腐蝕の柏原城を暴く!!!/このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
◆柏原市議会編/あんなことこんなこと
◆サンヒル柏原訴訟/訴状・準備書面を公開
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◆行政文書開示請求は市民の権利であり武器
◆腐蝕の柏原城が抱える深刻な「病」
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆松井副市長が実権を握る組合政治の正体
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆悪政の根源は114人区長会制度
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆地方議会/自分党議員ばかりの議会ごっこ
◆114人区長会に多額の報酬と補助金は餌
◆組織の病/柏原市職員の分限・懲戒処分
◆史跡鳥坂寺跡公有化事業に1億円・・・
◆「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆百条委員会調査結果報告書の全文を公開
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆3市(組合)負担に戻せ/ごみ処分場跡地
◆竜田古道の里山事件/UR②住民訴訟
◆竜田古道の里山事件/NPO②住民訴訟
◆柏原市にも森友事件・・・
◆サンヒル柏原で何が起こっている!?
◆第三セクター破産事件/サンヒル柏原訴訟
◆住民監査請求/サンヒル柏原・あかねの宿
◆住民監査請求/サンヒル派遣嘱託賠償請求
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◆住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◆住民監査請求/区長会遅延利息賠償請求
◆住民監査請求/新・H27区長会補助不正
◆自治労柏原市職員労働組合と市長は一体
◆行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◆機能不全の監査委員を市民が監査する
◆黒塗り隠ぺいタカリ体質に対する審査請求
◆疑惑の土地取得/国分中学グランド隣地
◆地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆柏原市水道事業管理者(冨宅正弘)問題
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◆市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◆不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◆百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◆百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◆地元市議が関与の市長専決に疑惑と不透明
◆あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆賃貸しのサンヒル柏原事業に市は関わるな
◆郵便入札に疑惑!!/保育所児童給食業務
◆疑惑/根抵当地を固定資産税の3倍で借上
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◆ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◆「歳入歳出決算書」から市政の腐敗を暴く
◆腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◆知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◆ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◆柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◆汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◆補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◆柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◆道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◆維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◆柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◆当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆市政運営方針演説/H24以降~
◆過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆謹賀新年/H25~H29年
◆行政文書開示請求は市民の唯一の武器
◆『改革/新・革新の会』規約
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
タグ
検索
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ:◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体( 54 )
この事件は腐蝕の柏原城が抱える闇のほんの1つである・・・

腐蝕の柏原城が抱える闇

この事件が腐蝕の柏原城が抱える膿を吐き出すきっかけの1つに

なるのかもしれない!?

腐蝕の柏原城にはもっと大きな疑惑や不透明案件が

ゴロゴロ転がっている!!!

この事件に関してはその背景を含め

なぜこの案件がまるで幼稚な漫画みたいな事件に発展したのか

深く検証し事件の真実を暴いて行く予定である


産経新聞配信から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

職務強要容疑で元市議ら逮捕 大阪府警柏原署

12/3() 19:29配信  産経新聞

大阪府柏原市がごみの収集、運搬を委託している業者との契約破棄を市職員に迫ったとして、府警柏原署は3日、職務強要容疑で元市議の会社役員、浜浦佳子(76)=同市旭ケ丘=と会社員、鳥居智博(36)=同市太平寺=の両容疑者を逮捕した。同署は2人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は共謀して5月18日、同市教育センターで50代の男性職員に対し、市がごみの収集や運搬を委託している業者との契約を破棄させようと、暴力団が背後にいるように装いながら脅したとしている。

 同市や同署によると、浜浦容疑者は平成17年に市議に初当選。市長選への立候補経験もある。自身の会社も、契約破棄を迫った業者とは別に、ごみの収集、運搬で市と委託契約を結んでいる。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


サンヒル柏原破産に伴う財団役員(理事・評議員)らに
対する損害賠償請求事件


平成29年(行ウ) 第118号 損害賠償請求事件 (住民訴訟)
次回:第10回期日 
平成30年12月7日(金) 午後2時00分
1007号法廷





by rebirth-jp | 2018-12-04 00:11 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
文書不存在!? / これでは悪党一派のやりたい放題になるはずである!!!
この問題は文書不存在で終わる問題ではないから
今後も引き続き調査を深く
進めていく!!!

当時の市長公室が悪事の限りを敢行したのもこういう問題が
その要因の1つとなっているのかも
しれない

これらの問題も
腐った市政運営の中の筆頭の案件として
議会(議員たち)が最優先に取り組む問題であるが
かれらは相変わらず
腐敗や疑惑から目を逸らし
たとえ怪しい疑惑の案件を市長が議会に上程して来ても
「質疑無し」「異議なし」「異議なし」の連発で
腐蝕の柏原城にしがみ付き自己保身に走ることしか知らないようである

要は悪党一派に我々市民・有権者の代表者でもある議員たちが
舐められ切っているということである


b0253941_00050651.jpg


b0253941_00045753.jpg

by rebirth-jp | 2018-11-30 00:11 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
いったい何がありました???/ひょっこりはん・・・
まったく体を成していない行政トップ(松井副市長・冨宅市長)の資質は!?

組合主導の人事権を振りかざす副市長の選任・可決は議会の責任
とんでも・ひょっこり市長を選んでしまったのは
我々市民・有権者の責任
ひょっこり写真を貼り付けるのが
自分の仕事と思っている感があるがまったくもって市民の恥である

いずれこのひょっこりパフォーマンスの見苦しき実態もその全てを公開し
裏に隠れた闇や腐った膿を暴いて行きたい!!!
柏原市の大半の市民・有権者が
腐った膿にまみれた腐蝕の柏原城の実体を知らないままである


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回、何があったか知りませんが、サンヒル柏原に関しては3件の裁判が進行中です。

腐蝕の柏原城/腐敗のシンボル

O悪事の限りを尽くした市長公室(市長公室の体質をそのまま引き継ぐ政策推進部)の腐敗
O山西システムから生まれた114区長会制度(根拠無き114区長会)の性質の悪さ
O市民の血税を垂れ流す竜田古道の里山公園
Oまだまだ出て来るサンヒル柏原…
O二元代表制を忘れた保身の体たらく議会
O等々・・・・・


さらには施設賃貸借契約書に便宜供与の疑いも!!??
市民の血税が垂れ流されている!?
議会は即刻調査を開始すべきである!!!

クリック
b0253941_16342422.jpg
b0253941_12381993.jpg

週刊実話11月15日号から
b0253941_16363264.jpg

b0253941_16343771.jpg

b0253941_16340277.jpg
b0253941_12351248.jpg
b0253941_16341249.jpg
b0253941_12350097.jpg

それにしてもなぜこのまちではロクでもない市長や副市長ばかりが続く!!??

せっかく優秀・有能な職員が多く存在しているのに
頭が腐っているからどうしようもない組織になっているが
腐蝕の柏原城は頭の部分を替えれば
必ずまともな城に
生まれ変わるはずである




by rebirth-jp | 2018-11-01 16:41 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
維新の崩壊はとっくに始まっている!?/いやとっくに崩壊しているが市民・有権者が維新の名を騙る組織の正体に気付いていないだけである

◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体

日本一住みやすいと思っているのは腐蝕の柏原城に籠る悪党一派とその周辺の寄生虫たちだけである・・・

いずれその寄生虫たちの実体も、その全てを暴いて行きたい。

定例会 (本会議・委員会) をみても、ひょっこりはん市長が度々登場する広報誌をみても、市政は市民が思っている (期待している) 「維新」 とはまるで真逆の恐ろしいほどのムラしがらみにまみれたムラ政治の姿を晒しているだけである。

市民・有権者の6割、7割は市政に無関心・・・、あとは保身のための 「餌 (市民の血税) 」 のバラマキと、その餌に群がる一部の利権者たちが、善人市民たちの無関心と沈黙に乗じてこれもまた恐ろしいほどの閉鎖的思考で、半世紀以上も昔のムラ政治にしがみついているだけである。

腐敗政治の根源として、「山西システム」、「114区長会制度」、「人事権の一切を握る元自治労柏原市職員労働組合執行委員長の副市長」、「元八尾市職員の市長」、「何代も無能なムラ市長が生まれる体質」、「悪事の限りを尽くした市長公室」、「職員がトンデモ不祥事を起こしても上司はもちろん市長も一切監督責任を取らない組織」等々・・・、が挙げられる。

なにか良いところを挙げたいが何も思い浮かばない・・・

この維新の名とはド反対のしがらみにまみれたムラ政治のまちで、このまちを日本一住みやすいまちと思っているのは、公金バラマキの餌に群がり、目先のいい思いをしている連中だけである。

これが維新の名を騙る腐蝕の柏原城の正体である!!!


文春オンラインから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太田光代社長が明かす、橋下徹氏の所属事務所が「維新の会」提訴の理由

太田光代社長が明かす、橋下徹氏の所属事務所が「維新の会」提訴の理由

10/31() 16:00配信

文春オンライン

 橋下徹・前大阪市長の所属事務所「タイタン」(社長・太田光代氏)が、日本維新の会(代表・松井一郎大阪府知事)を相手取って損害賠償請求訴訟を起こしていたことが分かった。太田社長が事実関係を認めた。

 日本維新の会といえば、2010年に橋下氏自らが代表として立ち上げた地域政党「大阪維新の会」が源流。橋下氏はいわば維新の創業者であり、現代表の松井一郎大阪府知事とは、切っても切れない盟友だったはずだ。一体何があったのか。

 訴状などによれば、タイタン側は所属タレント「橋下徹」のパブリシティ権が選挙ポスターなどによって侵害され、レギュラー番組が終了したと主張、計4180万円の損害賠償を維新側に求めている。

 太田社長は「週刊文春」の取材に、次のように語った。

「あまり大事にするつもりはなかったんです。でも、時間がどんどん過ぎるのに状況がまったく改善されなかったので、もう裁判所に訴えるしか手段がありませんでした」

 一方、維新の広報担当者は、「タイタンさんと話し合いを続けていた中で、突然提訴されたので、正直驚いています」と困惑気味だ。

 訴訟に至る経緯や、橋下氏のレギュラー番組終了の原因を巡る両者の言い分の食い違いについて、111日(木)発売の「週刊文春」で詳報する。

「週刊文春」編集部/週刊文春2018118日号

【関連記事】

橋下徹氏が断言「安倍首相は国民から必ずしっぺ返しを食らう」

200万円政治献金を不記載 片山さつき大臣に新疑惑

反小池急先鋒”音喜多都議が妻・区議と交わした「セフレ容認契約書」

倍首相に見捨てられた「維新の会」 消滅へのカウントダウン



〓サンヒル裁判で今後予想される悪党一派の画策〓

ちゃんとお見通しです!!!何でもかんでも賛成をしてくれる議員たちを使って債権放棄に持ち込みたい悪党一派の目論見

・・・・・・・・?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住民訴訟債権放棄議決の有効性(神戸市住民訴訟債権放棄議決の有効性(神戸市)を含むブックマークhttp://b.hatena.ne.jp/entry/image/http:/d.hatena.ne.jp/tihoujiti/20120420/p1住民訴訟債権放棄議決の有効性(神戸市)のブックマークコメント

 自治体首長らによる違法な公金支出を巡り、損害賠償請求権を放棄した議会の議決の有効性が争われた5件の住民訴訟上告審判決が20日、最高裁第2小法廷であった。

 千葉勝美裁判長は「議決の経緯や、違法支出の内容などを考慮し、不合理と認められる議決は違法・無効となる」との初判断を示した。

 その上で、神戸市の1件で大阪高裁判決を破棄して請求を棄却し、住民側敗訴が確定。同市と大阪府大東市の計4件は神戸地裁と同高裁に差し戻した。

 住民訴訟を巡っては、議会自治体の敗訴を見越して、首長への賠償請求権を放棄する議決が頻発。議決の有効・無効に関する下級審の判断も分かれていた。今回の判決は、議決に一定の制約を課す内容で、住民訴訟が本来目的とする行政へのチェック機能を担保する意味を持ちそうだ。




by rebirth-jp | 2018-10-31 23:51 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
誰もが知る業者潰し(!?)で味を占めた腐蝕の柏原城!!!/なんでもかんでも顧問弁護士頼りの実体
知ってしまった以上伝える義務がある!!!
(これがこのブログの信条である)



何でもかんでも弁護士に相談すればそれが全て正解と思っているOO市長
行政トップが自身で何も決断できないとすれば
もうその組織は終わりである
そんな状態が延々と続いているのが腐蝕の柏原城である

無能な市長と副市長が縋る弁護士行政で市政は底無しに
腐って行くだけである
当然組織も思考が停止し腐っていくだけである
b0253941_00471145.jpg
b0253941_00471902.jpg
まち(街)づくりに失敗した典型的な自治体:腐蝕の柏原城!!!
そこに安住している無能な行政トップと
体たらく議会




by rebirth-jp | 2018-10-26 00:11 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
腐蝕の柏原城に籠る悪党一派の性質の悪さを何も知らない柏原市民・有権者そして沈黙を続ける善人市民たちの罪

そこに市民が気付かない限りこのまちが未来に向けて

発展することはないと断言できる!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

832年という長期政権で市政を腐らせた「山西システム」

山西システムが生んだ悪政の根源「柏原市114区長会制度」

餌を与えてもらい自分さえ良ければ自分たちの村さえ良ければの「寄生虫たち」

腐ったムラしがらみから生まれた自分党一派が議会ごっこを繰り返している「体たらく議会」

時の市長と一体となって組織の人事権を握ってしまった「自治労柏原市職員労働組合」

採用・昇進・昇給も職員がどれだけの票をぶら下げているかで優先される「縁故人事」!?

柏原市の腐敗政治の三大シンボル「市長公室による疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件」「市長公室が悪事の限りを尽くしたサンヒル柏原事件」「無能な歴代市長による市政運営の犠牲になったまま赤字補填が続く「市立柏原病院」

我欲にまみれた閉鎖的なムラ政治と新興地域・振興住民のあまりにも市政に対する無関心が共存するまちの体質は「消滅可能性都市へまっしぐらそのもの」

人が来てお茶を飲むにも買い物するにも出かける先は藤井寺・羽曳野・八尾・富田林・大阪市内…(だって柏原市にはなんにも無いからが口愚になってしまった「まちの現実」)

それにしてもこの半世紀なぜ一度もまともな市長が誕生しないのか恐ろしき閉鎖的な「ムラ体質のまち」

このムラ(まち)が真に市民が主役のまちを取り戻すためにやるべきことは腐蝕の柏原城に籠る無能な市長と副市長そして体たらく議会を一掃することである!!!

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●・・・・・・・・・・・


沖縄タイムスから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「議会の追及を免れようと」 公文書偽造、宮古島市職員に有罪判決

2018619 08:09

 ごみ計量票の写しを改ざんして宮古島市議会に提出したとして、虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた同市職員(45)の判決公判が18日、那覇地裁平良支部であった。

松原経正裁判長は「市議会での追及を免れようとした犯行で経緯、動機に酌むべき事情はない。犯行態様も悪質」として、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑1年6月)を言い渡した。被告弁護人は控訴について「検討中」としている。

b0253941_01262417.jpg

(資料写真)宮古島市

 事件は2014年度、不法投棄ごみ撤去委託業務の監督をしていた被告が、市議会への報告よりも実際に回収したごみが少ないことが発覚しないよう虚偽の計量票の写しを作成し、同議会に提出した。

 松原裁判長は「公務員に対する市民の信頼、ごみ処理行政への信頼を失墜させるもので許されるものではない」と指摘。ただ、被告が事実を認め反省していることや、妻が更生に協力するとしていることから執行猶予付とした。

 判決について下地敏彦市長は「公文書偽造を防ぎきれなかったのは市の最高責任者として非常に残念。市民に大変申し訳なかった」と釈明した。被告は現在も出勤しており、判決日は年休で休みを取得。市は近く被告を懲戒処分する方針。

 証人尋問では、被告の同僚が公文書偽造を当時の環境衛生課長と生活環境部長に報告したが、ともに対応していなかったことを明らかにした。これについて下地市長は「しっかり指導監督してほしかった。(再発しないように)これから指導する」と説明。市長自身への報告は否定した。


【関連記事】同僚が市幹部に報告していた 告訴しない市、有志の告発が契機に



by rebirth-jp | 2018-10-23 00:11 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
公務員の職務に関連する主な犯罪とその公訴時効
b0253941_16292248.jpg

沖縄タイムスから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「議会の追及を免れようと」 公文書偽造、宮古島市職員に有罪判決

2018619 08:09

 ごみ計量票の写しを改ざんして宮古島市議会に提出したとして、虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた同市職員(45)の判決公判が18日、那覇地裁平良支部であった。

松原経正裁判長は「市議会での追及を免れようとした犯行で経緯、動機に酌むべき事情はない。犯行態様も悪質」として、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑1年6月)を言い渡した。被告弁護人は控訴について「検討中」としている。


(資料写真)宮古島市

 事件は2014年度、不法投棄ごみ撤去委託業務の監督をしていた被告が、市議会への報告よりも実際に回収したごみが少ないことが発覚しないよう虚偽の計量票の写しを作成し、同議会に提出した。

 松原裁判長は「公務員に対する市民の信頼、ごみ処理行政への信頼を失墜させるもので許されるものではない」と指摘。ただ、被告が事実を認め反省していることや、妻が更生に協力するとしていることから執行猶予付とした。

 判決について下地敏彦市長は「公文書偽造を防ぎきれなかったのは市の最高責任者として非常に残念。市民に大変申し訳なかった」と釈明した。被告は現在も出勤しており、判決日は年休で休みを取得。市は近く被告を懲戒処分する方針。

 証人尋問では、被告の同僚が公文書偽造を当時の環境衛生課長と生活環境部長に報告したが、ともに対応していなかったことを明らかにした。これについて下地市長は「しっかり指導監督してほしかった。(再発しないように)これから指導する」と説明。市長自身への報告は否定した。


【関連記事】同僚が市幹部に報告していた 告訴しない市、有志の告発が契機に




by rebirth-jp | 2018-10-22 16:33 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
腐蝕の柏原城では性質の悪いひょっこりはんが度々市の広報誌を汚しているようである
あっちこっちへ顔を出しみえみえのパフォーマン写真を
貼り付けては喜んでいるどこかのOO市長
行政トップの仕事が
なんたるやをまったく理解しないまま
相変わらず
無能な市政運営を晒し続けているが
こんなOO市長が生まれてしまったのも結局は我々市民・有権者の責任である


b0253941_09532804.jpg
b0253941_09530880.png

by rebirth-jp | 2018-10-17 09:54 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
???…揃いもそろって、ほんまにOOな行政トップらである!!!
いったいどこまで姑息で卑怯なのか!!??/四百数十万円の使い込みも返還していないのにまたまた餌のバラマキである!!!

維新を騙る市長や副市長、そして114区長会役員らの姑息な企みについては、追って公開…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市長と副市長が決裁印を押していないが、この行政トップはまったく自分の仕事をわかっていないようである。

自分が決裁権者であることを理解していないのである。

市民の追及を怖がり、その責任を部下に押し付け逃げていると云わざるをえない。

だからこのまちの行政トップは体を成していないというのである!!!

市政に関心がない議員たちは、この「起案書」のどこがおかしいかもわからないだろう。

だから「体たらく議会」と云われるのである。


これも維新を騙る市長と副市長が逃げている起案書である!!!
ちゃんと本人たちは分かっているはずである
いずれ大きな問題となる
b0253941_12084239.jpg

b0253941_12083237.jpg


by rebirth-jp | 2018-06-19 00:11 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
不祥事や疑惑の案件・事件が噴き出す度に人事異動や部署の廃止を繰り返す腐蝕の柏原城!!!
行政改革や前身のためではなく、あくまでも逃げと後退の自己保身からこういうことばかりを繰り返しているが、この傾向が強くなっのは元市職員労働組合執行委員長の副市長(松井久尚))がトップに座ってからである。

この副市長は、市長選挙の立候補準備をしていたとの関係者からの情報も入ってきている。冗談じゃない…。そんなことがまかり通ったら、市民の血税は市職員労働組合が実権を握る役所に喰い潰されるだけである。 

山西政権は逮捕で終わったが、「山西システム」という腐ったムラしがらみのモンスターは腐敗政治の根源として、今も、元職員副市長と元八尾市職員市長の下で市政を蝕み続けている。

嘘吐き・デタラメの岡本政権以来、中野政権、冨宅政権・松井政権は、ますます市政を、これでもかというほどの勢いで劣化・悪質化させている。

これも議会がこの副市長選任を可決したからである。議員たちは、自分の責任の大きさを知るべきである。

これが維新を騙る柏原市政の正体である!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆維新を騙る元八尾市職員の市長◆実権を握る元自治労柏原市職員労働組合執行委員長の副市長◆政策推進部◆秘書広報課…

これらが悪政の根源「山西システム」にしがみ付きながら腐敗政治を進めるムラ政治の中枢部である!?

いずれも要検証の重点対象である…


柏原市行政組織図
2017年8月1日(秘書広報課)

b0253941_23250831.gif

by rebirth-jp | 2018-04-15 00:11 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)


ブログジャンル
記事ランキング
最新の記事
最新のコメント
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市のムラ政治・組合政治・隠ぺい政治・腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の根源/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)~H29.7.1に廃止されたが市長は新たにこの114区長会を抱え込むための要綱を定めた』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したムラ型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・冨宅正浩市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
072-975-1681
090-3654-5695
FAX 
072-915-3798

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
市の代理人弁護士もこのブログ記事を証拠品として裁判所に提出しています。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(ついに約7万人を切った市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの114区長会制度(前身は114行政協力委員制度)に、『まち』が喰い潰されて行きます。

当会(柏原・革新の会)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市から、活動のお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
外部リンク
ファン
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ