革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◇道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◇政務活動費/維新・新風かしわらが隠ぺい
◆大阪維新・冨宅正浩/組合腐敗政治の正体
◇大阪維新・中野隆司/腐敗政治の正体
◆自治労柏原市職員労働組合は市長と一体
◇市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◇落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆悪政の根源は114人の行政協力委員制度
◇区長会114人に多額の報酬と補助金は餌
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◇行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◇地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆国分中学校グランド整備用地購入問題
◇勇み足を繰り返す柏原市教育委員会
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◇柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◇百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◇百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◇地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◇あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆郵便入札に疑惑/保育所児童給食業務
◇抵当権付土地を3.5倍の公金で借り上げ
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◇ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◇「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆決算特別委員会から市政の腐敗を暴く
◇腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◇知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◇ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◇柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◇汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◇補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◇柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◇市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◇維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◇柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◇当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会(柏原市議会)は怠け者の楽園か
▼柏原かがやきの会(自民党)公約・議事録
・ 中野広也議員/質疑・質問
・ 乾 一 議員/質疑・質問
・ 大坪教孝議員/質疑・質問
・ 奥山 渉 議員/質疑・質問
・寺田悦久議員/質疑・質問
▼政新会(自民系)・公約・ほか議事録
・ 山下亜緯子議員/質疑・質問
・ 田中秀昭議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(自民党)・公約・議事録
・ 濱浦佳子議員/質疑・質問
▼公明党議員・公約・ほか議事録
・ 中村保治議員/質疑・質問
・ 新屋広子議員/質疑・質問
・ 小谷直哉議員/質疑・質問
▼日本共産党・公約・ほか議事録
・ 橋本満夫議員/質疑・質問
・ 山本真見議員/質疑・質問
▼市政クラブ(民主系)・公約・ほか議事録
・ 鶴田将良議員/質疑・質問
・ 岸野友美子議員/質疑・質問
▼大阪維新の会・公約・ほか議事録
・ 山本修広議員/質疑・質問
・ 冨宅正浩議員/質疑・質問
▼会派無所属議員(維新系)・公約・議事録
・ 山口由華議員/質疑・質問
◆市政運営方針演説/H24以降~
O過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆平成27年第3回柏原市議会定例会
◇平成27年第4回柏原市議会定例会
◆平成28年第1回柏原市議会定例会
◇平成28年第3回柏原市議会定例会
◆平成28年 第4回 柏原市議会 定例会
◆平成29年 第1回 柏原市議会 定例会
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
未分類
◇謹賀新年/蛇の生殺し/H25年
◆謹賀新年/午年 H26年
◇謹賀新年/羊年 H27年
◆謹賀新年/酉年 H29年
◆謹賀新年/申年 H28年
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
◇住民監査請求綴り/監査委員監査結果
◇『改革/新・革新の会』規約
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◇機能不全の監査委員を市民が監査する
★未分類
以前の記事
タグ:竜田古道の里山公園 ( 52 ) タグの人気記事
背景にあるのは市政始まって以来の大疑獄事件である/H29.2.12実施の柏原市長選挙と市議便乗補欠選挙


この大疑獄事件はまだ何一つ終わっていない

ますます疑惑は深まっている


3つの事件の裁判上の被告は柏原市長と柏羽藤環境時業組合管理者

である

被告の相手方は

前市長の岡本泰明個人、UR、NPO法人

(被告の相手方とは実質的な被告の立場にある者を指す)

すべてが当時の市長公室を拠点に進められた悪策・悪事である

この疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件に

関しては

まだ4つ目の案件が残っている



あの嘘吐き・デタラメ市長が当時の市長公室を拠点に悪事の限りを尽くした疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件は、現在、大阪地裁で裁判(住民訴訟)が進行中である。


前岡本市長の3期目断念、現中野隆司市長の2期目断念…、この背景には、いずれにも前市長が首謀者となった疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件が関係していると思われる。




この事件では、事件の首謀者とも云っていい岡本泰明市長の前に、柏羽藤環境事業組合からの負担金がおよそ17000万円、国庫補助金から8400万円の、合計約25400万円の現ナマが転がっていたのである。


岡本前市長はこれを見ごとに使い切ってしまったわけだが、その中身は大半(億単位に近い数字)が不透明である。これについては議会に百条委員会が設置されたが、結局、議会は何も解決しないまま、すべてのツケを何も知らない市民の側に回してしまったのである。


当方はこれに対して、住民監査請求を起こし、それが現在進行中の住民訴訟となっているものである。


この疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件に係わったのは、岡本泰明前市長を頭とした当時の市長公室の面々である。当時、この公園建設と併行して一時大騒ぎになった「イノシシ屠殺場建設問題」がある。この事業計画は、当時の橋下徹知事、当時府議会議員の現・松井知事、同じく当時府会議員の現・柏原市長(中野隆司市長)の時に進められた悪策・悪事の事業である。この事業は市民に秘密裏にしていたことが後に発覚し、結局、計画は頓挫している。


竜田古道の里山公園を国庫補助金事業として認可したのは当時の橋下徹知事である。当時の橋下知事や、現在の松井知事が、どこまでこの疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件の中身を把握していたのかは不明であるが、証拠の書面等から見る限り、当時、大阪府も国も、そして柏羽藤環境事業組合も、あの嘘吐き・デタラメ市長に大きく騙されていたのかもしれない。


この疑惑まみれの補助金事業に関して、当時、岡本市長は、「5年経ったら大丈夫や」などと話していたという。この『5年経ったら』という意味は、この市長に始めから悪意があったということである。とんでもない悪党である。『5年』の意味については、また別ページで詳細に説明をしよう。


現在、裁判の途上でもあり、当方が把握しているすべてをここに公開することはできないが、あの嘘吐き・デタラメ市長や当時市長公室の一派は、この疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件の真実を、決して暴かれないための体制を維持していく必要があるというわけである。事件発覚の後の市長選挙や市議選挙、そして市職員労働組合が実権を握る政策推進部による人事政策などは、その最たる例となっている、としか思われないトンデモ市政が続いている。


前岡本市長以降、何回か実施されている市長選挙や市議選挙の背景には、いずれの選挙にも、この疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件が関係していると思われる。度々行われている職員たちの人事政策も、おそらくその一つである。噂では自治労柏原市職員労働組合が維新推薦の市長選候補者を応援するという取り決めも決まったという。


そしてこの疑惑隠し・悪事隠しに利用されているのが、例の悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度である。残念ながら、報酬や補助金で操られている当人たちにはその認識がないと思われる。


コイツラには市政の改革などまったく眼中に無く、我がらの利権やムラしがらみの保身政治で腐蝕の柏原城の基盤を固めたいという魂胆しか見えて来ない。投かんされるチラシ・ビラの内容も、例の行政協力委員(区長会)や利権集団に媚びを売る項目のほかは、中身無しの絵に描いたモチばかりである。


いずれにしても腐蝕の柏原城は、腐蝕の膿がたまり、腐蝕のかさぶたが重なり、たった1つの内部告発でもあれば、じきに破裂・崩壊、崩落するところまで来ているはずである。いつの日か、勇気のある告発者も出てくるはずである。


当方の検証作業は、深く、進行中である。





by rebirth-jp | 2017-01-28 00:11 | ◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向 | Comments(0)
3/悪党一派と一つ穴のムジナに堕ちた百条委員会による「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」を全文公開!!!  



この百条委員会に名前の無い議員は端から悪党一派に

同調していた議員たちと思われても

仕方があるまい



(その3)
竜田古道の里山公園裁判に目を向けたくない議会(議長たち)の不都合な真実/腐敗政治の闇を暴く!!??


竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書

(1321ページ/全66ページ中)



疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件は

現在

疑惑に絡む3つの事件が大阪地方裁判所で裁判中

本件「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」は

証拠品の一つとして提出しているもの


b0253941_19391452.jpg
b0253941_19390299.jpg
b0253941_19385175.jpg
b0253941_19384093.jpg
b0253941_19382829.jpg
b0253941_19380778.jpg
b0253941_19375811.jpg
b0253941_19374708.jpg
b0253941_19373783.jpg

つづく・・・




by rebirth-jp | 2016-12-01 00:11 | ◇不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい | Comments(0)
まだ何ひとつ終わっていない!!!/疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件は現在3つの裁判が進行中である。

案件が裁判に移行していることもあり、しばらくこの事件の掲載を止めていたが、例の悪党一派があの疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に疑惑隠しの施設(自然体験学習施設)を建設してしまった今、いよいよこれからがこの事件に絡む諸々の事件をあぶり出す作業の再スタートとなる。

それにしても大阪維新の会の足下で、維新とは名ばかりのとんでもない市政が誕生してしまったものてある。腐蝕の柏原城!! そしてこの腐蝕の柏原城で保身の牢獄に籠る体たらく議会(議員たち)!! もはや自浄能力はない!!!


(ブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます。)

大阪維新の会・中野隆司市長はこの一連の事件を解明するどころか、あの嘘吐き市長や当時の市長公室を主体とした悪党一派の疑惑隠しとも思われる策を強行し、とうとう嘘吐き市長や無能議会のツケの全てを、柏原市民に負わせてしまったのである。

中野市長と、いまやすっかり腐蝕の柏原城に取り込まれてしまった議員たちは、疑惑隠しの施設(自然体験学習施設)を完成させたことで全てを終わりにしたいと思っているのだろうが、それは大間違いである。これからがほんうとうの始まりである。


O 本会議でウソ答弁をする大阪維新の会・中野隆司市長

平成26年3月定例会(第1回)-0311

(これについては前日の3月10日に当方が大阪府庁に出向き、柏原市はまだその時点では補助金の申請はしていない事実を確認している。

それをこの市長は補助金の申請をして補助金交付の内諾を得たと、本会議で答弁をしているである。

この事実は本会議当日、2、3の議員に伝えているが、彼らはこれを右から左へと流したのである。

まさに議員の本分を忘れた税金泥棒と言われても仕方のない議員たちは、もうこの時点では、あの嘘吐き市長ら悪党一派や、その疑惑隠しに走る大阪維新の会・中野隆司市長らと一体となって、疑惑に蓋を被せるための自然体験学習施設の建設計画を進めていたのである。

これが維新とは名ばかりの大阪維新の会・中野隆司市政の実態なのである。)

O 議会天国!?の柏原市議団は定数17人(うち6人が女性議員)
大阪維新の会・中野隆司市長

まったく機能不全に陥ってしまった議会の議長は奥山渉議員

副議長は岸野友美子議員である

定数削減を謳って当選した議員が半数を超えるのに当選した途端
この公約は、どこ吹く風と知らん顔である
(今の体たらく議会なら12人程度で十分である)

議会ごっこで遊んでいても

議員たちには

総額およそ1億7000万円の報酬や期末手当などが

市民の血税からあてがわれている

まさに議会天国である


(その40)
過去の議事録・会議録から疑惑まみれの「竜田古道の里山公園問題」と、第2の竜田古道の里山公園問題と言われる『自然体験型学習施設』建設に係わる嘘吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しを暴く!!!


以下、書き起こし部分は原文のままである。/緑字の部分は私見である。(案件については、現在、訴訟中の裁判(大阪地裁)に係わる部分も出てくるので、自ずとここに公開する事実や私見も制限することになるが、可能な限り、問題点の指摘なり、その検証結果を公開していくつもりである。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成26年 6月 定例会(第2回)-0602日-01

P.6  6番(山本真見議員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会議終了後に全員協議会が開催され、竜田古道の里山公園についての経過説明と、今年度の組合議会の視察について、日程、視察地の説明がありました。
 以上、柏羽藤環境事業組合第1回臨時会の報告といたします。
 なお、詳しい質問等の内容につきましては、柏原市議会図書室にある議事録をご参照ください。
 以上で報告を終わります。


(これは定例会・本会議の初日に、柏羽藤環境事業組合の組合議員となっている山本議員が、組合第1回臨時会の結果報告をしているわけであるが、これでは傍聴の市民は何も分からない。

また上記棒線の「全員協議会」なるものは、法的には何の根拠もない議員たちによる議員のための調整会議というのが実態である。議会がこの「全員協議会」を多用するということは、市民の側に知られてはまずいことをこの協議会で調整していると思っていいだろう。

できるだけ市民の前に公にしたくないというのが議員たちの本音であろうが、そんなことでは議員の役割を果たしているとは言えない。せめて共産党議員くらいは柏原市の「体たらく議会」に染まってほしくないものである。柏原市議会の場合、ほかの議員には何も期待ができないのだから。)


P.10  渡辺耕次財務部長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の73ページをお開き願います。
 款7土木費 項3都市計画費 目3公園緑化費4,800万円は、竜田古道の里山公園内に新たに自然体験学習施設を設置するための費用を計上するものでございます。なお、この事業は、宝くじ社会貢献広報市町村補助金を充当して実施するものでございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(この議案が、疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件に蓋を被せるための事業と、それに伴う予算である。その所管は都市整備部から柏原市教育委員会へと移り、この教育委員会が担うことになる。

そしてこの教育委員会の長は、現在、住民から訴訟を起こされている「竜田古道の里山公園事件」に絡む3つの裁判のうち、被告(中野市長)の相手方となっている「NPO法人柏原ふる里づくりの会」の当時の理事長・三宅義雅氏である。この場合の被告の相手方というのは、分かり易く言えば、実質上の被告の立場にある者と言った方がよいだろう。)

当初からその経緯がおかしいこの疑惑まみれの「竜田古道の里山公園」を、いったい誰が認可したのか、また誰が考えてもわかる疑惑隠しのための施設(自然体験学習施設)建設のために、いったい誰が補助金交付を認可したのか、いずれ大阪維新会・中野隆司市政の下で、様々な事実が明らかになるはずである。

大阪維新の会:腐蝕の柏原城の闇はどこまでも深い!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回、ここから

平成26年 6月 定例会(第2回)-0616日-02

P.64  11番(橋本満夫議員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に、一般質問に入ります。
 整理番号31、公園、竜田古道の里山公園の土地譲渡については、現時点での柏原市のお考えについてお尋ねいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

革新オンブズマン/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政

O 情報公開請求/55
O
異議申し立て/1
O
公正取引委員会申告/1

O 中野隆司現市政
O
情報公開請求/169(大阪府、柏羽藤環境事業組合、ほか独立機関含む)

O 監査請求/5
  (竜田古道の里山公園問題、NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件、市長専決処分事件)

現在6件目の監査請求を準備中

O 住民訴訟/3
  (NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件)


革新・オンブズマン

ご質問・抗議・情報提供等/活動参加のお問い合わせ・連絡先

お気軽にご連絡ください


革新・市政オンブズマン事務所

中山

電話 090-3654-5695

FAX 072-975-1681

メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by rebirth-jp | 2015-09-02 22:39 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(2) | Comments(0)
とうとう土地の名義を変えてしまった!!!/この市長はいったい誰のための政治をやっているというのか!!??/悪党一派の悪事のツケを

・・・全て柏原市民に押し付けた大阪維新の会・中野隆司市長

これで悪党一派の完全なる共犯者となったわけである。

ほとんどの市民が行くこともなく、その場所さえも知らない裏山(雁多尾畑地区)のゴミ処分場跡地に建設された竜田古道の里山公園で、またまた市民の無関心を利用した悪党一派の画策により、市民の血税が喰われて行くことになる。

これで未来永劫、あの悪党一派の悪事のツケを柏原市民に押し付けようというわけである。こんなバカ市政にバカ議会はどこにも無いだろう。

3市構成の柏羽藤環境事業組合が公園維持管理の負担を受け入れなければ、「現在稼働中の第3期ごみ最終処分場を閉鎖する」とまで言い切っていた中野市長の発言はいったい何だったのか。百条委員会での議員たちの発言はいったい何だったのか・・・。コイツラいったい何のために議会に籠っているのだろうか!?

羽曳野や藤井寺の議員たちも、なんと馬鹿な市政かと笑って見ているはずである。

O 腐蝕の柏原城!!!/この「まち」はいったいどこまで腐ったデタラメ行政をやれば気が済むというのか!!??

数々の疑惑が渦巻く柏原市役所

b0253941_23532554.jpg


O 悪党一派のツケを全て市民の側に押し付け、我がらは自己保身に走るしか能の無い議会(議員たち)は、今回も見ざる聞かざるの卑怯な姿勢を通すのか!!??

下の写真は市長のための議会職員たちではない。

我々市民・有権者を代表するれっきとした議員たちである。

共産党議員を除けば、いつも何でもかんでもデタラメ市政に賛成をしてしまう連中である。

まさに税金泥棒としか言いようのない議員たちで占める機能不全の議会は、

議長が奥山渉氏、副議長は岸野友美子氏である。

b0253941_0292233.jpg

3(羽曳野市、藤井寺市、柏原市)のゴミ処分を全て受け入れ、その跡地の維持管理の費用も全て受け入れ、後のダイオキシン流出などの環境問題までをも全て受け入れ、悪党一派の悪事のツケまで、全て柏原市民に負わせてしまった大阪維新の会・中野隆司市長よ!! あなたはいったい何のために、誰のために市長に就任したのか!!??

柏原市の議員たちがこの土地の名義変更の事実を知っているのかどうかは知らないが、市民・有権者を代表する立場にある議会(議員たち)は、いったいどこまで自分たちを馬鹿にされたら気が済むのだろうか!? これでも見ざる聞かざるの姿勢を通すとすれば、コイツラは、本当の税金泥棒である。

この問題は、現在、訴訟中の竜田古道の里山公園裁判とも関連するので、今後、徹底した検証を進めていく予定である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/革新(市政オンブズマン)


大阪維新の会:中野隆司市政/柏原市の悪政の根幹は、行政トップと行政協力委員制度、監査委員、そして議会(議員たち)4機関にある。それを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」である。

市政始まって以来の大疑獄事件!!??  疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件(NPO絡み、UR絡み、環境事業組合絡みの公金支出金返還請求事件)は、大阪地方裁判所にその舞台を移し、今後、本格的な裁判が始まることになる。

なおこの問題の公園では、中野市長が自ら疑惑隠しの策を主導し、悪事や疑惑に蓋を被せるための施設「自然体験学習施設」を新たに建設してしまった。百条委員会で1年間調査を続けた事件を何一つ解決しないまま、中野市長は、第2の竜田古道の里山公園問題とも言える新たな事件を抱え込んだわけである。

疑惑の追及を恐れて3期目を断念したあの嘘吐き市長は、自身最後の議会で、「土地は貰っていない。」「法務局が証明してくれる。」「貰っていないものをどうやって返せと言うのや」などと、当時の百条委員会の議員たちに捨て台詞を残し腐蝕の柏原城を去ったが、その禅譲で生まれた大阪維新の会・中野隆司市長は、この5月に入って問題の土地(ごみ処分場跡地の公園用地)の名義を、柏羽藤環境事業組合から柏原市の名義に変更登記したようである。

(現在この事実を確かめるために関係文書の開示を請求中である。)

柏原市の腐敗政治の象徴とも言えるこの一連の事件については、今後の裁判の進行と併せて、徹底した検証を続けていく。



革新(市政オンブズマン)/現在の活動状況

O 岡本泰明前市政
O
情報公開請求/55
O
異議申し立て/1
O
公正取引委員会申告/1
O
中野隆司現市政
O
情報公開請求/167(大阪府、柏羽藤環境事業組合、ほか独立機関含む)

O 監査請求/5
  (竜田古道の里山公園問題、NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件、市長専決処分事件)
O
住民訴訟/3
  (NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件)


革新(市政オンブズマン)は、腐蝕の市政とデタラメ行政、機能不全の監査委員(機関)、二元代表制としての機能を失った議会、そして悪制度の筆頭格にある「行政協力委員制度」を主な対象として、今後さらに本格的に検証を進めます。案件は手が回らないほどの数が闇に(堂々と?)隠れています。政治や市政に関心ある方のご参加・ご協力をいただければ幸いです。


今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中です。

市民の側は「維新」とは名ばかりの柏原市政に騙されてはいけない!!! 「市民の無関心」と114名で組織する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

O 質問・抗議・情報提供等/お問い合わせ・連絡先
革新・市政オンブズマン事務所/中山
FAX 072-975-1681
電話090-3654-5695
メールrebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp



by rebirth-jp | 2015-05-09 09:15 | O竜田古道の里山公園裁判/3事件 | Comments(1)
自治体間の「約束事」と圧力を掛けられたから仕方なく疑惑まみれの土地を柏原市名義に変える
・・・と言っているのだが!!??

「自治体間の約束事」と言っても、あの嘘吐き市長と柏羽藤環境事業組合管理者(羽曳野市長)が、議会も市民も知らないところで勝手に交わした、中途半端なな「覚書」一枚の約束事である。


これで羽曳野市長と藤井寺市長は疑惑案件の共犯者にさせられたということか!? それともこれが弱腰の大阪維新の会・中野隆司市政の正体ということか!?

O 下記は、柏原市の都市整備部・山本部長の答弁内容である。

『 ◎ 山本佳裕都市整備部長 お尋ねの登記移転等につきまして、先の市政運営方針で市長が答弁いたしましたとおり、羽曳野市長や藤井寺市長、両市長の考え方は、自治体間の約束事であるので、本覚書の履行により信頼関係が再構築され、今後の新たな協議を進めることができるという立場で臨まれておられます。ご理解賜りますようによろしくお願いいたします。』

いったいいつの間にこのような流れになってしまったのか??? 議会はナメられ、市民はどうせ無関心だからと完全に無視をされ・・・、それでも議員たちはまったく抵抗もせず、何でもかんでも賛成の採決をしてしまうのである。現在の市政運営を見る限り、あの嘘吐き市長ら悪党一派の前政権時代よりも、さらに市政の性質が悪くなった感しかない。これが大阪維新の会・中野隆司市政の正体ということか!?


(その4)

O 本会議でウソ答弁をする大阪維新の会・中野隆司市長/平成26年3月定例会(第1回)-03月11日
b0253941_195952.jpg

Oまったく機能不全に陥ってしまった議会の議長は奥山渉議員、副議長は岸野友美子議員である。議会は先の市議改選(平成25年9月)以来、もはやその存在の意味すら無く、彼らはただ議会に籠って、年間一千万という市民の血税を貪っているだけである。この体たらく議会を歓迎しているのは市長の側だけである。
b0253941_10314525.jpg

3市負担の維持管理費を柏原市だけが負うことになっても、何も抵抗が出来ない柏原市議会の議員たちよ、あなたたちは、いったいどこまで体たらくを晒したら気が済むというのか!!!

こんな連中が柏原市民・有権者の代表者とはお笑いである。これではもはや議会の存在の意味無しである。

嘘吐き市長や行政協力委員制度に隷従し、市民や「まち」のことなど一切眼中に無く、ただ自己保身に走る税金泥棒の議員たち。この半世紀、「市民の無関心」と「行政協力委員制度」は、骨の髄まで、この「まち」の政治を腐らせてしまったようである。

この「まち」は、悪制度の筆頭格にある「行政協力委員制度」を廃止しない限り、市民の血税は喰い潰され、いずれ消滅の道を辿るだろう。なんとも性質が悪く見苦しい「まち」の政治は、市民の知らないところで腐敗の道をまっしぐらである。

(その37-4)
過去の議事録・会議録から疑惑まみれの「竜田古道の里山公園問題」と、第2の竜田古道の里山公園問題と言われる『自然体験型学習施設』建設に係わる嘘吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しを暴く!!!

以下、書き起こし部分は原文のままである。/緑字の部分は私見である。(案件については、現在、訴訟中の裁判に係わる部分も出てくるので、自ずとここに公開する事実や私見も制限することになるが、可能な限り、問題点の指摘なり、その検証結果を公開していくつもりである。)

(その37-3)から本編に戻る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成26年3月 定例会(第1回)-03月12日-03号
P.143 ◆ 15番(大坪教孝議員)
・・・・・・・・・・・・・
続きまして、整理番号12番、竜田古道の里山公園維持管理費について、経費の節減に努めていただいておりますが、組合からの歳入が計上されておりませんので、維持管理費673万8,000円は平成26年度も柏原市の単独負担になるということですね。

 先の市政運営方針に対する質問の答弁の中で、この公園の運営について、土地の名義を柏原市に移すという報告もあったように思いますが、現在のそれぞれの各市長は、このことも含めて、どのように考えておられるのかお伺いします。

(この議員の質問に、元百条委員会の議員が、何故、同調しないのか??? 元百条委員会メンバーの数が先の市議改選で減ってしまい、嘘吐き市長ら悪党一派や行政協力委員たちを恐れて同調の意思を表明できないのなら、何とも情けないとしか言いようがない。

元百条委員会のメンバーは9人もいるのだから、普通であれば、侃々諤々の議論、討論が行われてもよいはずである。この問題は柏原市政始まって以来の大疑獄事件の可能性すらある案件である。)


P.143 ◎ 山本佳裕都市整備部長
◎山本佳裕都市整備部長 お尋ねの登記移転等につきまして、先の市政運営方針で市長が答弁いたしましたとおり、羽曳野市長や藤井寺市長、両市長の考え方は、自治体間の約束事であるので、本覚書の履行により信頼関係が再構築され、今後の新たな協議を進めることができるという立場で臨まれておられます。ご理解賜りますようによろしくお願いいたします。

(この部長は、羽曳野市長と藤井寺市長の考え方が「この案件は自治体間の『約束事』」ということから土地の移転登記をせざるを得ないと答弁しているわけだが、本当にこの二人の市長はそういう主張をしているのだろうか。それが事実であるとすれば、結局、羽曳野市長と藤井寺市長は、あの嘘吐き市長ら悪党一派が進めた疑惑まみれの案件の共犯者ということなのであろう。)

P.43 ◆ 15番(大坪教孝議員)
◆15番(大坪教孝議員) 理解でけへん。
 自治体間の約束事である覚書の履行をすることですか。要するに、前柏原市長が欲しいと言って交わした約束を守れというのが、羽曳野市長と藤寺寺市長の答えですか。

 広域行政で取り組む環境事業組合管理者としての羽曳野市長の考え方が、平成18年に3市長のみで交わしたときの考え方でよいということですね。

 今の國下藤井寺市長、その18年に交わされた管理者会にはいてないんですよ。柏原市に名義をかえて、柏原市が単独で維持管理費を出すことに賛成やということですね。

(そう、この部長の答弁内容は、だれが考えても「理解でけへん」のである。)

 新しい3市の市長さんのもとで、どの方法がよいのか、誰が負担すべきかを協議してもらえるものと期待をしておりましたがおまえとこの市長が言い出したこととして、全く考えてもらえなかったという結論ですな。非常に残念な答えですよ。

 何度も申し上げておりますが、この第2期最終処分場の跡地について、その当時の3市の市長さんが、この機能が終了した後、地元のために公園にしてあげようと、環境事業組合議会で、皆さんどうですかと諮っていただいて、環境事業組合の事業として取り組んでいくと、両市の議員さんもみんな賛成をしていただいたんではなかったんでしょうか。

 公園の維持管理費はどこが持つんだという質問に対して、当面は環境事業組合で持っていただくと答弁されておりました。当時の事務局長さんの百条委員会での参考人意見でも、その認識にあったと証言いただいております。私たちは何か無理なお願いをしているんでしょうか。

 当初の約束事を守ってほしいと言っているだけであります。私たちの意見に耳を傾けてもらえず、このやり方が法的に認められてしまうのが、非常に残念です

(ここで「非常に残念です」と〆てしまえば、それは白旗を意味する。せっかくの上記の主張が台無しである。市民・有権者の代表者たる議員は、たとえ採決で負けることになっても最後まで自己の主張を貫き通すべきである。こういうザマであるから体たらく議会と言われるのである。

それにしても、ここでも嘘吐き市長ら悪党一派やその禅譲政治を続ける大阪維新の会・中野市長、そして悪制度の筆頭格にある行政協力委員制度が、議員たちに圧力を掛けているとは思いたくないが・・・)


 もう一つお聞きいたしますが、この処分場跡地の公園の土地所有者として、現北川管理者が言われるように組合から柏原市に名義をかえた場合、ちょっと心配をしていることがありますので、確認をさせていただきますが、この公園に埋められている廃棄物が原因で、第三者に被害を与えた、損害を与えたと訴えられた場合、被告人は土地所有者である柏原市になると思うのですが、柏原市に損害賠償を求められることはないのでしょうか。

P.144 ◎ 山本佳裕都市整備部長
◎山本佳裕都市整備部長 議員がお尋ねのことにつきましては、埋立廃棄物に起因する諸問題につきましては柏羽藤環境事業組合が責任をもって対応すると、平成22年に締結されました覚書に明記されてございます。
 万が一、今、議員がおっしゃられましたように廃棄物が原因で破損等した場合、柏羽藤環境事業組合によって責任をもって対応していただけるものと私は判断しております。
 以上でございます。

(「私は判断している」と一部長が答えても何の意味も無い。ここでは市長の答弁を求めるべきである。)

P.144 ◆ 15番(大坪教孝議員)
◆15番(大坪教孝議員) 力強く答弁いただきまして、ありがとうございました。
 柏原市は、善意の第三者にもならないし、本当に土地所有者としての責任を回避できるのかな。そうしたら、万一、原因が廃棄物にあって、その対策を講じられた場合、例えばその公園を何らかの形で掘削をされる、壊された場合、組合の費用でもとどおりまた公園として復元してもらえるのでしょうか。

 環境事業組合で予算をとってくれるのかな。今おっしゃった22年の覚書、その約束事が環境事業組合にも諮られておりませんので、当然議事録もありませんし、約束を交わした3市長の管理者会の議事録もないということですが、議会で本当に了承してもらえるのかな。

 平成18年の3市長のみの管理者会での約束事が、4年たった平成22年に、議事録もない中、管理者会に出席をしていない新しい事務局長さんが聞き取りをしてつくられた覚書が、本当に未来永劫通用するのか、環境事業組合の議員さんが認識していただけるのか、心配いたします。

 私たちも、議会に諮られず3市長のみで決めてしまったから、この問題を疑問視しているわけで、将来において、今度は逆に、誰がいつ決めたんだ、どこで諮られたんだと、環境事業組合の議員さんが疑問視されないか心配をいたします。

 このようなごみの最終処分場の土地が安定したと言えるまで何年かかるかという答えは未知の世界だと言われており、どこの処分場においても設置者が責任を持って管理しているのがほとんどであります。何も責任がかかるからやめろとい言っているのではありません。このような問題が起こり得る可能性のある土地を何で柏原市のものにするのか。この考え方が全く理解できません。

 今回、この結論に従う、維持管理費を柏原市が単独で持つ、3市のごみの処分場を柏原市の名義にかえるというのは、非常に残念でなりません。柏原市民が不利にならないことを願いまして、次の質問に移ります。

(「非常に残念でなりません」「柏原市民が不利にならないことを願いまして、次の質問に移ります」、・・・・・最悪の質問の〆である。)

 整理番号13番、地域緑化推進事業についてでありますが、9カ所で年間1,235万円で土地を借り上げていただいています。それだけの市民の皆さんの税金を投入しているわけでありますから、有効に、そして適切に利用していただきたいと思うわけでありますが、その中で、7カ所については防災広場という位置づけもしていただいているんですが、柏原市においては、災害が起きて復興に時間を要する場合の仮設住宅の建設場所が非常に少ないわけです。

 そこで、これらの防災公園が仮設住宅の建設用地として必要となった場合、土地所有者の承諾を得られることができるのかどうかお伺いいたします。

(この整理番号13番についてはまた別の案件であるが、この案件については非常に大きな問題であるので、いずれ検証の対象としたい。

まあそれにしてもあの嘘吐き市長の2期8年間という市政は、とんでもないデタラメ政権であったことが、この13番を含め、次から次に浮かび上がって来ている。そして現市政、大阪維新の会・中野隆司市長は、このデタラメ政権のすべてを引き継いでいるわけである。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回、ここから
平成26年  3月 定例会(第1回)-03月13日-04号
P.178 ◆ 3番(新屋広子議員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
整理番号58、項3都市計画費 目3公園緑化費、公園維持管理費の内容と今後の取り組みについてお伺いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.185 ◎ 山本佳裕都市整備部長
お尋ねいただいております平成26年度の公園維持管理費につきましては、玉手山公園、史跡高井田横穴公園、竜田古道の里山公園、歴史の丘展望台公園、大和川親水公園並びに協働緑地を除く、市内の公園など119カ所の維持管理費として3,212万1,000円の予算をお願いしているものでございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コラム/柏原・革新の会(市政オンブズマン)

腐蝕の柏原城が「まち」を喰い潰す!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2015-03-06 20:10 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(2) | Comments(0)
竜田古道の里山公園ってどんなところ??? /山の裏側に位置しすぐ隣は奈良県三郷町
竜田古道の里山公園は市民のほとんどが行くことのない(知らない)ゴミ処分場跡地に建設された疑惑まみれの公園である!!!

柏原市の東山に建設された竜田古道の里山公園は、柏原市街から見ればまったく市民の目に触れることの無い裏山に位置し、すぐ隣には奈良県三郷町を眺めることができる。地区名は雁多尾畑(かりんどおばた)である。この山では、現在、三つ目となるゴミの最終処分場「第3期最終処分場」が稼働中である。裁判となった事件の対象は、既に稼働が終わった「第2期最終処分場」である。

O 疑惑まみれの竜田古道の里山公園と、その疑惑に蓋を被せるために建設される自然体験学習施設建設場所は、市民のほとんどが知らない裏山のゴミ処分場跡地である。

大きな地図で見る
赤ポイントは、前市長の岡本泰明氏が当時の市長公室職員に命じて立ち上げた「NPO法人柏原ふる里づくりの会」の事務所の場所である。この赤ポイントに隠れた部分が疑惑まみれの竜田古道の里山公園である。

疑惑まみれの竜田古道の里山公園に関しては、現在、3件の住民訴訟が起こされている。

この赤ポイントの近く(西側)の集落には中野隆司市長の専決処分「市道維持補修事業600万円」で補修された私有地内の路地・石垣が在る。この案件も、現在、住民訴訟の対象となっている。

疑惑まみれの竜田古道の里山公園、その疑惑隠しのための自然体験学習施設の建設、疑惑の市長専決問題、その全ての背景に例の悪制度の筆頭格にある「行政協力委員」が絡んでいることをほとんどの市民は知らない。

O 山の中のゴミ処分場跡地はコンクリートブロックを積み上げたゴミ山のピラミッドと言われている。
b0253941_19204158.jpg

b0253941_19271378.jpg

O 奈良県三郷町から見える山の谷を埋め立てたゴミ処分場跡地はまさにコンクリートのピラミッドである。/もしダイオキシンなどの流出があるとすればその全ては三郷町側に出ることになる。
b0253941_19351594.jpg

O 平成2年の毎日新聞記事から
この記事が予想したとおり、ゴミの墓場とも言えるコンクリートのピラミッドは、ダイオキシン流出などの環境問題とともに、疑惑まみれの竜田古道の里山公園が建設されて以来、様々な問題を告発してくれている。
b0253941_18421052.jpg


いずれ真実は暴かれるはずである。
by rebirth-jp | 2015-03-04 17:20 | O竜田古道の里山公園裁判/3事件 | Comments(0)
柏原・革新の会(市政オンブズマン)からのお知らせ!!!/明日から裁判が始まります。
O 腐蝕の柏原城!!!//城主は、あの嘘吐き市長の禅譲により腐蝕市政とデタラメ行政を100%引き継いだ、これもまた嘘答弁を平気でやる大阪維新の会:中野隆司市長である。
b0253941_23532554.jpg

O 柏原市議会議場/まったく機能不全に陥ってしまった議会の議長は奥山渉議員、副議長は岸野友美子議員である。先の市議改選(平成25年9月)以降、議会は市民のためには決して仕事をしない、もはや市民の敵と断言してもいいだろう。
b0253941_0224498.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コラム/柏原・革新の会(市政オンブズマン)

柏原・革新の会/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政
O [情報公開請求/55件
O 異議申し立て/1件
O 公正取引委員会申告/1件

O 中野隆司現市政
O 情報公開請求/144件
O 監査請求/4件
(内、柏羽藤環境事業組合1件)
O 住民訴訟/3件


大阪維新の会・中野市長を被告とした2件の裁判が、明日から始まります。

第1回期日、1月23日(金) 午後2時から 第1007号法廷

もう1件の柏羽藤環境事業組合管理者を被告とした裁判は、2月26日(木曜日) の予定。

裁判の傍聴は誰でも可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この裁判は、いずれもあの嘘吐き市長ら悪党一派が、ゴミの最終処分場跡地に建設をした竜田古道の里山公園を舞台にして発生した事件です。

ほとんどの市民の方が、市民に見えないあの裏山で何が行われていたのかを知りません。悪党一派が何をやっているのかを知りません。

柏原市議会はこの事件で百条委員会を立ち上げ調査をしましたが、あまりの悪質な疑獄事件を恐れて、調査を途中でほり出してしまいました。

挙句の果ては、この悪党一派の全てのツケを柏原市民に押し付けてしまったのです。ゴミ処分場跡地は3市、すなわち羽曳野市、藤井寺市、柏原市の3市で共同運営する柏羽藤環境事業組合が管理していた土地です。

跡地に出来た竜田古道の里山公園は、元々柏羽藤環境事業組合が、その建設を柏原市及び地元と約束をしていたものです。

それをあの嘘吐き市長ら悪党一派(当時の市長公室が首謀者!?)が、我がらの私利私欲のための悪事を企むために、市民や議会の知らないところで、勝手にその公園建設の事業とともに、ゴミが埋め立てられた土地までもらってしまったのです。

もらったと言えば聞こえがいいですが、この土地を勝手にもらってしまったばかりに、本来、3市で負担をしていくはずの、処分場跡地・公園の維持管理費用を、柏原市民が単独で負担するハメになったというわけです。これは未来永劫、子や孫たちの代まで続くことになります。もちろん必ず発生するであろうダイオキシン流出などの環境問題も、柏原市民や隣町となる奈良県三郷町の町民が負うことになります。

それをわかっていながら柏原市議会の議員たちは、悪党一派の責任を追及することもせず、また3市負担という本来の姿に戻す努力もせず、さらにはこの事件を引き継いだ現在の中野市長までもが、いまや議会と一体となって、一連の悪事と疑惑隠しに走り、3市負担の全てを何も知らない柏原市民に負わせているのです。

その一つが、現在、進められている跡地公園内の自然体験学習施設の建設です。悪党一派や現市長、そして議員たちは、この新たな施設建設を利用して、まだ名義が環境事業組合のままだった土地の名義を柏原市の名義に変え、わざわざ処分場跡地の維持管理の負担を柏原市民に負わせるための画策をしたわけです。

この件では柏原市の議員たちは、羽曳野市議や藤井寺市議たちに笑われているはずです。もちろん何の反対もしない柏原市民も笑われているでしょう。3市のゴミを全て柏原の山で受け入れてくれ、その後の維持管理の費用を、子や孫たちの代まで、未来永劫、面倒をみてくれるという、こんなバカな市政や議会はどこにもないはずです。

このことをほとんどの柏原市民は知りません。この新たな疑惑隠しの施設建設に関しては、例の行政協力委員制度も利用されています。市長や議員たちも絶対にこの情報は市民に知らせてくれません。いわば市民の無関心を利用して、とんでもない悪党一派のツケを何も知らない市民の側に押し付けて終わりにしようとしているのです。

ほんとうにとんでもない嘘吐き市長ら悪党一派です。当時の市長公室はこの悪事の首謀機関でありました。ほんとに性質の悪い市長公室でした。また現市長も議会(議員たち)もとんでもない連中です。我がらは給与や報酬、期末手当を挙げながら、一方で突然40%も60%も水道料金を上げるなど、市政の失敗や悪事のツケを何でもかんでも市民の側に負わせています。市民のためには何ひとつ仕事をしないで、1年間をたった4回の議会ごっこで過ごしている連中です。

今回始まる竜田古道の里山公園絡みの裁判では、まだまだ解決をしなければならない課題がいくつも残されたままです。刑事事件に発展する可能性が大きい案件も含まれています。

中野市長や議員たちはこの事件に蓋を被せて終わりにしようとしていますが、この事件が解明され、その責任者が責任を取らない限り、柏原市政は次の一歩を踏み出すことは不可能です。柏原市民の単独負担を本来の姿である3市負担に戻さない限り、柏原市長や議員たちは、ほかで何を言っても、信用や信頼を得ることはできません。議員たちはただの税金ドロボーと言われても仕方がないでしょう。

議員の皆様、特に元百条委員会の議員の皆様、今からでも遅くありません。この市政始まって以来の大疑獄事件の可能性が高い、疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題を解決し、現在、あなたたちが柏原市民に負わせている、あの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事のツケを、本来の姿である3市負担に戻すことに、市民とともに協力していきましょう。それが議員としての仕事の本分であると思いますが。


by rebirth-jp | 2015-01-22 17:44 | O竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中 | Comments(0)
腐蝕の柏原城!!/青少年キャンプ場廃止と自然体験学習施設建設は間違いなく悪党一派の疑惑隠しである!!!
相変わらず、いきあたりばったりのお粗末な答弁が続いているが、これに対して、何故か議員の側は、いつも無抵抗である。そしてその全てのツケはいつも市民の側にまわされている。

O 腐蝕とデタラメ行政のほか数々の疑惑が渦巻く柏原市役所/市長は大阪維新の会・中野隆司
b0253941_025653.jpg

O まったく市民のためには機能をしていない柏原市議会議場/現在の定数は17名であるが、こんなザマでは10名程度で十分である。現議員のうち、確か9名が定数削減や議会改革を公約として選挙に当選したはずであるが。
b0253941_0323588.jpg

(その30)
過去の議事録・会議録から疑惑まみれの「竜田古道の里山公園問題」と、第2の竜田古道の里山公園問題と言われる『自然体験型学習施設』建設に係わる嘘吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しを暴く!!!

ウソ答弁、計画無し、政策無し、改革無し、いきあたりばったり、パフォーマンスだけ、報酬・補助金で操るあめ玉行政、市長お手盛りの委員会・協議会、選挙基盤に利用されている悪制度の筆頭「行政協力委員制度」、職員組合とのなれ合い、兼々役職の乱発による給与嵩上げ等々・・・

市政はいつまで経っても、現状維持あるいは退化の道しかない牢獄に籠ったままの内向き行政である。市長が代わってあっという間に2年近くになるが、維新とは名ばかりの大阪維新の会・中野市政の正体とはこんなものか。


以下、書き起こし部分は原文のままである。/緑字の部分は私見
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成25年 12月 定例会(第4回)-12月09日-02号
P.70 ◆ 11番(橋本満夫議員)
整理番号21、議案第62号 柏原市青少年教育キャンプ場条例の廃止については、今年度で廃止にするという提案ですが、私は、今議会の運営について審議する議会運営委員会でも、この議案に対しては少し失礼な発言もいたしましたが、理事者として取り下げるべきであると要望しましたが、上程されたままです。

 そこで、キャンプ場を存続させるために今までにどのような努力をしてきたのか、そして、廃止をいつ決定され、廃止決定後のこれまでの経過についてお尋ねをいたします。
 一般質問に入ります。

P.71 ◎ 林和彦生涯学習部長
 ◎林和彦生涯学習部長 橋本満夫議員の議案一般に対する個人質疑・質問のうち、私からは整理番号21についてご答弁いたします。

 質疑事項は議案第62号 柏原市青少年教育キャンプ場条例の廃止について、質疑要旨は青少年教育キャンプ場を存続させるためにどんな努力をしてきたのか、廃止を決定するまでの経過と決定されたのはいつなのか。また、廃止決定後のこれまでの経過についてでございます。

 初めに、青少年教育キャンプ場を存続させるためにどんな努力をしてきたのかとお尋ねでございますが、時系列にご説明をいたしますと、まず、平成12年度に市主催の教育キャンプ、「わっかりんキャンプ」を新たに立ち上げ、キャンプ体験の楽しさを伝えるとともにキャンプ場の周知に努めてまいりました。この事業に取り組みましたことにより、平成12年度の利用者数は前年度に比べ大きく回復いたしましたが、翌年の平成13年度からは再び減少傾向となりました。

 平成18年度には、施設の利便性の向上を図るため、市のホームページでキャンプ場の予約状況の掲載を始め、また利用者アンケートを実施し、それに基づき施設の修繕や常設テントを新たに購入するなど、利用者のご要望に対応する取り組みを行いました。しかし、これらの取り組みにもかかわらず、利用者数の増加には至りませんでした。

 さらに、平成23年度には、最少利用人数を一グループ10人以上から5人以上へ緩和することでより利用しやすい環境を整えましたが、利用者数は過去最低に近い500人台でございました。

 そして、昨年度は、学校教育でご利用いただくよう働きかけ、これにより利用者数は大幅に増加となりましたこともあり、今年度も同様に働きかけを行いましたが、結果は昨年度と比べ大幅な減少となったところでございます。

 以上のように、青少年教育キャンプ場を活性化し存続するため長年にわたりさまざまな取り組みを行ってまいりましたが、残念ながら利用者数の回復には至りませんでした。

 教育委員会では、平成17年度の聖域なき行財政改革のもと、青少年キャンプ場の今後のあり方について、廃止も視野に入れた検討を行い、それ以後もさまざまな試みを取り入れながら今日まで鋭意運営を行ってまいりました。しかしながら、利用者数の減少に歯どめがかからず、今年度夏休み中の繁忙期の予約状況によると今年度の予想利用者数が昨年の半分程度に落ち込むことが判明いたしました時点で、教育委員会において今年度末をもって青少年教育キャンプ場を廃止する方向で検討することと決定いたしましたところでございます。

 このような経緯のもと、8月より、キャンプ場用地の地権者やキャンプ場の運営にご協力あるいはご利用いただいた各社会教育団体などに対し、廃止に向けて検討している旨のご説明を行い、またご意見も伺い、9月の定例教育委員会議において教育委員会としての考え方やこれまでの経緯などを報告させていただきました。そして、10月の定例教育委員会議において慎重にご審議をいただきまして、今年度末の廃止についてご同意をいただいたところでございます。よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。私からは以上でございます。

(疑惑隠しのための廃止ありきで、青少年教育キャンプ場を廃止し、問題の竜田古道の里山公園に新たな施設「自然体験学習施設」を建設し、一連の疑惑に蓋を被せようとしているわけだが、あんな場所に新しい施設を造っても人が集まるはずがなく、間違いなく市民の血税が、無駄に垂れ流され続けるだけである。

羽曳野市、藤井寺のゴミを柏原市の山で引き受け、今度はその維持管理費を柏原市の市民が単独で引き受ける。この処分場跡地は、いずれダイオキシン流出などの環境問題も出てくる可能性が大きく、それらを何もかも柏原市民が引き受けるわけである。

柏原市長! 柏原市議会議員! あなたたちの頭の中が理解できない!!! 何故、そこまであの嘘吐き市長ら悪党一派の悪事を隠し、疑惑に蓋を被せなければならないのか。何故、市民に大きな負担をかけてまで、あの嘘吐き市長ら一派の悪事を庇い続ける必要があるのか。

これらの問題は、柏原市民の単独負担が続く限り、何も終わらないのである。)


P.75 ◆ 11番(橋本満夫議員)
 ◆11番(橋本満夫議員) 今答弁いただきましたけれども、24年度だけでも大人が453名、子ども870名、計1,323人使われています。24年度は、本郷の家さん、しょっちゅう使ってくれてはる、ボーイスカウト、宗教団体、あと教育長言われたけれども、市民の方もちゃんと利用してはります。

という中で、ほんで先ほども答弁あったけれども、7月に夏休みの期間の予約が少ないからというて教育委員会で決めて、その後、廃止ありきで各団体に説明してますやん。という中で、柏原市まちづくり基本条例の目的は、「市民がまちづくりに参加し、協働することにより、市民主体による地域社会の実現を図る」です。

市民参加の対象を示した、今、教育長言われた第11条、市民の公共施設の方針の策定または変更、今回はキャンプ場をなくす変更があり、市民参加の方法を示した第12条に、審議会、意見公募など、今回暴力団を出されているが、ちゃんと意見公募を出されています。そんなん全くしていません。それで条例の最後には、積極的にこの条例を用いるように努めるとも書いています。もう本当に本当に残念です。続きは委員会でします。

(議員が議場で、「残念です。」と言ってしまえば、それは完全にロクでもない市政に「白旗」を上げたことになる。またこの言葉は、物事がもう終わってしまったことを認めていることにもなる。この言葉ほど市民にとっては一番聞きたくないことばである。傍聴席でそんな言葉を聞かされる市民の立場に立ってみれば、理解ができるはずである。

仮に〆の言葉にするのなら「私はあくまでもこの案件には反対であります。」、これが市民を代表する議員の責任ある言葉である。と、思う。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回、ここから
86 ◆ 7番(田中秀昭議員)
◆7番(田中秀昭議員) こんにちは。7番議員、田中秀昭でございます。
 議長のお許しをいただき、平成25年第4回定例本会議におきまして質疑・質問をさせていただきます。
 質問の機会を与えていただきました議員各位に厚く御礼を申し上げます。また、傍聴に来ていただきました皆様に厚く御礼を申し上げます。ありがとうございます。

 それでは、質疑に入らせていただきます。
 整理番号31、議案第62号 柏原市青少年教育キャンプ場条例の廃止について。
 青少年キャンプ場の廃止に至る経緯について伺います。
 これより一般質問に入ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コラム/柏原・革新の会(市政オンブズマン)

現在の情報開示請求の状況(国、大阪府、柏羽藤環境事業組合、ほか含む)
O 岡本前市政
O [情報公開請求/55件
O 異議申し立て/1件
O 公正取引委員会申告/1件

O 中野現市政
O 情報公開請求/141件
O 監査請求/4件
(内、柏羽藤環境事業組合1件)
O 住民訴訟/2件
(案件は疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題(百条案件))/他案件についても関係機関への情報提供等を含めて監査請求の準備中)


全ては悪党一派(市長公室)が残した疑惑案件であるが、そのツケを市民に負わせてこの問題に蓋を被せて終わりにしたい現市長と現議会の議員たちが全く本来の仕事をしないので、やむなく市民が立ち上がったわけである。

この問題は悪党一派の悪事による柏原市民の単独負担が続く限り、いつまでも終わりはないのである。また新たな市政のスタートもないのである。

議員の皆様、議員生活の中で、一度くらいは市民のため、「まち」のために仕事をしてみる気にはなりませんか!? あなたたちはこの問題に目をそむけ逃げている限り、口先だけで何を言っても、決して市民のために働くことのできない、ただの税金泥棒である。市民の血税に寄生するだけの、奥山渉議長、岸野友美子副議長を筆頭にした、ただの体たらく集団である。もちろん市長も同様であるが。

市民や「まち」のために仕事をしてくれる、勇気ある議員のご協力をお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-12-10 00:35 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(2) | Comments(0)
腐蝕の柏原城!!/今、大阪維新の会・中野隆司市長の柏原市政は、体たらく議会と一体となって
・・・地方政治が腐っていく様を晒し続けている。

O 腐蝕とデタラメ行政のほか数々の疑惑が渦巻く柏原市役所/市長は大阪維新の会・中野隆司
b0253941_10325424.jpg

O 市長のために機能はしても、市民のためにはまったく機能をしない柏原市議会議場(議員定数は17名)/議長は自民党・かがやきの会:奥山渉議員、副議長は市政クラブ岸野友美子議員である。
b0253941_11295362.jpg

(その26)
過去の議事録・会議録から疑惑まみれの「竜田古道の里山公園問題」と、第2の竜田古道の里山公園問題と言われる『自然体験型学習施設』建設に係わる嘘吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しを暴く!!!

下記に掲載をしている平成25年10月定例会は9月の市議改選後の最初の議会である。/この議会から、何故か議会が、あの疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題に触れなくなる。疑惑まみれの案件に百条委員会まで立ち上げ調査に当たった議員たちが、まるで市長側と口裏を合わせたように、この案件に口を噤み始めたのである。

百条委員会を解散する際には、議会として監査請求を起こすことを結論としてまとめていたはずであるが、議会の改選後は、何故かその方針に逆行し始めたのである。さらには新議長や案件の調査に当たった百条委員会の副委員長(現在の監査議員)らは、今度は嘘吐き市長ら悪党一派と一体となって、それまで調査をした総括の調査報告書を偽造してまで、この疑惑まみれの百条案件に蓋を被せ始めたのである。

この詳細は後に掲載することになるが、もうここまでくればこの「まち」の政治がまともな姿に戻るのは不可能と言っていいだろう。市長や議員たちを代え、行政組織も根本から立て直さない限り、議会や行政が市民のために機能することもないだろう。

柏原市は前々政権の長期政権(8期32年)で腐敗政治が育ち、そのあとに続く嘘吐き市長やその禅譲政治を続ける大阪維新の会・中野市長によって、その腐敗政治は骨の髄まで腐ってしまったようである。

ベッドタウン化が進んだ「まち」で政治のスタイルは半世紀も昔の村しがらみのまま、多くの市民は、市政のほんとう情報を与えられないまま、市長側のあめ玉手法でいいように使われているである。これにはいつも悪制度の筆頭に挙げる「行政協力委員制度」が利用されている。この制度はだれもが知る「市長や市長派議員たちの選挙基盤」であり、この制度こそが「まち」の政治を腐らせているのである。実に見苦しい政治の構図になってしまっているのである。

先日(11月8日)は、いったい何が始まったかと思うような時期外れの花火が柏原市の曇った空に打ち上がっていたが、いったいこの「まち」はどこへ向いて進もうといるのか理解に苦しむばかりである。議会は市長の御用議員ばかりで市長が何をやっても無抵抗である。おそらく花火の下で市長と一緒になって、呑気に花火を見上げていたのだろうが、この大会にも相当な額の市民の血税が使われているはずである。

来春は統一地方選挙である。大阪府議の場合、藤井寺市と柏原市が一つの選挙区となり、これまでそれぞれの選挙区から一人ずつの計2人の府議が出ていたわけであるが、来春の府議選ではこれが1名に削減されることになる。現状は、藤井寺市の自民党議員と柏原市の大阪維新の会議員の戦いが、もう既に始まっているが、柏原市の場合、維新とは名ばかりの、時代に逆行した大阪維新の会とはど反対の、とんでもない腐敗政治が続いている。

どちらの議員を推し、または反対をするわけでもないが、市民は決して名ばかりの党会派にだまされてはいけない。特に柏原市の場合、これまでの流れでは、市長の委嘱を受けて報酬を貰う行政協力委員(非常勤職員)という身分を持つ114名で構成する区長会が、市長や府議の思惑で選挙活動に利用されることが予想される。

この行政協力委員制度は半世紀も昔から柏原市に続いている制度であるが、多くのメンバーが市長や議員たちの後援会に名を連ねている。いわばこの「まち」では、公職選挙法も適用されない、選挙特区の政治が続いているわけである。

決して市民のためには働かないが、おそらくこれからの選挙本番に向けて市長や府議、市長派議員たちの様々なパフォーマンスが出てくるのだろう。今回の花火大会もその一つであるのかも知れない。一体いつの時代の政治をやろうとしているのか知らないが、ほんとうにとんでもない腐敗政治が根付いてしまったものである。

国は政権が崩壊すれば官僚が国家を主導するという最悪の流れになるが、地方の政治は首長次第である。議会が機能しない限り、たとえどんなにおかしな人物が市長になっても、市民を無視したやりたい放題の政治が続くことになる。いままさに柏原市政はその状態にあるようである。このまま市民・有権者の無関心が続けば、未来永劫、この腐敗政治は続くことになる。

以下、書き起こし部分は原文のままである。/緑字の部分は私見
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成25年 10月 定例会(第3回)-10月08日-01号
   竜田古道の里山公園問題は発言なし

(市議会選後の最初の議会であり、当然ここで議員たちは、あの嘘吐き市長ら悪党一派のせいで、市民に必要のない負担を押し付けている竜田古道の里山公園問題を質問に採り上げるべきだが、改選前の議会の雰囲気はすっかり様変わりし、まるで小学生の学芸会にも劣る議会ごっこに戻ってしまったのである。)

平成25年 10月 定例会(第3回)-10月21日-02号
P.24 ◆ 16番(乾一議員)
◆16番(乾一議員) ありがとうございます。
 整理番号13番、公園、竜田古道の里山公園の維持管理について、現在の管理状況をお伺いします。

P.30 ◎ 山本佳裕都市整備部長
続きまして、整理番号13番でございます。
 質問事項は公園、質問要旨は竜田古道の里山公園の維持管理についてでございます。
 竜田古道の里山公園の現在の管理状況についてお尋ねでございます。

 当該公園につきましては、本年6月議会におきまして519万9,000円の補正予算を可決していただき、現在午前9時から午後5時まで、毎日開園しているところでございます。
 公園の管理としまして、週6日間はシルバー人材センターから派遣されました方1名を配置し、また公園の状況把握のため週1回職員1名を配置して、公園出入り口のあけ閉め、園内の安全点検や巡視、軽易な補修作業や草刈り、動物の飼育等に従事しております。

 公園管理の状況は、来園者の安全確保を第一としておりますが、園内に繁茂する雑草の草刈りや害虫駆除等につきましては、市民ボランティアや公園緑地課職員などにより対応しておりますが、美観保全までは手が回らない状況でございます。

 今後も維持管理につきまして、安全に利用していただけるよう、できる限りの対応を行ってまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。
 私からは以上でございます。

(毎日開園してもほとんど人の行かない公園に、無能な市政と機能をしない議会は、必要のない市民の税金を垂れ流し続けているわけだが、これも市民が無関心だから成せることである。ある意味、市民の無関心は最大の罪である。)

P.39 ◆ 16番(乾一議員)
 続きまして、整理番号13番、竜田古道の里山公園の維持管理につきまして、今、説明を受けまして、決算委員会でもいろいろ問題になると思いますので、いろんな形で質問はここでは避けまして、やっぱり歳入になります財源のことで、環境事業組合、あるいは羽曳野市、藤井寺市への働きかけの経過を、私の存じ上げていることもありますが、吉田副市長に経過をお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いします。

P.39 ◎ 吉田茂治副市長
◎吉田茂治副市長 自席からご答弁申し上げます。
 去る6月13日に竜田古道の里山公園百条委員会を最終的に開催していただきまして、そこで、いろんなこれからの解決事について、会議録の中でいろいろ決定していただきました。

 それを踏まえて、去る7月10日水曜日ですけれども、羽曳野北川市長の面談を求めて、中野市長と、当時議長でありました乾議員、それから私、翌日7月11日も同じメンバーで、藤井寺國下市長のところに出向き、竜田古道の里山公園の維持管理費的な費用負担を求めに行ったところでございます。

 こういった中で、既に羽曳野、藤井寺におきましては、いろんな覚書、協定書により竜田古道の里山の維持管理費としては支出が非常に難しいというようなことを聞いております。柏原市としましても、その維持管理費的なものではなく、竜田古道の里山はごみのブロックの上に土をかぶせておるだけだと。ですから、大雨が降れば、土が流れて管理費が必要となると、こういったことで、2市から、構成市からの費用負担を求めに行ったところでございます。

(その危険な場所に、現在、疑惑隠しの自然体験学習施設の建設を進めているのである。ほんとうに、一度、コイツラの頭の中をかち割って覗いてみたいものである。おそらく市民のことなど何も考えていないのだろうが、これをチェックする議会がまったく機能をしないのだから、ますます市政がおかしくなるのは当然のことである。)

 また、つい最近、中野市長と私とで北川市長、事業管理者のもとへ行きまして、処分場の周辺環境整備に費用負担を伴うと。ですから、負担金をお願いしたいということで寄せてもらいました。このことにつきましても、藤井寺國下市長のもとにも出向き、同じように第2期処分場、これに負担金をお願いしますというような話をしに行く予定をしております。

(この副市長の答弁がまったく信用ができないことは、これまでの議会や百条委員会の場で折り紙つきである。この副市長は疑惑まみれの百条案件の当事者(当時の市長公室の理事でもありまちづくりの部長という要職に就いていた人物である)でもあり、自分たちが何をして来たかも十分に承知をしているはずである。そんな人物が自分たちのやったことには何ひとつ責任もをらず、環境事業組合に、何遍、足を運んでも相手にされないのは当然である。)

 また、そのときには、乾議員にも、今度環境事業組合の議員さんということもお聞きしておりますので、管理者、副管理者が予算を計上というような形で、今、話を進めておりますが、組合議会におきましては、やはり構成市の議員さんの議決も必要だというようなことも聞いておりますので、両面から一緒に協力してやっていきたいなと考えておりますので、またひとつよろしくお願い申し上げます。
 以上です。

(何を眠たいことを言っているのだろうか。まったく動こうとしない行政トップと、まったく動こうとしない議員たちの言葉だけのやり取りを聞いて、もう新しい市長や議会に期待をしても何も解決をしないことを、改めて思い知らされたのがこの定例会である。彼らはできるだけ市民の無関心をこのまま継続していくことを願いながら、自己保身のことしか考えていないのである。)

P.40 ◆ 16番(乾一議員)
◆16番(乾一議員) 副市長、ありがとうございました。
 今、言っていただきましたように、私もこの改選で環境事業組合の議員にならせていただきました。やっぱりタッグを組んで、私は議員の立場で今の問題についての解決に向けて頑張っていきたいなと思っております。よろしくお願いします。

(このあと議員たちが、案件の解決に向け動いた事実は一つもない。)

 もう1点、このNPO法人の柏原ふるさとづくりの会との関係は今どうなっているんか、お聞きしたいと思っております。

P.40 ◎ 山本佳裕都市整備部長
◎山本佳裕都市整備部長 議員お尋ねのNPO法人につきましては、平成24年度からの業務委託はやっておりません。

 竜田古道の里山公園の維持管理に関しても一切関与されてございませんので、現在の活動状況は把握できていない状況でございます。確認できていません。
 以上でございます。

P.40 ◆ 16番(乾一議員)
 ◆16番(乾一議員) 確認できていませんということで、私も確認できませんので。
 せっかくこのNPO、恐らくまだ解散されていない、もし解散されていなかったら、やっぱりこの柏原市を何とか手助けしようという思いでつくっていただいているので、あれば頑張っていただきたいなと、それだけ思います。以上です。

(あの嘘吐き市長の思惑で立ち上げたこのNPO法人はさっさと認定を取り消すべきである。もともとこのNPO法人は実態が無いことを議員たちは知っているはずだが、ここでこの質問が出たことには理解をすることができない。現に当時の理事長(三宅義雅氏)は、問題が発覚した途端、何の責任も取らずに、まるで逃げるように理事長の座を降りているではないか。)

平成25年 10月 定例会(第3回)-10月22日-03号
   竜田古道の里山公園問題については、一切、議論無し。

(ここから議員たちは竜田古道の里山公園問題に関して、一切、触れなくなってしまったのである。いわば議員としての職務を放棄し、すべてのツケを市民に負わせて自己保身に走ったわけである。それにしても総勢17人の議員たちが、まったく市民のための仕事をしてくれない現状は、地方政治が腐っていく様を見事に晒し続けているとしか言いようがない。)

平成25年 10月 定例会(第3回)-10月31日-04号
   竜田古道の里山公園問題の議論はなし。おそらくこのころから、疑惑隠しのための柏原市青少年キャンプ場の廃止や、代替案の自然体験学習施設を竜田古道の里山公園内に建設し、それを利用して土地の名義を柏原市のものに変えてしまおうという画策が始まっていたものと思われる。まるで反社会集団の思考で行政を進めようとしているのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回、ここから
平成25年 12月 定例会(第4回)-11月25日-01号
   なし

平成25年 12月 定例会(第4回)-12月09日-02号
P.43 ◆ 9番(濱浦佳子議員)
 整理番号7番、質問事項、契約。
 質問要旨、入札参加資格者の条件について、2点、市長にお尋ねいたします。

 公明性、公正性、平等と前任者岡本氏が大言壮語に言われましたが、議員の1親等、2親等並びに3親等が代表者や管理者となって経営されている業者、法人格でない業者(業種において除外もあります)に対して、入札や指名入札参加をさせられました。昨今では、他市においては行政並びに議員倫理条例等において入札参加させておられないと聞き及んでおります。ただし、法人は別格ですので、代表者等を変更する場合は問題ないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在の柏原市議定数は17名である。先の市議選挙(H25.9月)ではこの内9名の議員が、議会改革や定数削減を公約にして当選しているが、彼らは選挙で当選した途端、この公約を忘れ、市長の御用議員に成り下がっているのである。

おそらく次の選挙で、また議会改革と定数削減を謳って選挙運動を進めるものと思われるが、それで定数削減が実現するとしても、8年先になってしまうのである。

現状の体たらく議会のままなら、はっきり言って議員の定数は10名ほどで十分である。当方は決して報酬削減や定数削減論者ではないが、あまりのぶざまな議員たちの行動を見る限り、現状の17名は必要ないと言わざるを得ない。

本来なら、まず政治倫理条例を作って議会を正す必要があるが、彼らは条例1本つくることができないのである。政治倫理条例を作れば、何人かの議員は失格身分となるはずである。

保身に走ることしかできない議員たちに、これを期待することは端から無理であろうが、市民の無関心はここまで議会を腐らせるのである。

国も地方も、政治に対する国民・市民の無関心は最大の罪である!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-11-10 11:35 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(2) | Comments(0)
「蛇の生殺しは人を咬む』劇場が始まる!!/何故かコロッと寝返ってしまった公明党・共産党・市政改革クラブ
…の議員たち/のちに自民党議員も市民を裏切り、嘘吐き市長ら悪党一派に寝返ることになる。こんな議会(議員たち)では市民にとっては害をもたらすだけである。

市民の知らないところで、市政と議会の腐敗は底無しの状態である、まさに『蛇の生殺しは人を咬む』劇場が始まったわけである。


O 腐蝕市政とデタラメ行政の禅譲政治が続く柏原市政/大阪維新の会・中野隆司市長
b0253941_1193833.jpg

(その25)
過去の議事録・会議録から疑惑まみれの「竜田古道の里山公園問題」と、第2の竜田古道の里山公園問題と言われる『自然体験型学習施設』建設に係わる嘘吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しを暴く!!!

結局、大阪維新の会・中野隆司市長は何もできないまま、あの嘘吐き市長の禅譲で引き継いだ腐蝕市政とデタラメ行政を進めているだけである。

国の政治もぐだぐだの様を晒しているが、我が「まち」柏原も、実は市民の知らないところで、どこまでもぐだぐだの腐った政治が続いているのである。現在、五つ目、六つ目の監査請求を準備中であるが、目的は、腐敗市政の実態を市民に公表することと、関係機関への告発である。

以下、書き起こし部分は原文のままである。/緑字の部分は私見

この6月の定例会から大阪維新の会・中野隆司市長が登場している。/この疑惑まみれの竜田古道の里山公園問題に関して、この維新市長がどういう答弁と、どういう解決策を示してくれるのか楽しみである(であった)。 が、この市長はこの問題に関してほとんど口を噤んだままであった(噤んだままである)。

またこの1年8カ月余りの市政運営を見る限り、大阪維新の会・中野隆司市長は、見事なまでに市民・有権者の期待を裏切り続けている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成25年 6月 定例会(第2回)-07月03日-06号
P.259 ○ 乾一議長
 ○乾一議長 続いて、予算の修正動議に対して動議反対者の堅木照久議員の発言を許可いたします。
     〔14番 堅木照久議員 登壇〕

P.259 ◆ 14番(堅木照久議員)
 ◆14番(堅木照久議員) 皆さん、おはようございます。14番議員の公明党の堅木照久でございます。

 私は、議案第39号 平成25年度柏原市一般会計補正予算(第1号)の修正を求める動議に反対する立場から討論をいたします。
 議員各位におかれましては、よろしくご賢察の上、ご賛同を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

(この公明党の変わり身をどう理解すればよいのだろうか。これだから公明党はまったく信用が無いのである(ただし柏原市の場合としておこう。)。市民のためなど全く考えていないといってもよい。

おそらく市長側と何らかの取引をしたものと推察できるが、所詮、柏原市の公明党議員の正体とはこんなものである。それにしても選挙基盤の市民(学会)には、いったいどういうふうに説明したのだろうか。1年間の百条委員会を見て来て、まさにこの公明党の反対討論は、市民への裏切り行為であった。

このあまりにもぶざまな変わり身に怒りが湧き、つい関係議員に「これは市民への裏切りでしょ」「あまりにもぶさいくちゃいまっか」と議場の中で怒りをぶつけてしまったが、なんとこの関係議員は「私は今回で引退しますんで」と宣ったのである。この議員は長年どういう政治理念で議員生活を送ってきたのだろうか!? もうどうでもよいが。

なお、公明党議員の抗議はいつでも受けるので、遠慮なく、連絡をしていただきたい。)


 さて、本年3月8日の第1回定例会最終本会議で、寺田議員は柏原市一般会計予算の修正案を提出され、全会一致で予算は修正され、その際、私も賛成をさせていただきました。

 そして3カ月ほど経過、何がどのように変わったのかとおっしゃる議員がおられるのも事実であります。その理由は2つ。1点は前岡本市長に環境事業組合からの歳入を強く要望してきたのにもかかわらず進展がなかったこと。2点目は、平成25年3月の第1回定例会では骨格の当初予算であったにもかかわらず、当該公園予算が計上されていました。よってこの2点について全会一致で修正されたわけであります。

 それでは、今回この2点について、3カ月前と現時点を比較したいと思います。

 最初に、環境事業組合への交渉の件ですが、今回の竜田古道の問題は岡本前市長から始まったことであり、それゆえ岡本前市長の任期中に解決をお願いしてまいりましたが、岡本前市長任期中には交渉の進展がありませんでした。

 2点目に、私たちはこのままだと市民負担が続くとの思いが強く、そのため当該公園予算は当初予算では認められないと判断から、予算修正に至ったわけであります。

 しかしその後、3月11日、中野隆司市長が就任され、グレートリセットを宣言。

(まあなんともお人よしな議員である。グレートリセットの一言で何が変わるというのか。今の腐った市政を見て、この議員は果たしてどう思っているのだろうか。一度その心境でも伺ってみたいものだがこれは実現することはあるまい。)

 また、6月13日の竜田古道の里山公園調査特別委員会、いわゆる100条委員会において、参考人である吉田副市長のご発言にも、3月末、中野市長とともに羽曳野の北川市長のもとに行き、竜田古道の里山については、岡本前市長との話し合いは白紙に戻してほしいと、首長がかわったので新市長の考え方でお願いしたいとの旨、話したと述べられました。

 また、6月24日に開催されました柏羽藤環境事業組合第1回定例議会では、中野市長が副管理者ご就任のご挨拶においても、柏原市内にはごみ焼却場も最終処分場も全てありますので、特段のご配慮をお願いしますとご発言されておられます。

(議員が議案の採決に願望思考で臨んだら、もうその議会は終わりである。まさに柏原市の議会はもう終わっている感しかない。)

 さらに、6月28日に開催されました本市の建設産業常任委員会におきましても、中野市長は竜田古道の里山公園の維持管理の問題について、交渉がうまくいかなかった場合、最悪新しい処分場、いわゆる第3処分場を閉鎖してでも、問題解決に向け全力を尽くしたいと述べられました。

(この議員たちはいったい、何度、嘘吐き市長たちに騙されたら気が済むのだろうか。ほんとに学ばない連中である。)

 私は、その発言に大いに賛成をいたします。何だったら第3処分場の封鎖ではすぐに影響は出ません。柏原市にあるクリーンセンター、すなわちごみ焼却場を封鎖するような、直ちに市民生活に影響があることをしてでも、この問題を藤井寺市民、羽曳野市民の方々や議会、そして市長、理事者にわかっていただかなくてはなりません。

(その発言に賛成をするのはいいが、何一つ実現する気がないことは見え見えである。「第3処分場を封鎖する」とか、「ごみ焼却場を封鎖する」とか、誰が考えてもできるはずがないことを並べられて、それを信じる方がバカである。)

 私は、これら一連の中野隆司市長の発言や行動をお聞きし、今回この予算を審議するに当たりまして、会派でも議論に議論を重ねた上、苦渋の選択として、議会も市長も一体となった状態でこの問題に対処しなければ、この難しい状況は打開できないと判断をいたしました。

(一番簡単なのは、疑惑まみれの公園を、一旦、閉鎖することである。第3処分場やごみ焼却場を封鎖してでもという意気込みがあるのなら、誰も行かない公園を、一旦、閉鎖することくらい簡単なことである。)

 そして、中野市長が常におっしゃっているグレートリセットも、議会もそのお言葉を信用し、大きくこの問題に関して取り組み方を転換し、グレートリセットして中野新市長、また我々議会も力を合わせ、一丸となって一緒になって、市民の当然の権利とも言うべき竜田古道の里山公園の維持管理費並びにそれに関する諸課題の解決に向けて、市長と議会が一体となって立ち向かっていくという意味では、同様のことがさきの6月28日開催の建設産業常任委員会におきまして、私たち議会の代表でもある乾  一議長は、同じ委員会メンバーの一人として発言された中に、この問題解決のためには中野市長と一緒になって力を合わせて交渉に当たることには努力を惜しまないと述べておられます。

(バカのひとつ覚えみたいな「グレートリセット」はもう結構である。)

 そのことからも、私たち議会は、今こそ一丸となって中野市長と議会、この問題の解決に向けて今回市長から提案のありました竜田古道の里山公園関連予算には、修正を加えることなく可決することが望ましいとの結論に達しましたわけでありまして、よって私どもは議案第39号の修正動議については、反対の立場を表明いたします。

(いまや一丸となって疑惑隠しに走っているのが実態である。ほんとうに性質の悪い市政と議会が出来上がったものである。我々市民・有権者は、市民の無関心がここまで市政や議会を腐らせてしまうことを、もうぼちぼち真剣に考えなければならないだろう。)

 議員各位におかれましては、よろしくこれらの点をご賢察をいただきまして、ご賛同いただけますようよろしくお願いをいたしまして、以上をもちまして議案第39号 平成25年度柏原市一般会計補正予算(第1号)の修正を求める動議について、反対する討論といたします。ご清聴ありがとうございました。

(この案件は現在監査請求の途中であり、今後住民訴訟へ移行することになると思うが、体たらく議会が何も動かないから、市民が動かなければならないハメになっているわけである。)

P.261 ○ 乾一議長
 ○乾一議長 次に、動議賛成者の奥山渉議員の発言を許可いたします。
     〔7番 奥山 渉議員 登壇〕

261 ◆ 7番(奥山渉議員)
◆7番(奥山渉議員) 皆さん、こんにちは。7番議員の奥山渉でございます。
 私は、議案第39号 平成25年度柏原市一般会計補正予算(第1号)修正動議について、賛成の立場から討論をいたします。
 議員各位におかれましては、よろしくご賢察の上、ご賛同賜りますようよろしくお願いいたします。

 ただいま公明党の堅木照久議員から、本修正案に対して反対の意思を表明されました。この補正予算については、委員会でもありましたが、理事者、担当から竜田古道の里山公園は柏原市の都市公園として補助金を獲得してつくった公園であること、また、柏原市が維持管理することが当然だと今までこれまでの議論がなされていましたが、私どもは草がぼうぼうであるとか、ヤギが飼育していてこのヤギの飼育をどうするんだとか、訪れた方々に安全で快適な公園として維持管理しなくてはならないこと、それは本当に当然でもありますし、理解をしています。

 私は、公園の維持管理費を支出するかどうかの議論ではなく、さきの3月の定例会でもありましたが、修正動議にもありましたように、この竜田古道の里山公園は、3市のごみの最終処分場跡地を地元である雁多尾畑地区の皆様に還元する施設として、環境組合が費用を負担し、整備したものであります。柏原市は3人の市長の意向により、補助金をとる手法として、柏原市の都市公園という考え方で組合にかわって設計施工を請け負ったことと認識をしております。

 柏原市の構想で土地をもらい、都市公園として整備しているものであれば、柏原市が単独で維持管理費を支出することは、当然でもありますし、妥当でもあると思います。

 今回そのことを解明するために、昨年の6月、1年前から100条委員会を立ち上げ、誰がこの公園の維持管理費を支出することが妥当であるのかということも調査してきたところであります。柏原市にその責任があることを決定づけられていない中で、なぜ今柏原市で単独で負担することに異議を唱えないのか。

 中野市長においてもグレートリセット、本当に我々も応援しております。今の市長の行動を見ていましても、力ずくで体を張ってでもこれを交渉に当たりたい。そういった判断のもと、これまで前市長の判断のもと、これまで言ってきた市の手続について疑問に思うからこそ、中野新市長は環境組合にお願いに行っているのではないでしょうか。

 私たちはその話の解決していない中で、単独で維持管理費を負担することに賛成することは、交渉相手としてどのように捉えられるのか。議会が組合からの負担がなくても容認してくれるのではないでしょうか。

 今回、この維持管理費を提案されました私が市長の立場、また都市整備部長の立場、公園課長の立場でありましたら、当然私の立場では提案をしてまいりました。提案されたのは、中野新市長の首長の責任、行政として、そして担当として当然の行為だと認識をしています。

 でも、私たちは市長でも部長でもなく、市民の代理人の議員であります。柏原市議会がこの予算を認めてしまえば、3つの組合側としても維持管理を出す必要がなくなってしまい、未来永劫に柏原市民の負担になってしまうおそれと可能性があります。

 この維持管理費の負担が柏原市民7万4,000の単独でなく、藤井寺市、羽曳野市を合わせた3つの市民により設置した公園として応分の負担をいただいた時点で、私たちもあしたでも今月末でも来月末でも、いただいた時点でこの予算を認めたいと思います。

 先ほどの提案に対しての質疑でもありましたが、橋本議員がおっしゃいましたけれども、市長が、また担当課がこれから交渉を頑張りますと答弁があったので前向きにこの予算を認める方向でいきたいというふうに発言がありましたが、1年後も2年後も4年後もまだ頑張っています、まだ頑張っています、同じ状況であってもこの予算を認め続けるのか。公金なんですね。みんなのお金を使って柏原市民だけの、みんなのお金を使って維持管理費を出す疑問が大変残ってしまいます。

 また、他の議員もありましたが、最低限の維持管理費500万円だからといって出すべきだ、だから認めるのか。この維持管理費五百数万円、自分のお金ではありません。公金という名の市民の皆様のお金なんです。この皆様のお金を使うか使わないかという原点に戻って考えていただきたい。

 皆さんは、初めて立候補するときに、市民のために頑張ります、税の無駄遣いをなくします、その原点があったはずでしょう。その原点に戻っていただきたい。

 先ほど、堅木議員から反対理由を述べられましたが、岡本市長だからだめ、中野市長だからオーケー、骨格予算だからだめ、政策的予算が入ったからオーケーという一言がありました。しかしながら、内容を聞いておりますと、維持管理費を柏原市単独で負担することに疑問を感じながら、呈しながら、今回柏原市単独で負担する予算に賛成するという発言が、私には少し理解に苦しみました。

 3月からたくさん目まぐるしく変わったという各議員の発言がありましたが、1円でも歳入は入っていません。私たちもそうですが、政治は結果なんです。3月から歳入が入ってきていないこの結果の中で、非常に私たちも難しい判断を迫られています。

 しかしながら、いま一度皆様の立候補したときの原点に立ち戻っていただきまして、公金の使い方、あり方、決定の仕方、お考えをいただきたい。私は、平成25年度柏原市一般会計補正予算(第1号)修正動議に反対する理由はないと確信しています。

 議員各位におかれましてはよろしくご賢察賜り、私の意見に賛同いただきますようお願いを申し上げまして、修正に対する賛成の討論といたします。ご清聴ありがとうございました。

(この議員のいうとおりである。が、ここではまともな賛成討論をした議員も、今ではすっかり嘘吐き市長ら悪党一派に獲り込まれてしまったようである。もう決して柏原市の現議員たちを信じてはいけないことを、思い知らされている。今後は遠慮なく、議員たちに厳しい目を向けていかなければならないのかも知れない。)

P.262 ○ 乾一議長
 ○乾一議長 起立少数と認めます。よって本動議は否決されました。
 次に、お諮りします。議案第39号 平成25年度柏原市一般会計補正予算(第1号)に対する修正動議については、可決することに賛成の議員の起立を求めます。
     〔賛成者起立〕

(柏原市議会は、これで完全に死んでしまったと言ってよいだろう。)

P.263 ○ 乾一議長
○乾一議長 起立多数と認めます。よって議案第39号は原案どおり可決されました。

P.264 ◎ 中野隆司市長
◎中野隆司市長 一言ご挨拶を申し上げます。
 私にとりましては、初めての定例会でございました。本当に不安な気持ちで迎えた定例会でございましたが、そして私の所信表明をお聞きをいただきまして、まずはお礼を申し上げたいと思います。

 そして、活発なご議論を賜りまして本日ご議決をいただきまして、心からお礼を申し上げます。

 また、委員会にも初めて出席をさせていただきまして、委員会の場でも委員の各位、本当に市民の目線で活発なご議論をいただきましたことにも感謝を申し上げます。

 今後、冒頭にも申し上げておりましたように、そして再三申し上げておりましたように、議会、そして首長と二元代表制のこの基本を大事にしながら、市民のための活発な議論、是である、非であるということをお互いに物を申しながら、これもひとえに柏原市民のためという思いで、議員の皆様方と両輪でやってまいりたいと思います。

(残念ながら、今、非は非であることをお互いに何も申さない議会が繰り返されているのが現状である。)

 そして、このたびが議員の皆様方とともに開ける最後の議会ということでございます。7月末に臨時会も予定をされておると聞いておりますが、その後議員の皆様におかれましては新しい戦いに向けて、そしてまたこの場で9月に、定例会でまたお会いできる日を楽しみにしておる次第でございます。

(このあと9月の市議改選で、市民の側にとっては、議会が2度目の完全なる「死に体議会」になってしまったわけである。)

 ただ、暑さ厳しい中でございます。本当にお体をご自愛いただきまして、私のように寒い戦いも大変でございますが、暑い戦いは、寒いときは暖房したらいけるんですけれども、暑いときは裸で戦うわけにはまいりませんので、どうか給水、熱中症等お気をつけいただきまして、戦っていただきますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

 そして、末尾に、傍聴にたくさんの皆様、市民の皆様、これも市政に関心を持っていただきましておりますことを心から感謝を申し上げまして、本日の挨拶とさせていただきます。本当に定例会ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次回、ここから
平成25年 10月 定例会(第3回)-10月08日-01号
   竜田古道の里山公園問題は発言なし

平成25年 10月 定例会(第3回)-10月21日-02号
P.24 ◆ 16番(乾一議員)
◆16番(乾一議員) ありがとうございます。
 整理番号13番、公園、竜田古道の里山公園の維持管理について、現在の管理状況をお伺いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

by rebirth-jp | 2014-10-31 01:27 | O柏原市の大疑獄事件を暴く/(2) | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
森友学園問題で国会が揺れ..
by rebirth-jp at 01:44
元八尾市職員の市長と自治..
by rebirth-jp at 00:46
また同じ人を持ってく..
by 何か変。 at 19:36
典型的な田舎の腐敗政治が..
by rebirth-jp at 23:46
この「まち」のトロイカ体..
by rebirth-jp at 15:01
サンヒルは市民の財産..
by ダメな人 at 19:53
コイツラ、真面目に経営す..
by rebirth-jp at 11:42
 レストランひとつ経営出..
by サンヒルによく行った at 20:46
わかりやすくご説明頂きあ..
by 一柏原市民 at 00:15
第三セクター・サンヒル柏..
by rebirth-jp at 17:54
この条例からは、これまで..
by rebirth-jp at 21:51
 テニスコートとプールを..
by 何か変。 at 19:26
濵浦も友田も山本修広も今..
by 実家が柏原市 at 08:44
市議補欠選挙の無効票の多さ。
by 実家が柏原市 at 08:03
すいません。2017-0..
by 大阪市民の実家が柏原市 at 23:20
冨宅正浩が市長で議員がま..
by 実家が柏原市 at 23:16
今回の市長選挙に出馬をし..
by rebirth-jp at 22:30
今回の市長選挙に出馬をし..
by rebirth-jp at 22:30
今回の市長選挙に出馬をし..
by rebirth-jp at 22:30
今年9月の柏原市議選挙 ..
by 実家が柏原市 at 18:49
最新の記事
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の筆頭格/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・中野隆司市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
090-3654-5695
FAX 
072-975-1681

このプログは転載自由です。 なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万3000人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの行政協力委員制度に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市からのお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
画像一覧
検索
外部リンク
ファン
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ
人気ジャンル