!! 市民の無関心と114名で構成する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

O 質問・抗議・情報提供等/お問い合わせ・連絡先

革新・市政オンブズマン事務所/中山
FAX 072-975-1681
電話 090-3654-5695
メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp


by rebirth-jp | 2015-04-22 19:36 | ◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい | Comments(0)
議会が知る権利を妨害!!!  何度要望しても文書を公開しない議会に対し、やむを得ず文書閲覧の要望書を提出したが
…それでも市民・有権者の代表機関たる議会は、いったい何が不都合なのか、住民側の知る権利を妨害して来たのである!!?? これは決して許されることではない。
(このブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます。)

この事件では、市長の側と一体となって疑惑に蓋を被せたい議会(議長?) の側が、この事件に関する市民の開示請求に対し、該当する行政文書の開示を渋り抵抗をして来た事実がある。その裏に視えるのは、まさに現市政の腐敗の縮図でもあり、闇の部分でもある。

O 今も続く疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題に目を背けたまま、あの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事のツケの全てを柏原市民に押し付けている議会の面々//下の写真は市長のための議会職員たちではない。我々市民・有権者を代表するれっきとした議員たちである。議員の本分を忘れた機能不全の議会の議長は奥山渉氏、副議長は岸野友美子氏である。
b0253941_0292233.jpg

(その2)
竜田古道の里山公園裁判に目を向けたくない議会(議長たち)の不都合な真実、腐敗政治の闇を暴く!!??

今からでも遅くない!!! 市長と議会はこの事件を原点に戻すべきである。市民のため、「まち」のためなら、いくらでも協力をさせていただく。)

下記掲載は、本来であれば、当時、既に公開されているべき「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」について、何度この文書の公開を求めても、議会(議長?) がその公開を渋り閲覧をすることができなかったことから、やむを得ず、議長宛に提出をした「要望書」である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書の閲覧ついて(確認と閲覧要望のお願い) /請求人~オンブズマン代表 中山雅貴
b0253941_1445364.jpg


① 竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書の閲覧ついて(確認と閲覧要望のお願い) /請求人~オンブズマン代表 中山雅貴//今回掲載分
以下は順次掲載
② 行政文書開示請求書/請求人~オンブズマン代表 中山雅貴
③ 上記「行政文書開示請求書」に添付して提出した「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査案件の総括報告書の閲覧について(確認とお願い)」と題する文書/請求人~オンブズマン代表 中山雅貴
④ ご通知『竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書』の開示についてのご説明(回答)/回答者~柏原市議会議長 奥山 渉


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の要望書は、当時、百条委員会が調査した案件の内容や結果が最後まで分からず、何故か、全ての疑惑に蓋を被せる形で委員会が解散されてしまったことから、後の住民監査請求や住民訴訟を視野に、その真実を知るために「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」の開示を求めて議長宛に提出したものである。

もうこの時点から、議会(議長たち)は何が不都合なのか、当時、既に保有していたはずの「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」の開示を公開することをためらっている感がありありであった。いわば市民の知る権利に抵抗をしてきたわけである。

結局、百条委員会は、一年間の調査で、何ひとつ問題を解決しないまま解散をしてしまったが、今、議会は、この百条委員会の設置の事実さえほんとうにあったのかと疑いたくなるような、不様な体たらくのザマを晒している。よほど市長にとっても、議会にとっても『不都合な真実』がこの事件の裏に隠れていると思わざるを得ない。

柏原市民のほとんどが決して行くことの無い、そしてまたその場所さえ知らない裏山のゴミ処分場跡地を舞台に敢行された、何千万、あるいは億にも近い不透明な公金支出が疑われる竜田古道の里山公園事件は、また新たな形で疑惑の持たれる事件を絡ませながら、その舞台を法廷の場に移している。
by rebirth-jp | 2015-04-21 23:11 | ◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい | Comments(0)
不都合な真実!!! 腐蝕の柏原城/なぜ議員たちが疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件に触れたくないのか???
この事件では、市長の側と一体となって疑惑に蓋を被せたい議会(議長?)の側が、この事件に関する市民の開示請求に対し、該当する行政文書の開示を出し渋り、抵抗をして来た事実がある。その裏に視えるのは、まさに現市政の腐敗の縮図でもあり、闇の部分でもある。
(このブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます。)

この「まち」の腐敗政治を暴けば、地方の政治がどうやって腐っていくか、そして衰退していくか、さらにはどうやって市民の血税が喰い潰されていくかがわかる!!! 

O 今も続く疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題に目を背けたまま(一部党派を除く)、あの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事のツケの全てを柏原市民に押し付けている議会の面々/まったく機能不全に陥ってしまった感のある柏原市議会の議長は奥山渉議員、副議長は岸野友美子議員である。
b0253941_10314525.jpg

(その1)
竜田古道の里山公園裁判に目を向けたくない議会(議長たち)の不都合な真実、腐敗政治の闇を暴く!!!

唯一、一部の党がこの事件に目を向け、今からでも原点に戻るべきと本会議で訴えているが、平成25年9月の市議改選以来、見るも無残な体たらく議員の多勢が占める議会では、何もかもが腐蝕とデタラメ行政の流れに呑み込まれてしまうという現状にある。

その流れの中で大阪維新の会・中野隆司市長と議会は、あの嘘吐き市長ら悪党一派が残した市政始まって以来の大疑獄事件の可能性がある事件に、一切、カタをつけないまま、そのすべてのツケを柏原市民に押し付け、未来永劫、疑惑まみれのゴミ処分場跡地の公園に、市民の血税を垂れ流していく画策を進めている。

(今からでも遅くない!!! 市長と議会はこの事件を原点に戻すべきである。市民のため、「まち」のために、あなたたちにその気があるなら、いくらでも協力をさせていただく。)

まずは「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」の開示に関する4つの文書の題目を掲載して置く。

① 竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書の閲覧ついて(確認と閲覧要望のお願い) /請求人~ 柏原市民 中山雅貴

② 行政文書開示請求書/請求人~ 柏原市民 中山雅貴

③ 上記「行政文書開示請求書」に添付して提出した「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査案件の総括報告書の閲覧について(確認とお願い)」と題する文書/請求人~柏原市民 中山雅貴

④ ご通知『竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書』の開示についてのご説明(回答)/回答者~柏原市議会議長 奥山 渉


上記①②③の文書の中身については、次回(その2)から、順次、原文のままを掲載し、何が議会(議員たち)にとっての不都合な真実なのか、腐敗政治の縮図や闇の部分を、徹底的に検証していきたい。

この事件は今、NPO絡み、UR絡み、柏羽藤環境事業組合絡みの事件として裁判が始まっているが、これに目を背ける議会(議員たち)は、何が不都合なのか、市民・有権者の側に何も情報を与えたくないというスタンスを貫いている。(唯一、共産党の議員だけが、原点に戻るべきと訴えているが、市民の代表機関としての機能を失っている多勢に無勢の現状では、その声も体たらく議会に届くことはない。)

市民の側からの住民監査請求や住民訴訟など、まったくの人ごととでも思っているのか、市政に係わる残党を含めた悪党一派の悪事のツケを、未来永劫、子や孫たちの代まで、柏原市民の血税に負担を負わせようというコイツラ議員たちは、政治家である前に人としても失格であると言わざるをえない。

議員という本分を忘れ、ただ自己保身に走り、現状維持あるいは時代逆行という腐蝕の柏原城の牢獄に籠り、市民の税金に寄生する税金泥棒集団と言われても仕方があるまい。

今からでも遅くない!!! この問題、この事件にカタを付けなければ、未来永劫、この「まち」の腐敗政治は終わらないと自覚しているはずの議員も居るはずである。勇気を持って、この問題を市民の側に伝え、3市負担の原点に戻すという議論を議会の場に移すべきである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/革新(市政オンブズマン)

大阪維新の会:中野隆司市政/柏原市政悪政の根幹は、行政トップと行政協力委員制度、監査委員、そして議会(議員たち)の4機関にある。それを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」である。

市政始まって以来の大疑獄事件!!??  疑惑まみれの竜田古道の里山公園裁判(公金支出金返還請求事件)は、4月15日(NPO絡み、UR絡み)、16日(柏羽藤環境事業組合絡み)の二日間、法廷裁判が行われ、今後、いよいよ本格的な中身の裁判が始まることになる。

革新(市政オンブズマン)/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政
O 情報公開請求/55件
O 異議申し立て/1件
O 公正取引委員会申告/1件
O 中野隆司現市政
O 情報公開請求/159件
O 監査請求/5件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)
O 住民訴訟/3件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)


ほか数多ある不透明や疑惑の案件については、別途、監査請求を準備中!!!/革新(市政オンブズマン)は、今年からさらに本格的に、腐蝕市政とデタラメ行政、そして機能不全の監査委員(機関)、議会を対象に、検証を進めます。案件は手が回らないほどの数が闇に(堂々と?)隠れています。政治や市政に関心ある方のご参加・ご協力をいただければ幸いです。

今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中である。

市民の側は「維新」とは名ばかりの腐蝕の柏原市政に騙されてはいけない!!! 市民の無関心と114名で構成する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

O 質問・抗議・情報提供等/お問い合わせ・連絡先

革新・市政オンブズマン事務所/中山
FAX 072-975-1681
電話 090-3654-5695
メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp



by rebirth-jp | 2015-04-18 19:52 | ◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい | Comments(0)
疑惑の市長専決事件、意見陳述日は4月21日!!/「市道維持補修事業600万円」の市長専決処分がおかしい!!!
この案件は刑事事件である!!!??

この事件には地元議員、地元行政協力委員兼区長が深く関与していることが判明している。

果たしてこの住民監査請求に対し、柏原市監査委員どのような判断を下すか!!?? この事件で柏原市監査委員の体質がまた明らかになるはずである。

もちろんこの事件も、本来は議会(議員たち)の仕事である。


Oまったく機能不全に陥ってしまった感のある柏原市議会の
議長は奥山渉議員
副議長は岸野友美子議員である。
b0253941_10314525.jpg
議会は先の市議改選(平成25年9月)以来、市民の側から見れば、もはやその存在の意味すら無く、腐蝕とデタラメ行政の悪政を支える承認機関に成り下がっている。一部党派を除き、彼らはただ議会に籠って、年間一千万という市民の血税を貪っているだけである。この体たらく議会を歓迎しているのは市長の側だけである。


(その8)
市長の専決処分がおかしい!!!/私有地の路地・石垣補修を公金600万円で専決処分の決定をしてしまった大阪維新の会・中野隆司市長。ここにも疑惑まみれの竜田古道の里山公園や疑惑隠しの自然体験学習施設建設問題、そして悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」が関係か!!??

この事件では、議会が市民・有権者の代表機関としてまったく機能しないことから、無会派の議員が住民監査請求を起こし、現在、住民訴訟に移行しているようである。こういう現状から見えてくるのは、もはや我が「まち」の柏原市議会は「死に体」に陥っているということなのだろう。

議会傍聴では、共産党や一部を除けば、市長側の市政運営が違法であろうが悪事であろうが、何でもかんでも市長におもねて賛成の採決をしてしまう不様な議員たちの姿を、嫌というほど見せ付けられている。よくもまあ、ここまで腐ってしまったものだと開いた口がふさがらないでいるのは当方だけではあるまい。

今回の誰が考えても有り得ない市長の専決処分問題は、この「まち」の腐敗政治の縮図の一つでもある。当方の監査請求も、おそらく先行の住民訴訟へ移行することになると思うが、この事件は徹底的に検証をし、その責任を最後まで追及していくつもりである。もちろん議会(議員たち)の責任も追及していかなければならない。


O ここは100%私有地の石垣・擁壁・路地である。
b0253941_2044020.jpg

O 現場を見る大阪維新の会・中野隆司市長と大阪維新の会系・冨宅正浩議員
(ふけ通信チラシから)
現場を見てこの市長は自信を持って専決をしたのだろうが、
それはいくらなんでも横暴ではないか!? 
それにしてもいったい誰にこの写真を撮らせているのか、
その神経が理解できない。
(左側真ん中が中野隆司市長、左側の奥が冨宅正浩市議/撮影者は誰??)

b0253941_11471214.jpg
腐蝕の柏原城では市民の無関心と体たらく議会を道具にしたやりたい放題の独裁政治が続いている。これが大阪維新の会・中野市政の正体なのかも知れない!!??






by rebirth-jp | 2015-04-17 12:17 | ◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か | Comments(0)
大疑獄事件!!?? の行方/柏原市政始まって以来の疑獄事件はいよいよ本格的な裁判が始まる!!!
(このブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます)

O 前政権(岡本泰明市長)の2期8年間、そして現政権(中野隆司市長)に続く疑惑まみれの竜田古道の里山公園裁判の舞台は大阪地方裁判所へ
(グーグルマップ)
b0253941_12344325.jpg


疑惑まみれの竜田古道の里山公園裁判は、昨日のNPO絡み、UR絡みの裁判に続いて、本日(4月16日)、柏羽藤環境事業組合が絡む3つ目の法廷裁判が行われた。

O 4月15日~① NPO絡みの裁判、② UR絡みの裁判
O 4月16日~③ 柏羽藤環境事業組合絡みの裁判


この3つの事件は数々の疑惑が残る竜田古道の里山公園を舞台に発生しているものであるが、またその舞台で一連の疑惑に蓋を被せ、あるいは証拠を隠すかのように、同公園内に完成をさせてしまった新たな施設「自然体験学習施設」とともに、またまた中野隆司市長は大きな問題を抱え込んでしまったようである。

大阪維新の会・市長として就任後、さっさとこのとんでもない疑獄(?) 事件にケリをつければ、この「まち」の名市長として名を残すチャンスがあったのに、残念ながらこの市長は、あの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事の全てをしょい込む道を選んでしまったようである。

この3つの裁判は、今後、新たな方向に拡大する可能性もあるが、それにしても、何故この「まち」では、このような疑惑にまみれたデタラメ市政がまかり通るのか、まかり通ってきたのか…、その実態を知れば知るほど、この「まち」の政治はどこかよその国での出来事のような気さえしてくるときがある。

現在、裁判の途中でもあり、ここにそれら出来ごとの全てを書き出すことは出来ないが、いずれこの「まち」の腐敗政治の仕組みやデタラメ行政の実態を公開することが出来るはずである。
by rebirth-jp | 2015-04-16 20:46 | ◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中 | Comments(0)
この「まち」の腐敗政治は選挙が終わっても何も変わらない!!!/維新も自民党も公明党も新風かしわらも
…市政クラブも、どこを切っても同じ色、顔をした現状維持の自己保身党・あるいは自分党一派という感しかない!!??/(腐敗政治が続く柏原市の場合)
(このブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます。)

O 数々の不透明行政が続く柏原市役所/大阪維新の会・中野隆司市長
(官の組織(市役所)は腐っても決して潰れない。そして市民の血税を喰い潰す。)

大きな地図で見る

腐敗政治が続く柏原市の場合、市政と議会、そして例の悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」の3者が歪な関係を保ちながら、一体となって、政策無し、改革無し、そして市長お手盛りの市民を餌(報酬・補助金等々)で操るあめ玉行政を進めながら、市民の血税を喰い潰しているだけである(市政の正体を知れば知るほどそういう実感しか湧かない)。これが半世紀も続いているのである。市政に無関心の多くの市民はこのことを知らないでいるが・・・。

国も地方も相変わらず市民の無関心が続いているが、こんな状態では国が謳う地方創生など幻想の世界である。地方創生も結局は地方の首長の質にかかってくることを考えれば、多くの地方自治体が絵に描いたモチで終わることは目に見えている。

大阪都構想もしかり、今回の統一地方選の前半戦で、府・市議ともに半数届かずの結果は、既に都構想に反対の審判が下ったと判断するべきである。やるかやらないかの100対0の思考ではなく、一度立ち止まって、多くの市民が納得のできる新たな形の改革、あるいはしっかりと準備をした都構想を考え直してみるべきである。

5月17日の住民投票でたとえ賛成多数の結果が出たとしても、このまま無理矢理、大阪都構想に突っ走れば、府も市も、そして市民も必ず大きな傷を負うことになる。維新はこれを市民が賛成をしたからと「5.17」を市民の責任にする言い訳の道具にするのだろうが、こういう思考で政治をやれば、国や地方は壊れ、さらには人(民)の心まで壊れてしまうことを、議員も市民も、過去の事例でいくつも学んでいるはずである。

国を変える、地方を変える、「まち」を変える・・・、国民のため、市民のため、地域のため、住民のために政治を変える・・・、誰もが大賛成である。しかしその前に政治家たちがやるべきことは目の前に山ほど転がっているはずである。政治改革、市政改革、議会改革も出来ずに、市民に改革を委ねる、これでは議会(議員)としての職務放棄である。

ロクでもない市長や議員たちが、本来の自分たちの仕事をしないで市民に責任を負わせる。こういうやり方は、一見、興味を引くが、本来の政治のあり方ではない。本来の議会のあり方ではない。市民・有権者の側は、維新率いる都構想推進派、あるいは反対派の口先だけの甘い言葉に洗脳されることなく、自分の頭でしっかりと考え、「5.17」の住民投票に臨むべきである。

市長や職員、そして議会(議員たち)には、「お前たちは市民・有権者の代表者として、死ぬほど議論をやったのか?」「議論が不十分なまま、一番楽な方法で市民に判断を委ねる。」「こんなことをやり始めたら、議会の必要は無くなるぞ・・・。」

それでも「5.17」は実行されるわけだが、市民・有権者の側は、この投票だけは決して人任せにしてはいけない。都構想に確信が持てれば賛成!! 不安や迷い、疑問が残れば反対!!   決まれば決して後戻りのできないことを覚悟して投票に臨むべきである。

まあそれにしても大阪市民も舐められたものである。テレビのCMで大阪都構想を擦り込めば市民の頭を洗脳できるということだろうが、ここまでくれば大阪の「まち」が見苦しくさえ見えてくるのは当方だけではあるまい!!!  こんな「まち」にはあまり住みたくない・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/革新(市政オンブズマン)

大阪維新の会:中野隆司市政/柏原市政悪政の根幹は、行政トップと行政協力委員制度、監査委員、そして議会(議員たち)の4機関にある。それを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」である。

市政始まって以来の大疑獄事件!!?? 疑惑まみれの竜田古道の里山公園裁判(公金支出金返還請求事件)は、4月15日(NPO絡み、UR絡み)、16日(柏羽藤環境事業組合絡み)の二日間、裁判進行中(大阪地裁/第2回期日)。

革新(市政オンブズマン)/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政
O 情報公開請求/55件
O 異議申し立て/1件
O 公正取引委員会申告/1件
O 中野隆司現市政
O 情報公開請求/159件
O 監査請求/5件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)
O 住民訴訟/3件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)


ほか数多ある不透明や疑惑の案件については、別途、監査請求を準備中!!!/革新(市政オンブズマン)は、今年からさらに本格的に、腐蝕市政とデタラメ行政、そして機能不全の監査委員(機関)、議会を対象に、検証を進めます。政治や市政に関心ある方のご参加・ご協力をいただければ幸いです。

今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中である。

市民の側は「維新」とは名ばかりの腐蝕の柏原市政に騙されてはいけない!!! 市民の無関心と114名で構成する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

O 質問・抗議・情報提供等/お問い合わせ・連絡先

革新・市政オンブズマン事務所/中山
FAX 072-975-1681
電話 090-3654-5695
メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp

by rebirth-jp | 2015-04-15 01:06 | ◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は | Comments(0)
どう見ても多過ぎる!!!/議員の本分を忘れ何でもかんでも市長におもねるだけの賛成採決しか出来ないのなら
…次の選挙では5人くらい定数の削減をすべきである。

(このブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます。)

O 柏原市議マップ/市議会だよりから
b0253941_1103496.jpg

O まったく機能不全に陥ってしまった議会の議長は奥山渉議員
副議長は岸野友美子議員である。
b0253941_10314525.jpg

O この羊の群れはいったいどこへ向かおうとしているのであろうか。
b0253941_17392032.jpg

O 柏原市議住所録/市議会だよりから
b0253941_113319.jpg


参考資料
O 羽曳野市/平成27年2月28日現在
   世帯数49,037
   人口114,902
   議員定数18名
O 藤井寺市/平成27年3月末現在
   世帯数28,707 世帯
   人口66,362 人
   議員定数14
O 柏原市平成/27年3月末現在
   世帯数31,028世帯
   人口71,836人
   議員定数17

by rebirth-jp | 2015-04-09 01:15 | ◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は | Comments(0)
何故こんな単純思考のOO市長とOO委員長が生まれてしまうのか!!??/おかしなことは行政文書の開示請求で
…多くの疑問が晴れる。そしてまた大阪維新の会とは名ばかりの維新とは180度真逆にある柏原市政の正体も視えてくる!!!
(このブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます。)

(その2)
条例・規則などの関連法規に名を借りたバラマキ行政・アメ玉行政、姑息な手法による報酬、日当、費用弁償稼ぎの実態を暴く!!!

腐蝕の市政とデタラメ行政で市民の血税を喰い潰す大阪維新の会・中野隆司市政は、良くも悪くも大阪維新の会・本丸とは180度真逆の村政治である。


中野市長はこの2年間、内向きの組織変更や独裁固めの人事政策を進めただけで、そこには、政策も、改革も、もちろん身を切る改革など、微塵もその形跡は無い。「まち」の政治はますます劣化が進み、議会や監査委員、そして行政協力委員制度が一体となって腐敗政治の道をまっしぐらである。

O 腐蝕の柏原城!!??//城主は、あの嘘吐き市長の禅譲により腐蝕市政とデタラメ行政を100%引き継いだ、これもまた嘘答弁を平気でやる大阪維新の会:中野隆司市長である。
b0253941_23532554.jpg


まだまだいろんな問題が指摘・論議されている中での教育委員会制度の改正「地⽅教育⾏政の組織及び運営に関する法律の⼀部を改正する法律(平成26年法律第76号・平成27年4月1日施行)」により、さっそく教育現場での実権を握ったとでも思ってしまったのか、何とも単純思考の現場介入である。

何の準備もないまま専用の電話番号2台で、二人のトップが対応をするという。しかも小学生・中学生を相手にである。聞けば二人とも教育現場の経験者であるというが、であるならこんな単純思考の対応で何も解決しないことは分かっているはずである。

まさか市長の仕事の合間、教育長の仕事の合間の暇つぶしではあるまいが、私が親なら、自分の子供たちにこういう人物には相談をさせない。

市長と教育長の二人が、午前9時から午後5時までの間、2台の専用電話で対応をするというが、電話対応には他にだれもこういう分野の専門家や相談員もいないという。特に体制も取っていないようである。

下記に掲載しているのは、このあまりにもいい加減な市長と教育長の『いじめ相談 窓口対応』を疑問に思い、その体制や業務の中身の説明を求めて市に行政文書の開示請求を求め、その回答の通知を受けるまでの流れである。

結果はご覧のとおりであるが、たった一つの新聞記事から、その背景にはいろんな思惑が視えてくる。

市民・有権者の側は、市長の市政運営や行政、議会、監査委員、市長お手盛りの何とかかんとか委員会・協議会・審議会等々・・・、そういうところに不透明さや疑問を持ったなら、遠慮なく、関係する行政文書の開示を求めれば、市側は親切に資料を開示し説明をしてくれるはずである。

市は原則、情報を隠したがるが、市民の知る権利を前提に、こういう方法で市政に関心を持つことも一つの方法である。行政文書の開示請求は居住地を問わず、何人も請求をすることができる。議会や監査委員が機能をせず、市民・有権者の代表者としての役割を果たさないなら、市民がこうして市政をチェックするしかないわけだが、よくもまあ、こんなデタラメ市政が半世紀も続いているものだと、いつもあきれ果てている。

市民が無関心でいるうちに、この「まち」の政治は腐り切っているとしか言いようがない。もうここまでくれば、中からの自浄作用を期待するのは無理である。あとは何かをきっかけに新たな誕生を待つしかない・・・

O 開示請求から文書不存在による不開示決定への流れ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
O 『いじめ電話相談 市長が窓口』
/H27.3.4朝日新聞記事から

b0253941_2145793.jpg


O 上記新聞記事から、市がどういう体制を取っているのかを確認するため、市に提出した行政文書開示請求書の内容
b0253941_14564318.jpg

O 上記開示請求に対し、市長がその回答をした文書の内容/請求に対する文書は不存在
b0253941_1502491.jpg

O参考資料
(市長と教育長が小中学校に配布したというチラシ資料の内容)
小学1、2年生を対象としたチラシ
b0253941_15364179.jpg

小学3年生以上を対象としたチラシ
b0253941_1539613.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が、今回の「いじめ電話相談 市長が窓口」に対する行政文書の開示請求から、市側の回答(開示)までの流れである。(対応は市長直轄・政策推進部秘書課)

参考~関係する条例・規則
(関係する条例名のみを記載しているが、順に、その詳細は検証していく。)
○ 教育長の給与、勤務時間等に関する条例/柏原市
○ 柏原市教育委員会教育長に対する事務委任規則
○ 柏原市いじめ問題対策連絡協議会条例 平成26年6月30日 条例第14号/柏原市
○ 柏原市いじめ問題対応委員会条例 平成26年6月30日 条例第15号/柏原市
○ 柏原市いじめ問題再調査委員会条例 平成26年6月30日 条例第16号/柏原市
○ 特別職の職員の給与に関する条例/柏原市
○ 非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例/柏原市
○ 職員の旅費に関する条例/柏原市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コラム/柏原・革新の会(市政オンブズマン)

大阪維新の会:中野隆司市政/柏原市政悪政の根幹は、行政トップと行政協力委員制度、監査委員、そして議会(議員たち)の4機関にある。それを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」である。

柏原・革新の会/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政
O 情報公開請求/55件
O 異議申し立て/1件
O 公正取引委員会申告/1件
O 中野隆司現市政
O 情報公開請求/159件
O 監査請求/5件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)
O 住民訴訟/3件
  (内、柏羽藤環境事業組合1件)


ほか数多ある不透明や疑惑の案件については、別途、監査請求を準備中!!!/革新の会(オンブズマン)は、今年からさらに本格的に、腐蝕市政とデタラメ行政、そして機能不全の監査委員(機関)、議会を対象に、検証を進めます。政治や市政に関心ある方のご参加・ご協力をいただければ幸いです。


今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中である。

市民の側は「維新」とは名ばかりの腐蝕の柏原市政に騙されてはいけない!!! 市民の無関心と114名で構成する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by rebirth-jp | 2015-04-08 17:00 | ◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
軽い市長ですね……… ..
by 市民 at 06:10
半世紀もの間、この「まち..
by rebirth-jp at 23:24
 行政協力委員はなくなっ..
by 知りたい at 19:41
現時点、柏原市議選挙の候..
by rebirth-jp at 01:23
現在、現職を含め19人の..
by rebirth-jp at 10:08
この人、また出るって聞き..
by 噂ですが at 21:01
おっしゃるとおり、サンヒ..
by rebirth-jp at 23:26
新市長はサンヒル柏原を使..
by 市民 at 17:26
安心してコメント書いてく..
by rebirth-jp at 13:44
(その3) それともう..
by rebirth-jp at 12:30
(その2) ほんとにバ..
by rebirth-jp at 10:24
(その1) そうですね..
by rebirth-jp at 10:23
解説ありがとうございます..
by 市民 at 03:04
(その2) 今回の定例..
by rebirth-jp at 11:47
(その1) 柏原市の「..
by rebirth-jp at 11:46
今日、はじめてネット中継..
by 議会 at 19:25
半世紀も昔の村しがらみに..
by rebirth-jp at 08:00
次の市議選ですが、維新か..
by 市民 at 00:11
市政運営の方針、弁護士の..
by 柏原市民 at 20:17
トップ(副市長と市長)が..
by rebirth-jp at 09:39
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル