革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆大阪維新・冨宅正浩/組合腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆平成28年第1回柏原市議会定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◇謹賀新年/蛇の生殺し/H25年
◆謹賀新年/午年 H26年
◇謹賀新年/羊年 H27年
◆謹賀新年/酉年 H29年
◆謹賀新年/申年 H28年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
タグ:柏原市議会 ( 209 ) タグの人気記事
平成29年 第2回 柏原市議会 定例会

O 柏原市議会事務局ホームページから

平成29年 第2回 柏原市議会

いずれの会議も傍聴できます

傍聴の方法については、こちら

6月 1日(木)午前10時本 会 議
 6月16日(金)午前10時本 会 議(代表質問)
 6月19日(月)午前10時本 会 議(代表質問)
 6月20日(火)午前10時本 会 議(代表質疑)
 6月21日(水)午前10時本 会 議(代表質疑)
 6月23日(金)午前10時総務文教委員会
 6月26日(月)午前10時市民福祉委員会
 6月27日(火)午前10時建設産業委員会
 6月30日(金)午前10時本会議

※上記会議日程について、変更が生じることがあります。

〇お問い合わせ先 : 議会事務局 TEL 072-972-1501(代表)

          内線 3111~3113

※ Ustreamで生放送も行っております。よければ、そちらの方もご活用ください。




by rebirth-jp | 2017-05-23 22:30 | Comments(0)
良くも悪くもトンデモ市長の思惑や目論見は議会議事録や委員会会議録に記録されている!!!

第三セクター・サンヒル柏原破産事件に

関しては、住民訴訟を視野に

現在、住民監査請求を

準備中である

これも本来は議員たちの仕事である


またこれらの問題に関しては、岡本泰明市長及び中野隆司市長や自治労柏原市職員労働組合、さらには悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」と自己保身に走る議会(議員たち)が生み出した現市長に、その処理能力を期待することは土台無理な話であろう。


それが証拠に、前・中野市長が最初で最後の大仕事として、元自治労柏原市職員労働組合執行委員長の松井久尚副市長と奥田隆一副市長に辞職をさせ、まさに無能・無策のトロイカ体制を終わらせたにもかかわらず、その意向を無視した元八尾市役所職員の冨宅正浩市長は、またまたこの組合執行委員長の松井前副市長を元の鞘に収めてしまったのである。これを認めた議員たちについても、その頭の中の思考は理解不能である。


それで現市長の選挙公約が「古い政治を壊す。」「新しい政治を創る。」とは、ふざけた話である。まさに本丸維新とはド反対のムラ政治である。選挙公約も「維新」を騙ったウソ公約であったわけである。これが柏原市の維新市長の正体である。


おそらくこれからの市政運営は、この市職員及び元市職員労働組合執行委員長という二人のコンビで、ますます職員主体の内向きな政治が続くことになるはずである。そしてますます市政は腐り、崩壊に向かうことだろう。


当然この連中に、市民が主体のまちづくりなど土台無理な話である。どうせ彼らがやることは、職員らに対する組合主導の人事政策と圧力で、保身のための組織堅めをすることぐらいであろう。そしてこれを「組織改革」という言葉でごまかすはずである。「冨宅政権」というよりも「組合政権」と言った方がいいのかもしれない。いずれその実体が明らかになるはずである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本題ここから・・・


今後ますます

市長や議員たちは隠ぺい政治に走るであろうから

今後は

盛んに行なわれている

事前審議あるいは事前調整の場となっている

「議会運営委員会」や「全員協議会」

に目を向ける必要がある


ちなみに

定例会・本会議前の事前審議は

禁止されているが

腐蝕の柏原城では盛んに

この事前審議や質疑・答弁のすり合わせが

行なわれているようである


b0253941_9441870.jpg



3/破産への流れ!!! サンヒル柏原破産の原因は市の施設運営方針の杜撰さにあり債権の申し立ては権利の乱用と裁判所が決定!!!


下記掲載の 平成21年 6月 定例会(第2回)-0612日-03 議事録から、疑惑まみれのサンヒル柏原事件、同じく疑惑にまみれた竜田古道の里山公園事件に関しては、市長及び市長公室が主導していたことがわかる。


本事件の記事は下記の事件資料を基にしている

破産債権査定申立事件

(基本事件 平成28()第421号破産事件)


柏原市(岡本泰明前々市長・中野隆司前市長・冨宅正浩現市長)と議会(議員たち)が市民に知られたくない不都合な真実!!!


過去の本会議議事録及び委員会会議録の中に

裁判所が指摘した施設運営方針の

杜撰さのすべてが表れている

そもそも

当時の岡本市長は

この物件をいったい何の目的で購入したのか???

これから連載する

議事録・会議録の内容をみても

ただ施設運営方針の杜撰さしか見えて来ない



(その3)

サンヒル柏原の負債と破産への流れ


破産した第三セクターサンヒル柏原に対する市の債権額約7800万円を裁判所が「市の債権の額は0円と査定」と決定 


第三セクターサンヒル柏原の初代理事長は当時柏原市長の岡本泰明氏である。

代理事長は元柏原市議の笠井和憲氏、この事業でさらに財団の債務を膨らませたのは杜撰な施設運営の方針をそのまま続けた前市長の大阪維新の会・中野隆司氏である。


(議事録中の括弧内緑字は私見)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成21年 6月 定例会(第2回)-0612日-03


 〔岡本泰明 市長 登壇〕
◎岡本泰明市長

 皆さん、改めましておはようございます。
 昨日はちょっと体調を崩しておりまして、議員各位にご迷惑をおかけいたしましたことをおわび申し上げます。と同時に、本日は相当回復いたしておりますので、精いっぱい答弁をさせていただきたいと、そのように思っております。

 まず、整理番号33番、サンヒルの今後の運営についてというお尋ねでございますが、昨日も各他会派の皆様方からご質問いただきまして、一応今のところ、経営母体をどこにするかと、そのことについて頭を痛めておるところでございます。


 市で直営するということを考えてみますれば、市の職員を例えばサンヒルの支配人というような形で派遣いたしますとすれば、これはもう、昨日も申しましたように、きょう派遣してあしたつぶれてしまうのじゃないかと、そのような懸念もございますし、

また指定管理者制度というようなことになりますと、これも例えば5億1,500万、建物の1億4,500万に対する5%の消費税を乗せまして、そういったところ、そのいわゆるお金が、指定管理者制度の指定された業者に市の財産を持っていくといいますか、ただで差し上げるというような形にもなります。


(指定管理者に儲けさせるのではなく、自身が儲けたいということなのだろう。)


 私の基本的な考え方は、サンヒル柏原は今までの考え方と抜本的に違う方策をとってまいりたい。端的に申しますと、いわゆる民間会社が取り入れております複式簿記という概念でもって経営に取り組んでまいりたいと思っております。


 例えば隣のリビエールホール、約65億から67億の経費をかけて立ち上げましたが、現在、指定管理者制度に基づいて委託を行っております。これは、いわゆる市役所の単年度の単式簿記という概念の上に立って、その65億ということを減価償却していくという概念がないのであります。市役所のあらゆる施設は、要するに市民の皆さんにお願いをして、そして予算が通ったと。それを市民の税金で賄うと。市民の税金で払い終わりますと、それで一件落着という形で終わってしまいます。


 私は、複式簿記、いわゆる借方と貸方の概念でもちまして、5億1,500万というのは一つのいわゆる財産として償却をする、そしてまた利益を上げていくと、そのような形の考え方でもって取り組んでまいりたいと。よって、経営母体をどこにするかということを大変慎重にやっていかなければならんということで、もう今月中ぐらいに一応その経営母体を決定したいなというふうに思っております。


(このとんでも市長は、おそらくこの時点で、「第三セクター・サンヒル柏原」財団を立ち上げ、自らが財団の理事長になることを目論んでいたと思われる。

そして結果は、財団の債務を膨らませただけで、事業は大失敗に終わったということである。)


 経営母体の決定を早くしないと、10月1日までに例えば旅館業、ホテル業ということになりますと、旅館業に対する許認可、そしてまた厨房等、保健所の許認可、そしてまた消防等の許認可と、いろんな許認可が新しいいわゆる経営母体に発生いたしますので、その時間をなるべく短縮したいと思っておりますが、何分にも相手があることでございますので、そのように許認可がつきまとうということで大変時間がかかるということも視野に入れて、なるべく早く経営母体をやっていきたいと、そのように思っております。


 次に、竜田古道の里山公園につきましてでございますけれども、平成18年の3月、市民の皆様の手で桜、梅、桃を植樹していただきました。


(この事業も、疑惑まみれの事業となり、いまも市民の血税を喰い潰し続けている。おそらく10億に近い公金(市民の血税)を垂れ流して、この事業も失敗である。)


 それからはや3年が過ぎまして、既に桜は約800本、きのうは1,000本と申しましたが、後で確認いたしますと200本ぐらいは枯れてしまったそうでございます。ここで訂正させていただきます。実際は約800本ということになってしまったということでございます。梅220本、これも私は300本と申し上げましたんですが、80本ぐらいから100本ぐらい枯れてしまったようでございます。また、桃も300本と、そのように申し上げましたが、実際は130本が残っておるというのが現状でございます。


 ご承知のように、あの山は下がもうコンクリートのブロックです。上に盛土をしております。よって非常にその盛土の部分が栄養分が少ないということで、三郷町のさくらの会が隣の要するに地山に植えられた桜と比較しますれば、ことしの冬に植えられた桜のほうが3年たった桜よりも成長が大きいと、そのような目で見て差が出てきております。


 いずれにいたしましても、今後粘り強く肥料等を、普通は肥料など入れないんでございますけれども、肥料等いろんな形で、例えば古い畳をもらってまいりまして、それをほどいて積み上げて堆肥にして、そして桜、梅、そういったものに与えていくと、そのような手法でやっております。


 なお、過日、NPOの主催で行われましたさくらまつり、約1,000人の市民の皆様に参加いただきまして、花見と河内音頭を楽しんでいただきました。来年度は見ごたえのある手前の花見ができるのではないかと、見ごたえのある手前ぐらいまで桜が咲いてくれるんではないかというふうに思っております。


 また、当日、ツツジ600本も小学生によりまして植樹をしていただきました。また、5月にはヒマワリの種も、去年の失敗を学習いたしまして、ことしは上手にまけたなというふうに思っております。


 このように竜田古道の里山は、多くの方々のお力をおかりいたしまして、四季折々の花や木が生い茂る里山づくりということになってまいることを願っております。


 あわせまして、本年3月には都市公園として事業認可を受けました。21年、22年度の2カ年で、国庫補助事業として管理棟や休憩所、さくの設置等の整備を行い、23年度には市民の皆様の本当の憩いの場として開園できるように取り組んでおります。

次に、亀の瀬地すべりの計画につきまして、これも昨日、他会派の皆さんにご指摘いただきまして、いろんな形でお話し申し上げました。何はともあれ、工事が完成いたしますれば大阪府に移管され、それから柏原市に移管されると。


(この事業についても検証の必要があるようである。どうせ議会は何もしてくれない。)


 ご指摘いただいておりますように、あの膨大な地域の草刈り、どうすんねやと、草刈り代はばかにならんぞと。どこかで、もう絶対できませんというような発言もいただいておりましたが、そうでなしに、なるべく草刈りが起こらないように、草刈りの必要性がないような計画を立てて、そして、昨日申しましたように、森とか林とか、それからまた貸し農園だとか、またいろんな、グラウンドゴルフも一つの視野でございますけれども、そういった要するに市民の皆様に有意義に利用していただけるような、そういう施設にしてまいりたいと思います。


 一つは国交省、大和川工事事務所の仕事になるんでございますけれども、亀の瀬の拠点となります資料館の建設も、当初は国のほうから予算の縮小ということでストップされたということでございますが、過般、3月に国、府、市と3つで協議いたしました折に、一応資料館は何としてでもつくって、あの800億円になんなんとする工事の資料をいわゆる残しておきたいという現在の所長様の思いによりまして、何とか資料館をつくっていただけるであろうと、そのように思っております。


 次に、恩智川の遊水地事業でございます。市政方針で述べさせていただきましたように、大阪府によって用地買収が進められております。平成20年では87%までもう進んでおるということを聞いております。今後は用地買収を進めるととともに文化財調査を行い、平成24年度の部分供用を目指しておるというふうに聞いております。


(この事業も市の関わりなど、検証の必要があるようである。)


 なお、現在、大阪府では、収用法に基づく事業認定の手続を進めておられるということでございます。


 今後も事業の進捗を把握しながら、大阪府と協議を行いながら、市の上面利用の検討を重ねてまいりたいと、そのように思います。


 つけ加えて申し上げますれば、いわゆる文化財調査に対しまして、市にいかほどの負担を府が要求してくるであろうかということの一つの疑問点が残っております。


 古い議員の方は皆ご承知でございますが、用地買収に対して市が当初は20億円を持つという約束でございました。しかしながら、私が市長に就任いたしました折、15億円というふうに修正をされておられます。そして、その15億円の市の負担ということを、私、引き継ぎまして大阪府と折衝をいたし、そして市の負担はゼロ円にいたしました。よって、用地買収の費用は、柏原市は一切負担をいたしておりません。


 しかし、柏原市が上面を利用するということになれば、その利用するということで一定の遺跡調査の費用を市が負担するという契約になっておりますので、今後そういった問題点が残るであろうというふうに思っております。


(それにしても何でもかんでも市長が答弁しているが、このトンデモ市長の28年間の実績は、ただ疑惑まみれの悪策・愚策、そして時には悪事の政策で、市民の血税を喰い潰して来た感しかない。市政をズタズタにしたこの市長の責任はあまりにも大き過ぎる。

これを許して来た議会(議員たち)、そして我々市民・有権者の側もそれを許して来たわけであるから同罪である。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


つづく・・・・・




by rebirth-jp | 2017-04-08 23:46 | ◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ | Comments(0)
何が「古い政治を壊す。」「新しい政治を創る。」か!!! / コイツは端から公約破りである!!??

こ ん な ん あ り か !! ??
ほんまにバカか!?
ふざけた奴らである
これは市政の私物化である
柏原市民・有権者を舐め切っているとしかおもえない


平成29年 第1回 柏原市議会 臨時会 / 3月24日(金)午前10時

トロイカ体制の一角で市政をズタズタにした
張本人の副市長らが
退職したのも
束の間
また
松井久尚副市長の選任議案を
冨宅市長が
議会に諮るらしい
あの「一身上の都合で退職」はいったい何だったのか
このふざけた議案が本当に議会に提出されるとはにわかに信じ難いが
これが事実なら
新市長は
スタート早々から無能を晒してしまうことになるようである

これを議員たちが認めてしまうならもう本当に議会は終わりである
そんな議会なら市民や「まち」のためには
存在しない方がよい
おそらく
大半の議員がこのふざけた副市長選任を認めて
可決されてしまうのであろうが
外の世界からみれば
笑いものである
一時も早く新しい人材が必要である

それにして
恐ろしいほど
腐蝕の柏原城の病は深刻である

おそらく半世紀も続く
腐蝕の柏原城で
保身と現状維持という檻の中に籠ってばかりいるから
自分たちの行動を
客観的に見ることが出来なくなっているのだろう
これには市民の無関心も
背景にある

もし今の時点で
副市長の人材がいないというのなら
副市長は要らない

副市長無しで
幹部職員たちや議会が
協力しながら市政を進めれば
その方がずっとまともな方向に舵を切れるはずである
新市長に
それくらいの能力があればそうすべきである

だが
このふざけた議案を
臨時議会に諮るということは
やっぱり右も左も何も分からないまま市長になってしまった
ということなのだろう

まあそれにしても
柏原市民はまたまた無能なトンデモ市長を
誕生させてしまった
ようである

腐蝕の柏原城どころか
まさに狂った市政と云わせていただく
おそらく新市長はこの副市長選任議案の可決を
後悔する時が来るだろう


さらには
悪政の根源「柏原市行政協力委員(114区長会)制度」「柏原市行政協力委員規則」を廃止しない限り誰を副市長に選任したところで
この「まち」の腐敗政治は変わらない!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成29年 第1回 柏原市議会 臨時会


324()午前10時


平成29年3月24日 臨時会
議案等番号 議 案 名
議案第26号 副市長の選任につき同意を求めることについて
議案第27号 平成28年度柏原市一般会計補正予算(第10号)


今年9月は柏原市議選挙である

柏原市民・有権者の側は
議員たちの資質や能力をしっかり見極める必要がある
この「まち」は
選挙に行かない無関心層の20%から30%の
無党派層市民・有権者が
動かない限り
悪党一派や利権者たちに市民の血税を喰い潰されるだけである




by rebirth-jp | 2017-03-23 00:11 | ◆大阪維新・冨宅正浩/ | Comments(2)
これが建設産業委員会での大阪維新の会・中野隆司市長の醜態そして柏原市政の正体である!!!


by rebirth-jp | 2017-03-17 00:11 | Comments(0)
また最後に醜態を晒した大阪維新の会・中野隆司市長  


O 平成29年 第一回 定例会 が閉会

H29.3.9

傍聴

b0253941_01253258.jpg

下をクリックしてください

見るのも聞くのも悍ましい

大阪維新の会・中野隆司市長の最後のあいさつ

まるで議会冒涜である

これも本人は意味が分かっていないのだろう


今日は何も書くまい

中野市長の

最後の

あいさつを

思い浮かべるだけで

不様な市政運営で終わった首長の顔を思い出し

何を書いてしまうかもわからない怒りの感情を抑えられないので

今日のぶざまな本会議最終日の様子は

後日に書くこととしたい


それにしても骨格予算(案)の採決で賛成に回ったいつもの議員たちも

(今日は12名の議員たちであるが)

まったく見識の無い首長に

まさか

最後のあいさつで

「見識のある12名の議員に感謝をする」と褒めたたえられても

ちっともうれしくはないだろう


中野隆司市長は

この12人の議員たちを自分の味方・仲間と思っているわけである

さて今日の12人の議員たちは

どう思っているのか???


あ、今日は書くのをやめたはず・・・

ヤメよう





by rebirth-jp | 2017-03-09 18:11 | Comments(0)
予算権者の市長が予算(案)の委員会(建設産業委員会)で爆発!!??/予算書を投げ捨て委員会室を退場!!!  

頭の黒いネズミや小ネズミたちを表に引きずり出せば
市政は案外簡単に変わる

それにしても
予算書を
投げ捨て委員会室から逃げ去るとは
この市長は
自身が予算権者であることをまったく自覚していないということである


O H29.3.9
第1回 定例会 本会議(最終日)
各委員長報告と議案採決日
b0253941_01253258.jpg


本人は312日で

退任となるが

いよいよトロイカ体制の「終わりの始まり」か!?

313日着任の新市長に数々のお土産を残してしまったようである


3月7日の建設産業委員会

詳細は

大阪維新の会・中野隆司市長の

あまりの醜態からブログには公開することができないが

すぐに噂は

広がるはずである


それにしても

あの嘘吐き・デタラメ前市長も

退任直前の本会議(3月議会)で醜態を晒したが

また

同じようなことが繰り返されてしまったようである





by rebirth-jp | 2017-03-07 22:11 | ◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会 | Comments(0)
残された案件・事件は山積みである!!! 日程/平成29年 第1回 柏原市議会 定例会

平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
1期4年間 中野隆司市長最後の 定例会である
残された疑惑の案件・事件は
山積みである!!!
b0253941_01253258.jpg

平成29年 第1回 柏原市議会 定例会

216()午前10時

議(議案説明)

228()午前10時

議(代表質疑)

3 1()午前10時

議(代表質疑)

3 3()午前10時

総務文教委員会

3 6()午前10時

市民福祉委員会

3 7()午前10時

建設産業委員会

3 9()午前10時

議(各委員長報告・採決)





by rebirth-jp | 2017-02-22 00:11 | ◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会 | Comments(0)
柏原市議選に向けた落選運動の対象となる議員たちが定例会最終日の本会議(採決日)ではっきりと浮かび上がる!!!  


この議案第52号は

おそらく

来年2月の柏原市長選挙に絡んで出て来た議案である!?

ここまであわてて議案の可決に走る

市長の様を見る限り

そう理解するしかない!!!


選挙資金の確保で

次期市長選出馬の候補者が見えて来たような気がする



いっぽう

このとんでも議案の

賛成に回った体たらく議員たちは

よほど例の悪政の根源「山西システム」というモンスター制度の

傘下が居心地良いのだろう

なんとも情けなく見苦しい連中である



案件は

議案第52号「財産の取得について」

国分中学校隣地

ジェイテクト社宅跡地を中学校グランド整備事業用地として

314,221,904円で取得する案件である

(ただし方針転換で民に売却もあり得ると市長が答弁)


計画は10 20 30年先に向けた不確かな構想だけで

具体的なビジョンはまったく固まっておらず

不透明そのものである


およそ2時間を掛けた総務文教委員会審議での

中野隆司市長の説明は

市は既に

財政破たんの状態に両足を突っ込んだ

危機的状況にありながら

さらに市民への負担を押し付けようというものて゛ある


しかも議案は

計画の方針返還で民間売却もあるという市長の答弁には

またまた開いた口がふさがらず

である


隠していた「本音」が出たということなのだろうが

こういう杜撰な計画を認識しながら

この議案可決に

賛成する議員たちの思考が理解できない

議員としての資質も能力もないただの羊の集団でしかない


トロイカ体制の無能・無策とデタラメぶりに加え

賛成議員たちもいよいよ

山西政権・岡本政権・そして中野政権と続く

しがらみにまみれたムラ政治と

既得権益団体と一体となった保身と現状維持の体制を守るために

悪党一派の傘下に下ったようである



こいつら本気で市民の血税を喰い潰す気でいるようである

柏原市議選まであと9ヶ月余り

(H29年9月に実施)


この突然出て来た思惑見え見えの議案に賛成した議員たちに向けては

これから遠慮なく落選運動を

本気で

展開して行かなければならないようである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成28年 第4回 柏原市議会 定例会

121()午前10時~

(議案説明)

1213()午前10時~

(個人質疑・質問)

1214()午前10時~

(個人質疑・質問)

1216()午前10時~

総務文教委員会(委員会採決)

1219()午前10時~

市民福祉委員会(委員会採決)

1220()午前10時~

建設産業委員会(委員会採決)

1222()午前10時~

(各委員長報告・採決)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by rebirth-jp | 2016-12-17 00:11 | ◆国分中学校グランド整備用地購入問題 | Comments(0)
柏原市政の体質と議員たちの資質・能力が丸わかりになる本会議が始まる

市民・有権者の側は、年4回の定例会会期中に行われる本会議や委員会で、自分たちが一票を入れてしまった現職議員たちの資質と能力、そしてかれらの日頃の政治活動の実態を知ることができる。

b0253941_13011426.jpg


下記掲載は平成28年第4回定例会の質疑・質問通告書である。質疑・質問の項目を見るだけでも、議員たちの資質や能力、そしてかれらの政治理念なども読み取ることが出来る。


市民や「まち」のために、今、問題となっていることを、ちゃんと採り上げている議員、市長が嫌がる質疑・質問を避け質問の時間を無駄に潰すだけの議員・・・ 全て丸わかりである。


市民・有権者の側は、何でもかんでも賛成することしか知らない議員たちや、維新とは名ばかりのとんでも議員たちの日頃の言動に騙されてはいけない。かれらは市政を腐らせている張本人である!!??


O柏原市議会ホームページから

議長と議会事務局が議会改革の道筋をつくってくれているが、あとは中身である。市民や「まち」のために仕事をしない議員は次の選挙で落選をさせなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成28年第4回定例会の質疑・質問通告書

12月13日(火)

個人質疑・質問通告書

  1. 乾   一議員
  2. 濱浦 佳子議員
  3. 鶴田 将良議員
  4. 山本 修広議員
  5. 新屋 広子議員
  6. 橋本 満夫議員
  7. 山本 真見議員
  8. 山口 由華議員

12月14日(水)

個人質疑・質問通告書

  1. 冨宅 正浩議員
  2. 小谷 直哉議員
  3. 中村 保治議員
  4. 山下亜緯子議員
  5. 奥山  渉議員
  6. 岸野友美子議員


by rebirth-jp | 2016-12-11 23:00 | ◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会 | Comments(0)
平成28年 第4回 柏原市議会 定例会 / また始まるが何も期待はしない・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成28年 第4回 柏原市議会 定例会

12 1()午前10時

(議案説明)

1213()午前10時

(個人質疑・質問)

1214()午前10時

(個人質疑・質問)

1216()午前10時

総務文教委員会

1219()午前10時

市民福祉委員会

1220()午前10時

建設産業委員会

1222()午前10時

(各委員長報告・採決)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


柏原市長選挙まで

あと75

柏原市議選挙まであと10ヶ月足らず


市長の委嘱を受けて

報酬を貰っている行政協力委員非常勤職員の身分を持つ区長が

候補者を伴って戸別訪問などをすれば

公職選挙法違反である

柏原市ではこういう村選挙が今も続いていると聞く

もしそういう場面に出くわせば

警察へ通報すればよい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





by rebirth-jp | 2016-11-30 13:49 | ◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
first time u..
by MoisesTal at 21:44
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
母子健康手帳の交付(妊娠..
by 実家が柏原市 at 09:36
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
典型的な田舎の腐敗政治が..
by rebirth-jp at 23:46
この「まち」のトロイカ体..
by rebirth-jp at 15:01
サンヒルは市民の財産..
by ダメな人 at 19:53
コイツラ、真面目に経営す..
by rebirth-jp at 11:42
 レストランひとつ経営出..
by サンヒルによく行った at 20:46
わかりやすくご説明頂きあ..
by 一柏原市民 at 00:15
第三セクター・サンヒル柏..
by rebirth-jp at 17:54
この条例からは、これまで..
by rebirth-jp at 21:51
 テニスコートとプールを..
by 何か変。 at 19:26
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル