革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆大阪維新・冨宅正浩/組合腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆平成28年第1回柏原市議会定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇謹賀新年/蛇の生殺し/H25年
◆謹賀新年/午年 H26年
◇謹賀新年/羊年 H27年
◆謹賀新年/酉年 H29年
◆謹賀新年/申年 H28年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
タグ:柏原市行政協力委員 ( 57 ) タグの人気記事
それにしてもよくもまあこれだけ性質の悪い悪制度の仕組みが出来上がったものである!!!


それを許しているのが、今回の市長選挙に立候補をした現職議員たちを含めた柏原市議会(現在定数17)に席を置いた、歴代からの議員たちである。



その悪制度の仕組みの根拠となっているのが、昭和53330日制定、41日施行の「柏原市行政協力委員規則」である。規則制定者は当時の市長、山西敏一市長である。


山西市長は832年という長期政権の中でこのとんでもない規則を制定してしまったわけだが、それがそのまま、一言一句、一文の改正も無いまま、あの嘘吐き・デタラメの岡本政権、そして無能・無策を晒し続けた中野隆司政権へと引き継がれているのである。


よぼどこの悪法(規則)が、市政を私物化する悪党一派にとって都合が良いのだろう。しかしこの悪法は、その中身をよく検証すれば問題だらけの内容てある。間違いなくこの「まち」は、この悪法によって政治が腐ってしまっていると断定していい。


おそらく、今、役所で働く全職員が、この悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」の下で採用されているはずである。かれらは端から腐った制度の中で採用されたというわけである。



(その2)

なぜ悪政の根源と言われるのか!!!/この「まち」に半世紀も根を張る「柏原市行政協力委員(区長会)制度」


市長選挙と市議補欠選挙が始まったが、悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」を廃止しない限り、この「まち」の腐敗政治は延々と続くことになる!!!


この「まち」に、おそらく半世紀以上も昔のしがらみにまみれた「むら型政治」が延々と続いていることは、市政に無関心・無党派層の市民を除けば、誰もが周知の事実である。


よくもまあこれだけ性質の悪い仕組みを作り上げたものである。その筆頭にあるのが、まさに悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」である。


この「まち」の腐敗政治にケリをつけるには、今年、秋、9月の市議会選挙で、どれだけの数の真の改革者(改革派議員)が生まれるかに懸かっていると云えよう。それには悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)」に頼らず、タカリ集団や寄生虫集団に一線を置くことのできる人材が、一人でも多く生まれる必要がある。


それには現在、柏原市に存在している似非維新の市長や議員たちではダメである。かれらは維新とは名ばかりの、大阪維新の会本丸とはまるでド反対の連中である。悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)」やほかの利権集団となって一体となって、市民の血税を喰い潰している連中である。


今回の市長選挙で誕生する市長は、たとえどの候補者が当選したとしてもその背景を見る限り、かつての橋下知事・市長や、現在、東京大改革に向けて突っ走っている小池都知事みたいな力は露ほどもないだろうから、やはり9月の市議選挙は極めて重要な選挙となるはずである。


そういう状況の中、腐り切った腐蝕の柏原城に対して、名前を出して共に戦える仲間を求めてこれまでの活動を進めているが、半世紀も続くムラしがらみの中で、この「まち」のムラ政治がおかしいと分かっていても、いざ戦うとなると、みな村八分を恐れて、名前を出すのを怖がっている市民が多いようである。


その一番の原因となっているのが、悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」である。総勢114人の行政協力委員の委嘱を受けた区長たちである。平均年齢は70歳、いわば団塊のど真ん中世代である。この団体の圧力が怖いというのである。やはり悪制度は、このまちの病理の一つである。


70代後半、80代の行政協力委員(区長)が何十年も区長に就いている地区も多く存在している。良くも悪くも団塊世代のど真ん中が、腐蝕の柏原城の手足となっているというわけである。市長や行政側は、報酬や補助金の支給、そして表彰制度などで、この行政協力委員(区長)たちを、腐敗政治を進めるための道具として操っている案件・事例が、毎年、繰り返されているのである。


ほかにもう一つ大きな要因となっているのが、市民の無関心と沈黙である。多くの無関心層の存在である。見方によれば、この無関心と沈黙が、この「まち」の腐敗政治の一番の要因となっているのかもしれない。


その結果が、ほぼ両足を財政破たんという棺桶に突っ込んでしまった現在の柏原市の財政状況である。


この「まち」は、市民の血税を喰い潰す悪政の根源となっている『柏原市行政協力委員(区長会)制度』を廃止しない限り、腐った政治が延々と続くだろう!!!


そしてこの腐蝕の柏原城を倒すのは、これまで無関心と沈黙の市民、無党派層の有権者が立ち上がるしかないような気がする。そのきっかけが出来るまでは、このブログも当分続くはずである。





by rebirth-jp | 2017-02-06 01:11 | ◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
選挙運動が禁止される区長!!!

市長委嘱を受けて報酬を貰う柏原市行政協力委員(区長)は非常勤特別職の公務員である


b0253941_18093585.jpg

柏原市行政協力委員(区長)と選挙について


年明け早々の平成29212日(日)は柏原市長選挙である。

その半年後の平成299月は柏原市議選挙である。


過去、長年に亘って、この「まち」では、市長の委嘱を受けて報酬や補助金を貰う行政協力委員(区長)たちが、上記の選挙に深くかかわっているという。


この行政協力委員(区長)の総数は現在114人である。市長や市長派議員たちの後援会にも名を連ね、その実体はどこから見ても市長らの選挙基盤となっている。


「選挙の時は「区長」として動くから問題ない。」「報酬を貰う行政協力委員として動いているのではないから違反にならない。」などという非常識が、この「まち」では常識となっていたようである。


堂々と候補者を伴って個別訪問などの選挙運動をやっていた区長も居るようである。それは間違いなく公職選挙法違反である。区長は行政協力委員という役務を兼務しているのではなく、区長そのものが市長の委嘱を受けて行政協力委員という身分を与えてもらっているから、その身分は立派な公務員ということになる。


一見、二つの職務を兼務していると思ってしまうが、行政協力委員という身分を持つ「区長」であり、あるいは「区長」が行政協力委員という身分を与えられているということである。区長は行政協力委員そのもの、あるいは行政協力委員は区長そのものであることが、柏原市行政協力委員規則でもはっきりと根拠付けされている。そのことを114人の区長はしっかりと自覚しておくべきである。(当方も実は勘違いをしていた)


下記は、たまたま検索で出て来た区長と選挙に関する他ブログの内容である。それをメモにしていたものだが、その検索先のブログを見失ってしまった。


下記掲載の内容を見ていただけたら分かるとおり、まったく柏原市の行政協力委員(区長)制度と同様の問題点が、「質問」と「回答」という形で、非常に分かり易く説明をしてある。


柏原市の御製協力委員(区長)さん方はもちろん、地域住民の方にとっても、非常に参考になる内容である。下欄に、メモに残ししておいた原文をそのまま掲載させていただいた。もし原作者の方から「削除せよ」との指摘があれば、即座に、このページは削除をするが、あまりにも柏原市の実態と同一なことから、勝手に転載させていただいた。



O他ブログから転載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

区長と選挙

 小牧市議会議員選挙(925日告示・102日投票)が迫ってきました。街宣車も目立つようになってきました(これって、事前運動かも?)。


 小牧市には128人の区長さんがいらっしゃいますが、今年の1月に、「市民の声」を通して、小牧市選挙管理委員会に「区長と選挙活動」というタイトルの問い合わせをしましたところ、迅速に回答をいただきましたので、その概要を記述いたします。

問1.
 区長は一般市民と比較して選挙運動に関して制限がありますか?
回答1.
 区長は非常勤特別職の地方公務員と考えられます。法的な制限としては、公職選挙法第136条の2にあたる「公務員等による地位利用による選挙運動の禁止」が該当します。
 区長が行う全ての選挙運動に制限があるものではなく、区長の地位を利用した選挙運動が制限されます。

問2.
 もし制限があるとすれば具体的にどのような活動を指すのですか?
回答2
 区長の持つ職務権限及びその影響力を利用することにより選挙人の投票行動に働きかける行為は、地位利用による選挙運動と考えられます。次のような事例が挙げられます。
①補助金、交付金等の交付、融資のあっせん、物資の払下げ、契約の締結、事業の実施、許可、認可、検査、監督等の職務権限に基づく影響力を利用して、外郭団体、関係団体、請負業者、関係者等に対して選挙運動をすること。
②指揮命令権、人事権、予算権等に基づく影響力を利用して所属議員又は関係のある公務員等に対して選挙運動をすること。


問3
 もし、制限がある場合には、各区長にその内容を指示・徹底されていますか?

回答3.
 区長の選挙活動がその地位を利用したものかどうかは、一概に判断しづらい面もあり、現在のところ各区長へは統一的な指示等は行っておらす、個々の事例を相談いただいているところです。


(以上が問い合わせと回答の内容です)

 上記の問い合わせをした主意は、過去の選挙の際に、候補者の選挙事務所に区長さんの推薦状が掲示されていたり、個人演説会で区長さんが応援弁士をされたり、極端な例では(これは完全に選挙違反でしょうが)、区長さんが候補者を連れて戸別訪問をされたりしているのを目の当たりにして、何所までが許され、どこからが許されないかを把握したかったためです。

 春日井市と違って、小牧市の区長さんが「非常勤特別職の地方公務員」とみなされているのは、小牧市から各区長さんに謝礼(23年度予算額は、2,516万円)があるためです。


 したがって、基本的には市の職員の方々と同様に、その地位を利用した選挙運動をすれば、公職選挙法違反となるということです。


 失礼ながら、普段あまり目立たない区長さんが、選挙になると急に目立つようになることがあるように、私は感じています。


 端的に言うと、これは区長さんのせいではなく、各候補者が区長さんを選挙の際に利用しているということでしょう。

 その地位を利用した選挙運動かどうかの見極めは難しいと思いますが、区長就任及び選挙の際には、選挙管理委員会から書面で分かり易く説明する必要があると判断しています。基本的には「選挙運動を自粛してください」と・・・・


 また、各候補に対しても、「区長と選挙運動」に関して書面で説明することが、公職選挙法違反事例を未然に防止する一つの手段であると思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




柏原市長選挙

20161013日 (選挙管理委員会事務局)


柏原市長選挙の投票日等

 柏原市選挙管理委員会は、平成281011日の委員会において、柏原市長の任期満了(平成29310日)に伴う柏原市長選挙の投票日等を次のとおり決定した。

1 柏原市長選挙の投票日

(1)選挙の投票日

 平成29212日(日)

(2)選挙の告示日

 平成2925日(日)

2 立候補予定者説明会

(1)日時

 平成29111日(水) 午後2時開始

(2)場所

 柏原市民文化会館(リビエールホール) 地下1階 レセプションホール

 (柏原市安堂町160号)




by rebirth-jp | 2016-11-26 00:11 | ◆H29年2月柏原市長選挙戦動向 | Comments(0)
毎年1千425万円の行政協力委員(区長)報酬を受領しながら

…いまだ市長の返還請求に応じない柏原市行政協力委員(区長会)に手も足も出ない大阪維新の会・中野隆司政権の正体は…



この行政協力委員(区長会)に対する

報酬の支給や

各種補助金の交付額は

地区の住民が自治会に納めている自治会費とはまったくの別枠である

これまでの行政協力員(区長)の個人口座への振り込みや

手渡しによる交付は改めつつあると

市からは聞いているが

根本の柏原市行政協力委員規則を廃止しない限り

この問題はいつまでも尾を引くだろう

「まち」や区長そして自治会の役員のためそして市長のためにも

この悪法

柏原市行政協力委員規則は廃止すべきである

廃止の方法は簡単である

議会に諮る必要もないし採決も要らない

市長の決断一つである



O 下記資料は市から開示を受けた区長会関係の文書である

内容は

市長からの返還請求を受けた不当利得分の返還金に

ついての区長会協議の経過である

その内容からは返還の意思を読み取ることはまったく出来ない

このままの状態が続くなら

市長は次の段階としての法的手段を取り

今後の

行政協力委員(区長)に対する報酬制度も廃止をすべきである

b0253941_22343307.jpg
市政に無関心の「まち」では「行政協力委員」とは何か
「区長会」とは何か
あるいは行政協力委員(区長)に対する報酬
区長会に対する補助金
の実態
報酬・補助金の総額
自治会・町会費との違い等々・・・
ほとんどその実態が
知られないまましがらみにまみれた「むら型政治」が
続いているようである





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


b0253941_00450385.gif
b0253941_00493569.gif
b0253941_00451865.gif





by rebirth-jp | 2016-11-23 00:11 | ◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌 | Comments(0)
すべて時の市長と議会(議員たち)の責任である!!!
こんなことが半世紀も続いて来たのである
市政が腐るのも当然である
b0253941_23441779.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市行政協力委員(区長)は
市長の委嘱により報酬を支給される公務員である

公職選挙法

(公務員等の地位利用による選挙運動の禁止)
136条の2 次の各号のいずれかに該当する者は、その地位を利用して選挙運動をすることができない。
1
.国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人、特定地方独立行政法人若しくは日本郵政公社の役員若しくは職員
2
.国民生活金融公庫、住宅金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、公営企業金融公庫又は沖縄振興開発金融公庫の役員又は職員(以下「公庫の役職員」という。)

 前項各号に掲げる者が公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)を推薦し、支持し、若しくはこれに反対する目的をもつてする次の各号に掲げる行為又は公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)である同項各号に掲げる者が公職の候補者として推薦され、若しくは支持される目的をもつてする次の各号に掲げる行為は、同項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。
1
.その地位を利用して、公職の候補者の推薦に関与し、若しくは関与することを援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
2
.その地位を利用して、投票の周旋勧誘、演説会の開催その他の選挙運動の企画に関与し、その企画の実施について指示し、若しくは指導し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
3
.その地位を利用して、第199条の5(後援団体に関する寄附行為の禁止)第1項に規定する後援団体を結成し、その結成の準備に関与し、同項に規定する後援団体の構成員となることを勧誘し、若しくはこれらの行為を援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
4
.その地位を利用して、新聞その他の刊行物を発行し、文書図画を掲示し、若しくは頒布し、若しくはこれらの行為を援助し、又は他人をしてこれらの行為をさせること。
5
.公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)を推薦し、支持し、若しくはこれに反対することを申しいで、又は約束した者に対し、その代価として、その職務の執行に当たり、当該申しいで、又は約束した者に係る利益を供与し、又は供与することを約束すること。



by rebirth-jp | 2016-11-20 00:11 | O悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
柏原市行政協力委員(区長)規則を廃止しない限りこの「まち」に未来は無い!!!

市民・有権者の無関心と善人市民の沈黙を幸いに

この悪制度を利用し

ここまで市政を腐らせ市民の血税を喰い潰してしまった責任は

全て時の市長と議会(議員たち)にある

そしてやはりそれを選んだ

市民・有権者の無関心と沈黙にある

いずれすべてのツケが市民の側に回ってくることになる



(その1)

なぜ悪政の根源と言われるのか!!!/この「まち」に半世紀も根を張る「柏原市行政協力委員(区長会)制度」は、現在の市職員たちの誰よりも古くから市に事務所を置く悪制度の筆頭である!!!


O 柏原市行政協力委員に交付される委嘱状

現在この委嘱状は

114名の区長に交付され

その身分は非常勤職員として報酬が支給されている

(身分は公務員である)

下は柏原市が開示をした委嘱状の写しの1例


b0253941_18093585.jpg

昭和53年に制定されたこの悪法、そしてこの悪制度に、柏原市議たちは、過去を含めてほぼ全員が無抵抗である!!??


この悪法、悪制度を廃止しない限り、市政改革の第一歩は始まらない。議員たちは、皆、そのことが分かっているはずである。分かっていながら無抵抗である。


その理由は何か。


それは今のぬるま湯の茹でガエル状態が一番楽だからである!!! そして我が身の保身しか頭に無いからである!!!


既に市の財政は、破綻という棺桶に両足を突っ込んでいる。


今のトロイカ体制や議会では、もうどうにもならないところまで来てしまっている!!!


その全てのツケが柏原市民に負わされていくのである。もう既に負わされているが、市長や議会(議員たち)は、何も正しい情報を市民・有権者の側に伝えないでいる。




by rebirth-jp | 2016-11-19 23:00 | O悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
ここにもやっぱり「柏原市行政協力委員(区長)」が参加していたことが判明!!!

第三セク財団が残した約七千八百万円の負債は

その全額が市民に負わされる


この事件も張本人はあの嘘吐きデタラメ市長である!!!/第三セクター・サンヒル柏原の経営破綻



O 当時の理事会議事録を全文公開

初代理事長(岡本泰明氏)/二代目理事長(笠井和憲氏)

当然ほかの理事・監事たちの責任も大きい

b0253941_00070944.jpg
この日の理事会欠席者 松永次郎
b0253941_00065773.jpg
このメンバーの内、2名の柏原市行政協力委員(区長)が
役員・理事として
事業に参加している

目の前に経営破たんが見えていたサンヒル柏原の初代理事長(当時の岡本泰明柏原市長)は、いずれその責任が問われることを見据え、市長退任(3期目断念)に併せてさっさと理事長職から逃げている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市長選挙まで

あと94

柏原市議選挙まであと11ヶ月足らず


市長の委嘱を受けて

報酬を貰っている行政協力委員非常勤職員の身分を持つ区長が

候補者(市長や議員)を伴って戸別訪問などをすれば

公職選挙法違反である

柏原市ではこういう村選挙が今も続いていると聞く

もしそういう場面に出くわせば

警察へ通報すればよい!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



柏原市長選挙

20161013 (選挙管理委員会事務局)


1 柏原市長選挙の投票日

(1)選挙の投票日

 平成29212日(日)

(2)選挙の告示日

 平成2925日(日)


2 立候補予定者説明会

(1)日時

 平成29111日(水) 午後2時開始

(2)場所

 柏原市民文化会館(リビエールホール) 地下1階 レセプションホール

 (柏原市安堂町160号)





by rebirth-jp | 2016-11-12 00:11 | O悪政の根源は114人の行政協力委員制度 | Comments(0)
柏原市行政協力委員(114人の区長)の名簿一覧表を公開/再掲(国分地区)  

国分地区行政協力委員(区長)名簿


山西システムとも云われるモンスター制度の正体

市長の委嘱により報酬・補助金の支給を受ける

全国の自治体でも類を見ない

特別職非常勤職員の団体

実体は

市長の後援会化団体!!!

この「まち」ではこの悪制度が

議会を下に置きながらおよそ半世紀も続いているのである

この異様な状態に

羊の集団と化した議会(議員たち)は無抵抗である



この団体は不当利得による補助金交付の一部取消し処分を受け、市長から返還の請求や未返還に対する督促を受けても、いまだに返還に応じないでいる。その一方で年間1425万円の報酬を受け取っているのである。


不当利得分の補助金を返還しないまま受け取る方も受け取る方だが、そういう性質の悪い団体に一千万円以上の報酬を出す市長も市長である。いったいいつまでこんな腐った市政運営を続けるつもりか!!?? 


今のトロイカ体制(行政トップ)による無能・無策の市政運営では、「まち」が腐っていくだけである!!!



柏原市行政協力委員(区長会)名簿を再掲載

過去13年間を遡る

国分地区行政協力委員(区長)名簿

黄色に塗り分けた部分は6年間以上の長期委嘱の区長


下をクリックしてください

悪政の根源として「まち」に深く根を張ってしまった「柏原市行政協力委員制度」は報酬も表彰も特別扱いである

b0253941_11140682.jpg
b0253941_11135334.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市長選挙まで

あと96

柏原市議選挙まであと11ヶ月足らず

市長の委嘱を受けて

報酬を貰っている行政協力委員非常勤職員の身分を持つ区長が

候補者を伴って戸別訪問などをすれば

公職選挙法違反である

柏原市ではこういう村選挙が今も続いていると聞く

もしそういう場面に出くわせば

警察へ通報すればよい!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






by rebirth-jp | 2016-11-10 00:11 | O行政協力委員名簿を公開/過去13年間 | Comments(0)
柏原市行政協力委員(114人の区長)の名簿一覧表を公開/再掲(堅上地区)

堅上地区行政協力委員(区長)名簿


山西システムとも云われるモンスター制度の正体

市長の委嘱により報酬・補助金の支給を受ける

全国の自治体でも類を見ない

特別職非常勤職員の団体

実体は

市長の後援会化団体!!!

この「まち」ではこの悪制度が

議会を下に置きながらおよそ半世紀も続いているのである

この異様な状態に

羊の集団と化した議会(議員たち)は無抵抗である



この団体は不当利得による補助金交付の一部取消し処分を受け、市長から返還の請求や未返還に対する督促を受けても、いまだに返還に応じないでいる。その一方で年間1425万円の報酬を受け取っているのである。


不当利得分の補助金を返還しないまま受け取る方も受け取る方だが、そういう性質の悪い団体に一千万円以上の報酬を出す市長も市長である。いったいいつまでこんな腐った市政運営を続けるつもりか!!?? 


今のトロイカ体制(行政トップ)による無能・無策の市政運営では、「まち」が腐っていくだけである!!!


柏原市行政協力委員(区長会)名簿を再掲載

過去13年間を遡る

堅上地区行政協力委員(区長)名簿

黄色に塗り分けた部分は6年以上の長期委嘱の区長


下をクリックしてください

悪政の根源として「まち」に深く根を張ってしまった「柏原市行政協力委員制度」は報酬も表彰も特別扱いである

b0253941_11025929.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市長選挙まで

あと97

柏原市議選挙まであと11ヶ月足らず

市長の委嘱を受けて

報酬を貰っている行政協力委員非常勤職員の身分を持つ区長が

候補者を伴って戸別訪問などをすれば

公職選挙法違反である

柏原市ではこういう村選挙が今も続いていると聞く

もしそういう場面に出くわせば

警察へ通報すればよい!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





by rebirth-jp | 2016-11-09 23:11 | O行政協力委員名簿を公開/過去13年間 | Comments(0)
柏原市行政協力委員(114人の区長)の名簿一覧表を公開/再掲(堅下地区)  

堅下地区行政協力委員(区長)名簿


山西システムとも云われるモンスター制度の正体

市長の委嘱により報酬・補助金の支給を受ける

全国の自治体でも類を見ない

特別職非常勤職員の団体

実体は

市長の後援会化団体!!!

この「まち」ではこの悪制度が

議会を下に置きながらおよそ半世紀も続いているのである

この異様な状態に

羊の集団と化した議会(議員たち)は無抵抗である



この団体は不当利得による補助金交付の一部取消し処分を受け、市長から返還の請求や未返還に対する督促を受けても、いまだに返還に応じないでいる。その一方で年間1425万円の報酬を受け取っているのである。


不当利得分の補助金を返還しないまま受け取る方も受け取る方だが、そういう性質の悪い団体に一千万円以上の報酬を出す市長も市長である。いったいいつまでこんな腐った市政運営を続けるつもりか!!?? 


今のトロイカ体制(行政トップ)による無能・無策の市政運営では、「まち」が腐っていくだけである!!!



柏原市行政協力委員(区長会)名簿を再掲載

過去13年間を遡る

堅下地区行政協力委員(区長)名簿

黄色に塗り分けた部分は6年以上の長期委嘱の区長


下をクリックしてください

悪政の根源として「まち」に深く根を張ってしまった「柏原市行政協力委員制度」は報酬も表彰も特別扱いである

b0253941_23295280.jpg

b0253941_23293732.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市長選挙まで

あと97

柏原市議選挙まであと11ヶ月足らず


市長の委嘱を受けて

報酬を貰っている行政協力委員非常勤職員の身分を持つ区長が

候補者を伴って戸別訪問などをすれば

公職選挙法違反である

柏原市ではこういう村選挙が今も続いていると聞く

もしそういう場面に出くわせば

警察へ通報すればよい!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by rebirth-jp | 2016-11-09 00:11 | O行政協力委員名簿を公開/過去13年間 | Comments(0)
柏原市行政協力委員(114人の区長)の名簿一覧表を公開/再掲(柏原地区)

柏原地区行政協力委員(区長)名簿



山西システムとも云われるモンスター制度の正体


市長の委嘱により報酬・補助金の支給を受ける

全国の自治体でも類を見ない

特別職非常勤職員の団体

実体は

市長の後援会化団体!!!

この「まち」ではこの悪制度が

議会を下に置きながらおよそ半世紀も続いているのである

この異様な状態に

羊の集団と化した議会(議員たち)は無抵抗である



この団体は不当利得による補助金交付の一部取消し処分を受け、市長から返還の請求や未返還に対する督促を受けても、いまだに返還に応じないでいる。その一方で年間1千425万円の報酬を受け取っているのである。


不当利得分の補助金を返還しないまま受け取る方も受け取る方だが、そういう性質の悪い団体に一千万円以上の報酬を出す市長も市長である。いったいいつまでこんな腐った市政運営を続けるつもりか!!?? 


今のトロイカ体制(行政トップ)による無能・無策の市政運営では、「まち」が腐っていくだけである!!!



柏原市行政協力委員(区長会)名簿を再掲載

過去13年間を遡る

柏原地区行政協力委員(区長)名簿

黄色に塗り分けた部分は6年以上の長期委嘱の区長


下をクリックしてください

悪政の根源として「まち」に深く根を張ってしまった「柏原市行政協力委員制度」は報酬も表彰も特別扱いである

b0253941_17132826.jpg

b0253941_17130849.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市長選挙まで

あと97

柏原市議選挙まであと11ヶ月足らず


市長の委嘱を受けて

報酬を貰っている行政協力委員非常勤職員の身分を持つ区長が

候補者を伴って戸別訪問などをすれば

公職選挙法違反である

柏原市ではこういう村選挙が今も続いていると聞く

もしそういう場面に出くわせば

警察へ通報すればよい!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





by rebirth-jp | 2016-11-08 00:11 | O行政協力委員名簿を公開/過去13年間 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
母子健康手帳の交付(妊娠..
by 実家が柏原市 at 09:36
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
典型的な田舎の腐敗政治が..
by rebirth-jp at 23:46
この「まち」のトロイカ体..
by rebirth-jp at 15:01
サンヒルは市民の財産..
by ダメな人 at 19:53
コイツラ、真面目に経営す..
by rebirth-jp at 11:42
 レストランひとつ経営出..
by サンヒルによく行った at 20:46
わかりやすくご説明頂きあ..
by 一柏原市民 at 00:15
第三セクター・サンヒル柏..
by rebirth-jp at 17:54
この条例からは、これまで..
by rebirth-jp at 21:51
 テニスコートとプールを..
by 何か変。 at 19:26
濵浦も友田も山本修広も今..
by 実家が柏原市 at 08:44
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。 なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル