革新の会・ブログ~このプログは議会傍聴や議事録、開示資料等に基づいた不透明と疑惑案件の検証記事である。若干の私見は入るが全て事実に基づくものである。(代表:中山雅貴)
by rebirth-jp
カテゴリ
全体
◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか
◆行政文書開示請求書は市民の権利・武器
◆腐蝕の柏原城が抱える深刻な「病」
◆組織の病/柏原市職員の分限・懲戒処分
◆地方政治と議会はこうやって腐っていく
◆松井副市長が実権を握る組合政治の正体
◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体
◆岡本泰明・中野隆司市長/腐敗政治の正体
◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中
◆3市負担に戻せ/竜田古道の里山公園事件
◆柏原市にも森友事件・・・
◆住民監査請求/サンヒル柏原・あかねの宿
◆住民監査請求/サンヒル派遣嘱託賠償請求
◆住民監査・訴訟へ/サンヒル柏原破産事件
◆住民監査請求/維新・新風かしわら事件
◆自治労柏原市職員労働組合と市長は一体
◆住民監査請求/区長会活動補助金返還請求
◆住民監査請求/区長会遅延利息賠償請求
◆住民監査請求/H27区長会補助不正利得
◆監査結果から見える柏原市政の体質
◆黒塗り隠ぺいタカリ体質に対する審査請求
◆長期32年山西システムは悪のモンスター
◆悪政の根源は114人区長会制度
◆114人区長会に多額の報酬と補助金は餌
◆行政協力委員名簿を公開/過去13年間
◆疑惑の土地取得/国分中学グランド隣地
◆地域担当職員制度の正体は選挙基盤
◆機能不全の監査委員を市民が監査する
◆柏原市水道事業管理者(冨宅正弘)問題
◆柏原市土地開発公社は廃止・解散すべき
◆市立柏原病院の赤字補填は膨らむばかり
◆落選運動と通信簿/落選運動の対象議員は
◆附属機関の正体/審議会・協議会等々
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(1)
◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2)
◆不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい
◆百条案件・疑惑の数々/岡本市政の正体
◆百条案件・疑惑の数々/中野市政の正体
◆百条議会傍聴/岡本泰明市長の嘘吐き答弁
◆百条傍聴/吉田副市長ほか参考人に矛盾
◆虚偽公文書作成罪・同行使罪は重罪
◆地元市議が関与の市長専決は刑事事件か
◆第三セクサンヒル柏原の破綻と負債のツケ
◆債権0円不服提訴は権限乱用か/サンヒル
◆あかねの宿撤退で業者叩き/新たな疑惑
◆サンヒル柏原スポーツセンター
◆賃貸しのサンヒル柏原事業に市は関わるな
◆郵便入札に疑惑!!/保育所児童給食業務
◆疑惑/根抵当地を固定資産税の3倍で借上
◆プレミアム商品券事件に地元市議が関与か
◆ NPO柏原ふる里づくりの会に疑惑
◆「広報かしわら」から市政の腐敗を暴く
◆広報かしわら/新春放談の意味 腐敗政治
◆「歳入歳出決算書」から市政の腐敗を暴く
◆腐蝕・柏原城のまちづくりは失策続き
◆兼々役職/給与かさ上げの問題
◆知る権利/情報公開/行政側の抵抗
◆森組採石場跡地問題が時々顔を出す
◆ごみ事業(合特法)に疑惑が再浮上!!!
◆市長の有害鳥獣駆除報酬と会計報告に疑惑
◆柏原病院また不正入札疑惑(見積合わせ)
◆東日本大震災義援金の送金と現在残高は?
◆汚れた第4次柏原市総合計画は見直せ
◆商店街活性化支援事業で何をした!?
◆補助金交付の実態/バラマキ行政のツケは
◆ハコモノ・公共施設/血税を食いつぶす
◆柏原版事業仕分けは夢ものがたり
◆怪文書/市議会に出回る 犯人はコイツだ
◆安部が戦争へ舵を切った日!!!
◆道徳心と反道徳/頑迷と頑固の違い
◆市議会だよりとF.Bで分かる議会の体質
◆5.17住民投票/大阪都構想の結末は
◆市長の付属機関は機能しているのか
◆維新・中野隆司市長のリコール運動と結果
◆柏原市長選挙関係/腐敗政治の禅譲
◆府議会議員選挙の動向・定数減の影響
◆当選人失格議員/柏原市議に複数議員!?
◆地方議会/会派は自分党議員ばかり
◆H29年9月の柏原市議選挙動向
◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向
◆市政運営方針演説/H24以降~
◆過去議事録ほか/柏原市議会・定例会
◆謹賀新年/H25~H29年
◆行政文書開示請求は市民の唯一の武器
◆『改革/新・革新の会』規約
◆『改革/新・革新の会』現在の活動状況
以前の記事
タグ
検索
画像一覧
その他のジャンル
タグ:竜田古道の里山公園 ( 58 ) タグの人気記事
維新を騙る市長や体たらく議会に代わって訴状を提出!!!
これも市長や議会が、市民や「まち」のために片を付けなければならない案件・事件である。

だが、かれらは全てのツケ(負担)を何も知らない市民の側に回したまま、やるべき仕事を放棄している。

そんな体たらく市政が、このまちでは半世紀も続いているのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件で新たに訴状提出
b0253941_12474053.jpg
以下は現時点省略





by rebirth-jp | 2018-06-17 21:11 | ◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中 | Comments(0)
2/柏原市にも虚偽写真・・・
/柏原市にも森友事件!!??


O 役人(公務員)が考えることは国も地方も村も一緒である
(朝日新聞過去記事から)
b0253941_00001513.jpg

この現場(竜田古道の里山公園)写真は百条委員会解散前の
タイミングで議会に報告をされている
議員たちは全員この意味を
知っている ! ?
はずである


by rebirth-jp | 2018-05-22 00:11 | ◆柏原市にも森友事件・・・ | Comments(0)
1/悪党一派の企み・権力乱用・デタラメ・嘘吐き…/3市負担をほんとうに未来永劫柏原市民に負わせる気か!?
ほんとうにこのまちのOO市政には
反吐が出るほどである!!!


(その1)

1/3市負担に戻せ!!! 疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件はいよいよ本丸へ・・・


第2期最終処分場跡地整備事業に係る協定書(H18.4.10付)は端から違法か!?/疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件

歴代続く無能市長と副市長… 一部を除けば何でもかんでも賛成することが議員の仕事と思っている体たらく議会…


あなたたちは、ほんとうに、悪党一派による数々の違法とデタラメの積み重ねで出来上がった疑惑まみれの竜田古道の里山公園の維持管理費(本来は3市負担)を、未来永劫、柏原市民にだけ、1市負担で負わせ続けるつもりか!?




柏羽藤環境事業組合は、共同処理する事務を変更する場合は大阪府知事の許可を受けなければならないことが法に定められている。


あの嘘吐き・デタラメ市長と環境事業組合が交わした協定書は端から違法性の可能性が高い!!!

O下記は大阪府知事からの文書不存在の通知書
b0253941_21012515.jpg

O地方自治法

286
1
一部事務組合は、これを組織する地方公共団体(以下この節において「構成団体」という。)の数を増減し若しくは共同処理する事務を変更し、又は一部事務組合の規約を変更しようとするときは、関係地方公共団体の協議によりこれを定め、都道府県の加入するものにあつては総務大臣、その他のものにあつては都道府県知事の許可を受けなければならない。ただし、第二百八十七条第一項第一号第四号又は第七号に掲げる事項のみに係る一部事務組合の規約を変更しようとするときは、この限りでない。

2
一部事務組合は、第二百八十七条第一項第一号第四号又は第七号に掲げる事項のみに係る一部事務組合の規約を変更しようとするときは、構成団体の協議によりこれを定め、前項本文の例により、直ちに総務大臣又は都道府県知事に届出をしなければならない。


ほかにも数々の違法とデタラメが積み重なり、ほとんどの市民が行くことのない疑惑まみれの竜田古道の里山公園が完成 (?) し、いまも市民の血税を喰い潰していることが判明している。




by rebirth-jp | 2018-04-21 00:11 | ◆3市負担に戻せ/竜田古道の里山公園事件 | Comments(0)
森友学園問題/ようやく本丸への第一歩か・・・
腐蝕の柏原城にもいくつもの疑惑の案件・事件が
転がっている
現在何件もの裁判が進む中
その疑惑が徐々にはっきりとした形で明らかになっている
(いずれ全てを公開する)


役人の忖度も一歩間違えればこうなることは必然の流れである
腐蝕の柏原城ではもっと性質の悪い
ムラしがらみの腐敗政治が
およそ半世紀も
続いている

平成30年3月2日 朝日新聞から
b0253941_02555057.jpg





by rebirth-jp | 2018-03-03 13:20 | ◆未分類/天・地・人、政治・事件…ほか | Comments(0)
想定内の棄却判決/竜田古道の里山公園事件はこれから本丸事件へ…

下記の2事件は、ある意味、竜田古道の里山公園事件本丸裁判の前哨戦の裁判でしたが、この棄却判決まで、ちょっと時間が掛かり過ぎたのが想定外でした。


判決内容は、ほぼ想定内の棄却判決です。この棄却判決を前提に、二次の本丸事件へ移行します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


UR絡みの事件(竜田古道の里山公園事件)

H30.2.8/第一審 ・却下・棄却

柏羽藤環境事業組合絡みの事件(竜田古道の里山公園事件)

H30.2.16/第一審 ・棄却


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の2事件の棄却判決は被告の相手方(URや柏原市)に悪事があったとか無かったとかの判決ではありません。


二つの裁判の内、 UR絡みの事件 (竜田古道の里山公園事件) は新たな形に展開を進め、これからが本丸です。


柏羽藤環境事業組合絡みの事件(竜田古道の里山公園事件)は、今回の棄却判決を基に、これも本丸事件へ向け準備を進めます。


いずれも訴訟の進め方にいくつかの反省点がありましたが、第二次の本丸裁判はその反省点を踏まえて、いずれも本人訴訟に方針を切り替えます。


ちなみに今回の前哨戦での棄却判決に関係なく、あの嘘吐き・デタラメ市長が頭の市長公室で繰り返された疑惑まみれの竜田古道の里山公園を舞台にした数々の悪策や悪事は、今も、年間一千万円を超える単位で、市民の血税を喰い潰し続けています。


本来3(羽曳野市・藤井寺市・柏原市)負担の維持管理費も、いまだに柏原市民が他市(2)の分まで負担を負わされています。それでも新市長(冨宅正浩)や議員たちは何も動きません。


いつダイオキシン問題や崩壊などの環境問題が発生するかもわからないゴミ処分場跡地を抱え、他市が負担すべき費用を柏原市民だけの負担に負わせて、呑気にアリバイ作りの桜祭りなどを計画する市長や議員たちの思考には、ただただあきれ果てるだけです。


半世紀以上に亘る閉鎖的なムラ政治と市民の無関心は、今も骨の髄まで腐り切った腐蝕の柏原城を支え続けていますが、いずれムラ政治が終わる時は間違いなく到来します。


柏原市行政協力委員制度の廃止もその一つです。実態は時の市長の実質後援会化団体となって餌で操られている114区長会(行政協力委員)が、その存在の根拠を失ったにも係わらず、いまだに存在し、そして相変わらず利用され続けています。


この114区長会制度は、市長や市長派議員たちの選挙基盤のために、昭和53年に時の市長(山西市長)が構築したものです。いわゆる「山西システム」とも云われるもので、この悪政の根源となっている制度に、今も市長や議員たちはしがみ付いています。


このブログに出て来るほとんどの案件・事件に、この山西システムが利用されていますが、餌で操られている114区長会や、大半が市政に無関心層の市民は気付いていないというのが現状です。


もちろん疑惑まみれの竜田古道の里山公園の疑惑隠しにもこの区長会制度が利用されています。いわば時の市長と議会の側が一体となってこの悪政の根源「山西システム」を利用しているというわけです。そこには自治労柏原市市職員労働組合もしっかりと絡んでいます。


このまちには、半世紀、まともな市長が誕生していませんが(!?)、これからも含め一世紀もの間、出来の悪い市長が誕生し続けることはないでしょうから、いずれまともな市長が誕生すれば、今の腐り切ったムラ政治と腐蝕の柏原城は崩壊するはずです。


余談に走りましたが、このブログは、さらに深く、このまちの腐敗政治を暴いて行きます!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

H30.2.27現在


⦿ 松井久尚副市長(元市職員・自治労柏原市職員労働組合執行委員長)・冨宅正浩市長(元八尾市職員) /現市政(維新とは名ばかりの大阪維新の会・柏原市のしがらみにまみれたムラ政治)


◆自治労柏原市職員労働組合と市長は一体


832年の山西政権・28年の岡本政権・14年の中野政権・そして現冨宅市政・・・

114区長会というムラ制度で腐り切った市政は、この半世紀、市民の血税を食い潰しているだけで何も変わらずである!!!

維新とは名ばかりのムラ市長が二代続いているが、市政はますます腐敗と劣化を増幅させている!!!


下記は、本来その全てが、市長や議会(議員たち)が取り組むべき案件・事件である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


〇 行政文書開示請求 / 53

  (柏原市、柏原市議会、柏原市教育委員会、柏羽藤環境事業組合、大阪府、ほか関係機関・団体含む)


〇 審査請求 / 1

    ・行政文書を黒塗りで不開示決定したことに対する取消しの請求 / 情報公開審査委員会が不開示処分の一部取消し


〇 住民監査請求/4 事件

    政務活動費の詐欺事件に係る不当利得返還請求事件

    ・「新風かしわら」の不正支出に係る住民監査請求

      監査結果は、監査請求で返還を求めていた金額を辞職議員が全額返還したため、制度上は「棄却」という形になるが、実質は「勧告」以上の措置となる。

      住民監査請求の目的は、何も「勧告措置」や「住民訴訟」が目的ではない。市長(執行機関)や当事者たちが自ら改善措置を行ない、市の損害を回復させたら、それで住民監査請求の目的は果たせたことになる。    

    サンヒル柏原・破産に係る役員に対する損害賠償請求事件/住民監査請求から住民訴訟へ移行(現在裁判進行中)

   ③ NPO絡みの損害賠償請求事件(竜田古道の里山公園事件)住民監査請求から住民訴訟へ移行(現在裁判進行中)

   サンヒル柏原「あかねの宿」事業撤退による損害賠償請求事件/住民訴訟へ移行であったが業者側が柏原市に対し損害賠償請求の提訴をしていることが判明したことにより現時点での住民訴訟は見送り

   ⑤ 114区長会活動補助金未返還事件に係る損害賠償請求事件/新たな住民監査請求・住民訴訟へ準備中

   ⑥ 竜田古道の里山公園維持管理費に係るNPO絡み追加の損害賠償請求事件/追加訴訟へ移行

   ⑦ 協働緑地(7箇所)土地借り上げ料問題・・・/住民監査請求・住民訴訟へ準備中

   ⑧ ジェイテクト社宅跡地(国分中学校グランド用地取得)購入問題・・・/住民監査請求・住民訴訟へ準備中

   

   

ほか諸々の不透明や疑惑の案件・事件に対する調査・解明・法的措置を準備中・・・


O 現市政(冨宅市政)で進行中の住民訴訟/当方が原告人となっているもの

   NPO絡みの事件(竜田古道の里山公園事件)/住民訴訟(現在裁判中/代理人訴訟)

   UR絡みの事件(竜田古道の里山公園事件)/住民訴訟(現在裁判中/代理人訴訟から本人訴訟へ移行/H30.2.16却下・棄却を受け控訴を検討中/若しくは控訴から本丸事件の住民監査請求・住民訴訟へ方針を切り替え)

   柏羽藤環境事業組合絡みの事件(竜田古道の里山公園事件)/住民訴訟へ移行 (現在裁

判中/代理人訴訟/H30.2.8棄却を受け本丸事件の住民監査請求・住民訴訟へ)

   サンヒル柏原破産事件に係る住民監査請求/住民訴訟(現在裁判中/本人訴訟)

   NPO絡みの損害賠償請求事件(竜田古道の里山公園事件)追加訴訟 (現在裁判中/代理人訴訟)

   ⑥ サンヒル柏原「あかねの宿」事業撤退に係る損害賠償請求事件/住民訴訟に向け準備)(現在提訴準備中/サンヒル柏原「あかねの宿」が柏原市に対し損害賠償請求の提訴をしていることが判明したことにより現時点での住民訴訟は見送り

  

  

   

  

ほかにも数々の不透明かつ疑惑の案件・事件が浮上して来ている。


O 刑事告発等への方針転換ほか

あの嘘吐き・デタラメ市長時代に悪政・悪事の限りを尽くした「市長公室」が、先般のH293月議会で可決された松井久尚副市長(元市職員労働組合執行委員長)の再任により、その名称は変更したものの市長公室の業務をそのまま引き継いだ「政策推進部」を拠点に、元八尾市職員の冨宅市長と市職員労動組合との一体化あるいは馴れ合い、そして114区長会とのムラしがらみにより、市政はさらに腐敗と劣化を増幅させ、維新とは名ばかりの、まさに腐り切ったド村政治を邁進中である。 




by rebirth-jp | 2018-02-28 10:54 | ◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中 | Comments(0)
スマイルランド桜まつり(柏原市)協賛金は地方財政法に抵触か!!??/柏羽藤環境事業組合が協賛金を支出
第2期最終ゴミ処分場跡地の雁多尾畑地区には
疑惑まみれの竜田古道の里山公園建設
に関連して既に10億に近い
市民の血税が
垂れ流され続けている
この裏山のゴミ処分場跡地は
もう一つの愚策・疑惑まみれのサンヒル柏原と並んで
腐蝕の柏原城が進める悪策・愚策そして腐敗政治の象徴である


これもまた疑惑まみれの竜田古道事件に関係する
住民監査請求・住民訴訟の
対象案件である
市長や議員たちは柏羽藤環境事業組合(3市構成の一部組合)が
地方公共団体の一つとみなされることが
まだ理解できていないようである


疑惑まみれの

竜田古道の里山公園は

相変わらず柏原市の腐敗政治の象徴である


悪党一派の疑惑隠しのために

毎年数千万円の市民の血税が垂れ流され続けている


それにしてもほんとうにどうしようもない行政トップと議会には

・・・付ける薬はないということか



スマイルランド 竜田古道の里山公園

桜まつり

b0253941_00250496.jpg

竜田古道の里山公園公園

大阪府|柏原市

自然体験学習施設(セミナーハウス・キャンプ場)





by rebirth-jp | 2017-06-01 00:11 | ◆大阪維新を騙る冨宅市政/腐敗政治の正体 | Comments(0)
背景にあるのは市政始まって以来の大疑獄事件である/H29.2.12実施の柏原市長選挙と市議便乗補欠選挙


この大疑獄事件はまだ何一つ終わっていない

ますます疑惑は深まっている


3つの事件の裁判上の被告は柏原市長と柏羽藤環境時業組合管理者

である

被告の相手方は

前市長の岡本泰明個人、UR、NPO法人

(被告の相手方とは実質的な被告の立場にある者を指す)

すべてが当時の市長公室を拠点に進められた悪策・悪事である

この疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件に

関しては

まだ4つ目の案件が残っている



あの嘘吐き・デタラメ市長が当時の市長公室を拠点に悪事の限りを尽くした疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件は、現在、大阪地裁で裁判(住民訴訟)が進行中である。


前岡本市長の3期目断念、現中野隆司市長の2期目断念…、この背景には、いずれにも前市長が首謀者となった疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件が関係していると思われる。




この事件では、事件の首謀者とも云っていい岡本泰明市長の前に、柏羽藤環境事業組合からの負担金がおよそ17000万円、国庫補助金から8400万円の、合計約25400万円の現ナマが転がっていたのである。


岡本前市長はこれを見ごとに使い切ってしまったわけだが、その中身は大半(億単位に近い数字)が不透明である。これについては議会に百条委員会が設置されたが、結局、議会は何も解決しないまま、すべてのツケを何も知らない市民の側に回してしまったのである。


当方はこれに対して、住民監査請求を起こし、それが現在進行中の住民訴訟となっているものである。


この疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件に係わったのは、岡本泰明前市長を頭とした当時の市長公室の面々である。当時、この公園建設と併行して一時大騒ぎになった「イノシシ屠殺場建設問題」がある。この事業計画は、当時の橋下徹知事、当時府議会議員の現・松井知事、同じく当時府会議員の現・柏原市長(中野隆司市長)の時に進められた悪策・悪事の事業である。この事業は市民に秘密裏にしていたことが後に発覚し、結局、計画は頓挫している。


竜田古道の里山公園を国庫補助金事業として認可したのは当時の橋下徹知事である。当時の橋下知事や、現在の松井知事が、どこまでこの疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件の中身を把握していたのかは不明であるが、証拠の書面等から見る限り、当時、大阪府も国も、そして柏羽藤環境事業組合も、あの嘘吐き・デタラメ市長に大きく騙されていたのかもしれない。


この疑惑まみれの補助金事業に関して、当時、岡本市長は、「5年経ったら大丈夫や」などと話していたという。この『5年経ったら』という意味は、この市長に始めから悪意があったということである。とんでもない悪党である。『5年』の意味については、また別ページで詳細に説明をしよう。


現在、裁判の途上でもあり、当方が把握しているすべてをここに公開することはできないが、あの嘘吐き・デタラメ市長や当時市長公室の一派は、この疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件の真実を、決して暴かれないための体制を維持していく必要があるというわけである。事件発覚の後の市長選挙や市議選挙、そして市職員労働組合が実権を握る政策推進部による人事政策などは、その最たる例となっている、としか思われないトンデモ市政が続いている。


前岡本市長以降、何回か実施されている市長選挙や市議選挙の背景には、いずれの選挙にも、この疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件が関係していると思われる。度々行われている職員たちの人事政策も、おそらくその一つである。噂では自治労柏原市職員労働組合が維新推薦の市長選候補者を応援するという取り決めも決まったという。


そしてこの疑惑隠し・悪事隠しに利用されているのが、例の悪政の根源「柏原市行政協力委員(区長会)制度である。残念ながら、報酬や補助金で操られている当人たちにはその認識がないと思われる。


コイツラには市政の改革などまったく眼中に無く、我がらの利権やムラしがらみの保身政治で腐蝕の柏原城の基盤を固めたいという魂胆しか見えて来ない。投かんされるチラシ・ビラの内容も、例の行政協力委員(区長会)や利権集団に媚びを売る項目のほかは、中身無しの絵に描いたモチばかりである。


いずれにしても腐蝕の柏原城は、腐蝕の膿がたまり、腐蝕のかさぶたが重なり、たった1つの内部告発でもあれば、じきに破裂・崩壊、崩落するところまで来ているはずである。いつの日か、勇気のある告発者も出てくるはずである。


当方の検証作業は、深く、進行中である。





by rebirth-jp | 2017-01-28 00:11 | ◆H29年2月の柏原市長選挙戦動向 | Comments(0)
3/悪党一派と一つ穴のムジナに堕ちた百条委員会による「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」を全文公開!!!  



この百条委員会に名前の無い議員は端から悪党一派に

同調していた議員たちと思われても

仕方があるまい



(その3)
竜田古道の里山公園裁判に目を向けたくない議会(議長たち)の不都合な真実/腐敗政治の闇を暴く!!??


竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書

(1321ページ/全66ページ中)



疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件は

現在

疑惑に絡む3つの事件が大阪地方裁判所で裁判中

本件「竜田古道の里山公園調査特別委員会調査報告書」は

証拠品の一つとして提出しているもの


b0253941_19391452.jpg
b0253941_19390299.jpg
b0253941_19385175.jpg
b0253941_19384093.jpg
b0253941_19382829.jpg
b0253941_19380778.jpg
b0253941_19375811.jpg
b0253941_19374708.jpg
b0253941_19373783.jpg

つづく・・・




by rebirth-jp | 2016-12-01 00:11 | ◆不都合な真実を議会(議長たち)が隠ぺい | Comments(0)
まだ何ひとつ終わっていない!!!/疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件は現在3つの裁判が進行中である。

案件が裁判に移行していることもあり、しばらくこの事件の掲載を止めていたが、例の悪党一派があの疑惑まみれの竜田古道の里山公園内に疑惑隠しの施設(自然体験学習施設)を建設してしまった今、いよいよこれからがこの事件に絡む諸々の事件をあぶり出す作業の再スタートとなる。

それにしても大阪維新の会の足下で、維新とは名ばかりのとんでもない市政が誕生してしまったものてある。腐蝕の柏原城!! そしてこの腐蝕の柏原城で保身の牢獄に籠る体たらく議会(議員たち)!! もはや自浄能力はない!!!


(ブログは投稿後一週間ほど、記事の加筆・訂正・補正等の編集が続きます。)

大阪維新の会・中野隆司市長はこの一連の事件を解明するどころか、あの嘘吐き市長や当時の市長公室を主体とした悪党一派の疑惑隠しとも思われる策を強行し、とうとう嘘吐き市長や無能議会のツケの全てを、柏原市民に負わせてしまったのである。

中野市長と、いまやすっかり腐蝕の柏原城に取り込まれてしまった議員たちは、疑惑隠しの施設(自然体験学習施設)を完成させたことで全てを終わりにしたいと思っているのだろうが、それは大間違いである。これからがほんうとうの始まりである。


O 本会議でウソ答弁をする大阪維新の会・中野隆司市長

平成26年3月定例会(第1回)-0311

(これについては前日の3月10日に当方が大阪府庁に出向き、柏原市はまだその時点では補助金の申請はしていない事実を確認している。

それをこの市長は補助金の申請をして補助金交付の内諾を得たと、本会議で答弁をしているである。

この事実は本会議当日、2、3の議員に伝えているが、彼らはこれを右から左へと流したのである。

まさに議員の本分を忘れた税金泥棒と言われても仕方のない議員たちは、もうこの時点では、あの嘘吐き市長ら悪党一派や、その疑惑隠しに走る大阪維新の会・中野隆司市長らと一体となって、疑惑に蓋を被せるための自然体験学習施設の建設計画を進めていたのである。

これが維新とは名ばかりの大阪維新の会・中野隆司市政の実態なのである。)

O 議会天国!?の柏原市議団は定数17人(うち6人が女性議員)
大阪維新の会・中野隆司市長

まったく機能不全に陥ってしまった議会の議長は奥山渉議員

副議長は岸野友美子議員である

定数削減を謳って当選した議員が半数を超えるのに当選した途端
この公約は、どこ吹く風と知らん顔である
(今の体たらく議会なら12人程度で十分である)

議会ごっこで遊んでいても

議員たちには

総額およそ1億7000万円の報酬や期末手当などが

市民の血税からあてがわれている

まさに議会天国である


(その40)
過去の議事録・会議録から疑惑まみれの「竜田古道の里山公園問題」と、第2の竜田古道の里山公園問題と言われる『自然体験型学習施設』建設に係わる嘘吐き市長ら悪党一派の疑惑隠しを暴く!!!


以下、書き起こし部分は原文のままである。/緑字の部分は私見である。(案件については、現在、訴訟中の裁判(大阪地裁)に係わる部分も出てくるので、自ずとここに公開する事実や私見も制限することになるが、可能な限り、問題点の指摘なり、その検証結果を公開していくつもりである。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成26年 6月 定例会(第2回)-0602日-01

P.6  6番(山本真見議員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会議終了後に全員協議会が開催され、竜田古道の里山公園についての経過説明と、今年度の組合議会の視察について、日程、視察地の説明がありました。
 以上、柏羽藤環境事業組合第1回臨時会の報告といたします。
 なお、詳しい質問等の内容につきましては、柏原市議会図書室にある議事録をご参照ください。
 以上で報告を終わります。


(これは定例会・本会議の初日に、柏羽藤環境事業組合の組合議員となっている山本議員が、組合第1回臨時会の結果報告をしているわけであるが、これでは傍聴の市民は何も分からない。

また上記棒線の「全員協議会」なるものは、法的には何の根拠もない議員たちによる議員のための調整会議というのが実態である。議会がこの「全員協議会」を多用するということは、市民の側に知られてはまずいことをこの協議会で調整していると思っていいだろう。

できるだけ市民の前に公にしたくないというのが議員たちの本音であろうが、そんなことでは議員の役割を果たしているとは言えない。せめて共産党議員くらいは柏原市の「体たらく議会」に染まってほしくないものである。柏原市議会の場合、ほかの議員には何も期待ができないのだから。)


P.10  渡辺耕次財務部長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の73ページをお開き願います。
 款7土木費 項3都市計画費 目3公園緑化費4,800万円は、竜田古道の里山公園内に新たに自然体験学習施設を設置するための費用を計上するものでございます。なお、この事業は、宝くじ社会貢献広報市町村補助金を充当して実施するものでございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(この議案が、疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件に蓋を被せるための事業と、それに伴う予算である。その所管は都市整備部から柏原市教育委員会へと移り、この教育委員会が担うことになる。

そしてこの教育委員会の長は、現在、住民から訴訟を起こされている「竜田古道の里山公園事件」に絡む3つの裁判のうち、被告(中野市長)の相手方となっている「NPO法人柏原ふる里づくりの会」の当時の理事長・三宅義雅氏である。この場合の被告の相手方というのは、分かり易く言えば、実質上の被告の立場にある者と言った方がよいだろう。)

当初からその経緯がおかしいこの疑惑まみれの「竜田古道の里山公園」を、いったい誰が認可したのか、また誰が考えてもわかる疑惑隠しのための施設(自然体験学習施設)建設のために、いったい誰が補助金交付を認可したのか、いずれ大阪維新会・中野隆司市政の下で、様々な事実が明らかになるはずである。

大阪維新の会:腐蝕の柏原城の闇はどこまでも深い!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回、ここから

平成26年 6月 定例会(第2回)-0616日-02

P.64  11番(橋本満夫議員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に、一般質問に入ります。
 整理番号31、公園、竜田古道の里山公園の土地譲渡については、現時点での柏原市のお考えについてお尋ねいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

革新オンブズマン/現在の活動状況
O 岡本泰明前市政

O 情報公開請求/55
O
異議申し立て/1
O
公正取引委員会申告/1

O 中野隆司現市政
O
情報公開請求/169(大阪府、柏羽藤環境事業組合、ほか独立機関含む)

O 監査請求/5
  (竜田古道の里山公園問題、NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件、市長専決処分事件)

現在6件目の監査請求を準備中

O 住民訴訟/3
  (NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件)


革新・オンブズマン

ご質問・抗議・情報提供等/活動参加のお問い合わせ・連絡先

お気軽にご連絡ください


革新・市政オンブズマン事務所

中山

電話 090-3654-5695

FAX 072-975-1681

メール rebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by rebirth-jp | 2015-09-02 22:39 | ◆柏原市の大疑獄事件を暴く/(2) | Comments(0)
とうとう土地の名義を変えてしまった!!!/この市長はいったい誰のための政治をやっているというのか!!??/悪党一派の悪事のツケを

・・・全て柏原市民に押し付けた大阪維新の会・中野隆司市長

これで悪党一派の完全なる共犯者となったわけである。

ほとんどの市民が行くこともなく、その場所さえも知らない裏山(雁多尾畑地区)のゴミ処分場跡地に建設された竜田古道の里山公園で、またまた市民の無関心を利用した悪党一派の画策により、市民の血税が喰われて行くことになる。

これで未来永劫、あの悪党一派の悪事のツケを柏原市民に押し付けようというわけである。こんなバカ市政にバカ議会はどこにも無いだろう。

3市構成の柏羽藤環境事業組合が公園維持管理の負担を受け入れなければ、「現在稼働中の第3期ごみ最終処分場を閉鎖する」とまで言い切っていた中野市長の発言はいったい何だったのか。百条委員会での議員たちの発言はいったい何だったのか・・・。コイツラいったい何のために議会に籠っているのだろうか!?

羽曳野や藤井寺の議員たちも、なんと馬鹿な市政かと笑って見ているはずである。

O 腐蝕の柏原城!!!/この「まち」はいったいどこまで腐ったデタラメ行政をやれば気が済むというのか!!??

数々の疑惑が渦巻く柏原市役所

b0253941_23532554.jpg


O 悪党一派のツケを全て市民の側に押し付け、我がらは自己保身に走るしか能の無い議会(議員たち)は、今回も見ざる聞かざるの卑怯な姿勢を通すのか!!??

下の写真は市長のための議会職員たちではない。

我々市民・有権者を代表するれっきとした議員たちである。

共産党議員を除けば、いつも何でもかんでもデタラメ市政に賛成をしてしまう連中である。

まさに税金泥棒としか言いようのない議員たちで占める機能不全の議会は、

議長が奥山渉氏、副議長は岸野友美子氏である。

b0253941_0292233.jpg

3(羽曳野市、藤井寺市、柏原市)のゴミ処分を全て受け入れ、その跡地の維持管理の費用も全て受け入れ、後のダイオキシン流出などの環境問題までをも全て受け入れ、悪党一派の悪事のツケまで、全て柏原市民に負わせてしまった大阪維新の会・中野隆司市長よ!! あなたはいったい何のために、誰のために市長に就任したのか!!??

柏原市の議員たちがこの土地の名義変更の事実を知っているのかどうかは知らないが、市民・有権者を代表する立場にある議会(議員たち)は、いったいどこまで自分たちを馬鹿にされたら気が済むのだろうか!? これでも見ざる聞かざるの姿勢を通すとすれば、コイツラは、本当の税金泥棒である。

この問題は、現在、訴訟中の竜田古道の里山公園裁判とも関連するので、今後、徹底した検証を進めていく予定である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コラム/革新(市政オンブズマン)


大阪維新の会:中野隆司市政/柏原市の悪政の根幹は、行政トップと行政協力委員制度、監査委員、そして議会(議員たち)4機関にある。それを支えるのが、彼らにとって一番の都合の良い「市民・有権者の無関心」である。

市政始まって以来の大疑獄事件!!??  疑惑まみれの竜田古道の里山公園事件(NPO絡み、UR絡み、環境事業組合絡みの公金支出金返還請求事件)は、大阪地方裁判所にその舞台を移し、今後、本格的な裁判が始まることになる。

なおこの問題の公園では、中野市長が自ら疑惑隠しの策を主導し、悪事や疑惑に蓋を被せるための施設「自然体験学習施設」を新たに建設してしまった。百条委員会で1年間調査を続けた事件を何一つ解決しないまま、中野市長は、第2の竜田古道の里山公園問題とも言える新たな事件を抱え込んだわけである。

疑惑の追及を恐れて3期目を断念したあの嘘吐き市長は、自身最後の議会で、「土地は貰っていない。」「法務局が証明してくれる。」「貰っていないものをどうやって返せと言うのや」などと、当時の百条委員会の議員たちに捨て台詞を残し腐蝕の柏原城を去ったが、その禅譲で生まれた大阪維新の会・中野隆司市長は、この5月に入って問題の土地(ごみ処分場跡地の公園用地)の名義を、柏羽藤環境事業組合から柏原市の名義に変更登記したようである。

(現在この事実を確かめるために関係文書の開示を請求中である。)

柏原市の腐敗政治の象徴とも言えるこの一連の事件については、今後の裁判の進行と併せて、徹底した検証を続けていく。



革新(市政オンブズマン)/現在の活動状況

O 岡本泰明前市政
O
情報公開請求/55
O
異議申し立て/1
O
公正取引委員会申告/1
O
中野隆司現市政
O
情報公開請求/167(大阪府、柏羽藤環境事業組合、ほか独立機関含む)

O 監査請求/5
  (竜田古道の里山公園問題、NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件、市長専決処分事件)
O
住民訴訟/3
  (NPO絡みの事件、UR絡みの事件、柏羽藤環境事業組合絡みの事件)


革新(市政オンブズマン)は、腐蝕の市政とデタラメ行政、機能不全の監査委員(機関)、二元代表制としての機能を失った議会、そして悪制度の筆頭格にある「行政協力委員制度」を主な対象として、今後さらに本格的に検証を進めます。案件は手が回らないほどの数が闇に(堂々と?)隠れています。政治や市政に関心ある方のご参加・ご協力をいただければ幸いです。


今ではすっかりあの嘘吐き市長ら悪党一派と一体となってしまった現市政、そして体たらくの議会(議員たち/一部会派を除く)は、これでもかというほどの性質の悪さで市民の血税を貪りながら、監査請求があろうが、住民訴訟を起こされようが、市民の側にすべてのツケを負わせて、自己保身と腐敗政治の道を邁進中です。

市民の側は「維新」とは名ばかりの柏原市政に騙されてはいけない!!! 「市民の無関心」と114名で組織する悪制度の筆頭格「行政協力委員制度」を道具として利用しながら、「まち」を喰い潰す柏原版:大阪維新の会・中野市政は、半世紀も昔の悪制度を残したままの時代逆行の村政治を続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

O 質問・抗議・情報提供等/お問い合わせ・連絡先
革新・市政オンブズマン事務所/中山
FAX 072-975-1681
電話090-3654-5695
メールrebirth-jp-5695@kawachi.zaq.ne.jp



by rebirth-jp | 2015-05-09 09:15 | ◆竜田古道の里山公園裁判/3事件裁判中 | Comments(1)


ブログジャンル
記事ランキング
最新の記事
最新のコメント
canadian dru..
by Kevinboulk at 07:11
当ブログの記事に関するお..
by rebirth-jp at 00:04
おそらく地元の議員たちは..
by rebirth-jp at 23:53
ブログ拝見して興味わきま..
by とある柏原市民 at 18:11
ちなみに「停職処分」とは..
by rebirth-jp at 01:55
職員の不祥事隠ぺいはこの..
by rebirth-jp at 01:46
 隠ぺいしている職員の不..
by  市民 at 13:32
Hello. And B..
by XRumerTest at 07:11
方針転換?大いに興味..
by ??? at 11:13
悪質なNPO法人関係者に..
by 匿名希望 at 12:36
明日、10月13日は、市..
by rebirth-jp at 23:04
議会への就職活動が終わっ..
by いしん at 21:35
この二人だけでなく、今の..
by rebirth-jp at 09:36
議会の新しい会派を見て驚..
by 民主党員 at 15:36
 結局一人の人に掻き回さ..
by 維新 at 19:51
軽い市長ですね……… ..
by 市民 at 06:10
半世紀もの間、この「まち..
by rebirth-jp at 23:24
 行政協力委員はなくなっ..
by 知りたい at 19:41
現時点、柏原市議選挙の候..
by rebirth-jp at 01:23
現在、現職を含め19人の..
by rebirth-jp at 10:08
改革 /新・革新の会
  代表 中山雅貴

腐蝕の柏原城!!!/柏原市の腐敗政治を暴く!!!

『腐蝕の市政とデタラメ行政』『市長と一体の柏原市職員労働組合』『それを支える体たらく議会』『悪制度の根源/行政協力委員制度(114名の区長が兼務)~H29.7.1に廃止されたが市長は新たにこの114区長会を抱え込むための要綱を定めた』『地域担当職員制度』『兼々役職で給与の嵩上げの役所天国』『機能不全の監査委員』等々・・・、

この腐蝕の柏原城主(行政トップ)は、維新とはド反対の時代に逆行したむら型政治で市政運営を進めている大阪維新の会・冨宅正浩市長である。

会入会のお問い合わせや情報の提供等は下記 まで

メール
rebirth-jp@outlook.jp
電話
072-975-1681
090-3654-5695
FAX 
072-915-3798

このプログは転載自由です。
自由に拡散していただけたら幸いです。
なお、時々、お問い合わせがありますのでお断りをしておきますが、当ブログ』は、チラシ広告店が発行していた「柏原新聞」や、一議員(柏原市会議員)が発行する「かしわら見張り番」とは一切関係はありません。また既存の党・会派とも関係はありません。

ブログ記事関しては若干の私見は入りますが、あくまでも独自の取材・調査・検証により判明した事実を基に記事にしたものです。

柏原市のおよそ3万900世帯(約7万人の市民/5万8000人の有権者)の一人でも多くの市民の皆様に、新聞もテレビも報道しない柏原市の腐敗政治の実態を知っていただき、貴重な一票を投じる選挙の際の判断材料として参考にしていただければ幸いです。

善人市民の沈黙と無関心は最大の罪とも言われます。一人でも多くの市民・有権者が市政に関心の目を向ければ政治も議会も変わります。

腐蝕市政とデタラメ行政を進める柏原市政の本当の姿を知っていただき、子や孫たち、若者に、こんな腐った政治の「まち」を引き継がないようにしましょう。

改革どころかますます進む柏原市政の腐敗!!! このままでは市長や取り巻きの悪党一派、市長と一体の柏原市職員労働組合たちによる市政の私物化と、まるで生きた化石のような村しがらみの114区長会制度(前身は114行政協力委員制度)に、『まち』が喰い潰されて行きます。

革新・柏原市民オンブズマン(市政オンブズマン)は、現在、会員・協賛者の募集をしております。年齢、居住地を問わず、市政に関心のある方、政治に興味のある方など、共に活動をしてみたいと思う方のご参加とご協力をお待ちしております。

活動費等、資金カンパのお願い 。
会費は年会費3000円(1ヶ月250円)です。また、会員、非会員問わずこの活動に賛同をしていただける方々の資金カンパ等によるご支援とご協力をいただければ、会活動の大きな支えとなります。

会費・カンパの用途は、情報開示請求に伴う費用(資料の写しは全て有料)、コピー代、弁護士相談・訴訟に伴う費用、通信費等々です。

1円たりとも無駄には使いません。ご協力をよろしくお願いいたします。

会費・カンパの振込口座はゆうちょ銀行です。
口座記号番号
00960-7-273639
宛名の口座名称
『柏原・革新の会』(カシワラカクシンノカイ)

赤色の払込取扱票で振り込んでいただければ送金する側に手数料の負担はありません。

他の金融機関から振り込む場合は、
店名(店番) 〇九九(ゼロキュウキュウ)店(099)
預金種目 : 当座/口座番号
0273639
宛名の口座名称
カシワラカクシンノカイ 
とご記入ください。

入会者の方、資金カンパのご支援をいただいた方には、会報発行の準備が整い次第、会報をお送りさせていただきます。(現時点、資金力の関係で、チラシ作成や、資料作成、会報等の作成には至っていないことをお詫びします。)

最近、他県、他市から、活動のお問い合わせがありますが、当会では可能な限り、ご協力をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
外部リンク
ファン
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
ブログパーツ