革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆広報腐蝕の柏原城⇔広報かしわら
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆疑惑の社宅跡地購入/国分中学グランド
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◆謹賀新年/H25~H29年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
タグ:柏原市議会 ( 217 ) タグの人気記事
いったいいつまでこの腐った村手法(山西システム)で市政を腐らせるつもりか!!!
ここでも悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」が市長に利用されている!!!

ここまで同じような文体の要望書がよくもまあ
3つも4つも出来上がったものである
どう考えても
同じ人物が同じパソコンで
文章を作ったとしか考えられないが・・・

これが腐蝕の柏原城で長年続く市政の進め方の手法でもあるが・・・

柏原市の
体たらく議会
自分の保身しか考えない羊の集団は
行政協力委員(114区長会)
という悪政の根源(印籠?)をかざせば何でもかんでも例え悪事の政策であろうと賛成してしまうのである

半世紀も昔から続くこのしがらみにまみれた山西システムは
時の市長が絶対に手放したくない道具である
選挙公約で
「古い政治を壊す。」「新しい政治を創る。」
と謳った新市長(冨宅正浩)も
所詮
腐った村政治から脱皮する気など
毛頭ないようである




(その5)

柏原市教育委員会のトンデモ勇み足はこうして始まった!!!



⓵ 国分中学校長から教育長宛の

要望書

b0253941_11274032.jpg
⓶ 区長からの教育長宛要望書
黒塗りまで同じとは奇跡的である
b0253941_11271570.jpg

⓷ 区長からの市長宛要望書
黒塗りまで同じとは奇跡的である
b0253941_11270583.jpg
⓸ むつみ会からの市長宛要望書
b0253941_11264776.jpg





by rebirth-jp | 2017-07-13 18:03 | ◆疑惑の社宅跡地購入/国分中学グランド | Comments(0)
こんな議会は市長や市長派議員そして悪党一派の役には立っても市民のためにはクソの役にも立たない!?
この「まち」の議員たちは
いったい何のために
存在しているのか
市民のために仕事をしない税金泥棒に
市民の血税をあてがう
必要はない

柏原市議会議員選挙
平成29年9月3日公示 10日投票日
定数16(1名減)

二元代表制としての存在を放棄し
いつも時の政権に寄生することしか知らない
公明党議員を筆頭に維新系ほか何でもかんでも賛成の議員たち
ムラしがらみから生まれた(生まれる)
自分党議員たちが
選挙の時だけウソ公約を騙るが
市民・有権者の側は決して騙されてはいけない

過去の議事録や委員会議事録に
議員たちの資質や能力が現れているから
これまで自分が一票を入れた議員たちがどういう仕事をしているかを確かめるのも一つの方法である

下をクリック


もういい加減「議会ごっこ」は止めにしてもらいたい
本会議前の「全員協議会」は
何でもかんでも議案に賛成するための事前審議・調整の場ではない!!

質問も答弁も事前にすり合わせて紙を読むだけ
だから「議会ごっこ」と云われるのである
税金泥棒と言われるのである

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつまで経っても「みんなで赤信号渡れば怖くない。」の市政運営と議会運営は、この「まち」の政治をどこまでも腐らせて行くだけである。

本会議前の全員協議会等で、可決ありきの本会議最終日に向けた事前のすり合わせ・調整をしているから、採決議案はほとんどが討論も無く、「異議なし」「異議なし」で可決されて行くのである。

その結果が、既に財政破たん状態の腐蝕の柏原城である。

議員たちは「全員協議会」のあり方を、今一度、真剣に考えるべきである。



O 平成28年第1回定例会
b0253941_12530165.jpg
O 平成28年第2回定例会
b0253941_12525029.jpg
O 平成28年第3回定例会
b0253941_12523971.jpg
O 平成28年第4回定例会
b0253941_12522772.jpg
O 平成29年第1回定例会
b0253941_12521638.jpg




by rebirth-jp | 2017-07-01 00:11 | ◆地方政治と議会はこうやって腐っていく | Comments(0)
今日はいつも何でもかんでも賛成の可決で〆る平成29年 第2回 柏原市議会の最終日です

二元代表制の意味を理解している一部の会派を除く
ほぼ全員がいつも何でもかんでも
賛成をして本会議が
終わります

おそらく今日の定例会最終日も同じです
これが柏原市議会の
実態です

約2か月後の9月10日は柏原市議会議員の選挙です
現職議員の何人かはこれが最後の本会議
かもしれませんが前回の選挙で
新風を起こすと言って当選してしまった維新系3議員は
結局何もできずに会派を消滅させて
しまいました

この会派(新風かわら)は政務活動を不正に支出し
うち1名の議員は辞職です
この事件では
会派一体による隠ぺい工作の事実もあります

何もできずに消滅した会派「新風かしわら」に
所属していた3議員は
辞職した山本修広元市議、新市長の冨宅正浩、現在無会派の山口由華市議である



O 柏原市議会事務局ホームページから

平成29年 第2回 柏原市議会

いずれの会議も傍聴できます

傍聴の方法については、こちら

6月 1日(木)午前10時本 会 議
 6月16日(金)午前10時本 会 議(代表質問)
 6月19日(月)午前10時本 会 議(代表質問)
 6月20日(火)午前10時本 会 議(代表質疑)
 6月21日(水)午前10時本 会 議(代表質疑)
 6月23日(金)午前10時
総務文教委員会
(委員会採決)
 6月26日(月)午前10時
市民福祉委員会
(委員会採決)
 6月27日(火)午前10時
建設産業委員会
(委員会採決)
 6月30日(金)午前10時
本会議
(反対討論・賛成討論・採決)

※上記会議日程について、変更が生じることがあります。

〇お問い合わせ先 : 議会事務局 TEL 072-972-1501(代表)

          内線 3111~3113

※ Ustreamで生放送も行っております。よければ、そちらの方もご活用ください。


加筆~
案の定、定例会最終日の本会議(採決日)は
議案の全てを全会派一致で可決し
1時間もかからずに終了した

こんな議会は要らない
いつもの「議会ごっこ」だったが、心底、反吐がでるほどである
見え透いたパフォーマンス市政と
二元代表制の機能を放棄した体たらく議会(議員たち)

コイツラ、ただの税金泥棒である
コイツラの仕事は4年に1回の嘘吐き合戦だけである

腐蝕の柏原城の「病」はどこまでも深いようである!!!





by rebirth-jp | 2017-06-30 08:21 | ◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会 | Comments(0)
市政の透明化は真っ赤な嘘!!!/新市長(冨宅正浩)の平成29年度市政運営方針



腐蝕の柏原城

悪政の根源/市長のための悪政の根源「柏原市区長会制度」

は何もかわらず

市民の血税を喰い潰す不透明や疑惑の黒塗り行政は

元自治労柏原市労働組合執行委員長の副市長

元八尾市職員の市長

任期付き採用の弁護士(現時点正体不明)

3体制により市政はますます市民から遠くなり腐敗政治もそのまま続いて行くだろう



下記は、新市長(冨宅正浩)の平成29年度市政運営方針演説の一部である。


その中で、徹底した情報公開と市政の透明化や市民との情報共有を謳っているが、それは真っ赤な嘘であることが判明した!!!


掲載の支出命令書は、新市長が開示した市内に7ヶ所ある緑地広場の土地借り上げ料に関する書面である。これは契約書に基づき、市民の血税をその借り上げ料に充てがっているものであるが、公的施設に関する公金支出にもかかわらず、借り上げの契約金額が全て黒塗りである。


その総額は、7ヶ所で1300万円を超えている。場所は休耕地や宅地跡などであるが、その借り上げ料は、地目が「田」であっても、固定資産税と都市計画税の合計に3倍から3.5倍を乗じた金額で借り受けるなど、極めて不可解な条件となっている。


なかには根抵当権が設置された土地が2か所も存在していることが判明している。この案件も最初の取っ掛かりは、例の悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長)」の土地借り上げがスタートである。借り上げの期間は、15年から20年間という長期借り上げである。


この土地借り上げ料については、当然、市民に公開すされるべき情報である。ほかにもたくさんの不透明案件や疑惑の案件があることからなかなか手が回らないでいるが、この案件に関しては、いずれ徹底した追及と検証を続けて行く予定である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成29年度 市政運営方針


政策目標5「健全な行財政と市民主体のまち」


(2) 市政運営、行財政運営


③ 市政情報の発信につきましては、「広報かしわら」と「柏原市ウェブサイト」を核として徹底した情報公開で市政を透明化し、市民との情報共有を図ります。また、日本一住みたいまち柏原を目指して、まちの魅力や地域資源を市の内外に発信する「広報かしわら特集号」や移住者向けサイト「はじめよう柏原暮らし」の充実を図ります。


都合のいいパフォーマンスばかりを流すことが情報公開と

思っているのであればとんだ勘違いである

増刊号などの無駄な支出は

市の財政を

喰い潰すだけである


b0253941_23373249.jpg

b0253941_23370735.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結局、あの嘘吐き・デタラメ市長から3代続く市政の実体は、情報隠ぺいによる腐敗政治の体質のまま、何も変わっていないということである。





by rebirth-jp | 2017-06-26 00:11 | ◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ | Comments(0)
おいおい、これはあかんやろ!!!/大阪維新の会候補者の立派な公職選挙法違反では!!??
余談~
パソコンを開いてUstreamでの生放送を視聴したが
新市長の姿が映像に映ることはほとんどない
ということは今度の市長はほとんど
答弁する機会(能力?)が無い
ということか!?
まあ、どうでもいいが。

それにしても国の政治(内閣)は頭を筆頭にクズばかり・・・
いったいこの国はどうなっている
嘘吐きどもの顔は
哀れでさえあり
見苦しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下本題

いったい何なんだ!? このまちは
現職議員たちも
恥ずかしいだろう!!??


さすが公職選挙法などどこ吹く風の
半世紀も昔のしがらみにまみれたムラ政治が続く柏原市である

柏原市議会選挙は
H29.9.3 公示
H29.9.10 投票日
である

下の選挙用チラシは公職選挙法に抵触する可能性が高い!!!
この2、3日の間に投函されたものだが
これが許されるなら
候補者たちは
みな同じようなチラシ
の投函・配布を始めるだろう

b0253941_23250463.jpg
b0253941_23074512.jpg





by rebirth-jp | 2017-06-20 23:26 | ◆H29年9月の柏原市議選挙動向 | Comments(0)
傍聴席は満杯/とは言っても市長は事前すり合わせの紙を読んでいるだけで所詮「維新」は騙りである!!!

傍聴席は満杯
と言ってもたったの20席である
あとは本庁舎2階のフロアに設置されたテレビで傍聴が可能である
あるいはUstreamで生放送もされている
ただUstreamの場合
肝心なところで映像が中断されるから
やはり生の議会傍聴が
一番である

以前は名前や年齢・住所を記載しなければ
傍聴することが出来なかったが
今は何も書かなくても
傍聴席に入ることができるから市民・有権者の方は気軽に傍聴が出来る

一度でも議会を傍聴していただけたら
このブログで
議会の有り様をクソミソに書いているのが
ほんの一部分であることを理解していただけるはずである

この日の答弁でも
議員の方が少し応用的な質問をすると
何一つまともに答弁することが出来ない様を新市長が晒していたが
これもつまるところは市民・有権者の側の
責任である

何が「古い政治を壊す。」「新しい政治を創る。」だ!?
何が「維新」か!? 結局は維新を
騙っているだけである

ほんの一握りの
議員の頑張りを除けば
あとは職員上がりの副市長と新市長を相手に
相変わらずの「議会ごっこ」をやっているだけという議会の実態がたった1日の傍聴で明らかになった

議会は下記の日程で行われている
現職議員たちにとっては
次の9月議会は
市議改選後の定例会開催になるから
これが最後の本会議になる議員も居るはずである

おそらく議員たちの心境は
この6月議会は上の空という者もいるのかもしれない
そしていつも以上に
市長が議会に上程した議案は
公明党を筆頭にした
何でもかんでも賛成の議員たちにより
異議なし・異議なしの連発で可決されていくはずである




O 柏原市議会事務局ホームページから

平成29年 第2回 柏原市議会

いずれの会議も傍聴できます

傍聴の方法については、こちら

6月 1日(木)午前10時本 会 議
 6月16日(金)午前10時本 会 議(代表質問)
 6月19日(月)午前10時本 会 議(代表質問)
 6月20日(火)午前10時本 会 議(代表質疑)
 6月21日(水)午前10時本 会 議(代表質疑)
 6月23日(金)午前10時
総務文教委員会
(委員会採決)
 6月26日(月)午前10時
市民福祉委員会
(委員会採決)
 6月27日(火)午前10時
建設産業委員会
(委員会採決)
 6月30日(金)午前10時
本会議
(反対討論・賛成討論・採決)

※上記会議日程について、変更が生じることがあります。

〇お問い合わせ先 : 議会事務局 TEL 072-972-1501(代表)

          内線 3111~3113

※ Ustreamで生放送も行っております。よければ、そちらの方もご活用ください。



by rebirth-jp | 2017-06-18 11:34 | ◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会 | Comments(3)
またまたおかしな条例改正(案)である/一般職の任期付職員の採用に関する条例の一部を改正する条例

組織は頭から腐る・・・


この議案

第49号に関しても

いつも何でもかんでも賛成の公明党を筆頭に

大半の議員たちは何にも考えずに賛成・可決をしてしまうのであろう


下記の「号給」決定は

副市長と市長の

独断になるものと思われるが

二人でこんなおかしなことばかり考えている暇があったら

目の前にいくらでも転がっている重要案件に汗と智恵を出すべきではないのかと思うが・・・



もう既に採用する人物は決まっているはずである。決めた上での条例改正()の上程と推察するが、こんなことを安易に繰り返したら、何のために副市長を一人減らしたり、特別職の報酬を減額することの意味がなくなるだけである。さらにはコネ採用が増えるだけて゛ある。


松井副市長と市長は議案を挙げた以上は、条例改正の理由、採用する職種、採用の人数、どこに現在の職員たちの人選では間に合わない理由があるのか等々、丁寧な説明をする必要がある。


柏原市には、行政トップら頭は腐っていても、真面目で有能、専門知識や優れた識見を持つ職員はいくらでもいるはずである。こうやって副市長や市長による恣意的な職員採用が慣例化すれば、有能な職員たちがやる気を無くすだけである。


いったいどの部署にこの任期付き職員を採用する気か知らないが、職員上がりの副市長と市長の市政運営は内向きの思考ばかりで、何の期待もできないようである。


頭が腐れば組織は腐るということを今の安倍政権が反吐が出るほど晒しているが、議員の皆さんは、副市長や市長の恣意的な職員採用を、安易に許してはいけない。条例案の条項をしっかり読めば、副市長と市長の魂胆は見え見えである。


それにしても今回の任期付職員はなかなかの高給のようである。まさか広報かしわらやインターネットを使った市長のパフォーマンスのために、専属の職員を高給で採用しようというのではあるまいな!?


市政運営方針演説からはそんなところが見えてしまうが、議員の皆様にはしっかりと二元代表制の役割りを果たしていただきたいものである。



参照/柏原市長(冨宅正浩)平成29年度市政運営方針から一部抜粋


(広報かしわらやSNSでのパフォーマンス政治が見え見えである。)


③ 市政情報の発信につきましては、「広報かしわら」と「柏原市ウェブサイト」を核として徹底した情報公開で市政を透明化し、市民との情報共有を図ります。 また、日本一住みたいまち柏原を目指して、まちの魅力や地域資源を市の内外に発信する「広報かしわら特集号」や移住者向けサイト「はじめよう柏原暮らし」の充実を図ります。


④ 市民の市政への関心と信頼を高めるため、フェイスブック、ツイッター、ラインなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス、いわゆるSNSにより、行政情報などをリアルタイムで発信します。さらに投稿型SNSを導入し、市民力を活用して本市の魅力的な風景等を余すことなく市の内外に発信することで、本市の知名度アップを図ります。



いくらパソコンの画面で「まちづくり」のパフォーマンスをやっても、市民や「まち」のためにはクソの役にも立たない。まったくどうしようもないほど、センスの無い(悪い)行政トップの思考である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


O議案第49号

一般職の任期付職員の採用等に関する条例(案)/一部抜粋


(給与に関する特例)

第7条 第2条第1項の規定により任期を定めて採用された職員(以下「特定任期付職員」という。)には、次の給料表を適用する。

号給 給料月額

1  388,600円

  438,700円

 492,000円

 555,700円

  634,100円


2 任命権者は、特定任期付職員の号給を、その者の専門的な知識経験又は識見の度並びにその者が従事する業務の困難及び重要の度に応じて決定するものとし、その決定の基準となるべき標準的な場合は次の各号に定めるとおりとする。

(1)  高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して業務に従事する場合1号給

(2)  高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して困難な業務に従事する場合2号給

(3) 高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して特に困難な業務に従事する場合3号給

(4) 特に高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して特に困難な業務に従事する場合4号給

(5) 特に高度の専門的な知識経験を有する者がその知識経験を活用して特に困難な業務で重要なものに従事する場合5号給


なんじゃこれ・・・

ほんまにバカかである!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by rebirth-jp | 2017-06-10 09:11 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(2)
市長当選後四ヶ月も副市長と2人でいったい何をしていた!!??/これが二人で作り上げた市政運営方針演説か!!???


中身無し! 出来の悪い職員がぐだぐだと紙を読んだだけと思うのは

当方だけではあるまい!!??


大事にしなければならない職員たちに対する

強がりばかりを誇張していたが

真剣に聞けば

怒りを通りこして悲しくなるだけである!!!

b0253941_07394946.jpg


これではまさに

腐政方針演説である!!!??


何が「古い政治を壊す。」「新しい政治を創る。」だ!!!

柏原市政の現状を何も理解できていない


失策・愚策・悪策

も何一つ反省をしていない

相変わらず腐敗政治の根源「柏原市区長会制度」に媚びを売っているだけである


平成2961

柏原市議会

2回定例会・本会議初日を傍聴したが

新市長の市政運営方針演説は

結局これまでの腐敗政治を踏襲しただけの内容である


あまりにも酷くて

途中議場を退出した傍聴人もいたほどである


あの嘘吐き・デタラメの岡本市長や

その禅譲で生まれ最初から最後まで岡本政権の

疑惑隠しに追われ結局は何もできなかった中野市長に比べても

最悪・最低の内容である

これでまた柏原市に腐敗政治が延々と続くことが判明した!!!


新市長の

「市政運営方針演説」の内容は

作業の時間がもったいないのでこのブログには書き出さない

(柏原市のホームページで公開されるはずである)


あとは議員の皆さんが616日から始まる会派代表質問で

この市政運営対して質問をするわけだが

質問する側の議員たちも

気の毒である


どうせ腐敗政治を踏襲した愚策や悪策の説明が返って来るだけである!!??




by rebirth-jp | 2017-06-02 07:40 | ◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会 | Comments(6)
平成29年 第2回 柏原市議会 定例会

O 柏原市議会事務局ホームページから

平成29年 第2回 柏原市議会

いずれの会議も傍聴できます

傍聴の方法については、こちら

6月 1日(木)午前10時本 会 議
 6月16日(金)午前10時本 会 議(代表質問)
 6月19日(月)午前10時本 会 議(代表質問)
 6月20日(火)午前10時本 会 議(代表質疑)
 6月21日(水)午前10時本 会 議(代表質疑)
 6月23日(金)午前10時総務文教委員会
 6月26日(月)午前10時市民福祉委員会
 6月27日(火)午前10時建設産業委員会
 6月30日(金)午前10時本会議

※上記会議日程について、変更が生じることがあります。

〇お問い合わせ先 : 議会事務局 TEL 072-972-1501(代表)

          内線 3111~3113

※ Ustreamで生放送も行っております。よければ、そちらの方もご活用ください。




by rebirth-jp | 2017-05-23 22:30 | ◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会 | Comments(0)
良くも悪くもトンデモ市長の思惑や目論見は議会議事録や委員会会議録に記録されている!!!

第三セクター・サンヒル柏原破産事件に

関しては、住民訴訟を視野に

現在、住民監査請求を

準備中である

これも本来は議員たちの仕事である


またこれらの問題に関しては、岡本泰明市長及び中野隆司市長や自治労柏原市職員労働組合、さらには悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度」と自己保身に走る議会(議員たち)が生み出した現市長に、その処理能力を期待することは土台無理な話であろう。


それが証拠に、前・中野市長が最初で最後の大仕事として、元自治労柏原市職員労働組合執行委員長の松井久尚副市長と奥田隆一副市長に辞職をさせ、まさに無能・無策のトロイカ体制を終わらせたにもかかわらず、その意向を無視した元八尾市役所職員の冨宅正浩市長は、またまたこの組合執行委員長の松井前副市長を元の鞘に収めてしまったのである。これを認めた議員たちについても、その頭の中の思考は理解不能である。


それで現市長の選挙公約が「古い政治を壊す。」「新しい政治を創る。」とは、ふざけた話である。まさに本丸維新とはド反対のムラ政治である。選挙公約も「維新」を騙ったウソ公約であったわけである。これが柏原市の維新市長の正体である。


おそらくこれからの市政運営は、この市職員及び元市職員労働組合執行委員長という二人のコンビで、ますます職員主体の内向きな政治が続くことになるはずである。そしてますます市政は腐り、崩壊に向かうことだろう。


当然この連中に、市民が主体のまちづくりなど土台無理な話である。どうせ彼らがやることは、職員らに対する組合主導の人事政策と圧力で、保身のための組織堅めをすることぐらいであろう。そしてこれを「組織改革」という言葉でごまかすはずである。「冨宅政権」というよりも「組合政権」と言った方がいいのかもしれない。いずれその実体が明らかになるはずである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本題ここから・・・


今後ますます

市長や議員たちは隠ぺい政治に走るであろうから

今後は

盛んに行なわれている

事前審議あるいは事前調整の場となっている

「議会運営委員会」や「全員協議会」

に目を向ける必要がある


ちなみに

定例会・本会議前の事前審議は

禁止されているが

腐蝕の柏原城では盛んに

この事前審議や質疑・答弁のすり合わせが

行なわれているようである


b0253941_9441870.jpg



3/破産への流れ!!! サンヒル柏原破産の原因は市の施設運営方針の杜撰さにあり債権の申し立ては権利の乱用と裁判所が決定!!!


下記掲載の 平成21年 6月 定例会(第2回)-0612日-03 議事録から、疑惑まみれのサンヒル柏原事件、同じく疑惑にまみれた竜田古道の里山公園事件に関しては、市長及び市長公室が主導していたことがわかる。


本事件の記事は下記の事件資料を基にしている

破産債権査定申立事件

(基本事件 平成28()第421号破産事件)


柏原市(岡本泰明前々市長・中野隆司前市長・冨宅正浩現市長)と議会(議員たち)が市民に知られたくない不都合な真実!!!


過去の本会議議事録及び委員会会議録の中に

裁判所が指摘した施設運営方針の

杜撰さのすべてが表れている

そもそも

当時の岡本市長は

この物件をいったい何の目的で購入したのか???

これから連載する

議事録・会議録の内容をみても

ただ施設運営方針の杜撰さしか見えて来ない



(その3)

サンヒル柏原の負債と破産への流れ


破産した第三セクターサンヒル柏原に対する市の債権額約7800万円を裁判所が「市の債権の額は0円と査定」と決定 


第三セクターサンヒル柏原の初代理事長は当時柏原市長の岡本泰明氏である。

代理事長は元柏原市議の笠井和憲氏、この事業でさらに財団の債務を膨らませたのは杜撰な施設運営の方針をそのまま続けた前市長の大阪維新の会・中野隆司氏である。


(議事録中の括弧内緑字は私見)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


平成21年 6月 定例会(第2回)-0612日-03


 〔岡本泰明 市長 登壇〕
◎岡本泰明市長

 皆さん、改めましておはようございます。
 昨日はちょっと体調を崩しておりまして、議員各位にご迷惑をおかけいたしましたことをおわび申し上げます。と同時に、本日は相当回復いたしておりますので、精いっぱい答弁をさせていただきたいと、そのように思っております。

 まず、整理番号33番、サンヒルの今後の運営についてというお尋ねでございますが、昨日も各他会派の皆様方からご質問いただきまして、一応今のところ、経営母体をどこにするかと、そのことについて頭を痛めておるところでございます。


 市で直営するということを考えてみますれば、市の職員を例えばサンヒルの支配人というような形で派遣いたしますとすれば、これはもう、昨日も申しましたように、きょう派遣してあしたつぶれてしまうのじゃないかと、そのような懸念もございますし、

また指定管理者制度というようなことになりますと、これも例えば5億1,500万、建物の1億4,500万に対する5%の消費税を乗せまして、そういったところ、そのいわゆるお金が、指定管理者制度の指定された業者に市の財産を持っていくといいますか、ただで差し上げるというような形にもなります。


(指定管理者に儲けさせるのではなく、自身が儲けたいということなのだろう。)


 私の基本的な考え方は、サンヒル柏原は今までの考え方と抜本的に違う方策をとってまいりたい。端的に申しますと、いわゆる民間会社が取り入れております複式簿記という概念でもって経営に取り組んでまいりたいと思っております。


 例えば隣のリビエールホール、約65億から67億の経費をかけて立ち上げましたが、現在、指定管理者制度に基づいて委託を行っております。これは、いわゆる市役所の単年度の単式簿記という概念の上に立って、その65億ということを減価償却していくという概念がないのであります。市役所のあらゆる施設は、要するに市民の皆さんにお願いをして、そして予算が通ったと。それを市民の税金で賄うと。市民の税金で払い終わりますと、それで一件落着という形で終わってしまいます。


 私は、複式簿記、いわゆる借方と貸方の概念でもちまして、5億1,500万というのは一つのいわゆる財産として償却をする、そしてまた利益を上げていくと、そのような形の考え方でもって取り組んでまいりたいと。よって、経営母体をどこにするかということを大変慎重にやっていかなければならんということで、もう今月中ぐらいに一応その経営母体を決定したいなというふうに思っております。


(このとんでも市長は、おそらくこの時点で、「第三セクター・サンヒル柏原」財団を立ち上げ、自らが財団の理事長になることを目論んでいたと思われる。

そして結果は、財団の債務を膨らませただけで、事業は大失敗に終わったということである。)


 経営母体の決定を早くしないと、10月1日までに例えば旅館業、ホテル業ということになりますと、旅館業に対する許認可、そしてまた厨房等、保健所の許認可、そしてまた消防等の許認可と、いろんな許認可が新しいいわゆる経営母体に発生いたしますので、その時間をなるべく短縮したいと思っておりますが、何分にも相手があることでございますので、そのように許認可がつきまとうということで大変時間がかかるということも視野に入れて、なるべく早く経営母体をやっていきたいと、そのように思っております。


 次に、竜田古道の里山公園につきましてでございますけれども、平成18年の3月、市民の皆様の手で桜、梅、桃を植樹していただきました。


(この事業も、疑惑まみれの事業となり、いまも市民の血税を喰い潰し続けている。おそらく10億に近い公金(市民の血税)を垂れ流して、この事業も失敗である。)


 それからはや3年が過ぎまして、既に桜は約800本、きのうは1,000本と申しましたが、後で確認いたしますと200本ぐらいは枯れてしまったそうでございます。ここで訂正させていただきます。実際は約800本ということになってしまったということでございます。梅220本、これも私は300本と申し上げましたんですが、80本ぐらいから100本ぐらい枯れてしまったようでございます。また、桃も300本と、そのように申し上げましたが、実際は130本が残っておるというのが現状でございます。


 ご承知のように、あの山は下がもうコンクリートのブロックです。上に盛土をしております。よって非常にその盛土の部分が栄養分が少ないということで、三郷町のさくらの会が隣の要するに地山に植えられた桜と比較しますれば、ことしの冬に植えられた桜のほうが3年たった桜よりも成長が大きいと、そのような目で見て差が出てきております。


 いずれにいたしましても、今後粘り強く肥料等を、普通は肥料など入れないんでございますけれども、肥料等いろんな形で、例えば古い畳をもらってまいりまして、それをほどいて積み上げて堆肥にして、そして桜、梅、そういったものに与えていくと、そのような手法でやっております。


 なお、過日、NPOの主催で行われましたさくらまつり、約1,000人の市民の皆様に参加いただきまして、花見と河内音頭を楽しんでいただきました。来年度は見ごたえのある手前の花見ができるのではないかと、見ごたえのある手前ぐらいまで桜が咲いてくれるんではないかというふうに思っております。


 また、当日、ツツジ600本も小学生によりまして植樹をしていただきました。また、5月にはヒマワリの種も、去年の失敗を学習いたしまして、ことしは上手にまけたなというふうに思っております。


 このように竜田古道の里山は、多くの方々のお力をおかりいたしまして、四季折々の花や木が生い茂る里山づくりということになってまいることを願っております。


 あわせまして、本年3月には都市公園として事業認可を受けました。21年、22年度の2カ年で、国庫補助事業として管理棟や休憩所、さくの設置等の整備を行い、23年度には市民の皆様の本当の憩いの場として開園できるように取り組んでおります。

次に、亀の瀬地すべりの計画につきまして、これも昨日、他会派の皆さんにご指摘いただきまして、いろんな形でお話し申し上げました。何はともあれ、工事が完成いたしますれば大阪府に移管され、それから柏原市に移管されると。


(この事業についても検証の必要があるようである。どうせ議会は何もしてくれない。)


 ご指摘いただいておりますように、あの膨大な地域の草刈り、どうすんねやと、草刈り代はばかにならんぞと。どこかで、もう絶対できませんというような発言もいただいておりましたが、そうでなしに、なるべく草刈りが起こらないように、草刈りの必要性がないような計画を立てて、そして、昨日申しましたように、森とか林とか、それからまた貸し農園だとか、またいろんな、グラウンドゴルフも一つの視野でございますけれども、そういった要するに市民の皆様に有意義に利用していただけるような、そういう施設にしてまいりたいと思います。


 一つは国交省、大和川工事事務所の仕事になるんでございますけれども、亀の瀬の拠点となります資料館の建設も、当初は国のほうから予算の縮小ということでストップされたということでございますが、過般、3月に国、府、市と3つで協議いたしました折に、一応資料館は何としてでもつくって、あの800億円になんなんとする工事の資料をいわゆる残しておきたいという現在の所長様の思いによりまして、何とか資料館をつくっていただけるであろうと、そのように思っております。


 次に、恩智川の遊水地事業でございます。市政方針で述べさせていただきましたように、大阪府によって用地買収が進められております。平成20年では87%までもう進んでおるということを聞いております。今後は用地買収を進めるととともに文化財調査を行い、平成24年度の部分供用を目指しておるというふうに聞いております。


(この事業も市の関わりなど、検証の必要があるようである。)


 なお、現在、大阪府では、収用法に基づく事業認定の手続を進めておられるということでございます。


 今後も事業の進捗を把握しながら、大阪府と協議を行いながら、市の上面利用の検討を重ねてまいりたいと、そのように思います。


 つけ加えて申し上げますれば、いわゆる文化財調査に対しまして、市にいかほどの負担を府が要求してくるであろうかということの一つの疑問点が残っております。


 古い議員の方は皆ご承知でございますが、用地買収に対して市が当初は20億円を持つという約束でございました。しかしながら、私が市長に就任いたしました折、15億円というふうに修正をされておられます。そして、その15億円の市の負担ということを、私、引き継ぎまして大阪府と折衝をいたし、そして市の負担はゼロ円にいたしました。よって、用地買収の費用は、柏原市は一切負担をいたしておりません。


 しかし、柏原市が上面を利用するということになれば、その利用するということで一定の遺跡調査の費用を市が負担するという契約になっておりますので、今後そういった問題点が残るであろうというふうに思っております。


(それにしても何でもかんでも市長が答弁しているが、このトンデモ市長の28年間の実績は、ただ疑惑まみれの悪策・愚策、そして時には悪事の政策で、市民の血税を喰い潰して来た感しかない。市政をズタズタにしたこの市長の責任はあまりにも大き過ぎる。

これを許して来た議会(議員たち)、そして我々市民・有権者の側もそれを許して来たわけであるから同罪である。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


つづく・・・・・




by rebirth-jp | 2017-04-08 23:46 | ◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
おっしゃるとおり、サンヒ..
by rebirth-jp at 23:26
新市長はサンヒル柏原を使..
by 市民 at 17:26
安心してコメント書いてく..
by rebirth-jp at 13:44
(その3) それともう..
by rebirth-jp at 12:30
(その2) ほんとにバ..
by rebirth-jp at 10:24
(その1) そうですね..
by rebirth-jp at 10:23
解説ありがとうございます..
by 市民 at 03:04
(その2) 今回の定例..
by rebirth-jp at 11:47
(その1) 柏原市の「..
by rebirth-jp at 11:46
今日、はじめてネット中継..
by 議会 at 19:25
半世紀も昔の村しがらみに..
by rebirth-jp at 08:00
次の市議選ですが、維新か..
by 市民 at 00:11
市政運営の方針、弁護士の..
by 柏原市民 at 20:17
トップ(副市長と市長)が..
by rebirth-jp at 09:39
これって、論功行賞枠の副..
by これは・・・ at 17:31
ご理解とありがたいお言葉..
by rebirth-jp at 23:33
こんにちは。 6月定例..
by 市民 at 17:28
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル