革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆大阪維新・冨宅正浩/組合腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆平成28年第1回柏原市議会定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇謹賀新年/蛇の生殺し/H25年
◆謹賀新年/午年 H26年
◇謹賀新年/羊年 H27年
◆謹賀新年/酉年 H29年
◆謹賀新年/申年 H28年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
<   2017年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
報道発表資料 住民監査請求(地域活動協議会補助金2)監査結果について/住之江区の場合

市長選挙が終わっても何を勘違いしているのか市民の血税から成る
広報誌を使ってまだ選挙運藤を続けてい
としか思えないOO市長
がいるようだが
現市政に対する検証については
まずは広報誌中身の検証から始めたいと思っている
現在この新市長に対しては「二つの住民監査請求」を提出中である


案件は下記の2つの事件である
(これらの事件も本来は議会(議員たち)の仕事である)

O 疑惑の政務活動費支出で議員辞職をした元大阪維新の会・山本修広議員に対する返還請求事件/本事件については当時の会派「新風かしわら」に所属していた二人の議員(現市長の冨宅正浩当時市議、現在無会派の山口由華市議)については証拠隠滅罪の疑いもある。

O 7千800万円の負債を残して破産した第三セク・サンヒル柏原の理事者や違法不当に債務を膨らませた疑いのある市長らに対する損害賠償請求事件


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下本件タイトルについて

参考資料

(住之江区の場合)

4月24日公開の報道発表資料

下をクリックしてください




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市も下記のような「監査結果」は報道発表すべきであるが
大阪維新の会市長が座る
腐蝕の柏原城は
決して
こういう案件を報道発表しようとはしない!!!

平成27年12月4日告示

(柏原市の場合)

区長会活動補助金10年間分に対して

一千万円の返還請求

勧告

下をクリックしてください

勧告の内容は
柏原市長は、平成17年度から平成26年度までに区長会に交付した本件補助金のうち、区長会が不当に受領した4,370,546円について、60日以内に補助金の交付決定の一部を取り消 し、返還請求を行うこと


柏原市の場合は「区長会」の名を利用した詐欺行為による補助金搾取が

およそ半世紀近くも続いていたことが判明している

これはおそらく

市の主導によるものと思われる


この

補助金交付については

上記の住民監査請求後に廃止をされたが

なぜ議会(議員たち)がこの状態を放置してきたのか理解ができない


なおこの団体が

不当に利得した四百数十万円に対しては

監査委員の勧告や市長が返還請求や督促を突き付けているにも関わらず

いまだに四百万円を超える金額の

返還に応じないでいる


こういう状態にあるにもかかわらず

市長は今年も

年間総額一千四百万を超える金額を

この団体に市民の血税から支出をしているのである

全ては悪政の根源「柏原市行政協力委員規則」がその根元となっている


住民の側は

保身に走る市長や市長派議員たちが

この悪法「柏原市行政協力委員規則」を利用した悪策・愚策

そして時には悪事の政策で

「まち」本来の自治会・町会制度を壊し

この「まち」の政治を腐らせ続けていることを知るべきである


「古い政治を壊す。」「新しい政治を創る。」

と維新の名を騙り

小手先の職員人事(組合主導の人事政策)をすれば

それが「組織改革」だと勘違いしているとんでもOO市長がいるが

ほんとうに古い政治を壊したいなら

一時も早く

この悪法「柏原市行政協力委員規則」を廃止することである


残念ながらこの悪法が生み出した市長や副市長に

その決断と実行力を

期待することはできない


現在 役所の機関のトップに座る3人衆は

市長が元八尾市職員

副市長が柏原市職員しかも柏原市職員労働組合の執行委員長

そして議長も元柏原市職員

さらには時の市長が「まち」を勝手に114分割し

非常勤職員の身分を与えて報酬を支給している114区長(行政協力委員)

立派な公務員身分の職員である


これを見れば

この「まち」の市政が

どうしようもないほどの腐った構図で「まち」の発展を

阻害しているかが理解していただけるだろう


残念ながら

これが腐蝕の柏原城の実体である





by rebirth-jp | 2017-04-30 08:59 | ◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか | Comments(0)
3事件裁判中2件目/岡本泰明元市長及びUR(独立行政法人都市再生機構西日本支社)を被告(柏原市)の相手方とした竜田古道の里山公園事件裁判

あの嘘吐き・デタラメ市長と市長公室の悪党一派が

一番恐れているのがこのUR絡みの事件を

暴かれること

である


この事件を隠すために

この悪党一派は

疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に

それまで長年続いていた青少年キャンプ場の廃止を強行し

自然体験学習施設を建設したのである


おそらくこの事実は

議会(議員たち)も認識しているはずである

結局 百条委員会で何一つ解明も解決もできなかったことから

その責任を隠すためにこの疑惑隠しの計画を

悪党一派と一体となって

進めたのである


コイツラは

何も知らない柏原市民に全ての責任のツケを回し

今現在も毎年数千万円の市民の血税を

あのごみ処分場跡地の

疑惑まみれの竜田古道の里山公園に垂れ流しているのである

市民のためにはクソの役にも立たない

羊の集団である!!!



まずは住民訴訟の前置となる住民監査請求の全文掲載から


対象事件の中には刑事告発の対象となる案件も含まれており

腐蝕の柏原城に対してはそういう点も視野に

悪党一派の

大掃除をする必要がある!!!




O 住民監査請求全文掲載/住民訴訟に移行し現在大阪地裁で裁判が進行中


住民監査請求は平成2695

住民訴訟提訴は平成29年123


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0253941_00214603.jpg
b0253941_00211972.jpg
b0253941_00205447.jpg
b0253941_00203043.jpg
b0253941_00201369.jpg
b0253941_00194403.jpg
b0253941_00192039.jpg
b0253941_00185794.jpg
b0253941_00183058.jpg
b0253941_00181124.jpg
b0253941_00174870.jpg
b0253941_00172920.jpg
b0253941_00165625.jpg
b0253941_00163167.jpg
b0253941_00161183.jpg
b0253941_00154215.jpg
b0253941_00151809.jpg
b0253941_00145416.jpg
b0253941_00142762.jpg
b0253941_00140438.jpg
b0253941_00133526.jpg
b0253941_00131394.jpg
b0253941_00125241.jpg
b0253941_00122256.jpg
13


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by rebirth-jp | 2017-04-29 23:41 | ◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中 | Comments(0)
3事件裁判中1件目/岡本泰明元市長及びNPO法人柏原ふる里づくりの会を被告(柏原市)の相手方とした竜田古道の里山公園事件裁判  
この事件は議会が設置した「百条委員会」が調査の途中で
仕事を放棄した案件である
なんのために
百条委員会を設置したのか知らないが
いまでは悪党一派や何も知らない市長と一体となって疑惑隠しに走り
羽曳野市・藤井寺市の負担分まで柏原市民に負わせる
というバカ市政がただ惰性に任せて
流れているだけである

竜田古道の里山公園の維持管理費については3市負担の原則に戻すべく
本丸の住民監査請求・住民訴訟を視野に
準備を進めているが
これも本来は市長や議会(議員たち)の仕事である
残念ながらかれらは 一切 市民や「まち」のことを考える思考が無いようである

まさに「見ざる 言わざる 聞かざる」そして動かずの
体たらく集団である



まずは住民訴訟の前置となる住民監査請求の全文掲載から



対象事件の中には刑事告発の対象となる案件も含まれており

腐蝕の柏原城に対してはそういう点も視野に

悪党一派の

大掃除をする必要がある!!!



O 住民監査請求全文掲載/現在裁判(住民訴訟)に移行し大阪地裁で裁判が進行中である

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


O 住民監査請求の提出日は平成26年9月5日
住民訴訟提訴は
平成26年12月1日である
b0253941_19073387.jpg

b0253941_19061652.jpg

b0253941_19060496.jpg

b0253941_19054320.jpg
b0253941_19053396.jpg
b0253941_19052071.jpg
b0253941_19050715.jpg
b0253941_19045611.jpg
b0253941_19044750.jpg
b0253941_19044005.jpg
b0253941_19043301.jpg
b0253941_19042269.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by rebirth-jp | 2017-04-29 00:11 | ◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中 | Comments(0)
3事件裁判中3件目/柏原市(市長))を被告(柏羽藤環境事業組合管理者)の相手方とした竜田古道の里山公園事件裁判

この案件・事件も

本来は市長と議会(議員たち)がやるべき仕事である

この連中がいったいどこを向いて

仕事をしているのか

知らないが

この連中が市民目線で仕事をしてくれれば

ここまで腐った市政の「まち」にはならなかったはずである



まずは住民訴訟の前置となる住民監査請求の全文掲載から


3つの対象事件の中には刑事告発の対象となる案件も含まれており

腐蝕の柏原城に対してはそういう点も視野に

悪党一派の

大掃除をする必要がある!!!



O 住民監査請求全文掲載/請求人は中山雅貴ほか1

現在、住民訴訟に移行し、大阪地裁で裁判が進行中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0253941_20082731.jpg


b0253941_20051742.jpg

b0253941_20050710.jpg
b0253941_20045184.jpg
b0253941_20044229.jpg
b0253941_20043430.jpg
b0253941_20042618.jpg
b0253941_20041840.jpg
b0253941_20040631.jpg
b0253941_20035799.jpg
b0253941_20034905.jpg
b0253941_20034005.jpg
b0253941_20033123.jpg
b0253941_20031903.jpg
b0253941_20030576.jpg
b0253941_20025373.jpg
b0253941_20024599.jpg
b0253941_20023601.jpg
b0253941_20022864.jpg
b0253941_20021950.jpg

b0253941_20020963.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by rebirth-jp | 2017-04-27 20:15 | ◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中 | Comments(0)
報道発表資料 住民監査請求(地域活動協議会補助金2)監査結果について



4月24日公開の報道発表資料


by rebirth-jp | 2017-04-27 00:11 | ◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか | Comments(0)
開示請求書を提出/今度は柏原市体育協会とサンヒル柏原テニスコートを月額60万円で貸付契約
柏原行政に
なぜ次から次に
不透明な案件・事件が続くのか!!??

O いきなり出て来たサンヒル柏原のテニスコートの
貸付契約に関し関係文書の開示を請求
(H29.4.24提出)

とは言っても議員たちはこの貸付契約の存在を
知っていたようである
何も知らされていないのはいつも市民の側だけである
b0253941_22562002.jpg


柏原市とあかねの宿・サンヒル柏原との間に発生した契約トラブルで
業者が契約途中で事業(サンヒル柏原)を撤退し問題は
いまだに未解決のままである
柏原市は
この業者に対して
市有財産賃貸借契約書の契約条項に違反したとして
平成28年9月21日付賃貸借契約解除通知書により契約を解除している

そこにはおのずと損害賠償請求の問題が生じるが
その解決がないまま
柏原市は
わずか10日後の
平成28年10月1日付で
上記契約書の対象となっていたテニスコートに関して
柏原市体育協会との間で月額60万円での貸付契約を交わしている

これを「あかねの宿・サンヒル柏原」に対する
賃貸料請求や損害賠償請求に際して
月額60万円を差し引き
現在
和解に向けての途中というが
詳細は不明である

こうやっていつも問題を片付けないまま
次の新たな問題を
まだ傷が治らないうちに
膿が溜まった瘡蓋を次から次に重ねて行くから
柏原行政はいつまで経っても腐蝕の柏原城と云われるのである

この行政トップに座っているのが
元自治労柏原市職員労働組合の松井久尚副市長と
元八尾市職員の冨宅正浩市長
である

元職員コンビの行政トップでは
おそらく何一つ市政の改革や「まち」の政治改革は出来ないだろう
できるのは職員労働組合が実権を握る
職員人事くらいである
そしてますます内向きの市政運営が続くはずである

これに議会(議員たち)も一体となって
市政を腐らせているわけだが
腐蝕の柏原城の「病」は底無しのようである




by rebirth-jp | 2017-04-25 00:11 | ◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑 | Comments(0)
公開による陳述を要望/住民監査請求に係る証拠の提出及び陳述について
[ 2017-04 -15 00:11 ]


上記の住民監査請求に関して、下記の通知書により、本日、陳述日が設定されました。予定通り、追加の証拠資料の提出と陳述を行ないました。
b0253941_17401959.jpg

これについては柏原市の場合、一般に公知されておらず、請求人の「陳述」に関しても、これまで公開されたことはありません。

住民監査請求の場合、請求人は市民の立場で請求権を行使しているものであり、一般市民や市民を代表する議員の方たちには、是非とも傍聴をしてほしいものです。

監査委員、請求人、議会(議員の皆様)、そして市政に関心を持っておられる市民の皆様・・・、このいずれにも、市民の血税を無駄に垂れ流して欲しくないという共通の想いがあるはずです。

こういう事情から、既に「陳述」の公開が実施されている他市の資料(下記掲載)を参考として、柏原市にあっても、住民監査請求による請求人の「陳述」を公開の方針で検討していただくよう、監査委員事務局に要望をしておきました。


O 下記は他市の参考資料です

b0253941_17400893.jpg

b0253941_17395630.jpg
b0253941_17394108.jpg






by rebirth-jp | 2017-04-24 18:07 | ◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件 | Comments(0)
悪政の根元となっている悪法「柏原市行政協力委員規則」の制定は昭和53年/市長・議員たち・職員たちにとっては余程都合のいい規則なのであろう


この悪法「規則」が柏原市政を腐らせ

議会制度や監査委員制度を機能不全に陥らせている!!!

情けない話だが

体たらく議会(議員たち)

この悪法に手も足も出せずまるで蛇に睨まれたカエルのように

思考を縛られている!!??

この悪法(規則)は今すぐ無くなっても市民や「まち」が困ることは何一つない

困るのはこの悪法を基盤に腐り切った腐蝕の柏原城に籠る市長や副市長そして体たらく議員たちである




一方の行政協力委員(114区長)の側にとっても、よほどこの規則はありがたい存在なのだろう。


b0253941_14454689.jpg

報酬・補助金・表彰等々・・・

まさにアメ玉とも云える公金バラマキの実体が

この悪法「柏原市行政協力委員規則」を検証することで丸裸になる!!!


これも市長・副市長と議会(議員たち)の仕事であるが

彼らはこの悪法に決して目を

向けようとはしない

それどころかこの悪法と一体となって

市政を腐らせ市民の血税を喰い潰しているのである




(その5)

悪政の根源/114人の区長で構成する『柏原市行政協力委員制度』は「まち」を腐敗に導くために時の市長が手にした『悪のモンスター制度』である!!??


腐敗政治の根源となっている柏原市行政協力委員規則を徹底検証

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まずは下記規則の制定年月日の部分から


O柏原市行政協力委員規則

昭和53330

規則第11


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この規則は、832年という恐ろしいほどの長期政権時(山西敏一市長)に制定されているが、なんと制定以来、一字一句の改正もないまま、政権の中心的位置にどっかりと座って、市政を腐らせ続けている。


山西市長の市長着任が昭和48年であるから、このカビの生えたような「規則」は、半世紀近くもこの「まち」に根を張り、腐敗政治の根源となっているというわけである。


おそらく柏原市全職員の誰よりも古い制度のはずである。役所に就職した時からこの悪法・悪制度が組織の中に存在しているわけだから、なかにはこの悪制度の仕組みの中でしか仕事ができない職員もいるはずである。


想像ではあるが、議員たちの多くもこの悪制度の中から生まれているのかもしれない。多くの市民は市政に無関心のため、この悪制度の実体を知らないが、その仕組みはしがらみにまみれたムラ政治の中で、まるで北OOが中Oのような、なんとも気持ちの悪い構図が出来上がっているのである。


この悪制度がおよそ半世紀も続いていることから、この制度をつくった当の本人たち、つまり市長も、職員も、そして議員たち、さらには報酬・補助金・表彰等のあめ玉で操られている行政協力委員(区長会)たち自身もが、この悪法に縛られ身動きができなくなっているのである。


いくら職員たちにやる気と能力があっても、この骨の髄まで腐り切ったいわゆる「山西システム」が組織を腐らせ、職員たちを潰しているのである。特にあの嘘吐き・デタラメ政権時の市長公室以来、役所の中枢部の腐り様は酷いものである。


まともな思考を持っていれば、この悪法が如何にこの「まち」の政治を腐らせ、また発展を阻害しているかは誰もが分かるはずである。時折「このブログ、中山は、行政協力委員(区長会)を侮辱している。」「名誉棄損だ。」などと、相当の怒りを持った行政協力委員(区長)の声があると聞く。


とんだ思い違いである。あなた方を侮辱し、名誉を棄損するような扱いをしているのは、時の市長や行政マンたちである。報酬や補助金・表彰制度などで名誉職を与え、市長や役所の都合で好き勝手に操り、カネさえばらまいておけばこの「まち」はどうにでもなると、市民をバカにし、愚弄し、自治会・町会本来のあり方をぶっ壊しているのは市長たちである。


カネを貰っているから腐った市政に文句も言えない、反市長派の議員が出てくれば圧力を掛け黙らせる。「このまちには行政協力委員会(区長会)があるから議会は要らん」とまで言っていたバカ市長も居たというが、そういうできごとが続いているのも現実である。いわゆる典型的な田舎のムラ政治が、いまだに続いているというわけである。


市民のほとんどは知らないが、この行政協力委員(区長会)には、毎年、三千数百万円以上の公金が流れていたのである。その名目は報酬や補助金の交付という形になっているが、その実体は不透明なものばかりである。これが半世紀も続いているのである。腐った市政運営が続き、「まち」の財政が喰い潰されていくのも当然である。


この悪法は、一時も早く廃止をすべきであるが、もう市長にも議員たちにも期待はしまい。今の行政トップや議員たちに、その作業ができないことは、この数年で嫌というほど思い知らされてきた。


この悪法を廃止するのは簡単なことである。市長がこの悪法(規則)を廃止すればいいだけである。この悪法を廃止したからと言って自治会・町会が消えることはない。かえって本来の自治会・町会のあり方が論議され、まともな形に戻るはずである。


というよりも、昔から、隣組や班長制度などの仕組みなどで、自治会・町会は成り立っているはずであるから、今の悪政の根源となっている「柏原市行政協力委員制度」が消えて無くなっても、「まち」は誰も困らないはずである。困るのは、この制度を利用して、悪策や愚策、時には悪事の政策を進めて来た役所の職員たちであり、これまでこの行政協力委員(114区長)に非常勤職員という身分を与え、この区長たちの署名と印鑑を「市民代表者の声」として「事」を進めて来た市長たちである。


この悪制度を利用した一番楽な手抜きの仕事が、半世紀も続いているのである。これでは「まち」が発展しないのも当然である。これをまともな形にするには、市長の決断一つであるが、村しがらみの中から生まれた市長たちには何もできないだろう。相変わらず、まちの顔役たちに頭をペコペコ下げて回ることぐらいしかできないはずである。


そして元自治労柏原市職員労働組合執行委員長の副市長と元八尾市職員という元職員コンビの行政トップは、得意の職員人事政策で役所の中の組織名を変えたり職員の配置を変えたりなどの小手先の手法で、得意げに「役所の組織改革」を謳うはずである。残念ながら内向きの政治が続くだけで、腐った市政運営は何も変わらないだろう。


「古い政治を壊す。」「新しい政治を創る。」・・・、「まち」のあちこちに貼ってある維新のポスターの白々しさは、柏原市に限っては反吐が出るほどである。


この「まち」の財政が先に破綻してしまうのか、あるいはこの悪制度が廃止されるのが先かは、今の無策・無能の行政トップたちや議会に任せるしかないが、政治に関する限り、市民の無関心と善人市民たちの沈黙は、やはり最大の罪である。いずれすべてのツケが市民の側に回ってくることを我々は知っておくべきである。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下つづく・・・



(下記は半世紀も昔のままの規則原文を掲載したもの)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


O柏原市行政協力委員規則

昭和53330

規則第11


(行政協力委員の設置)

1条 市行政の浸透を円滑にし、緊密な自治振興を図るため、行政協力委員を設置する。


(委嘱)

2条 行政協力委員は、市内各地区の住民が参加する自治組織(以下「自治区」という。)において選任された代表者(区長)に対し、市長が委嘱する。

2 行政協力委員を設置する自治区の名称及び区域は、別に定める。

3 行政協力委員を設置する自治区割は、地区の地理的、社会的条件を尊重しつつ、住居表示による丁、町又は大字を基準に200世帯以上を単位とし、道路、河川、水路、鉄軌道等の明確な境界により区画することを原則とする。


(職務)

3条 行政協力委員は、自治区における市政とかかわる各種の問題を処理するために、主として次の業務を行う。

(1) 市が行う広報活動に関すること。

(2) 区内の住みよい環境づくりに関すること。

(3) その他市行政への協力に関すること。


(身分及び任期)

4条 行政協力委員は、非常勤とする。

2 行政協力委員の任期は2年とし、再任を妨げない。

3 行政協力委員が任期中途で辞任しようとするときは、速やかに後任者を市長に届け出るものとし、後任者が就任するまでその業務を行うものとする。

4 中途就任者の任期は、前任者の残任期間とする。


(報酬)

5条 市長は、毎年度予算の範囲内で、行政協力委員に報酬を支給する。


(行政協力委員会議)

6条 市長は、年1回以上行政協力委員会議を招集する。


(庁内の連絡等)

7条 市行政に関し、第3により行政協力委員に協力を求めるときは、各部課(かい)長は、あらかじめ行政協力委員の主管課長に連絡及び協議するものとする。


(補則)

8条 この規則に定めるもののほか、行政協力委員に関し必要な事項は、市長が別に定める。


附 則

 の規則は、昭和5341日から施行する。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by rebirth-jp | 2017-04-22 12:13 | ◆長期32年山西システムは悪のモンスター | Comments(0)
理事・評議員の責任は!!??/第三セク・サンヒル柏原の経営破綻と破産問題は・・・

柏原市長は

「債権0円」決定を不服として

異議申し立ての提訴をしたがそれはとんだ筋違いである

市長が債権者としてやるべきことは

下記の

評議員や理事らを相手に

損害賠償の請求を求め事業の失敗を市民に報告することである



「破産債権0円」決定の判決主文は下記に全文を掲載

下をクリックしてください

柏原市(岡本泰明前々市長・中野隆司前市長・冨宅正浩現市長)と議会(議員たち)が市民に知られたくない不都合な真実!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




下に掲載しているのが事業失敗により経営破綻し

破産手続の開始を決定した

第三セク・サンヒル柏原(財団)

設立時及び設立後の「評議員」と「理事」たちである


この実体をみれば

第三セク事業の「サンヒル柏原」の経営が

予想通りに破たんし破産へと突き進んでしまったことも

納得である


そして

やはりこの事業の中心に在ったのは

当時岡本泰明市長と

その支配下にあった市長公室を拠点にした

悪の枢軸である


この「市長公室」は

疑惑まみれの里山公園事件で3期目を断念した

岡本泰明市長の退任とともに

まるで悪事の政策の

証拠隠滅を謀るかのように

組織の中からその名前を消している


その後

この「市長公室」の事務事業の全てを引き継いでいるのが

現在の「政策推進部」と「にぎわい都市創造部」

である



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


設立時及び設立後の「評議員」は、


吉田茂治~柏原市副市長

辰巳英彦~柏原市副市長

三浦啓至~柏原市市長公室長

松本健太~柏原市水道事業管理者

稲田邦敏~柏原市教育長

塩野正成~柏原市総務部長

前芳治~柏原市教育部長

水田三郎~福祉拠点運営委員会代表

椎名義太郎~柏原市人権擁護委員

門谷秀雄~共栄精工()代表取締役

長谷川喜久雄~東邦電器産業()代表取締役

11名である。


この内、三浦啓至市長公室長は、平成233月に定年退職した後も、評議員の身分のまま市の嘱託職員として、第三セクター・サンヒル柏原が経営破綻するまで、同セクターに派遣されていたことが判明している。


のちに上記棒線の6が、平成25年6月に退任し、同日、下記の5名が新しく評議員に選任されている。


松井久尚~柏原市政策推進部長

植田眞巧~柏原市健康福祉部長

三浦誠~元柏原市教育長・社会福祉法人理事

砂田八寿子~柏原市行政相談員・関西消費者連合会柏原支部代表

堀英子~国際ソロプチミスト大阪柏原代表



設立時及び設立後の財団「理事」は、


代表理事~岡本泰明(柏原市長)

理事~木村健三(柏原市商工会会長)

理事~松永次郎(柏原市社会福祉協議会会長)

理事~笠井和憲(元柏原市議・後の二代理事長)

理事~北仲征夫(元天王寺都ホテル総支配人)

理事~上井希子(更生保護女性会会長・公民館運営審議会委員)

理事~三木康史(サンヒル柏原支配人)

監事~大木恭司(元柏原市収入役・柏原市体育協会会長)

8名である。


なおこれ以前に3名の理事が居たが、この3名は、平成23年5月に退任している。


その後任として、上記棒線の2が理事に就任している。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


上記の理事及び評議員の構成メンバーを見れば

サンヒル柏原は

第三セクとは名ばかりで

その独立性も独自性も持たないまま

(市長)の支配下で事業が行われていたというのが実体であったことがわかる





by rebirth-jp | 2017-04-20 00:11 | ◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件 | Comments(0)
豊中市議ら市民有志が近畿財務局職員を背任容疑で告発へ

市政に一番近い市長や議会(議員たち)がこうやって
ちゃんと仕事をすれば腐蝕の柏原城は
今ほど腐ることはなかった
はずである

b0253941_22354709.jpg
b0253941_22353053.jpg

by rebirth-jp | 2017-04-19 00:11 | ◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
first time u..
by MoisesTal at 21:44
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
母子健康手帳の交付(妊娠..
by 実家が柏原市 at 09:36
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
典型的な田舎の腐敗政治が..
by rebirth-jp at 23:46
この「まち」のトロイカ体..
by rebirth-jp at 15:01
サンヒルは市民の財産..
by ダメな人 at 19:53
コイツラ、真面目に経営す..
by rebirth-jp at 11:42
 レストランひとつ経営出..
by サンヒルによく行った at 20:46
わかりやすくご説明頂きあ..
by 一柏原市民 at 00:15
第三セクター・サンヒル柏..
by rebirth-jp at 17:54
この条例からは、これまで..
by rebirth-jp at 21:51
 テニスコートとプールを..
by 何か変。 at 19:26
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル