革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆住民監査請求/サンヒル柏原破産事件
◇住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第2回 柏原市議会 定例会
未分類
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◆謹賀新年/H25~H29年
◇『改革/新・革新の会』規約
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
タグ:百条委員会 ( 38 ) タグの人気記事
百条委員会は何故悪党一派と一つ穴のムジナに堕ちてしまったのか1!??


疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題は

まだ何も終わっていない

悪党一派の

疑惑と市民の負担は

トロイカ体制の下いまも継続中である!!!



何が都合悪いのか想像はできるが悪党一派と一体となって疑惑隠しと隠ぺいに走った議会(議員たち)



(その5)
竜田古道の里山公園裁判に目を向けたくない議会(議長たち)の不都合な真実/腐敗政治の闇を暴く!!??


疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件の総括報告書(竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書)の開示に関して、3種類の総括報告書が存在していることが判明している。


百条委員会が総括した

疑惑まみれの

竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書が

なぜ3種類も存在しているのか

なぜ市民の開示請求に対して引き延ばしなどの

抵抗をして来たのか???



O 竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書の表紙

中身が3種類の総括報告書の

作成の日付はいずれも平成25年7月3日である

(作成者は当時調査特別委員会の寺田委員長)


b0253941_17404377.jpg


1種類目

これが調査委員会を解散した時点で出来上がっていた

総括報告書(原本)である

65ページで〆


b0253941_17415069.jpg

2種類目

これは当方の開示請求に対しておよそ9か月後に出てきた

総括報告書である

66ページで〆

b0253941_17413195.jpg

b0253941_17414113.jpg

3種類目

これは当時の吉田副市長を参考人招致した際の答弁内容を

すっぽり抜かした総括報告書である

ページ数が大幅に減っている

54ページで〆

b0253941_17420347.jpg


疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件は「もう終わったことにしたい」と、あの悪事の限りを尽くした嘘吐き・デタラメ市長や、当時の市長公室の面々、そして百条委員会を立ち上げながら、結局、何もできないまま自分たちのケツも拭けずにいる議員たちは思っているのだろう。


だがこれまで何度も言ってきているが、この事件は、まだ何一つ終わっていない。


終わっていないどころか、この疑惑まみれの事件は、ほかの案件・事件を絡みながら、ますます悪党一派による隠ぺい政治と悪政が増幅しているのである。


そして柏原市民の血税を、毎年、数千万円の単位で喰い潰しているのである。この公園の維持管理の費用については、本来、3(羽曳野市、藤井寺市、柏原市)で負担していくべきものである。


それをこの「まち」の無能・無策の市長と議会(議員たち)は、わざわざ柏原市民に単独で負担させているのである。


公園内に建てられている自然体験学習施設(教育委員会所管)は、悪党一派が議会と相談しながら、疑惑隠しの苦肉の策として建設をしたものである。つまり百条委員会の議員たちも、結局、悪党一派と一つ穴のムジナとなっているのである。まちや市民のことなど一つも考えていない連中である。


この疑惑まみれの事件では、現在、3つの裁判が大阪地裁で進行中である。その裁判に至る経過の中で、この事件を調査した百条委員会の議員たちが、おそらく悪党一派と一体となって、隠ぺい工作に走り、疑惑の数々に自らフタを被せようとした事実が、上記に掲載をした3種類の「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」である。


つづく・・・




by rebirth-jp | 2016-11-25 00:11 | ◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中 | Comments(0)
異常なまでの議員たちのだんまりから視えて来た不都合な真実!!!/何の解決もせずに百条委員会を畳んだ本当の理由とは!!??

嘘吐き市長の3期目断念と百条委員会によるUR絡みの疑惑追及断念との取引か!!?? 監査議員のポストに座り続ける公明党を筆頭に、異常なまでの議員たちのあまりにも異常なだんまりを見る限り、そう推察するしかない。

竜田古道の里山公園事件は、現在、その一部が住民訴訟に移行し大阪地裁で裁判が始まっているが、ある意味当事者でもある17名の議員たちは、共産党議員を除き「見ざる聞かざる言わざる」の姿勢を貫いている。その一方で悪党一派の悪事のツケの全てを、未来永劫、柏原市民に押し付けているのである。

百条委員会で嘘吐き市長やNPO法人柏原ふる里づくりの会との極めて不可解な関係や疑惑を追及していた委員たちが、もっと深刻で大きなUR絡みの不透明事業や疑惑の存在が見えているのに、議会はこの疑惑を一切追及せず、市政始まって以来の大疑獄事件とも言える「竜田古道の里山公園事件」の調査を打ち切ったのは何故か???

O 本会議でウソ答弁をする大阪維新の会・中野隆司市長

平成26年3月定例会(第1回)-0311

b0253941_18180019.jpg

Oまったく機能不全に陥ってしまった議会の議長は奥山渉議員、

副議長は岸野友美子議員である。

b0253941_1928135.jpg
b0253941_2330321.jpg
b0253941_10314525.jpg

議会は先の市議改選(平成259)以来、二元代表制としての

チェック機能を完全に放棄している。

もはやその存在の意味すら無い。


彼らはただ議会に籠って、年間一千万という市民の血税

貪っているだけである。

この体たらく議会を歓迎しているの

市長の側だけである。


(その39)
過去の議事録・会議録から疑惑まみれの「竜田古道の里山公園問題」と、第2の竜田古道の里山公園問題と言われる『自然体験型学習施設』建設に係わる嘘吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しを暴く!!!

現在このブログに掲載中の議事録・会議録の内容を見ていただければ分かるとおり、議員たちの百条案件に対する追及は、あの嘘吐き市長の3期目断念、そして極めて不自然な百条委員会の理由なき解散により、まるで百条委員会が議会に設置されていたこと自体が幻でもあったかのように、今、議員たちはこの事件に関して完全に口を閉ざしている。

一部、共産党だけがこの問題を本会議で採り上げ「原点に戻すべき」と訴えてくれているが、市長の下僕に成り下がった体たらく議員ばかりの多勢に無勢という形で無視をされている。一時は「環境事業組合が維持管理費を負担しなければ現在稼働中の第3期処分場を閉鎖する」とまで言い切っていた大阪維新の会・中野隆司市長の強気発言は、やはり百条委員会を畳ませるためのただのパフォーマンスだったということなのだろう。

議会が体たらくだからデタラメ行政がなんでも通ってしまうという状況は、ますますこの「まち」の政治を劣化させているようである。

以下、書き起こし部分は原文のままである。/緑字の部分は私見である。(案件については、現在、訴訟中の裁判に係わる部分も出てくるので、自ずとここに公開する事実や私見も制限することになるが、可能な限り、問題点の指摘なり、その検証結果を公開していくつもりである。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成26年3月 建設産業委員会-0324日-01

P.20  濱浦佳子委員

◆濱浦佳子委員 5番の竜田古道の里山公園維持管理費についてですが、この経費は、私としては、今までの経緯から考えて認めることはできないと思います。ただ、私は、これが、雁多尾畑第二処分場で柏原市のごみが全部あそこで処分されていたら、当然これは柏原市が維持管理費を持たなきゃいけないと思います。でも、あれは藤井寺市と羽曳野市という、考えたら、そういうところから持ってこられたごみを柏原市だけに押しつける、私は環境事業組合さん自体の態度もおかしいと思うんです。

日本が沖縄で基地施設をしたとき、日本国からかなりの補助金が出ています。それと、沖縄県民に迷惑をかけているからと補助金が出ているのであったら、当然、普通から考えたら、そら、前任者のこともありますけれども、私は、羽曳野市さんも藤井寺市さんもごみをほっている、あそこの人たちの嫌なごみをここにも、柏原市はほられてきたんだから、当然、私は、羽曳野市さんも藤井寺市さんもこのことに対して維持管理費を持つのが、本当はそれが正しいやり方だと思います。

ただ、前任者のやり方がまずかったか、今の市長にこれを申し上げても、責任を持っていかれるのは悪いと思いますけれども、私は、やはりこれは、はっきり言って3市が持つべきやと思います。何であろうと、藤井寺・羽曳野市のごみなんです。柏原市のごみだけじゃありません。柏原市のごみだけだったら構いません、これ認めます。だけど、私は、そういう意向でやっぱり百条委員会の立ち上げも考えて、この予算だけ私は、このことに関しては認めるわけにいかないと思いますので、それだけ申し上げておきます。

(3市が負担すべきと本当に思っているのなら、「・・・それだけ申し上げておきます」ではダメである。悪党一派の悪事のツケが、未来永劫、柏原市民に負わされていくということを本当に理解しているのなら、この案件は、他のどの案件よりも最優先で解決をすべき事件である。

なにもこの議員ばかりを指摘しているわけではないが、この事件に対する取り組み姿勢で、この「まち」の議員たちの資質や能力、人間性がまる分かりである。)

P.21  橋本満夫委員

◆橋本満夫委員 今と同じ竜田古道の里山公園維持管理費なんですけれども、今回、予算6738,000円出されているんですけれども、この26年度はどのように管理運営をされるんでしょうか、お聞きいたします。

P.21  東次長

◎東次長 26年度の管理でございますが、25年度で補正予算を認めていただいております。それと同程度の維持管理を行っていこうと考えておるところでございます。よろしくお願いいたします。

(維持管理費の負担を3市構成の柏羽藤環境事業組合に求めていくことをあきらめたことを前提に答弁をしているが、これも議員たちの追及が甘く、舐められているからである。市側も議会の側も、真剣にこの問題を解決しようと思っていないことの裏返しでもある。)

P.21  橋本満夫委員

◆橋本満夫委員 今ご答弁ありましたけれども、25年度と同程度の維持管理をやっていくということで、25年度シルバー人材センターさんにお願いをして、委託でやっていただいたんですけれども、特に25年度、ほぼ今回と同様の金額なんですけれども、何か問題というか、支障はありましたでしょうか。

P.21  東次長
◎東次長 維持管理の状況でございますが、今、委員言われましたように、シルバー人材センターの職員が1名で管理をしております。それ以外の部分で、やっぱり草刈りとか追いつかない部分とかがあります。また、シルバー人材センターですので、管理という面では、なかなか市の職員並みに目も行き届かないというふうに考えておりますので、その辺については、毎週水曜日に職員が現場に行きまして、安全管理状況、あるいはシルバーの管理方法等について確認をしながら、今、維持管理を進めておりますので、問題といえばその辺で多少職員に負担がかかってきているんかなというふうには思っています。

P.22  橋本満夫委員

◆橋本満夫委員 今ご答弁でありましたけれども、毎週水曜日に公園緑地課の職員さんがしっかりと行ってくれていて、多少なりとも市の職員に負担がかかっているということなんですけれども、25年度といいましたら、地元から何か要望じゃないけれども、こういう形でシルバー人材センターさんにお願いして管理運営をしていただいた中で、25年度、地元からクレームじゃないけれども、そういう声は上がっていたんでしょうか。

P.22  東次長

◎東次長 地元からの要望でございますが、やっぱり草刈りが、時期によっては追いつかない時期がございます。そういうときについては、道路を通っておられる方が、やっぱり処分場の跡地ということで、余り荒れている状況を見るのが忍びないんで、公園緑地課でしっかりと管理せよというような要望はいただいております。

(問題だらけのNPO委託を凍結し、今度はシルバー人材センターをこの疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件に巻き込んでいるが、この事件は一旦公園を閉鎖してでも解決をすべき案件である。

誰も行かない裏山のゴミ処分場跡地の公園で発生した事件は、この「まち」の腐蝕の市政とデタラメ行政、そして腐敗政治の象徴となってしまった感のある質問と答弁のやりとりである。)

P.22  橋本満夫委員

◆橋本満夫委員 地元の方から草がぼうぼう生えている姿は、なかなか心苦しいというか、しっかりと草刈りをしてほしいというような声があるという中で、やはりこの予算額ではなかなか難しいのかな、プラス職員さんも行ってくれているけれども、限界があるのかなと思ったんですけれども、この問題、24年度附帯決議を出して、延々続いているんですけれども、この26年度においても、組合からの歳入がないんですけれども、その辺のこの間の動き、今回歳入のないことの説明をお願いしたいんですが、いかがでしょうか。

P.22  東次長

◎東次長 維持管理費については、現在のところございません。内容について、本会議の中で答弁をされたように、今、維持管理費にかわる部分について、用地の名義変更とあわせて進めていこうとしている段階でございます。よろしくお願いいたします。

(さっぱり訳のわからん答弁である。本人も自分で何を言っているのか分かっていないのだろう。用地の名義変更と維持管理の負担に何の関連性があると言うのか。この言質から視えることは、311日の中野市長のウソ答弁で明らかになった「自然体験学習施設」の建設を利用して、用地(土地)の名義を柏羽藤環境事業組合から柏原市に名義の変更をしようと画策をしていたことである。このことは次の6月議会でその事実が明るみになることになる。

P.22  橋本満夫委員

◆橋本満夫委員 これは、25年度の当初のときでもえらい問題になって、議会から修正も出したんですけれども、この歳出を否定する、この予算を否定することで公園を閉めざるを得ない。私らは決してそれを望んでいない。地元の人からも閉めてほしくないという声を重く見て、去年の補正でも、修正案でも私らは閉めることを望んでいないという中で予算を認めたわけですけれども、この26年度においても、組合からの歳入がないというのは、今の段階では本当にまだまだ残念かなと思うんです。

 そういう中で、私たちは百条委員会も持って、終わったんですけれども、本会議でも言いましたが、百条委員会、本当に時間もかけていろんなことを調べて、いろんな問題がわかった。前市長が問題やったということもある中で、やっぱりその百条委員会の最終報告書でもしっかりと総括も上げているわけです。

それが、維持管理費については、当初に環境事業組合議会に諮り、環境事業組合で負担していくことが決められているにもかかわらず、平成17年に岡本市長に新しくかわり、3市長のみで約束を交わし、組合議会に諮ることなく取り決めたことであり、原点に戻り、環境事業組合において負担していただくこと、これがまず大きな部分で、お金を負担していただくもともとの始まりが、迷惑施設やという中で、地元と環境事業組合が、環境事業組合の責任において跡地を公園にしていこうで始まったんで、しっかりとこれは負担していっていただくべきや。

 あと、2点目が、環境事業組合から柏原市が土地を無償で譲り受けることについては、名義を変更すれば、柏原市が単独で公園の維持管理費を負担するものとなる。また、ごみの最終処分地の所有者になることは、未来においてもあらゆる問題に対応することになる。したがって、名義は原因者である環境事業組合とすることとしています。一応、百条委員会では、このような形で報告、最終総括していますんで、その辺をしっかりと受けとめていただいて、今後、環境事業組合としっかりと話し合いを持っていただきたいと思います。

(この最終まとめの「百条委員会調査報告書」に関しては、現在監査議員(百条調査委員会副委員長)の中村保治議員、前議長の乾一議員、前副議長の大坪教孝議員、現議長の奥山渉議員、副議長の岸友美子議員たちが、議員の側に何らかの不都合な理由があるのか、市民の開示請求に対して、内容を一部改ざんした最終報告書を開示して来た事実がある。この問題は、ブログの別ページで公開中である。

本当にとんでもない市長が、28年間の任期で、よくもまあこだけ「まち」の市政と行政をズタズタにしてくれたものである。そして現在、前市長が残した腐蝕の市政とデタラメ行政は、そっくれそのまま前政権からの禅譲政治を続ける現在の大阪維新の会・中野隆司市長の下で、議会や監査委員、職員労働組合、そして悪制度の筆頭格にある「行政協力委員制度」などが一体となって、更に性質の悪いしがらみにまみれた村政治と、あめ玉行政による腐敗政治の道をまっしぐらに進めている感しかない。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回、ここから

平成26年6月 定例会(第2回)-0602日-01

P.6  6番(山本真見議員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会議終了後に全員協議会が開催され、竜田古道の里山公園についての経過説明と、今年度の組合議会の視察について、日程、視察地の説明がありました。
 以上、柏羽藤環境事業組合第1回臨時会の報告といたします。
 なお、詳しい質問等の内容につきましては、柏原市議会図書室にある議事録をご参照ください。
 以上で報告を終わります。

P.10  渡辺耕次財務部長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の73ページをお開き願います。
 款7土木費 項3都市計画費 目3公園緑化費4,800万円は、竜田古道の里山公園内に新たに自然体験学習施設を設置するための費用を計上するものでございます。なお、この事業は、宝くじ社会貢献広報市町村補助金を充当して実施するものでございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/柏原・革新の会(市政オンブズマン)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by rebirth-jp | 2015-05-21 18:25 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(2) | Comments(2)
何故、ここまでしてあの嘘吐き市長ら悪党一派を守るのか!?//御用議員たちや元百条委員会のメンバーは
…全てのツケを市民に負わせてあの嘘吐き市長ら悪党一派を守っているが、この議員たちはあの話題の兵庫県議と同じように、決して柏原市のためや市民のために仕事をすることはないだろう。

所詮、自己保身、村しがらみ、議会就職のための活動しか眼中にないはずである。


今回の兵庫県議の問題をきっかけに、今、また、地方議会のあり方や、議員の質が大きく問われ始めている。

O 腐蝕市政とデタラメ行政の禅譲政治が続く柏原市役所/大阪維新の会・中野隆司市長
b0253941_18164674.jpg

O 柏原市議会議場正面
b0253941_1834542.jpg

この案件は単に個体の「竜田古道の里山公園問題」で終わる問題ではなく、この案件の背景には現在の腐蝕市政とデタラメ行政、そして全く機能をしない体たらく議会の問題が隠れている。この案件を解明・解決することで、現在の腐敗政治の闇の部分が暴けるはずである。議員たちはそれを自ら放棄しているわけである。

おそらく本人らは百条委員会の立ち上げで、あのとんでもないデタラメ市長を追い出したとでも思っているのかも知れないが、議会改選後の体たらくを見る限り、結局はあの嘘吐き市長ら悪党一派を守るための百条委員会であったと言われても仕方があるまい。

元から百条委員会の設置に反対をしていた4人の議員(内1名は落選)は、当時も今もバリバリの市長派御用議員であり、たとえ市の施策が愚策であろうが悪策であろうが、何でもかんでも追認をしてしまう議員たちである。

それにしても1年間、百条委員会で竜田古道の里山公園問題の調査に当たった議員たちまでもが、共産党ほか一部の議員を除き、あの嘘吐き市長ら悪党一派を擁護する側に回ってしまったわけであるが、彼らは今、このまさに市民・有権者に対する裏切り行為をどのように思いながら日々を過ごしているのであろうか!?

これから議事録の中で書き起こしていくあなたたちの『言質』を、今一度読み返してみるがよい。おそらく穴があったら逃げ込みたい心境になるはずである。その思いも湧かなければ議員失格はもちろん、人間失格である。

(その5)
過去の議事録・会議録から疑惑まみれの「竜田古道の里山公園問題」と、第2の竜田古道の里山公園問題と言われる『自然体験型学習施設』建設に係わる嘘吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しを暴く!!

以下、書き起こし部分は原文のままである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成24年6月 定例会(第2回)-06月29日-04号

この本会議で、議会に「竜田古道の里山公園問題調査特別委員会」が設置されることになる。

P.148 O 乾一議長
O 乾一議長 日程第2、竜田古道の里山公園についての調査に関する動議を議題といたします。

本件につきましては、お手元に配付のとおり、6月26日付で大坪教孝議員ほか11名の議員から、柏原市議会会議規則第15条の規定により、議長あて動議が提出されております。本動議には、動議成立に必要な所定の賛成者がありますので、本動議は成立しております。

それでは、竜田古道の里山公園についての調査に関する動議を議題といたします。

提出者である大坪教孝議員に説明を求めます。
     〔8番 大坪教孝議員 登壇〕

P.148 ◆ 8番(大坪教孝議員)
◆8番(大坪教孝議員) おはようございます。8番議席の大坪教孝でございます。私から提案理由を申し述べさせていただきます。

柏原市、羽曳野市、藤井寺市、3市のごみの最終処分場跡地について、平成14年2月18日に3市の環境事業組合とその処分場の所在地であります柏原市雁多尾畑地区との間で、環境事業組合が処分場跡地を公園として整備する覚書が取り交わされていました。

しかし、平成22年10月26日に3市の環境事業組合と柏原市との間で、維持管理費は柏原市が行う、当該用地を柏原市に譲渡するという内容の覚書が交わされておりました。3市の環境事業組合の責務が柏原市へと移ったことなどに大変大きな疑念を抱くものであり、その解明をするため、議会として調査権を発動できる百条委員会を設置し、その事務調査をお願いするものでありますので、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

竜田古道の里山公園についての調査に関する動議 
上記の動議を別紙のとおり、柏原市議会会議規則第15条の規定により提出する。

 平成24年6月26日

 柏原市議会議長 乾  一殿

 提出者 柏原市議会議員 大坪教孝

 賛成者、同、山本真見、濱浦佳子、橋本満夫、岸野友美子、奥山渉、藤森洋一、中村保治、計盛佐登子、堅木照久、鶴田将良、寺田悦久、各議員でございます。


(この百条委員会設置に反対をした中野広也議員、田中秀昭議員、山下亜緯子議員、石橋實議員の4人は当時バリバリの岡本市長派議員である。)

 竜田古道の里山公園についての調査に関する動議
 1.調査事項
 本議会は、地方自治法第100条の規定により、竜田古道の里山公園に関する事項について調査するものとする。

 2.特別委員会の設置
 本調査は、地方自治法第110条及び柏原市議会委員会条例第5条の規定により委員12人からなる竜田古道の里山公園調査特別委員会を設置して、これに付託するものとする。

 3.調査権限
 本議会は、1に掲げる事項の調査を行うため、地方自治法第100条第1項及び同法第98条第1項の権限及びこれに伴う必要な権限を上記特別委員会に委任する。

 4.調査期限
 上記特別委員会は、1に掲げる調査が終了するまで閉会中もなお調査を行うことができる。

 5.調査経費
 本調査に要する経費は、本年度においては、15万円以内とする。
 以上でございます。

P.149 O 乾一議長
O乾一議長 説明は終わりました。
ただいまの提出者の説明に対し、質疑を行います。質疑ありませんか。

P.149 ◆ 3番(田中秀昭議員)
◆3番(田中秀昭議員) 提案者にお伺いします。ある程度の理由については理解できるわけですけれども、何点か疑問点がございますので、お伺いいたします。

調査事項が余りにも大きな事項であるとは思うんですけれども、具体的にどのような形でこれから進められようとしているんでしょうか。

P.149 ◆ 8番(大坪教孝議員)◆8番(大坪教孝議員) 
どのようなといいますか、これまで本会議、委員会等の質疑、それと答弁をいただいております。ある一定、市のほうで覚書をこのように交わされて、結論を出されておるということでございますので、今回、我々は議会としての、その結論に対してどういう結論というか、議会のほうの結論を出していきたい、このように考えておるので、その結論に至るまでの調査をしたい、こういうふうに考えております。

P.149 ◆ 3番(田中秀昭議員)
◆3番(田中秀昭議員) ある程度はわかるわけですけれども、私自身は百条調査というのは非常に重い、議会としては重いものであるというふうに理解しております。

その中で、常任委員会という委員会制度がございます。所管事務調査は、常任委員会の中で十分にまず行ってから、その中で問題点を整理し、そこから、もし問題点が解決できない場合は百条調査という手段、手続が、そのプロセスが非常に大事じゃないかなと思うんです。その辺のところを提案者はどのようにお考えでしょうか。

P.149 ◆ 8番(大坪教孝議員)
◆8番(大坪教孝議員) 田中議員も同席されて、いろいろ本会議、委員会等でも理事者側の答弁を聞いていただいたと思うんですけれども、我々もある一定質問もし、理事者側の答弁をいただきましたけれども、非常に疑問に思うところが多うございます。

例えば、今申し上げましたように、覚書を22年に交わされているということなんですね。我々はこの平成24年3月の当初予算の審議をするときに、皆さん全員一致でこの竜田古道の里山公園の維持管理費が柏原市だけの負担になってることで疑問に思われて、附帯決議をつけられたわけですよね。これは、皆さんが疑問に思っていることだと思うんですね。理事者側のというか市の答弁においては、今後、環境事業組合と協議をしていくというご答弁をいただいたんで、予算はとりあえず附帯決議はつけますけれども、そういうことであればという、その言葉を信じて通したわけですね。

ところが、実際にはもう維持管理費は要らないという覚書を結ばれている中で、そういう答弁をされているんですね。そういう答弁をされておる、本会議でも委員会でも、そういう理事者側の発言が、今後その委員会を開いて正式に真実を語ってもらえるのか、これは非常に疑問に思うわけですね。それで、いろいろこの竜田古道の件に関しては、これまでいろんな議員から質問されております。

今回、百条委員会、非常におっしゃるように重い委員会をお願いするわけなんですけれども、やっぱり議会として、これまで市が進めてきたこの事務について、本当にやり方がそれでいいのかということを、我々も市の理事者側の答弁を聞いてずっと審議をしてきただけに終わってしまっているわけですね。今度は議会として、当初の建設のときからずっと経過がある中で、議会として本当にその市の行った事務、その結論が正しいのかというのを議会独自でやっぱり調査をして結論を出すべきだと、このように思うわけですね。

議会独自で調査をするということになりますと、やはりそういう正確な情報、知識というものを得る必要があるわけでございます。そのためには議会がみずから外部とも接触をして、資料、証言、あるいは情報集め、公金の支出も伴っているわけでありますから、そういうものを調べる上で、やっぱりある一定法的根拠がないと我々の活動というものが制約されてしまう。そういう意味で、その権限を与えていただきたいということで、今回お願いしているところであります。

P.150 ◆ 3番(田中秀昭議員)
◆3番(田中秀昭議員) 提案者のお考えもある程度はわかるわけですけれども、所管事務調査をもっと私自身はやっていって、そして、本当に今所管事務調査、まあ言うたら常任委員会での調査ですね、それが本当にできていたのかなというのが、私自身はそこでもっともんで、そこで問題点を洗い出して、そこからもう一点、もう一個、段階を踏んでいくというのが本当のプロセスじゃないかなと思いますので、その考えだけ述べさせていただきます。

P.150 O 乾一議長
O 乾一議長 他に質疑ありますか。

P.150 ◆ 9番(山下亜緯子議員)
◆9番(山下亜緯子議員) 調査に関する動機ということで、大坪議員から出されたんですけれども、先ほど田中議員からもいろいろありました。

平成22年3月の第1回定例会においても、他の議員からの質疑の中で、市長答弁の中に覚書云々という言葉もその当時出ております。その平成22年から今経過して、もう2年ほどたっているんですけれども、その間にもいろいろ各開催の委員会では議論があったのかなというところでも、十分に議論があったかというと、私自身はどうかなという部分もあります。

昨年の平成23年10月に新しく正副議長が入れかわりまして、乾議長が新しく就任され、そのときに常任委員会も閉会中の継続審査ができるようにするというようなことも新しく規定されております。そういった新しく規定をされている中で、常任委員会でも参考人の招致もできるということもあるのに、あえて百条委員会を立ち上げたということを再度提案者にお伺いしたいと思います。

P.151 ◆ 8番(大坪教孝議員)
◆8番(大坪教孝議員) 何遍も申しますけれども、今まで理事者側、市--担当部長もそうですけれども、その答弁を聞かせてもらっていて、我々も全然納得できていないわけですよね。その上に、また委員会を開いて、どう答弁が変わっていくのかなということをまず危惧するところなんですね。

私は、何も犯人を捜すとかそういうんじゃなくして、議会として独自で調査しようよと。そのためにはいろんな人からの証言もいただきたいし、いろんな情報も取り寄せんといかんと。そのためにはやっぱり法的な根拠が必要だ、そのためにその権限を与えてくださいと、これを申し上げているところでございます。

P.151 ◆ 9番(山下亜緯子議員)
◆9番(山下亜緯子議員) 百条委員会をわざわざ一足飛びに立ち上げなくても、まず常任委員会で議論して、そこで参考人も招致できるというような議会のシステムにもなっている中で、私自身の考えといたしましては、やはり常任委員会を、まず閉会中も継続審査できるというふうな状況にもなっておりますので、そこで十分に議論をなして、そして、きっちりとした調査目的を明確にして、その上で百条委員会というものを立ち上げるべく、百条委員会というものはやはり議会の最後の手段ということでありますので、そういった状況で取り組んでいけないものなのかなというものを感じている次第であります。私の思いとして述べさせていただきます。

P.151 O 乾一議長
O 乾一議長 他に質疑ありませんか。--ないようですので、これにて質疑を終結いたします。
 これより討論を行います。討論ありませんか。--討論なしと認めます。よってこれにて討論を終結いたします。

 これより竜田古道の里山公園についての調査に関する動議について採決いたします。
 お諮りします。本動議について可決することに賛成の議員の起立を求めます。


     〔賛 成 者 起 立〕

P.151 O 乾一議長
O 乾一議長 起立多数と認めます。よって本動議は可決することに決しました。

なお、本件につきましては、12人の委員で構成する竜田古道の里山公園調査特別委員会を設置し、地方自治法第100条第1項及び同法第98条第1項の権限及びこれに伴う必要な権限を委任の上、調査終了まで閉会中の継続審査にすることに決しました。

委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により議長において指名いたします。竜田古道の里山公園調査特別委員会委員に、山本真見議員、濱浦佳子議員、橋本満夫議員、岸野友美子議員、奥山渉議員、大坪教孝議員、藤森洋一議員、中村保治議員、計盛佐登子議員、堅木照久議員、鶴田将良議員、寺田悦久議員の12名を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声起こる〕

P.151 O 乾一議長
O 乾一議長 ご異議なしと認めます。よってただいま指名いたしました12人の議員を竜田古道の里山公園調査特別委員会委員に選任することに決しました。

ただいま選任されました竜田古道の里山公園調査特別委員会委員におかれましては、ご会合の上、正副委員長を互選され、議長まで報告をお願いいたします。

 ここで、暫時休憩いたします。

P.152 O 乾一議長
O 乾一議長 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

先ほど休憩中に、竜田古道の里山公園調査特別委員会において正副委員長が互選されましたので、発表いたします。

竜田古道の里山公園調査特別委員会委員長に寺田悦久議員、副委員長に中村保治議員が決定いたしましたので、報告いたします。

P.155 O 乾一議長
O 乾一議長 これにて平成24年第2回柏原市議会定例会を閉会いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
柏原市議会にとっては、市政政始まって以来の初めての百条委員会設置である。この後、およそ1年間、百条委員会による竜田古道の里山公園問題の調査が続くことになる。

次回は、平成24年9月 定例会(第3回)-09月04日-01号から


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このブログは、腐蝕の柏原市政とデタラメ行政、そして悪党一派の悪事の実態、それらを支える『行政協力委員制度』と『地域担当職員制度』の正体を暴き、一人でも多くの市民・有権者に、柏原市の腐敗政治の中身を伝えるものである。公開の内容は、全て事実に基づく調査・検証の結果である。 

大阪維新の会・中野市政には、前政権から続く数々の疑惑が残されたままとなっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-07-24 07:21 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(2) | Comments(0)
百条委員会は最低限こうやって〆 後は市長に責任を預ければ格好が付いたはず…//独立機関であるべき
・・・柏原市議会は、まさか腐蝕の柏原市政とデタラメ行政を進める中野市政と一体ではあるまいな!?

O 柏原市議会議場
b0253941_0185961.jpg

(その14)
嘘吐き市長とその片棒を担いだ首謀者たちの百条案件疑惑隠しの議会は間もなく本会議!!//平成26年第1回柏原市議会定例会・本会議の舞台で、噓吐き市長一派の御用議員たちと、まったく機能をしない体たらくの議会の姿が露わになる!?
b0253941_0241836.jpg

上記の記事は、吹田市議会が立ち上げた百条委員会が調査を終了させるにあたって、その総括の調査報告書で、市長に「損害額を市に賠償する責任がある。」との結論を全会一致で可決し、あとは市長自身の判断と対応に、その責任をぶつけて、百条委員会を解散させた事例である。

もちろん市長はこの議会の議決をすんなりと受け入れ、賠償額の返金に応じることはないだろうが、少なくとも、最低限、ここまでやるのが、議会(百条委員会・議員たち)の仕事であろう。

これを我が「まち」柏原市議会に設置された百条委員会の仕事ぶりと比較してみると、なんと我が「まち」の百条委員会は、昨年の7月に調査を中途半端に終わらせ、およそ1年間にわたった調査結果の総括の調査報告書を、いまだにまとめ切れていないのである。

これでは1年間、百条委員会は遊んでいたのかと言われても仕方がないだろう。百条案件の調査を始めから放棄していた議員も含め、柏原市議会は、市長やあの悪しき制度の行政協力委員制度にはおもねても、市民のためにはまったく仕事をしていないようである。

それどころか、まだ何も解決をしていない疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に、誰が考えても分かる疑惑隠しの新たな施設を設置しようと企む、あの噓吐き市長ら悪党一派のとんでもない「策」を受け入れようとしているのである。

この悪党一派の企みのために、長年、市民に親しまれて来た「青少年教育キャンプ場」を閉鎖されても無抵抗、疑惑まみれの百乗案件のまとめもできない、あの噓吐き市長ら悪党一派の責任も追及できない、そしてまたまた疑惑隠しの施設建設にも無抵抗・・・、

いったいこの「まち」の議員たちは、定例会の開催期間を外した毎期の2ヶ月あまりの期間をどのように使っているのだろうか?  以前、この会期の期間以外の意味も分からず、議員の給料が高いから減額をすべきと息巻いていた議員がいたが、そういう議員は全くこの期間を遊んで過ごしているから、そんなバカな発言が出てくるのだろうが、議員の仕事はこの定例会開会期間以外の期間こそが、本来の仕事をする期間であるはずである。

市長側が出す議案に対する質疑や、自身の質問案件などに備えて、その資料集めや調査のために関係の部署や関係の機関、そして関係する現場を走り回り、それこそ足を使って、汗を流して・・・、本当に青少年教育キャンプ場の廃止は適切か、これは疑惑隠しの悪党一派の企みではないのかと調査・検証をして、党・会派としての、あるいは議員個人としての意見を市長の側にぶつけ、キャンプ場条例の改廃についての議会の議決で結論を出す…、それが議員の本来の仕事であろう。おそらくいくら時間があっても足りないほど忙しいはずである。

これを柏原市の現状で語れば、あの噓吐き市長ら悪党一派は、日夜、一連の悪だくみを練っているはずであり、それに対して一方の議員たちが、日夜、呑気に過ごしておれば、誰が考えても、この悪党一派にいいように操られてしまうのは当たり前である。

また議員の質疑や質問の内容を聞いていると、よく「市民がこう言っていたとか、市の担当部署の説明によると・・・、」などと、話を切り出すだけで、あとは市側の説明を聞いてそれに対する感想や要望で終わっているが、これなどは、「市民がこう言っていた」と言うなら、その確証を取るために自分で足を運び、調査をするなり、資料を集めるなどして、その上での実体験として質疑・質問を突き付ければ、決して、ただ紙を読むような意見発表会や、ただの要望でまとめで終わることはないはずである。

特に、あの市政始まって以来というような噓吐き市長ら悪党一派の疑惑まみれの案件などは、議員たちにとっては、自身らの仕事ぶりを市民に見てもらう絶好の機会であったにもかかわらず、いまだに有耶無耶のまま・・・、と言うか、いまでは議会の側も一体となって、この疑惑に蓋を被せ、市民の側に全てのツケを回そうとしている感しか視えてこない。

一般市民が市政に無関心であるからこんな無様な議会が延々と続いているのであろうが、それにしても柏原市政の腐蝕やデタラメ行政、そして議会の体たらくぶりには、ただただあきれるばかりで、まさに開いた口は塞がらないまま、開きっぱなしという状況である。
by rebirth-jp | 2014-03-06 00:28 | O過去記事/柏原市議会・定例会 | Comments(0)
竜田古道の里山公園特別調査委員会の調査打ち切りで議会側も大疑獄案件の共犯者となってしまったか!?
中野市政~百条案件(その12)
市政始まって以来の大疑獄事件の匂いがする竜田古道の里山公園問題に隠された、決して市民に知られたくない闇の部分を命懸けで塞ぎたい首謀者たちの本当の理由…//案件は何も解決のないまま、中野市長と議会はこの大失策とも言われる疑惑案件の全てのツケを市民に負わせてしまったのである。

議会は先の6月議会で、あの不透明と疑惑にまみれた竜田古道の里山公園問題を何も解決しないまま、何故か中途半端な形でその調査を終了させてしまったが、この問題を岡本市長や吉田副市長、そして腐蝕の市政を引き継いだ中野市長と議会が塞ぎたい本当の理由とはいったい何なのか。

市政始まって以来の大失策とも言われる竜田古道の里山公園問題には、まさに大疑獄事件の匂いがする不透明と疑惑の案件がいくつも隠されていることが、百条委員会がこの問題の調査を進めたことによりその頭を現して来たわけであるが、先の市議選挙を前に、突然、その調査が打ち切られてしまった。

しかもその大失策の全てのツケを市民に押し付けたことにより、あの誰も行かないゴミ最終処分場跡地に建設された竜田古道の里山公園の整備維持管理に関して、本来は柏羽藤環境事業組合(柏原市・羽曳野市・藤井寺市の3市出資の事業組合/クリーンセンター)がその経費を負担すべきであるにもかかわらず、未来永劫、柏原市民が単独で負担をしていく羽目になったわけである。

先の市議選結果からは、今後この問題を議会に挙げる議員は恐らく一人もいないことが予想され、さらに加えて、噓吐き前市長やこの案件の首謀者たちは今回当選をした市長派の新人議員や現職議員を獲り込みながら、今も命懸けでこの疑惑案件に隠された闇の部分を隠そうとしていることが予想される。

当然このまま、この疑惑まみれの案件を放置したままでいいはずがなく、市長も議会もこの問題を解決する気がないのであれば、あとは市民の側が動くしかないのであるが、それにはこの案件の問題点や裏に隠された闇の部分を徹底して暴き、その結果を市民の前に公開し、一人でも多くの市民の皆様にこの案件の真実を知っていただくしかない。

当方は、これまで議会に設置された百条委員会がこの案件の調査を進めていたことから、その調査に影響を及ぼしてはいけないと思い委員会による調査を見守っていたが、結局、本件首謀者には肝心の証人喚問を逃げられ、案件の解明も中途半端手で終わり、そして誰にも責任を取らすことができずに調査は打ち切られてしまったことから、今後は、独自の調査・検証を続け、その結果の全てをここに公開していきたいと思っている。

まずは百条委員会による最終の報告を、議会議事録から抜粋し原文のまま書き出しておきたい。

なお、先プログの(その11-1)と(その11-2)でもこの議会での傍聴記録を私見を交えながら掲載しているが、今回の掲載は柏原市議会が正式に公開した議会議事録の抜粋である。

以下、原文のままである。

平成25年 6月 定例会(第2回)-07月03日-06号

P.242 ◆ 16番(寺田悦久議員)
◆16番(寺田悦久議員) おはようございます。竜田古道の里山公園調査特別委員会の寺田悦久でございます。

休会中に当委員会が2回開催されておりますので、経過及び結果につきましてご報告を申し上げます。

経過といたしまして、前回、北川羽曳野市長から明かされた内容は、これまでの本会議等での岡本市長の発言の真偽を強く疑わせるもので、その発言の真意やこれまでの疑問をただすため、岡本泰明前市長の証人出頭要求を、また、吉田茂治副市長の参考人出席要求を議決し、それぞれ証言や意見をお聞きするため、6月13日、当委員会を開催いたしました。

次に、その結果についてご報告を申し上げます。

まず、岡本前市長への証人出頭要請に対して、同氏は、どうしても抜けられない大切な用件を理由に、7月上旬以降への日程の変更を願い出られました。この取り扱いについて、当委員会において協議した結果、国会での先例を参考にすれば日程変更の正当な理由がないと断定できず、委員会として願いを受け入れることといたしました。

また、次の出席日程等について協議した結果、7月以降に再び証人出頭要請を望む委員意見もありましたが、前市長に確認すべき内容について、1つ、平成22年10月26日、覚書締結の経緯については、北川羽曳野市長談話で判明したこと、2つ、本会議での前市長発言の真偽については、吉田副市長の参考人意見においておおむね理解できたことから、また、今期改選前の最後の定例会となる6月定例会の日程が7月3日に閉会する予定であること等を考慮に入れ、岡本前市長の証人としての出頭要請を見合わせることを賛成多数で決定をいたしました。

今申し上げました北川羽曳野市長談話なるものでございますが、平成25年6月11日付の書面で、北川市長から乾議長宛に届けられたものでございます。当委員会で紹介されましたので、要約してご報告いたします。

平成17年秋ごろ、環境事業組合管理者会において、岡本前市長から当該処分場跡地の譲渡について申し入れがあったが、北川市長は、処分場の廃止確認がとれてから決めたい旨の返答をした。

平成18年10月、管理者会において岡本前市長から処分場の跡地を植栽を中心とした里山的な公園として整備したいので、柏原市に無償で譲渡してほしい、柏原市にはNPO法人があり、その団体にこの土地の整備を行わせたい、そのため、資機材の購入費用や桜の植樹など早急に整備に要する費用が必要であり、公園維持管理費について先行してもらいたいと主張されました。

これに対し北川市長は、公園整備は国庫補助事業でお願いしたい、維持管理費は公園整備後お渡しする旨の意見を述べられた。処分場跡地の公園整備については、環境事業組合と雁多尾畑地区との約束で、当時の議会にも図り、3市の議員に了解を得た事項であり、組合の責務であった。

次のとおり、岡本前市長からの強い要請があった。1つ、処分地の跡地は柏原市に無償で譲渡すること。2つ、今後発生する維持管理費全額の5,000万円を前渡しすること。3つ目、維持管理は柏原市で行うことを合意した等の経過説明に相違ないこと。北川市長名で談話として提出されたわけでございます。

この談話等において、平成25年2月5日、両市長において平成22年の覚書は有効であり、処分場跡地の譲渡については、環境事業組合との事業は終了していることが確認されたこと、北川市長は主張されておられます。覚書の有効性、処分場跡地の譲渡については、公印がある以上、岡本前市長におかれましても、今さら無効を主張することはできないものでございます。

また、これまでの定例会で岡本前市長は、当該公園用地について、3市に返しても構わないとか、土地の名義は3市のままであり、針金がいっぱいあってうかうかもらうわけにはいかんとか発言されましたが、これらは当該公園用地の譲渡については、判断の誤りがあった、いわば失策であったことを前市長みずから認めたものであり、「覚書を破ってほったら終わり」と発言されたことも、失策を認めた上で、独断で覚書を締結した責任を矮小化させる発言であったと当委員会は考えております。

しかし、2月5日に北川市長との間で、「柏原市がくれと言わない限りは渡さないし、柏原市が要らんということであればそれで結構です」との前市長の本会議での発言は、今回の北川市長談話等と正反対で、明らかに矛盾するものでございます。この疑問について、当委員会は、柏原市の利益にならないこと等の理由により、これ以上追及しないことといたしました。

吉田副市長の参考人意見としては、岡本前市長の指示を受け、当該公園の維持管理費の負担を羽曳野市、藤井寺市にお願いしに行った等、これまでの岡本前市長の本会議での発言とほぼ同内容の意見を述べられております。

また、今回の覚書等の総括として意見を求められた吉田副市長は、これまでの協定書、覚書からは、柏原市が当該公園用地の譲渡を受けているのが実態であると思うが、登記簿上の名義変更がされておらない事実をもとに、環境事業組合構成市の間で、再度柏原市が取得することについて維持管理等を求め、もう一つ上の覚書をつくる必要があると述べられております。

当委員会は、竜田古道の里山公園については、平成14年の覚書のとおり、地元の意向を酌み第2期ごみ最終処分場の上面利用として、里山公園として地元に還元することは当然と考えます。

しかし、当初、柏羽藤環境事業組合が事業責任者として、公園維持管理に係る費用を全額負担する責務が、地元説明や議会への相談なく無償譲渡の覚書を平成22年に交わし、柏原市単独負担になっていたことが平成24年5月になって判明したことから、この公園に大きな疑問を持つに至り、100条調査を開始することになりました。

調査によって、平成18年に当時の岡本市長が環境事業組合を構成する他の2市長に半ば強引に譲渡を申し入れたことや、当該公園の維持管理において、不明朗なNPO法人の委託料の使われ方やずさんな職員の管理体制等が明らかになったこととなりました。

当委員会の目的は、調査によりなぜ柏原市が単独負担することになったのか等の疑惑を解明することでありましたが、各議員の思いは、当初から柏原市民がいわれのない市民負担を強いられることのないよう覚書を白紙に戻し、公園維持管理費用については環境事業組合において負担していただくというものでございました。

ごみ最終処分場の管理責任は、未来永劫に共同責任者である3市が負うことに変わりはない以上、公園とすることで柏原市1市がその管理責任を負うとする覚書は極めて危険であることから、公園維持管理は柏原市単独負担とする当該覚書は白紙撤回されなければならないものでございます。そのため、他の2市及び環境事業組合に対し、強く訴えるのが当然と考えます。

竜田古道の里山公園については、環境事業組合負担及び責任のもとであれば、整備について主体は問わず、地元雁多尾畑地区の意見を十分反映した公園として、また3市友好のあかしとして、3市民集える、憩える自然豊かな公園にしていただければと、当委員会は願うものでございます。

以上の内容を整理し、竜田古道の里山公園調査特別委員会報告書案をまとめるため、6月25日、当委員会が開催をされました。

委員会の中の発言におきましては、使途不明とも思えるダンプ58台の支払い、そしてタウンエースと思われる車両の修理代の支払いと、個人に支払いされておる旨が明らかになったわけでありますけれども、これが適切かどうか、監査請求の再審査をお願いしたいとの意見がございました。

多くの項目において削除及び加筆修正の提案があり、時間の都合上、正副委員長において校正が委任され、調査報告書案が了承されました。

以上が、休会中に当委員会で審議いたしました概要及び委員会の意見の内容でございます。これらの委員会における各委員の詳細な質疑内容につきましては、後日配付いたします委員会会議録のご参照をお願いしたいと思います。

さて、最終報告に当たり、一言述べさせていただきます。

当委員会は、昨年6月29日、議会から100条調査権の委任を受け、設置されましてからちょうど1年が経過いたしました。この間、15回委員会が開催され、延べ13人の参考人からご意見をお聞きいたしました。委員会以外においても、各委員におかれましては提出資料の分析、現地調査、担当課への聞き取り、打ち合わせ会議等、熱心に精力的に調査活動を行っていただきました。委員長として熱く御礼申し上げます。

この竜田古道の里山公園の問題に関して、これまで委員長報告してまいりましたように、調査により多くのことが判明をいたしました。判明した事実から、問題のほとんどが前市長に起因すると委員会は推理をしております。みずからの責任を棚上げにし、実務者、またその運営者に責任を転嫁するとも思える発言、また、この問題を調査するに当たりまして、現場の意向という重要なことを聞かず、物事を決める上層部の体質がこれからもって改善をしていただくことは、まことに重要であると調査をいたした上でひしひしと思うことでございます。

残念ながら、前市長におかれましては、最後まで問題解決に向け真摯な取り組みが見られませんでした。しかし幸いにも、現中野市長におかれましては、粘り強く交渉すると前向きな発言を再三されております。今後の中野市長の交渉及び各議員の後押しにより、この公園の問題が解決することを心待ちにいたしたいと思います。このときが、当委員会の成果がようやく実現したと思えるときではないかと思うのでございます。

中野市長には、市長在任中解決すべき重大な政治課題として、これまでのお言葉どおり必ず取り組んでいただきますことをお願いし、最後となる竜田古道の里山公園調査特別委員会報告を終わることとし、議会から付託をお受けいたしました竜田古道の里山公園の調査の終了を報告させていただきます。

以上でございます。よろしくお願いをいたします。ありがとうございました。

P.245 ○ 乾一議長
○乾一議長 ただいまの委員長報告に対し、質疑ありませんか。--別にないようです。よって質疑を終結いたします。

これより討論に入ります。討論ありませんか。--別にないようです。よってこれにて討論を終結いたします。

お諮りいたします。竜田古道の里山公園調査特別委員会に付託いたしました調査につきましては、ただいまの委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕

P.245 ○ 乾一議長
○乾一議長 起立多数と認めます。よって委員長報告のとおり決しました。

なお、竜田古道の里山公園調査特別委員会の調査は、これをもって終了いたします。竜田古道の里山公園調査特別委員会委員の皆様におかれましては、長期間にわたりお疲れさまでございました。



以上、議会議事録から抜粋の原文である。

次回から、この案件の首謀者たちが、今も必死に命懸けで真実の露出を塞ごうとしている闇の部分を徹底して検証し、その結果をここに公開していきたい。

竜田古道の里山公園問題はまだ何も終わっていない。岡本前政権から続く腐蝕市政とデタラメ行政は、中野市政に政権が禅譲された今もそのまま続いている!!!


by rebirth-jp | 2013-09-16 00:14 | O百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体 | Comments(0)
結局誰も責任を取らずにすべての責任のツケを市民に押し付けてしまった中野市政!!//あきれた市政と議会
(その1)
H25年第2回柏原市議会定例会・本会議最終日を傍聴して/市民傍聴者10数名

平成25年第2回柏原市議会定例会の本会議最終日が、7月3 日(水)午前中に開催されたが、定例会の閉会に伴い、あの岡本前市長が残した「竜田古道の里山公園調査特別委員会」も終了となった。

市はこの問題が何も解決をされていないのにこの公園の維持管理の費用を予算に挙げてきたが、これも起立採決で予算が付くことが決まってしまった。要はこの大失策のツケの全てを市民に押し付けて終わりにしてしまったのだ。これでおそらくあの大失策の誰も行かない山の公園に、未来永劫、柏原市単独による市民の血税が喰い潰されていくわけである。

この案件に市民の目線と立場で、最後まで案件の修正案を出すなどして何とか市民の負担にならないように闘ってくれたのは、寺田議員、大坪議員、奥山議員、藤森議員の4名である。修正案の動議は誰が聞いても納得のできるものであり、なぜ百条委員会でこの案件の調査を進めてきた他の議員たちが反対をしたのかまったく理解をすることはできない。

市側と何の取引をしたのか、あるいはどのような圧力を受けたのか知らないが、この案件は政争の具にするような案件ではなく、議員は全員が市民の代表者として最後まで調査と検証を続け、この大失策の責任を追及していくことが、議員としての本来の仕事であるべきはずであるが、他の議員たちは議員としての本分である市民のための仕事を投げ出してしまったわけである。             

この案件の調査に最初から反対をしていた議員は論外であるが、この1年間、百条委員会のメンバーとして案件の調査をしていた議員たちが、何を狂ったのかなんとも理解しようのない屁理屈を付けて、予算案の修正さえ認めず市側の圧力に屈してしまったのである。

修正案の動議に反対をした議員たちの説明を聞いても、この予算をそのまま通すことがいけないことは自身が一番良く分かっており、そこに無理やり動議に反対の意見をこじつけるものだから、その説明の論理が全く成り立っていないのである。聞いていても滑稽でさえあった。OX党さん、XO党さん、いったいどうしたというのだ、いったい何があったのだ?? 何のために議員になったのか、こういう初心を忘れた理念無き議員たちは市民にとって必要ではない。

これでは岡本前市長の腐蝕市政がさらに強固となり、ますます柏原の「まち」の行政はおかしくなるばかりである。この案件にはまだまだ何も解明をされていない疑惑が山ほど残されており、さらに検証を続けこのブログに公開をしていく予定である。

なお今日の本会議の内容については、いずれ公開される議会議事録等でその詳細が明らかになるが、当方でも今日の内容がまとまり次第、議場内の様子を含めてその概要をこのブログに公開をする。

議場は、いまだに岡本前市長が市長席に座っているのかと見まがうほどの雰囲気で、相変わらず歪な形の圧力におどおどしている感のある議員たちの姿にはただただ開いた口がふさがらないというのが実感であるが、そんな中で今日最後まで市民のために発言をしてくれた上記4名の議員たちの存在は、市民にとってただ一つの救いであった。

それにしても中野市長の大阪維新の会とはいったい何なんだろうか!?  岡本前市長から中野市長に引き継がれた腐蝕の柏原市政は、今も厳然と続いているが、恐ろしき柏原市政の腐蝕の現状である!!!
by rebirth-jp | 2013-07-03 19:10 | O百条議会傍聴/市長の嘘吐き答弁 | Comments(0)
岡本前市長の証人喚問と吉田副市長の参考人招致を議会が賛成多数で可決!!/賛成11名、反対5名
(その7)
市議会傍聴・百条委員会速報
竜田古道の里山公園調査特別委員会・証人喚問と参考人招致の決定について//柏原市議会第2回定例会傍聴から


本日(6/3)の柏原市議会第2回定例会・本会議で、証人喚問のための予算付けを案件とした議員の採決により、竜田古道の里山公園調査特別委員会(百条委員会)での証人喚問が、下記の日程で実施されることが賛成多数で可決された。
1 日時 
平成25年6月13日(木曜日)午後1時から
2 場所
柏原市議会委員会室(市役所3階)
3 委員会の内容
百条案件で新たに出て来た案件の調査と事実確認
(1) 岡本前市長の証人喚問
(2) 吉田副市長の参考人質問 ほか
4 採決の結果(乾市議会議長を除く16名の議員//11対5の賛成多数で決定)
(1) 百条案件の継続調査・関係人の証人喚問と参考人質問に賛成をした議員
寺田議員、中村議員、山本議員、橋本議員、岸野議員、奥山議員、大坪議員、藤森議員、計盛議員、堅木議員、鶴田議員の11名
(2) 反対をした議員
中野議員、田中議員、小西議員、石橋議員、山田議員の5名


この構図(賛成派と反対派)を見る限り、岡本前市長による市政の禅譲は反対派の議員を巻き込んで、そのまま中野市長に引き継がれた感がある。いや当時は4名の反対議員であったからそれより反対派が1名増えて、少し岡本派が挽回したということかも知れない。                             

この百条案件に関しては、市の公共事業に関する様々な不透明と疑惑の案件が隠れている案件であり、政策面での意見が分かれるのならともかく、それぞれの議員が賛成派・反対派に分かれること自体がおかしいし、それこそ議員全員でその事実の解明に取り組むべき案件のはずであるが、どうもこの反対派の議員たちは市民のために仕事はしたくないようである。はっきり言わせていただくが、市民のために仕事ができないのなら、あなたたちは議員失格である。

さらには来たる9月の市議選に向けてこの百条案件を潰すことを目的に、あの「大阪維新」の名を看板にした新人候補者や反対派の現職議員たちが組みながら、過半数の議席を取るための準備をしているという動きもあり、既に選挙に向けた事前運動(選挙違反まがいのチラシ投函)を始めている人物(新人候補者)らの動きはまさにそのことを示していると言える。・・・・・恐ろしき中野市政の実態である。(私見)

市民・有権者の方は、そんな浅はかな企みが分からないほと馬鹿ではないが、今、誰がほんとうに市民のために仕事をしてくれているのかをしっかりと見極め、看板ばかりにしがみつく性質の悪い集団には騙されことなく、慎重な候補者選びをしたいものである。決して腐蝕にまみれた前市政の院政づくりを許してはいけない。

さて、今日の中野市長の市政運営方針演説についてであるが、その演説の様子は、改革に向けた姿勢も熱意も、全く感じることのできないただの紙読みの演説であったが、これでは市長が語る柏原市再生のためのグレートリセットなど、到底、その実現を期待することは望まないほうがよさそうである。(私見)

と同時に、この市長は、今一番大きな問題となっている竜田古道の里山公園問題には一言も触れなかったが、見方によれば、それだけこの問題が現市政にも大きな影響を及ぼしているということであろう。あるいは自身も何らかの関係があるのか、今となっては、手の出しようも口の出しようもないというのが見えてしまうのは当方だけであろうか。(私見)

また、上記の百条案件の調査継続や証人喚問に反対をした議員たちは、これだけ大きな問題に、ほんとうに何の関心も持っていないのだろうか。何も疑問に思わないのだろうか・・・、いったい誰のために仕事をしているのか・・・、市民の立場からは決して理解することのできない5人の議員たちである。

ここまで汚れてしまった計画と、議会や市民を全く無視した前市長の市政運営で出来上がったほとんど誰も行かない山の公園(?)、しかも行政のトップ二人(岡本前市長と吉田副市長)が、ほぼ1年間、議会や委員会で嘘の答弁をつき通していた事実が出てくるなど、もはや一刻も早く、あの「竜田古道の里山公園」は閉鎖をすべきである。

一旦、閉鎖をし、徹底した前市政の検証をし、場合によればこの計画で生じた損害金などはきっちりと岡本前市長に請求をすることも必要であろう。 また、環境事業組合からの土地の無償譲渡にも係わらず、国から1億近い補助金の交付を受けていることもあり、今さら環境事業組合に土地の返還はできないというのであれば、出来るだけ費用の掛からない緑の山に計画を変更するとか、桜の咲く山にするとか、その目的や跡地の名称なども早急に変更をすべきであろう。                

『竜田古道の里山公園』・・・、残念ながら、この名称のままでは、柏原市の改革を阻害するだけである。いずれにしても岡本氏と吉田副市長の責任は問われるべきである。(私見)

それにしても、岡本前市長はとんでもないお土産を市民に残してくれたものである。岡本前市長と吉田副市長にあっては、今回ばかりは逃げも隠れもせずに、百条案件の真実の全てを語っていただき、その責任を果たしていただきたいものである。

柏原市の市民・有権者は、中野新市長がこの案件にどう対処するのかを、今じっと見ている。いずれ腐蝕の市政を進めた岡本前市長の禅譲で、何故かド反対であるはずの大阪維新の会から出てきた新市長の市政運営の本当の姿が見えてくるはずである。



追記~柏原市議会第2回定例会の開催(いずれも午前10時から開催)//本会議、各委員会同様、特別委員会も傍聴可能                                         

6月 3日(月)本会議/中野新市長の市政運営方針演説、議案説明
  13日(木)竜田古道の里山公園調査特別委員会の開催(午後1時から開催)/岡本前市長の証人喚問、吉田副市長の参考人質問
  19日(水)本会議/市政運営方針に対する質問及び議案質問・一般質問
  20日(木)本会議/同上
  21日(金)本会議/同上
  24日(月)本会議/同上
  26日(水)総務文教委員会/付託議案審査
  27日(木)市民福祉委員会/同上
  28日(金)建設産業委員会/同上
7月 3日(水)本会議/各委員長報告、採択
by rebirth-jp | 2013-06-03 18:13 | O百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾 | Comments(0)
次から次に出てくる岡本前市長の無計画で杜撰な市政運営のツケは、その全てが市民に負わされた!!!
何もかもが無茶苦茶・・・、柏原市はこれでも竜田古道の里山公園を維持していくのか!? 岡本前市長ほかこの案件の首謀者たちは、この一連の無計画かつ杜撰行政の責任を取り、市民に与えた膨大な損害金を賠償すべきである。

(その4-6)
H25.2.26:柏原市百条委員会参考人質問を傍聴して


前回(その4-5)に続くが、委員会に提出された作業日報に、裏がH23年度日付の書類に平成22年度の作業日報があったり、出勤簿の作業人数と作業日報の人数が違ったり、また振替休日の取り方に矛盾があったりと、おそらく百条委員会に関係資料の提出を求められた担当部署があわててそれらの資料を後から作ったことで、資料の細かい部分を調整できないまま説明のできない資料を出すことになってしまったのであろう。           

委員(議員)にそれらの矛盾点を指摘され、必死に言い訳をする嘱託職員の説明は、話せば話すほど ボロを出すという感じで後ろの傍聴市民に伝わっていた。ほかにもこの嘱託職員は、本来の業務中にNPO法人の事務関連の仕事をしたり、時にはNPO理事の指示を受けて作業をしたりしていたなど、いったいどこの部署に所属していて、何の仕事をしていたのか聞けば聞くほどさっぱり分からないのである。ひょっとしたら本人も分かっていないのかも知れない。

市が開示した資料を見る限り、この嘱託職員ほかアルバイトの人たちは、H18年度から現在まで(途中H21年度の下半期にまちづくり部長吉田氏の決裁印もあり、そのへんの指揮下は不明)、一貫して都市整備部公園緑地課に所属し、ごみ最終処理場跡地の整備や里山公園の整備・維持管理などの業務に就いているはずなのに、この竜田古道の里山整備に関しては、その整備・維持管理業務を請け負っている「NPO法人柏原ふる里づくりの会」の理事の指揮の下での仕事が常態化していたことが、この日招致をされた4人の参考人の陳述から明らかになったのである。

嘱託職員やアルバイトとNPOの関係、嘱託職員がNPOの事務局を担当していること、業務の指揮はNPO理事に一任していること、岡本前市長やNPO理事の自宅の剪定、伐採、枯れ葉・落ち葉の収集作業をしていた事実、消防車や冷蔵庫を解体し部品を売却していた事実、出勤簿や作業日報の杜撰さ、業務区域以外での作業の常態化等々・・・、要するにこの竜田古道の里山整備では、行政(柏原市)側の管理・監督機能が全く機能していないのである。こんなところに毎年、何千万という市民の血税が喰い潰されているわけである。

もう何もかもが無茶苦茶・・・、行政側は、市が雇い入れた人材(嘱託職員・アルバイト)をNPOに与え、しかも備品などの費用や経費は全て市が負担し、時には誰のアイデアか知らないが、ダチョウを何羽?何匹?(40万、50万?) も購入しては飼育の失敗でその全てを死なせてしまうなど、ほかにもやりたい放題の無計画な事業を続け、市民の血税をドブに捨てていたのである。・・・何を失敗しても誰も責任を取らない。よくもまあこのような杜撰な事業を何年も続けて来たものである。

そしてこれらの杜撰な事業の失敗を隠すためなのか、普段は誰も行かない山の公園?で、年に何回か人集めをして、例の「広報かしわら」の紙面を飾るための行事を行ない市民の目をごまかすなど、この無計画極まる市政の運営には、まさに「開いた口がふさがらない」というしかなく、結局、前市長は、これまでのデタラメ行政でその市政運営に行き詰まり、市政の場から去ることになったわけであるが、これらの問題は何一つ解決がされないまま新市政に引き継がれているのである。                                                        

百条委員会の調査案件からは、明らかに民事・刑事両面での事件性が疑われる案件も出てきており、これらの案件については、先般の選挙で市政の大改革を謳って誕生した中野新市長が、よもや前市長が残した数々の疑惑の案件に蓋をして終わりにするようなことはあるまいが、中野市長にあっては早急に案件の調査・検証を行い、場合によれば我々市民の代表者の立場で刑事事件としての告訴・告発をし、あるいは市民に損害を与えている案件があればその責任を追及し、賠償請求などの措置を講じる必要があるだろう。そういう思い切った手段を執らない限り、骨の髄まで腐蝕の病が根付いてしまった感のある柏原市政の大改革は不可能である。

今回の参考人質問ではほかにも大きな疑惑の案件が出てきているが、続きは(その4-7)に投稿予定。柏原市政の不透明と疑惑案件の検証作業は、まだまだ続く!!!
by rebirth-jp | 2013-03-20 01:17 | O百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾 | Comments(0)
冷蔵庫数台を解体し部品を売却!!/家電リサイクル法無視の市職員、竜田古道の里山公園では何でも有りか!?
(その4-5)
H25.2.26 : 柏原市百条委員会参考人質問を傍聴して

前回(その4-4)の記事では、参考人らの陳述により、ごみの第2期最終処分場跡地整備のために雇われたはずの柏原市嘱託職員らが消防車を解体し、その部品を回収業者に売ったお金で飲み食いをした事実があったことを書いたが、ほかにも事務所で利用するために何処からか貰って来た数台の冷蔵庫のうち、使用不可のものを解体し、やはりその部品を回収業者に売っていた事実が判明している。

これについて委員会側が、家電リサイクル法の冷媒フロン等の影響から、その処理の仕方に問題は無いのかと質問したことに対し、その嘱託職員は、最初から言い訳を考えていたのか「冷蔵庫の形をしておればリサイクルが必要になるが、完全に潰してしまえば不燃物という形での処理が可能であり、そういうことから完全に解体して廃棄物として売り払った。」「モーター部分も特に問題ない。」などと、実にスラスラと、自信たっぷりに答えたのである。

それを聞いて、後ろの傍聴席では、「おいおい、それじゃ、家電リサイクル法なんか必要無くなるやろ。」「それが通るんやったら、俺も、対象の家電をバラバラに解体して処分するで。」「解体して部品を売るで。」と、この嘱託職員のあきれた答弁を聞きながら、もう笑うしかないという表情で顔を見合わせていた。この職員は、家電リサイクル法が制定されている意味を全く理解していないのだろう。冷蔵庫の形が云々の問題ではないのである。

今回の参考人質問で出てきた消防車の解体処分やタイヤを燃やした件、そして冷蔵庫の解体処分の件については、先の嘱託職員が自信を持って語るように、若しこのような処理の仕方が通るというのであれば、柏原市では廃棄物処理法も家電リサイクル法も関係無く、場合によれば、竜田古道の里山公園のNPO事務所が、リサイクル家電や廃棄物の新たな収集場所となり、この職員らによって解体部品の売買が行われるなど、決して笑い話で済むような問題ではなくなっていくのではないだろうか。                  

市(担当部署)は、委員会議事録にも残る今回の嘱託職員らの解体・処理の方法について、今一度、委員会が指摘する問題点をしっかりと検証し、法的に問題が有るのか無いのか、問題があるのであれば、その誤った処理の方法を正し、今回の案件の問題点を市民に周知する必要があるだろう。この問題は、決して小さな問題ではない。

大阪維新の会から生まれた中野新市長に引き継がれた不透明と疑惑の案件は、何も解決されないまま、今も続いている!!!

今回の百条委員会参考人質問で新たに出てきた不透明と疑惑の案件は、(その4-6)に続く。
by rebirth-jp | 2013-03-17 22:09 | O百条委員会傍聴/参考人証人喚問 | Comments(0)
そもそもスタートが誤り!!/ 新市長は損害金(市民の血税)の賠償請求をし、岡本前市長の責任を追及すべき!!!
(その4-3)
百条委員会参考人質問を傍聴して


前回に続き、平成25年2月26(火曜日)の午後に行われた百条委員会の参考人質問で、新たに出て来た不透明と疑惑の案件の具体的な内容について、順に、採り上げていきたい。

委員会質問は、前半(嘱託職員Y氏とアルバイト職員H氏、A氏の3名)と、後半(嘱託職員H氏の1名)に分けて行われた。

まず最初に嘱託職員やアルバイトの業務内容について質問が行われたが、この嘱託職員については、第2期最終処分場跡地整備に係る事務及び用地の維持管理を職務として、H18年度からH20年度までは1人の嘱託職員、H21年度からH22年度の間は2人、H23年度は3人、H24年度は4人がその業務に従事し、そしてH 25年度は更に1名を増やして5人の嘱託職員をその業務に従事させようというのである。(市の開示資料に基づく)

アルバイト(臨時的任用職員)については、H21年度から採用され、同年度は9人、H22年度は7人、H23年度は12人のアルバイトが採用され、竜田古道の里山公園予定地のむ植栽管理や、現地作業、ボランティア指導や作業状況に応じた事務などを業務に就いている。H24年度については「NPO法人柏原ふる里づくりの会」に対する事業の委託が凍結されアルバイトは雇用されていない。(市の開示資料に基づく)

上記期間の嘱託職員やアルバイトの報酬については、本来であれは、H18年度に岡本前市長と環境事業組合管理者とが交わした「協定書」を根拠に、柏羽藤環境事業組合(柏原市、羽曳野市、藤井寺市の3市が共同出資)がその費用を負担するべきであるのに、何故か、柏原市だけの単独負担で、H18年度以降現在までその費用を支払っているのである。つまり岡本前市長は、そこに何の思惑があったのかは知らない(予想は付く)が、本来、出してはいけない費用を、市民の血税の中から、毎年、支出し続けていたことになる。                                      

これについて中野新市長は、問題の検証・解明を進めるとともに、環境事業組合に支出済みの負担金を請求するか、あるいは前市長に損害金の賠償を求めるなどの措置を取り、岡本前市長の責任を追及するべきであろう。

その報酬支払の金額を見てみると、H18年度からH24年度までの間に、総額53,252,550円の報酬(H24年度は予算書を元にしているので若干の誤差がある)を支払っていることになる。この金額は人権費だけの算出であり、当然、「NPO法人柏原ふる里づくりの会」や「里山公園の建設」に関連して支出された費用等は含んでおらず、それらを合算すれば「億」という単位の大きな金額となるはずである。

これらの事実が、平成22年度に岡本前市長が議会に諮らず独断で環境事業組合との間に交わした跡地(用地)の無償譲渡を盛り込んだ『覚書』の発覚により、その概要が明らかとなり、現在の百条委員会が調査を進めている案件に発展しているわけであるが、この案件では、首謀者たちの企みによる数々の不透明と疑惑の案件が、今も次々と出てきており、結局、岡本前市長はこの案件で行き詰まり、市長3期目の出馬を断念したと聞く。これを引き継ぐ中野新市長にあっては、相当の覚悟でこの案件の真相を解明し、議会や市民が納得できる解決を図らなければ、市政の大改革どころか自身の市政運営さえ行き詰まってしまうことになるであろう。

今回、百条委員会に招致された参考人の方たちは、あくまでもこの案件の首謀者たちに道具として利用されただけで、決して個人が責められることはないはずであるが、嘱託職員の中には、明らかに首謀者たちとの事前の打ち合わせや答弁内容の擦り合わせをした部分も見受けられ、そうなるとやはり首謀者たちとの共謀者ということになり、いずれ何らかの責任を取らなければならなくなってくるのかも知れない。

この案件は、そもそもH18年度のスタートからが誤りなのである。おそらく岡本前市長ほか、何人かの首謀者たちとの企みによって、市都合のNPO法人を立ち上げ、市都合の条例・規則を作り、そしてまったく秘密裏のうちに作られた協定書や覚書を根拠に、他人の土地(環境事業組合)に公園設置の事業を計画し、しかも入札などの方法を採ることもなく億単位の事業をURに協定書で委託したり、しかもその予算の支出は不透明そのもので、そのあと一連の企みの案件が発覚すると、無償で譲り受けた土地を今度は返すと言ったり、更にはまるで詐欺まがいの手法で国から1億円の補助金をせしめたり(これは岡本前市長が建設産業委員会で自らその手口を語っている。) と、何もかもがメチャクチャなのである。

(その4-4)に続く。

柏原市政の不透明と疑惑の案件は何も解決されないまま、大阪維新の会から生まれた中野新市長に引き継がれている!!!
by rebirth-jp | 2013-03-14 21:11 | O百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
(その2) 今回の定例..
by rebirth-jp at 11:47
(その1) 柏原市の「..
by rebirth-jp at 11:46
今日、はじめてネット中継..
by 議会 at 19:25
半世紀も昔の村しがらみに..
by rebirth-jp at 08:00
次の市議選ですが、維新か..
by 市民 at 00:11
市政運営の方針、弁護士の..
by 柏原市民 at 20:17
トップ(副市長と市長)が..
by rebirth-jp at 09:39
これって、論功行賞枠の副..
by これは・・・ at 17:31
ご理解とありがたいお言葉..
by rebirth-jp at 23:33
こんにちは。 6月定例..
by 市民 at 17:28
健康福祉センター=柏原市..
by 実家が柏原市 at 21:12
国分地区(大和側以南)の..
by rebirth-jp at 20:44
 小さな命は大切です。市..
by なな at 19:55
母子健康手帳の交付(妊娠..
by 実家が柏原市 at 09:36
弁護士の姓、よく似ていて..
by ありがとうございます at 21:43
申立人は柏原市長の中野隆..
by rebirth-jp at 20:16
申立人と 相手方の..
by 質問 at 17:27
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
その他のジャンル